tolesuke さん プロフィール

  •  
tolesukeさん: とれすけのブログ
ハンドル名tolesuke さん
ブログタイトルとれすけのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/tolesuke/
サイト紹介文IT、Mac、音楽、料理、ひとり旅、その他ゆるゆると。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/09/18 02:29

tolesuke さんのブログ記事

  • エフェクタボード百均活用術
  •  前にも百均グッズをエフェクターボードで活かす記事を書いたと思うのですが、今回はもうちょっと詳しく解説します。 今回、体調も悪く、なるたけ軽く、簡素なシステムでライブを乗り切るほかなくなってしまって、急遽作り上げたのが下記のボードです。前にも一回紹介しましたが、歪みはやはりデジタルだけではきついので、BOSSのコンボドライブを初投入です。 コンプ→コンボドライブ→ZOOM MS-50Gで、MS50Gでノイズサプレッサ [続きを読む]
  • BootCampで快適タッチパッド
  •  メインマシンのMacBookProは13インチMid 2012という光学ドライブを搭載したマシンです。500GBの普通のHDDのモデルなのですが、このHDDをSSDに換装する改造がよく紹介されています。かなりの効果があるようなので、いつかはやってみたいと思っていたのですが、500GBのドライブも一杯になりつつあり、まずは容量優先ということで、使えなくなっていた光学ドライブを外して、1TBのSSHDを載せてみました。  元々の500GBのHDDにBoot [続きを読む]
  • iPhone4S 完全復活の謎
  •  古い製品ネタばかりですみません。でもまあ新製品の情報は溢れていますし、手元にもないのでご容赦ください。   MacBookAir、早速今日外出先で使ってみました。iPhone6でWifiテザリング、モバイル回線は低速モードで、主にブラウザの使用でしたが、さしてストレスなく使えました。これはすごい武器になりますね。  さて、iPhoneは3GSが最初で、その次にiPhone4Sとなりました。今メインで使っているのは6なのですが、余ったi [続きを読む]
  • MacBookAir入手
  •  入手といっても、相変わらず中古品です。しかも今回はジャンクもの。とはいえ、起動はするし、アダプターもあるし、気がかりだったのはトラックパッドがだめっぽいというところ。今回はモバイル用のサブ機が急に欲しくなってしまったということなので、本当はIntel Core i5クラスを狙っていたのだけれど、まだまだ高値なので、ランクを落としてCore 2 Duoの11.6インチLate2010を格安で入手。このモデルならギリギリで最新OS Hig [続きを読む]
  • 天吊りスピーカーのすすめ
  •  AIスピーカーが話題ですが、これはやはり聴き放題サービスとセットという気がします。音楽も今までのようにステレオセットの前でリスニングポジションを決めて聴く時代ではなくなってきているのでは、と感じます。  私もAmazonプライムを契約していて、一番利用頻度が多いのがPrime Musicです。割合好みの曲が多くプレイリストにあったりするのでBGMとして流すのが定番になってきました。さて、そんな中でスピーカーの配置を色 [続きを読む]
  • AppleTVその後
  • またまただいぶ間が空いてしまいましたが、一応続きです。 第一世代AppleTVでOSMCを起動するには、前編で書いたUSBをポートに挿して、赤外線のAppleRemoteのメニューキーとスタートキーを同時に押しながら電源を入れます。書くと簡単そうだけれども、AppleTVというのは電源スイッチがないので、ただでさえ押しにくいリモコンのキーを押しながら電源コードを差すみたいなことをしないといけないので、かなり面倒です。うまくいくと [続きを読む]
  • AppleTV(第一世代)復活? その1
  • なんやかんやと年の瀬ですが、ついRaspberry Pi3をポチってしまいました。Raspberry Pi B+はもともと持っていて、これがまあ私のIoTの始まりだった訳ですが、結局なかなか活かせないまま、Arduinoの方で色々作ってきました。ただ、余らせてるのも勿体ないので、何か活用できないかと考えていて、AppleTV的な何か、特にAirPlayが使えるようなものができたらいいなと考えていたのでした。ただ、B+だと如何せんパワー不足というか、G [続きを読む]
  • どこでもTV視聴
  • 以前にも書いていたのですが、うちはひかりTVというのを契約していて、それでどこでも視聴を実現しています。一つ前の機種のST−3200というトリプルチューナーを使っているのですが、これがサーバーになって、ローカルネットワーク上で録画コンテンツと放映中の番組の視聴が可能になっています。最初はAndroidの中華Padで視聴環境を作ったのですが、途切れたり止まったりということでかなりのストレスでした。その後、iPhone4Sで [続きを読む]
  • Journlerその後
  • JournlerというMacアプリ、ジャーナリングソフトですが、その後もOS10.12の対応は望み薄く、相変わらずVirtualPC上のOS10.6で使っていす。以前報告したVirtualPCの不具合、マウスポインタが二つ出てしまうという症状は、VirtualPCのバージョンアップで解消されました。これはありがたかったですね。 さて、とはいえ過去のデータはそれで引っ張りだせますが、現在進行形で活用するのはやはりちょっと難があります。こういうソフト [続きを読む]
  • 古いiPhoneの活用
  • iPhoneX、話題になっていますね。私の使っているiPhoneは先月までなんと4Sでした。ずいぶん長く使ったものです。大きさ的にも気に入っていたし、特段不便を感じませんでした。ですが、料金がね。いつまでたっても月8千円台で、正直高いなと思っていました。巷はSIMフリーとか、格安SIMも出揃ってきていて、使いたかったのですが、当然4Sなんていうのはロック解除もできず無理。と言って、SIMフリーiPhoneはなかなか高くて、敷居 [続きを読む]
  • 百均でエフェクターボード
  • BOSS RV-500の導入に伴って、エフェクターボードも再構築中。このところは百円ショップの材料を使って工夫するのが楽しい。ここ数年作ってきたボードは、最初のはループセレクターを組み込むため半地下式で、自作木製すのこにエフェクターは吊りかん式でネジで固定していた。吊りかん式は良かったのだけど、どうしても緩んで少しずれたりする。その後、大きく重いループセレクターを外し、ABCボックスに変更したことで、多少の小 [続きを読む]
  • MIDIスイッチャー
  • せっかく更新したので、思いつきもあり、連続します。 で、タイトルの通りMIDIスイッチャーについて。最近はスイッチングシステム当たり前になってきていて、スイッチャーもいい製品がそれなりの価格で手に入る。ただ、今の私はループはそんなに必要ない。MIDI制御メインに考えているので、以前作ったABC-BOXみたいなのがあればOK。そんな中、BOSSのMS-3という製品が目に止まった。 BOSS続きでなんだけど、これはプログラマブルな [続きを読む]
  • DD-500アップデート!
  • ということで、久々の更新。不定期もいいところだけれど、あまりトピックもなかったし、曲を覚えたりとか色々と時間がかかってしまい。 実は音色作りにまた少し手を出していた。今度はバックに徹するのでボードも簡素化したく、歪み系もZOOM MS-50Gで賄う算段。Ver.3になってから選択肢も増えたし、オケに溶け込ます為にはかえって埋もれちゃうような音作りが必要ということで、歪みの音色も複数使えるMS-50Gは案外使い勝手が良か [続きを読む]
  • Mac on Mac(Journler復活)
  • 以前お伝えした通り、我がMacは少し新しくなって、OSは最新版になっている。おかげでエフェクターのエディターなどは使えるようになった。しかし、こういう時に必ず発生するのが使えなくなるアプリケーションの問題である。 68KからMacを使っている身としては、またかという気がしないでもないが、もうそんなに一杯アプリを使うということでもないので、被害はそう多くはない。今回かなり間隔をあけてのアップデートな割には被害 [続きを読む]
  • MacでエフェクトエディットOS10.12
  • さてさて、一回アップした記事が、消えてしまったようなので、もう一回と行きたいところなんだけど、同じに書いてもしようがないので、改めてまとめてみる。 前々回書いた、BOSS DD-500、ZOOM MS-50G、YAMAHA MagicStompの各エディターについては、実はメインマシンのMacではMagicStompのエディターであるJSynthLibしか動かなかった。他はWindowsマシンで動かしていた。なぜかといえば、Macが古かったからなんで、しかし、その為 [続きを読む]
  • 小物2点
  • BOSS DD-500はGT譲りの多機能マシンだけれど、コントロールするには外部フットスイッチやエクスプレッションペダルがないと十分に機能を使いきれないマシンでもある。 で、YAMAHAのペダルは持っているんだけど、これは繋いでも正常動作しない。フットスイッチもこれまたYAMAHAのモーメンタリータイプのはある。これはこれで使える。ただ、今度のエフェクターボードの目論見としてDD-500をスイッチャーがわりに使うという計画の中 [続きを読む]
  • MagicStomp、MS-50G、DD-500。エディター!
  • なんかとりとめのないタイトルになってしまったが、ここ1週間ほどでこのエフェクター3台についていろいろと発見があったので。 さてどこから行こうか、ということで、始まりは久しぶりに行った秋葉原。本当はLine6のM-5あたりを買おうと行ったのでしたが、気まぐれに寄ったハードオフで、MagicStompを見つけたのでした。以前から、ファームウェアをバージョンアップすれば全パラメーターにアクセスできるという情報を得て [続きを読む]
  • USB MIDIあれこれ
  • さてさて、ハードもソフトも揃ったので一旦ご報告。前回はUSBからのMIDI OUT(プログラムチェンジのみ)まで確認しましたが、この段階でアイデアをひねり、最終的にはUSB MIDI とレガシーMIDIの相互変換的なものを目指すことにしました。 なので、DIN5ピンのMIDIジャックをIN、OUTと二つ装備します。回路的には難しくもなく、以前にも組んでいるので簡単にできるかと思ったら、どうもミスがあったようで、一旦組み直すという [続きを読む]
  • USBホストシールド Mini!
  • まったく久しぶりに更新です。この際ですんで、ちょっと文体を変えてみたいと思います。 さて、ライブも終わってしばらくギターも触ってないのですが、ライブ用に組んだエフェクターボードも結構な大きさになっていたので、コンパクト化が課題でした。 ネタとしては、核になっていた自作のMIDIスイッチャーをはずしてしまおうというもので、これは新規導入したBOSS DD-500をスイッチャーがわりに使うという目論見です。 [続きを読む]
  • ポリフォニックチューナー
  • ギターのチューニングというと、初めてギターを買った時には、音叉で5弦を合わせてから各弦のチューニングなんていう風にやっていた。最初は、というか今でもコピー中心だから、結局は何かしらの音源に合わせて弾くということが多かった。昔は主にカセットテープが音源だったりしたのだが、これはもうピッチが曲ごとに変わったりして、その都度チューニングし直して弾いていた。バンドを始めてからは、キーボードの音に合わせて [続きを読む]
  • エフェクターの電源
  • エフェクターボードを作るとなると電源をどうするかというのが悩みとなる。ペダルの数が増えてくると、それぞれにアダプターを用意するのは現実的ではなく、普通は9Vで8口くらいのパワーサプライを使うことになる。ただ、これが結構お高い。エフェクターが1個買えてしまうくらいのお値段のものが大体お勧めとされている。私は、とりあえず中国製の安い物を使っている。ノイズがどうかといえば、比較対象がないのでなんとも言えな [続きを読む]
  • ギター初調整
  • YAMAHA SGの愛用者である。何がいいのか、よくわからないけれども、一度持ってしまうとなかなか抜け出せない。このシェイプに慣れてしまうとレスポールは持てない。ストラトはまったくの別物という感じ。ピックアップはやはりハムバッカー好きである。SGは結構鳴いてくれる。最近はPRSに魅力を感じたりしているが、買うところまではいっていない。で、さんざん引き倒してきたSGであるが、さすがにフレットの減りが無視できないと [続きを読む]
  • 久しぶりに再開
  • なんか随分と間があいてしまった。ただ、書きたいことはたくさん溜まっていて、順次追いかけてみようと思っている。さて、前回、BOSSのコンボドライブについてレビューして見る、などと書いていたのだが、他にもいくつか試すことになってしまった。コンボドライブは音作りの幅は広いのだが、リード用となると、使えるポジションは1つという感じになってしまう。箱鳴り感もあり、狙っている音に近づけたが、BOSS製品らしい上品な [続きを読む]
  • Arduinoでパーカッション
  • 前回妄想しいていたデジタルコンガもどきが一応出来上がったのでご報告。バンドでパーカッション入れたいと思った時に、案外気軽にお願いしたりしていたものだが、よくよく考えて見ると、ドラマーだからできるだろうとか、じゃあ楽器はどうすんのかという点は深く考えていなかった。今さらながら反省しきりであるが、実際スタジオ練習もほとんどやれずに本番だけコンガがあるよ的なことで、いい演奏が出来る訳がないのであった。 [続きを読む]
  • VUメーターの製作
  • ギター用のVUメーターが作ってみたくて、しばらく情報収集していたのだが、ありもののパーツでなんとかできそうだったのでチャレンジしてみた。回路はオペアンプ4558一個で、ゲインボリューム付き、電源は9Vで電池でもアダプターでも使える仕様。VUメーターとは言っているが、定数はかなりいい加減で、定義されているVUメーターとはかなりかけ離れている。手元にあるパーツだけで作ったので、ケースもスピーカーを入れてたケース [続きを読む]