ofunaissei さん プロフィール

  •  
ofunaisseiさん: へらぶな釣り師大鮒一生公式ブログ
ハンドル名ofunaissei さん
ブログタイトルへらぶな釣り師大鮒一生公式ブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ofuna__issei/
サイト紹介文雑誌「へら専科」に連載中のへらぶな釣り師「大鮒一生」ブログ。大物釣りの体験記を公開中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/09/18 19:59

ofunaissei さんのブログ記事

  • 第55話『彼と私の宝物』②30/5/18
  • [ある偶然からの発見]○ それがある年の秋、勿論、ボートでやったとき、散々ぱら浮上して流れてくる落ち葉などのゴミに悩まされ1日を棒に振ったことがあった。本当に嫌になった。 それが原因でああしたところでの釣りは塵がないところばかりを選んでやっていた。その次に行ったときは当然にゴミの来ない処を選んで入った。 ところがそれは風次第でたまたまゴミがそうひどくはなかっただけのこと。そのうち少しずつ流れて来た [続きを読む]
  • 第55話『彼と私の宝物』①30/5/17
  • 55話 彼と私の宝物 ①                                        【彼の宝物】○ 野釣りの場合、行く先の何処でやろうかは事前にそれぞれが決めていて、そこにまっしぐらというのが普通で、そこは水通しが良いとか、出っ張りであるとか、風が避けられる処とか、いろいろな条件がそれなりに備わっている。しかしながら、現場に行ってみると増水やら減水やら、更に濁りがきついとか透明 [続きを読む]
  • 第54話『第一大曲』③ 
  • ○ 彼は以前、別の会に入っていてビギナーではなかった。だが、野釣りの経験はなかった。それを皆に話するのは今更恥ずかしいということで知らせてもいなかった。 だから、それは蓮魚だと教えられても釣った経験はなかったし、まして当りがどうということなどは知らない上、どのように伸すのかなんてことは承知の他だったのである。  皆はそんなことは知っているものと誤解していた。   だから、彼は、ツン当りである限りヘ [続きを読む]
  • 第54話『第一大曲』②
  • ○ それから10分位経ったかしら。まだ彼は盛んに魚と格闘し、水の中に玉網を差し込んでいる。どうやら水面近くまで寄せてきたようだ。しかしそうは問屋が卸さない。グーグーグーと穂先が持ち込まれていく。見兼ねた皆から、更に、「それはヘラじゃないよ。そんなことしていると肝心のヘラが散ってしまうよ、悪くすると竿を折っちゃうよ」                           とか言葉が掛かる。 そんな言葉 [続きを読む]
  • 第54話『第一大曲』①30/5/17
  • 54  第1大曲 ①                                                                                         【はじめに】○ 長いこと釣りをやっているといろいろなことにぶつかるものだ。今晩は、これまでヘラの話しかしてこなかったので外道について紹介してみよう。 外道というと、まずは鯉・亀・蓮魚・鯰・鱒・ブ [続きを読む]
  • 第53話『桟橋物語』③ 
  • 〈夜の訪問者〉○ 釣った釣れた、そして、争奪戦が夜とともに終わりを告げる。そして私もいつものようにこの広場で一杯飲み始める。私の酒量は精々3合で飲み方は極めて早く切りはいい。 となると、後は寝るだけしか能がない。 〈 ナイター 〉 そんなとき、たまに顔を出すのが常連の1人の落合さん。北のヘラ師がナイターをやるのを見たことがないので、夕まづめのひとときを楽しむのだろうと思っていた。 彼は、いきなり乗っ [続きを読む]
  • 53  桟橋物語 ② 
  • [コップの中の不調和音?]                                                                ○ そのうち、斉藤氏とか[ヘラ師]の何人かの話でも、                  「俺にも来るなってぬけぬけ言うんだ。呆れてあんな連中と一緒にやれるかい!、何考えているの      か!。行かないよ。妙な連中なんだ」と同じだった。      [続きを読む]
  • 53 桟橋物語 ①  
  • 53 桟橋物語                                                                                               【はじめに】 ○ 今春(30年3〜4月)も例に寄って亀山湖を訪問した。それも健診とか通院などがあっての合間と私自身の体調を見てのことなので十分に日数が取れずに終わって仕舞った。ここ20年で最低の話 [続きを読む]
  • 第52話『平成29/4亀山湖釣り日記』⑦
  • 4/14 金 晴 03:00 放射冷却で5℃。w4℃1003→1006hと回復。昨夜から小さなハタキがまだ続いている。05:15起床、床掃除、パン食。ホッカロン(大)使用。● 穴を三角形に補修。12B 07:00〜09:00糸スレ2回のみ 暑い。周りのハタキは散発的と変わらず。                          ● 12:30〜16:30 スレ当たり2回 マブも触らず。全員同じ状 [続きを読む]
  • 第52話『平成29/4亀山湖釣り日記』⑥
  • 《リスク不感症について》○ いつもながら特に感じるところがあるのはヘラ師の[危険への認識度]である。この話、固すぎるとか、うるさいとか窮屈なことと思われる事を承知の上でなんとしてももう一度話して置きたい。今回も1Pの土手をそれも濡れて滑るのに釣り道具を持って下っていた。なんでそんな危険を冒さなくちゃならないんだー!、と言いたくなる。かつて見事に転落して大怪我をし救急車が出動した。それでなくても、濡れ [続きを読む]
  • 第52話『平成29/4亀山湖釣り日記』⑤
  • 4/11 火 小雨5℃ 1003h  昼993hへ低下。04:00起床。静か。オープンスペースにはヘラの気配あり。○ 07:00〜08:00 朝寝。 08:00階段下へ釣り台を移動させる。G氏ひとりで開始。シトシトから中雨へと次第に強くなる。○ 鴨川の大日交差点近くの[カインズ]でガスボンベ・温度計、コンビニでウイスキーなど購入。3万円引き出し10:30戻る。○ この往復どきに単純だかちょっと面白い天 [続きを読む]
  • 第52話『平成29/4亀山湖釣り日記』④
  • 4/8 土  雨 w11℃ 1003hに低下。体調に問題なし。心配した釣り台などそのまま。昨日比3cm減水。終日良く降り、その上ときどき強風が襲い、まさに花散らしの台風。本州全て桜満開とのこと。それにしても一週間遅れなどはざらで、それだけここも冷たくて寒いと言うことなのである。なんと厚手の冬用ズボンを忘れていた。○ S氏は三島の例会へ。06:00 朝食はチャーハン07:00 朝寝。 1P下の岸辺は [続きを読む]
  • 第52話『平成29/4亀山湖釣り日記』③
  • 4/6 木 14〜15℃ 曇り 床掃除 1013h w10℃でまだ低い。05:00起床 減水昨日比3cm位。もう少し減ったらアウトの感じ。S氏が到着していた。ハタキあり。 左にSG氏。 06:30 朝食 そして朝寝。● 08:30〜10:30 10Bの斜め打ち。10:00頃 46cm は今年の初物。餌はセット。タチは50cm程度。浮子は中型の3mmパイプ。○  10:30 下痢始まる。仕方なく釣り中断 [続きを読む]
  • 第52話『平成29/4亀山湖釣り日記』②
  • 【4月釣り日記】4/1 土 4〜7℃と真冬並み。北風冷たくジムに向かったがすぐに帰宅して屋内での運動に切り替えた。○ 遠征に備え4月の[歴月釣り記録]を印刷。○ 久しぶりにPCの[ブログ村]を検索すると、1位がI氏、2位がSD氏。私は71位。ブログに [巨ベラ釣りのかんどころ] を登載したのでぶりかえしている感じ 検索数の平均は30件/日程度かな。○ 明日から相模湖で遊び、4/4は歯科医、4/5は早朝に [続きを読む]
  • 第52話『平成29/4亀山湖釣り日記』①
  • 第52話『平成29年4月亀山湖釣り日記』①                                                                         【ヤブ蚊発生のお知らせ】*おことわり もう4月。どなたも巨ベラが目にちらついて落ち着かないのではと思います。各地には巨ベラ師が集中している事でしょう。となりますと、嫌らしいトラブルも発生します。 私は去年(29年 [続きを読む]
  • 第51話『29年3月亀山湖釣り日記』③
  • 亀山湖遠征 1回目3/23   木 晴 ○ 09:00〜09:50 病院消化器内科。診断 ーーー  検査結果では異常はなし。来年の検査 3/13を予約。万々歳。でも、まるっきり安心出来る訳でもないので心を引き締めた。○ 昨年10月以来の待ちに待ち続けた釣行のときがこの日やっと訪れた。嬉しくて堪らず一気にエネルギーがほと走った。病院から帰宅。 薬・衣料品積み込み 11:00食事。○ 12:30発14:3 [続きを読む]
  • 第51話『29年3月亀山湖釣り日記』②
  • 3/16  木 晴 午後2時曇り 小雨通過。気温急低下4〜14℃。●  相模湖行きは気温低いので中止しハコへ 11B 大ベタ 11:00〜13:30 5枚。 ST氏と出会うーーー 話の内容。「先週末までに相模湖の水位を戻すとの湖側の説明だったが30cm増えただけ。つい先日、反田(たんだ)に行って見たが、現在も、私のポイントは干上がっている。バサーに言わせると魚探に何も写らない由。この分なら水位が上がれ [続きを読む]
  • 第51話『29年3月亀山湖釣り日記』①
  • 『29年3月 亀山湖釣り日記』①《お読みになる前に》 日記そのものの全ての登載は出来ないけれど、今回は、                ①釣り場が毎年どのように変わっていくものか ②巨ベラを求めて多くの巨ベラ師がどう動いているのかに重点を置き、併せて、参考までに③私の体調の若干を紹介してみた。 釣れた、釣れなかった、とかはヘラ師にとって勿論眼目ではあるけれど、これは雑誌登載のように釣りの技術を述べ [続きを読む]
  • 第50話『またまたトラブルか』④
  • 【再びドコモ訪問】○ まだまだ続いた。こんなトラブルとは早くお別れしなくちゃならない、油断は禁物と気を引き締め、ケイタイに新しく買ったSDを挿入し、試し撮りした写真で再生機能を確かめると、なんとあり得ない同じトラブルが発生しているではないか!。 支店じゃ相手にならないと、今度はドコモ本店に直接問い合わせると、本体の故障に違いないとなり、またまた支店に足を運び修理を依頼し代品を貸り受けた。     [続きを読む]
  • 第50話『またまたトラブルか』③(29/12/29)
  • 【4日目は荒天と車のキイ騒動】○ 4日目となった。予報通り朝から暴風雨と昼前からは暴風、次いで猛烈な黄砂の到来であった。釣り場に行ってみたものの勿論竿を振る気分にはなれない 。専ら読書で過ごした。夕方、少しはやりたいと敢えて釣り座に入った。 ところがところが、始めると間もなく雨が降り出した。気圧が回復したのだから大丈夫と読んだのだが、これだけはどうにもならないので片付け始めると、今度は、どうにもこ [続きを読む]
  • 第50話『またまたトラブルか』②(29/12/29)
  • 【入れ歯紛失とデジカメ故障】○ 翌朝は天候も回復し、いざ洗顔となると入れ歯が嵌(はま)っていず、歯茎を掴んで外そうとしていることに気がついて、苦笑の連続。?なんたるこった、この年寄りは!? である。外した記憶がないのだから急いで自宅に電話確認すると洗面所にはない。オヤオヤどうしたのだろうといくら考えても埒が明かない。                 車内を再度点検しても無駄だった。家内に脅かされた [続きを読む]
  • 第50話『またまたトラブルか』①
  • またまた、トラブルか!* このトラブルというものは、ひとつ起きると次々と起き始める。で、余計なことから入ってみよう。最近の大企業のこと。一つ起きると、これまでもともと盛んにでたらめをやってきたのがこれまた次々と世の中に明るみになり、あれほど優良といわれてきた品々が、中国並みの粗悪品だったと信用を落としている。私のトラブルはそれとは全くと違うのだが発生の仕方が連続過ぎてあまりにもに似ており、トラブル [続きを読む]
  • 第49話『北海道での釣りを終えて』⑭(30/1/15)
  • 【あとがき】〇 今から30年ほど前だった。利尻岳登山を終えオロロンラインを南下したとき、札幌市を目前にして高くてでっかい立派な橋の上に出た。私に見えたのは札幌市街ではなく左右に流れる雄大な茨戸川であった。それは、[ヘラブナ]に直結していた。 そしてこの川に魅せられて幾とせ、なんと10年後にようやくフェリーのデッキに上がることができた。同時に、これからの出来事は全て一つに纏めることに決めた。 北海道の釣 [続きを読む]
  • 第49話『北海道での釣りを終えて』⑬(30/1/5)
  • [ 世話人・協力者などのこと ]〇 ここまではいい。だが、問題は、誰がやるのか?、このキャンペーンを担ってくれるのか?、である。私は東京の人間で、納税者でもなんでもない。やりようがない。口だけでは運動をすすめようもない。記憶の玉手箱を開いてみたら、日研北海道地区長高杉富士男氏(写真)の活動が躍り出てきた。     その昔、[日研放流部長]の要職と自分が設立した[新ベラクラブ]を運営しておられた。そして、青 [続きを読む]