妥協なき機能回復 さん プロフィール

  •  
妥協なき機能回復さん: 病院では治せなかった後遺症を妥協なく治します
ハンドル名妥協なき機能回復 さん
ブログタイトル病院では治せなかった後遺症を妥協なく治します
ブログURLhttps://ameblo.jp/rihabirikakumei/
サイト紹介文病院では治せなかった後遺症を妥協なく治すために医療業界に真っ向から立ち向かう一人のセラピストのブログ
自由文職業は理学療法士です
片麻痺、慢性痛、痺れなどの
リハビリ業界では治らないと言われている後遺症だけにとどまらず癌や、その他内臓疾患、スポーツ障害、だけでなく、精神疾患、美容、ダイエット、乳幼児以外の全ての障害、後遺症を妥協なく、治せるならば、治せるだけ治す!
妥協なき機能回復は妥協なき人間理解に基づく究極の理論
障害、後遺症、身体、精神の全ての悩み
セラピストの最後の砦です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供218回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2014/09/18 23:12

妥協なき機能回復 さんのブログ記事

  • 脳卒中 片麻痺 リハビリ道 人のせいにしても治る?
  • 脳卒中になった理由はあなたが、身体をむちゃくちゃに扱ったからです。だから、むちゃくちゃ出来ないように、半身を奪うのです。そして。気付いて欲しいのです。身体は。だから、それを認めず運が悪かった。とか理由は分からない何も悪い事してないのに。とか。言ってるうちは、代償動作での回復はあっても根本再生は難しくなります。そして、そういう人は人のせいにします。もちろん今の病院、その他、治療院その全てが代償動作 [続きを読む]
  • 片麻痺 リハビリ道 治らない大きな理由の1つ
  • 片麻痺が治らない理由は運動馬鹿みたいにやって代償動作を学習しちゃう事そんな事は、もはや、このブログを見ている人たちからすると馬鹿みたいに当たり前の事ですがダントツで史上最強の治らない後遺症である片麻痺が治らない大きな理由の1つはまだありましてそれは、メンタル的なつまり、気持ち的な部分も相当、関わっているんです。なぜなら、片麻痺になってしまったのは、あなたの命を守る為にあなたに気付いてもらうために [続きを読む]
  • 片麻痺 リハビリ道 治療家は群れたら終わり 個を救えない奴が群れる
  • 昨日は1年ぶりに、かつて、仲間と呼んでいた友人達と新しく妥協なき機能回復に触れる強き心の持ち主と伝承会 同窓会をしました。感想は一言良かったです。新しく来た2人は、出逢うまでの僕の恐ろしい威圧的なフェイクの中見事に参加し(笑)まず、参加まで来れないからね(笑)ここは最後までお疲れ様でした。会うまでフェイクで威圧的な感じですいませんね(笑)会ってしまえば、そんなもんです。所詮、ネットですから( ̄ー ̄) [続きを読む]
  • 片麻痺 リハビリ 全く次元の違うところに答えはあります。
  • 世の中には、色んな治療家やセミナー講師や、ブログでちょっと有名なセラピストとか、たくさんの治療家セラピストが病気や後遺症について、いかにも正しそうな、カッコイイ言葉で小難しい感じで病気や後遺症のメカニズムを語ってますがその全てがここに、来れば一気に崩れ去ります。その全てがです。誰も、僕らが見つけてしまった本質後遺症、病気の本質事実に気づいていません。誰もです。誰1人もです。全て、まぁまぁまぁまぁ〜 [続きを読む]
  • 馬鹿らしくなる( ̄ー ̄)
  • 世の中には、ボディワークだとか、ヨガだとか、ピラティスだとか、武道だとかいわゆるワーク系のセミナーとか勉強会とかいわゆる僕が昔から言ってたつまらんセミナーつまらん無意味な健常者の乳繰り合い傷の舐め合いセミナーっていうやつだがここで、本質を知った瞬間にその全てが一瞬でいかに滑稽で馬鹿らしく無駄なものであるか本質を知った瞬間に変わります。僕がオカシイのではなく本質を知った瞬間にここでは、起こる当たり [続きを読む]
  • 雨だから痛む 雨だから辛い
  • 今日から関東の院でお仕事ですが来てみると雨だらけの1週間ですね??気温も10度くらい低くて、テンション下がりますね〜〜ってそんなものはありませんよ??身体に異常部位を飼ってるからそんな雨ごときの気圧ごときでテンションが左右されるのであって身体を正常化していれば、雨ごときの気圧ごときで身体の古傷が痛んだりする事はあり得ません??そうなるのは、身体が異常だからですサボっているからです。子供見てください。 [続きを読む]
  • 運動療法に殺される
  • 夏が終わる前に怖いお話でもしときますか。運動療法は、確かに、必要不可欠なものです。その重要性は分かりきっている事です。しかし、それは、身体の異常部位を捉えることが出来る僕だからこそその異常部位を正常化してからこそ運動療法のステージに行けるのであって異常部位を捉える事の出来ないいわゆる・オシャレヨガセミナー講師・オシャレピラティスセミナー講師・ミーハーヨガ治療家・ミーハーピラティス治療家これらの素 [続きを読む]
  • 片麻痺のリハビリ 特効薬は一切ない
  • 何回も何回も何回も何回も言ってますけど片麻痺のリハビリに特効薬はありません。唯一の方法はこれだけ発症当初から作ってしまった誤った動作=代償動作これを全て巻き戻してもう一度白紙に戻して正常な動作を再学習、再獲得する。これしかありません。ですから、どれだけ願っても祈っても善い行いをしようと、例え極悪人であろうと( ̄ー ̄)身体の正常化をした人は片麻痺が治って行きます。もう一度、ハッキリと言います。片麻痺 [続きを読む]
  • 適切な適正価格の元で働くという夢
  • これは僕に限らず治療家に限らず、全てのお仕事をされる人達が願っている事だと思いますが適正な価格適切な給与適正な報酬適正な適切な評価対応こういう環境の中で、仕事が出来たらどれほど幸せな事か、、と、考えていると思います。夢と書いたのはこの厳しい現実そんな事はほとんどあり得ないからです。仕事っていうのは、そういうものだという認識が凄まじく当たり前に君臨してますから夢と書いたのは大袈裟ではないと思います [続きを読む]
  • 食べない事が最大の治療法
  • 食べない事が最大の治療法食べない事が健康食べる事で病気になるなんて、少し前から言われていた事であり皆頭では知ってるんですよね。知識としてね。ただ、結局そんな事は嘘だと思ってる人がほとんどだと思うんですね。9割以上は、まず、そんな事は嘘だと思っていて逆にストレス溜まって身体に悪い(笑)とか、言っちゃってるんですね(笑)もう、そう言いたくもなりますよね(笑)こんな、世界でふからね。笑こんな世界で食べる [続きを読む]
  • 信じる 結局、信じるだけで良かった。
  • 3年って、やっぱり何かがある。あと、今年も残すところ、あと2ヶ月肌寒い、いくらか切ない、かつ、情感ある季節になりましたね。来年に向けて、なんだか、本腰入って来たわけですがあと2ヶ月で開業して丸3年目ブログ開始から丸6年が経つのです。開業して3年までが勝負とか、色々言われてますけどその他にも、3年で、何かが変わるとか施術とかでも、3回目の施術までは受けて欲しかったり数字の3ってとにかく絶大な何かがありますよ [続きを読む]
  • 我慢する事が1番の不健康だった。だが、素人は絶対に気付けない。
  • 【こちらのブログには常識やプライドを捨てれず中途半端にしか頑張っていない人達にとって非常に心臓に悪い内容が書かれています。全て自己責任でお読みください。】我慢は1番身体に悪い。こんな当たり前の事を何を今更〜〜って思うと思いますけどね。我慢は当たり前で、不健康だとは思ってない方が非常に多いんですね。我慢って、不健康の全てなんですよね。動物は我慢なんてしませんから。我慢する時は、命の危険を感じる時のみ [続きを読む]
  • おめでとう
  • 10月15日に新しい伝承者となるかならないか。現在、日本国内に、妥協なき機能回復のまぁ、伝承者というか、向こうはそんな気なんて全然ないかもしれないがそんな事はどうでもいいうか(笑)どうでもいいって、どゆことやねん!って突っ込みたくもなるだろうが(笑)そんな事はどうでもいいのだ。僕が、不幸にも亡くなったり、両手が切断されたりした時に僕が、単に、その妥協なきセラピストに託すだけだ。だから、別に、向こうが [続きを読む]
  • 10月15日は久々の
  • 10月15日は久しぶりに埼玉の院で、セミナーをします。と、言っても、僕はもう、しばらくは一般向けのセミナーはしません。と、以前申し上げましたようにいわゆる、今流行りのセミナーと言われているものはする暇がないのです。理由は仕事、つまり、クライアントさんの施術予約で予定がパンパンだからです。3年先までは単なる金儲けのセミナーする暇がありません。金儲けのセミナーとは10名から20名くらいを無作為に集めて、教える [続きを読む]
  • ダイエット 究極の 理想的な 編
  • 昔からチョイチョイ書いてますけど年々進化している僕ですので更新して行きます余計なものが身体から抜けると、驚くほど身体能力は向上し言いたい事が増えていく(笑)バランスはムズイですけど(笑)書いちゃったので誤解のないように書いておきます。よく、「そんなに、ストイックにして幸せ?」とか「逆にストレスだよ」とか言う方もいますよね。「食べる事だけは、自由にしたい。それを我慢したら、何のために生きてるのか? [続きを読む]
  • 1つだけ言っておきます
  • ちょいガリかなぁ〜くらいまで、ストレスなく体重落とさないと〜全ての病気後遺症は根本再生しません。ご理解ください。それなりには、もちろん効果出ますけどね。理想の根本再生には到達出来ません。我々も頑張りますが、まずは、あなたが、その気持ちを持ちましょう。僕を僕の肉体と生活を見ていれば分かります。僕は妥協なき機能回復創始者医師ではないので、生活指導などを直接すると違法ですので行いません。が、僕を見て僕 [続きを読む]
  • 片麻痺のリハビリ 再生医療
  • おはようございます。昨日は小学3年生の小児片麻痺のお子さんのリハビリでしたが、キックボードや大縄跳びを皆とそれなりに同じペース出来るようになったと、聴いて、手の回復もさらなる発見がありましたし、こりゃ、来年の運動会、、、マジで、ひょっとすると、、、世界がひっくり返るぞ、、、とワクワクして、朝の目覚めも良いですが明日の歯医者の事を考えるとテンション落ちる妥協なき機能回復ですどーも。さて、もう、10年前 [続きを読む]
  • 本当に片麻痺が治っていくリハビリとは?
  • 片麻痺の根本再生だけをやっている妥協なき機能回復ですが、本当に後遺症が根本再生するって一体どうなっていくのかっていう事を挙げてみますけどもまず全ての後遺症で共通する障害は運動麻痺いえいえ運動は感覚が先行してますから全ての運動は感覚ありきですよ?だから、感覚麻痺ですね。全ての後遺症には、整形疾患だろうと、脳卒中だろうと、不妊症だろうと、メンタル疾患だろうと、皮膚疾患だろうと、単なる肩こり、腰痛だろ [続きを読む]
  • ここには、人間において、全ての臓器の 本物の根本再生が集結する。
  • 僕は身体の正常化の世界唯一のプロフェッショナルであり創始者しかし、もちろん、それは、あえて、あえて言えば身体、つまり骨、筋肉、靭帯、内臓などの、いわゆる、運動と感覚の根本再生の真の、本物のプロフェッショナルその創始者である。その身体というものこそ、確かにもっとも人間たらしめてるもので、もっとも、人間として重要なものでもあるがで、あるだけでその他の臓器も、当然、1つが崩れれば全て崩れ去るのが人間と [続きを読む]
  • レディー・ガガ
  • 可哀想な事にレディー・ガガが、(笑)レディーがががさんみたいになってまうが(笑)可哀想にクソ簡単に治る線維筋痛症になってしまいますたか。片麻痺に比べれば目を瞑ってても、根本再生出来ちゃうような線維筋痛症とかいうクソ簡単な病気とも言えないような辛い病気、、、あとは、もう、この世に線維筋痛症というクソ簡単な病気とも言えない病気だけど、クソ辛い病気を治せる治療家はいないから薬で、なんとか、かんとか寿命 [続きを読む]
  • 世界一の治療家になるという事の意味の確認
  • これは、以前から言っている事であるが僕は、片麻痺専門でお仕事をさせて頂いていますが世界最高峰の治療家ですからスポーツリハビリでも、メンタルリハビリでも、痛み専門でも、小児でも、不妊治療でも人間に関わる全ての症例に対し世界最高峰の治療が出来るのですよ?おわかりですか?世界最高峰という意味を。単純にシンプルにその人間に関わる全ての症例に対し片麻痺というものが圧倒的にダントツに難しいので世界最高峰の治 [続きを読む]
  • でも、僕は許すのです(笑) 僕の良いところはそゆとこ!(笑)
  • でも、僕の弟子には(笑)僕の仲間には別に思いっきり(笑)コッテコテの吐き気のするようなビジネス戦略使って治療院経営してても許すのです(笑)つか、めちゃめちゃ応援するのです(笑)それが、僕の良いところなのです( ̄ー ̄)頭硬くない僕の良いところなのです。いや、当たり前よね。妥協ない人間性と妥協ない腕があるんやから、何やっても良いんですよ。つかさ僕は創始者やからね。創始者ってのは、まさに妥協なくちゃ、ダ [続きを読む]
  • それでも人間、やってしまう
  • どれだけ、綺麗事を言おうとも自分の命が危ぶまれると人間、いや、生物は本性が出るそれが人間、生物餓死寸前になれば、食べ物を取り合うお金がなくなれば、例え、騙してでも、セミナーしまくってでも、盗んででも稼ごうとするクライアントさんが集まらなければセミナーしまくってでも生きようとする。人間とは、そういうもの結局、どん底になれば、なんだってやるだから、僕は書く妥協のない人間としてクソみたいな事は絶対にし [続きを読む]
  • 僕が証明したい事のいくつかの事
  • 僕が、生きてるうちに、証明したい事は当然、どんなに有名な医師や教授に絶対治らないと言われた後遺症でも、全て、根本再生させる事の出来る理論を完成させる事!と、いうのは、もう言うまでもなく、それも、あとは、理論以外の時間や環境、状況の問題で、問題はなく、やるだけなのですが、あまり、知られてないが、もう一つ、絶対に証明したい事がある。というか、それが、あるから、絶対に治らないと言われた後遺症を全て根本 [続きを読む]