あんこ さん プロフィール

  •  
あんこさん: あんこちゃん爆発
ハンドル名あんこ さん
ブログタイトルあんこちゃん爆発
ブログURLhttp://byouiniryou.blogspot.jp/
サイト紹介文花と食べ物で綴るサッカーブログのようでもあり、厄介な病気と闘い、ぶーたれながら生きている記録です。
自由文暮らしは、昼夜逆転のドラキュラ生活で、ランチやモーニングサービス、朝顔には無縁の日々です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供276回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2014/09/19 00:01

あんこ さんのブログ記事

  • 川崎でデート
  • ふるまいや 夜に会ってくれる人がいて尻尾を振って川崎にお出かけした。人と対面してお話ができるのは、およそ2ヶ月ぶりになる。病院での診察で医師と対面するけれど、その時間は僅か5分程度だ。 ドラキュラが苦労して太陽の元を出陣して5分とは、改めて虚しい。5分の診察時間には、会話と言えるほどのものはない。同居する良人は無口という病気なものだから、普段の生活に会話はない。だから、たとえ嵐であろうとも夜ならば [続きを読む]
  • 赤いお花畑
  •  ご覧くださいこの赤いルビーの海原を、私もいくら畑に行ってきました!と明るく綴りたいところだけれど、悲痛なものになってしまった。ドラキュラが、かんかん照りの中、通院して生還できたと言う証に、どうしてもそれなりの物を食べたかったのだ。つまり、フェミレスのハンバーグとか蕎麦屋の親子丼とかではなく、ちょっと贅沢でとか、健康的にはどうかなと言うような物だ。 先週末、これだと思ったのは、いくら丼だった。 大好 [続きを読む]
  • ネモフィラをお裾分け
  • photo Y.N  真っ黒な闇夜の世界でしか生きられないドラキュラにとって、この瑠璃色の景色は、あの世を見つめる思いです。ブログ読者から、届いた写真です。丘と空の境目がわからない瑠璃色の世界はなんとも魅惑的でうっとりです。和名で瑠璃唐草というネモフィラは、3年ぐらい前から話題となって、今時分はテレビ番組で放映されない日はないと言う感じです。こちらの写真はそのブームを巻き起こしたひたち海浜公園だそうです。こ [続きを読む]
  • 通院辛苦
  • 生まれたての太陽にCome on!と言われた通院は地獄だった。先週もまた狙い撃ちされたように雨降りの翌日、かんかん照りの日が通院だったのだ。予報どおり。ドラキュラである私は、衰弱してしまった。 何でも胃袋に放り込めば元気になるさと、いろいろ食ってみたけれど、どれもあまり美味しく感じないんだな。美味しかったのは、今夜食べた熊本県産のスイカだ。湯船に浸かりながら飲む予定なのは、三ツ矢サイダーの梅です。勿論、浴 [続きを読む]
  • セクハラ次官とお粗末な組織対応
  • 置地廣場 セクハラオヤジをセクハラが何なのだかわからないオヤジが調べたって全く意味がないだろう。女性記者に「胸触っていい ?」などとのセクハラを繰り返していたとされる財務省福田事務次官を事情聴取をしたのは矢野官房長だと言う。その矢野官房長は、 一昨日の財政金融委員会で「弁護士さんに名乗り出て名前を伏せておっしゃることがそんなに苦痛なことなのか、と言う思いでありました」と発言した。この発言に耳を疑った [続きを読む]
  • カフェにて
  •  男と女の間の席が空いていた。私は、男のサイドから入って席に着こうと思った。 身体を横に向けて座っている女サイドはスペースが狭いと感じたのだ。細身のスーツ姿の男はフレンチトーストを食べていた。私がテーブルとテーブルの間に入った瞬間に、男は、ナイフとフォークを置いて、ビジネスバッグを自らの身に寄せた。もともとビジネスバッグは、男の脇に置かれていて全く邪魔にはならなかったのだけれど。私が、「すみません [続きを読む]
  • カツ丼を思う夜
  •  カツ丼が猛烈に食べたかった。外はまた嵐だったからカツ丼は断念した。どこから吹き込んでくるかわからない強風に、必死に傘を構えて雨の夜道を行く元気はなかったのだ。今週は、通院があってヨレヨレだ。通院の後、体重は一気に1キロ半減った。身体に巻いた保冷剤の効果と夜まで待って帰宅したこもあって発汗はなかったけれど、やはり強い紫外線の太陽光を浴びてしまうと身体がダメージを受けるのだ。どうにもかったるい。だら [続きを読む]
  • 加計学園獣医学部新設の不思議3
  •   今月3日、学校法人加計学園は愛媛県今治市に岡山理科大学獣医学部を開学した。開学してしまえばこちらのものとでも言うのだろうか、入学式に招かれた加戸前愛媛県知事は、挨拶で「第二次安倍政権の後半に国家戦略特区諮問会議の民間有識者委員の魔法の発言で岩盤規制を突破して認められたと言うことですから、魔法をかけられることによって出産した獣医学部」と述べている。  まさに魔法の力で認められた不思議な開学と言う [続きを読む]
  • ハリル監督解任?の緊急事態
  •  このニュースは確かだろうか?W杯まで3ヶ月を切ったというより2ヶ月と少々だ。解任が事実だとしたら遅すぎるだろう。つい先日行われた、国際親善試合で、W杯には出場しない、マリ、ウクライナに日本は勝利できずに終わっている。ハリル監督はこれまでずっと色々な選手を試し続けた。結果、今だに、これといったメンバーが組めないままだった。  にわかの私は、その都度招集される選手が頑張るのに、申し訳ないけれど、冷めて [続きを読む]
  • ヒノキ花粉異例の飛散量
  •  東京では、今日も飛散する花粉量が非常に多い予報です。スギ花粉はピークを過ぎたものの、ヒノキの花粉が過去に例を見ないほどの大量飛散となっているそうです。花粉シーズンにとっておいた220枚のティッシュ、カシミヤスコッティが間も無くなります。このプレミアムティッシュは良かったです。普通のだったら、とっくに鼻の下の皮膚が剥けていたと思います。 今日の東京の最高気温は20度、最低気温は9度、晴れ時々曇りの [続きを読む]
  • お江戸の春13
  •  昨夜は、ちょいっとお江戸まで出かけた。太陽光を遮断するため窓を塞いだ自宅室内は22度と暑かったため、上着も羽織らず夜の街に飛び出して、外の寒さに驚いた。おまけに昨夜に引き続き強風が吹き荒んでいた。コンビニで朝刊を買いながら、迷ったけれど、上着を取りに戻ることは諦めた。日の入りが遅くなったことで、既に出だしが遅いのだ。皆んなどこにお出かけしたのか、東京駅構内は結構な人でごった返していた。私が、目指 [続きを読む]
  • 和蘭豆(ランズ)ナイト
  •  雨と強風で荒れる夜、ドレスアップして気張って出かけた。良人が故郷に帰ることとなって、心に決めた私の行き先は、ディープな蒲田だ。  目当ては、鰻々亭のうな重と、くつろぎの空間の和蘭豆だ。  5ヶ月ぶりの和蘭豆は、金曜日夜とあってか、嵐だというのに8時半を回っても、次から次へと客が押し寄せて来た。女子のグループもあれば、女同士、男同士もいたし、男女もいた。若者もいれば、中年もいたし、高齢者もいた。  [続きを読む]
  • 百花繚乱
  • 陽春どころか、初夏のようなバカ陽気が続いたものだから 、色々な花が一斉に咲いてしまった。チューリップなんか、ご覧のとおり、既にべロベロバーですよ。 これからが見頃のはずの八重桜も盛りを迎えてしまった。週末は雨や強風の予報なので、八重桜が散ってしまうのかと思うとすこぶる惜しい。 やはり、春は徐々に花が咲いていくのが楽しみなんだな。このヒアシンスも実は、10日ほど前の撮影で、今やビヨーンと伸びてしまって [続きを読む]
  • 謹んで断捨離
  •  タンスの片隅にいつも貴女が眠っていることで、私の心は潤っていた。いてくれるだけでいい、そんな存在だった。それは、ベージュのニットの七分袖の春物のセーターだ。今年は、突然春が猛ダッシュでやって来たものだから、七分袖のそれは丁度いいかもと 着てみた。鏡に写った自らの姿は受け入れ難いものだった。ニットの網目が必死にこらえて繋いだ手を精一杯広げている。本体は人間じゃない。なまこ星人が網にかかった感じだ。 [続きを読む]
  • カフェにて
  •  向かい合う2人は、カフェを出ようという時だった。夜とは言え昼間は夏日だったというのに、女は首にぐるぐるとニットのマフラーを巻いていた。その上、トレンチコートを羽織ろうとしていた。「ねえ、私ファンデーション変えたのわかる?」着膨れ気味の女は、男に尋ねた。男は、固まった。男は、滑らかな言葉もないまま、口が半開きで動かない。女は、新年度のスタートに心も新たにファンデーションを変えたのだろう。こんな時は [続きを読む]
  • 森友学園問題、担当大臣に反省なし
  •  一昨日の財政金融委員会で、麻生財務大臣は、新聞報道に対して「森友の方が、TPP11より重大だと考えているのが、日本の新聞のレベル」と批判した。この際の大臣の発言が事実と異なっていたお粗末ぶりもさることながら、森友学園への格安価格での国有地払い下げやそれにかかる決裁文書の改ざんという重大な事件を引き起こした財務省のトップとして、当事者としての反省のない、責任もない、意識すら希薄な問題発言だ。 森友学園 [続きを読む]
  • 花より饅頭、牛丼
  • 伊藤園 花の盛りは一瞬で、昨日の日中に東京では最高気温が24度を超えて、夜には、少し寂しい姿となっていた桜だった。 だから花よりお饅頭だ。お饅頭を食べて切なくなったりはしないから。  何時から宴を始めたのだろう、夜の7時半を過ぎて御開きとなって、荷物と共に立ち去る人たちが目についた。 駅前の通りでは、バイクに跨る男に赤毛の女が、 「北海道で頑張れ〜」と手を振り続けていた。自宅近くでは、荷物を積み終えた [続きを読む]
  • 夜桜10年
  •  あまりの賑わいに驚いた。時刻は、夜の7時を回って、春休みの子供とその家族、近くの会社のビジネスパーソンのグループが入り乱れて、食べて飲んで語らっていた。 前日の証人喚問の疲労があって、少々億劫だったけれど、連日の初夏の陽気に桜は散り始めていることがニュースで伝えられるものだから、陣地が取ってあった所に出かけてみた。証人喚問と言っても、私が喚問されたわけではない。けれど、薄ら笑うことができる本人よ [続きを読む]
  • 佐川氏、証言拒否の証人喚問
  •  予想どおりとは言え、「お答えを差し控えます。」の連発に終わった証人喚問だった。佐川氏は、決裁文書の改ざんについて、いつ、誰が、何のために行ったかについてもお答えをお控え、改ざん前の文書をいつ知ったかについてもお答えをお控え、昭恵夫人の名前を削除した理由についてもお答をお控え、決裁文書に安倍昭恵さんの名前を見たときにどう言う印象で受け止めたかについてもお答えをお控えなさった。まさに佐川氏は答弁をお [続きを読む]
  • 関東の花粉シーズン終盤戦
  •  関東ではスギ花粉の飛散量がピークを過ぎたそうです。とは言っても、今年は昨年より花粉の絶対量が多いと言うからどんなものでしょう。 ちなみに今日の飛散量は、東京23区では『多い』です。非常に多いよりはマシと言うことで。 年度末最後の週となりましたが、なんとか頑張ってまいりましょう。 [続きを読む]
  • お花見を空想する
  •  まだ6、7分咲きと言ったところではないかな。午前0時を回った公園に、敷物が敷かれて既に陣取られていた。曇りであろうが、雨であろうが、紫外線が降り注ぐ昼間に私は、外出することができないので、昼間のお花見の賑わいは空想の世界にある。 今日日曜日の東京は、晴れで、最高気温は19度、最低気温は7度とお花見には打って付けのコンディションだ。染井吉野がまだ満開ではないとは言え、次の週末には散り始めてしまうだ [続きを読む]
  • 森友学園前理事長籠池被告に接見
  •  昨日、学校法人森友学園への国有地売却に係る問題で、野党3党の衆議院議員3名が、前理事長の籠池被告に大阪拘置所で接見した。籠池被告は、昨年7月31日逮捕されて以来、既に235日 勾留されている。昨日はまた、丁度1年前の国会で同被告が証人喚問を受けた日でもあった。 午後、大阪拘置所前には、多くの報道陣と抗議に駆けつけた人々の声が鳴り響いていた。接見時間は15分であったのが、45分許されたということで [続きを読む]