増田再起 さん プロフィール

  •  
増田再起さん: 序破急
ハンドル名増田再起 さん
ブログタイトル序破急
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/shibaiya1012
サイト紹介文劇団芝居屋を主宰している演劇オヤジです。 芝居の話、近況などを書き綴りたいと思ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/09/19 10:01

増田再起 さんのブログ記事

  • 姪っ子
  • 本日は稽古場の都合で稽古はなし。という訳で、時間が出来たので姪、増田はるなこと花柳基はるなの出演する舞踊会へ妻と一緒に国立小劇場へお出かけ。花柳基はるなは何回かご紹介していますが、昨年の若手の登竜門である日本舞踊協会主催各流派合同新春舞踊大会に於いて最優秀賞を受賞した期待の若手舞踊家です。今回は単独で立方として「外記猿」という演目を踊りました。まあ、頑張ったと言っておきましょう。さらなる精進を期待 [続きを読む]
  • 第35回公演「通る夜・2018」稽古場日誌3
  • 昨日初めての通し稽古をしました。何度も書いていますが、今回の公演に於いては役者への要求が大きなものになります。それはど真ん中の直球勝負であるからです。演劇的な仕掛けを排して、役者がリアリティーを持った人間作りをすることでお客さんの心を揺さぶることが出来るのかという、挑戦だからです。役者はそこに毅然として立ち向かわなければなりません。でもそれが難しいようです。今回の要求を実現できた役者は一皮むけた自 [続きを読む]
  • 第35回公演「通る夜・2018」稽古場日誌2
  • さて昨日美術の八木橋君が来まして、舞台装置の打ち合わせを稽古後致しました。彼はとは劇団芝居屋の第九回公演「スマイルマミー」からのお付き合いです。それが2005年の11月の事ですから、十三年間で26本の作品に携わって貰った事になります。長い付き合いになりました。こうなるとかなりツーカーの間柄になれますね。私は作品が書き終わると、最初に八木橋君に連絡を取り、打ち合わせをするのが常となっています。彼も長い付き合 [続きを読む]
  • 第35回公演「通る夜・2018」稽古場日誌1
  • 本番まで残り一ヶ月。今回は演出の要求設定を高めに設定しいる為、役者達は苦しんでいるようです。でも、役者こうやっておけば芝居みたいでしょう、なんて無難な芝居を誰が観たいでしょう。やっぱり役者は自分自身を高みへ押し上げようとする汗をかかなければ、人を感動に導く事なんかできません。役者自身が自身への可能性への期待を持たなくては、そこに行けないのです。自分の変化を楽しむ心を持たなくてはいけません。誰からも [続きを読む]
  • アノッチ「カイザイパン」チラシ配り
  • 今日JR鶯谷駅の近くで劇団芝居屋の公演の客演の常連である阿野伸八氏(通称アノッチ)が営んでいる「カンザイパーン」にチラシ配りに行って参りました。ええ、小劇団の主宰はこんな事もやらねばなりません。何事も劇団芝居屋公演成功の為であります。ここは台湾の屋台をヒントに開いた揚げパンの店です。今日私が食したのは「煮豚」揚げパン。カラッと揚げたパンの中にトロトロに煮えた煮豚が乗っておりまして、その上にゆで卵の輪 [続きを読む]
  • 強風の中迷子志願
  • 今日は朝から風が強く、風雨に弱い体質の私とすれば外に出るのが躊躇われる程でした。でも、本番稽古に入っている劇団主宰の身とすれば、模範の為にも台詞を入れねばなりません。という訳で何時ものセリフ入れの為の迷子志願。とはいえ殆どすべてを歩き尽くしているので、迷子志願も自ずと見慣れた風景なのです。いい歳の爺がブツブツ言いながらの一人歩き、結構異様である事は分かっていますが、まあやらねばならぬのです。兎に角 [続きを読む]
  • 初めての場所
  • 先の金土と二日間仕事で埼玉県久喜市へ。 朝五時起床で集合場へ。 それから現場へ移動。 あまり旅好きではないワタシにとってロケバスでの移動は一時間弱とはいっても大旅行。 朝飯のおにぎりセットとお茶をいただき、車内で食事。                                                    都心からバスに乗って高速に乗ると、車の窓ガラスが曇ってきます。 やはり気温が低いんで [続きを読む]
  • ブランド牡蠣
  • 本日北海道の芝居仲間から厚岸の牡蠣がドンと届きました。フェイスブックでの交流で、私の「厚岸の牡蠣はブランドで東京では高価」の書き込みを見てのプレ。ゼント。いや、恐縮の行ったり来たり。でも仲間の心を忖度すればやっぱり素直に頂こうと、妻と二人で美味しくいただきました。食べ方は生に焼きに蒸しと美味しい食べ方はありますが、この度は生牡蠣とレンジでチンの蒸し牡蠣で頂きました。いや、大変美味しゅうございました [続きを読む]
  • 本日劇団芝居屋第35回公演「通る夜・2018」初顔合わせ
  • 13日に台本印刷が劇団員の手で行われ出演者全員に台本が行きわたり、本日15日18時30分から第35回公演「通る夜・2018」の初顔合わせです。この第35回公演「通る夜・2018」は第2回公演「通る夜」から始まった「通る夜」シリーズの四本目に当たります。第2回公演「通る夜」に始まり第23回公演「通る夜・1965」、第28回公演「通る夜・仰げば尊し」そして今回の「通る夜・2018」という訳です。これら [続きを読む]
  • 久しぶりの迷子志願
  • 近況、次回公演台本「通る夜・2018」を書き終え、チラシの原画構想もひと段落。昨日は雨の為ぐーたら生活を決め込み、夜チョットまともになって美術の八木橋君とセットの打ち合わせ。この三か月程は平均1万歩以上の歩数が、昨日の携帯の万歩計は0歩。なので今日は晴れたので久方ぶり迷子志願としゃれこみウオーキングへ。計画では二時間歩数にして14000歩。まずは自宅から大きく離れ、幹線道路から外れて適当に右往左往。結局 [続きを読む]
  • 老衰日記13
  • 下にあるのが一年前の今日書いたブログである。先月の27日に発症した脊椎管狭窄症。約三週間経過の現在も未だ治癒せずブロック注射。本日は痛みが消え、楽にはなった。楽にはなったが、まだ歩行時に間欠跛行的違和感があり、長時間の歩行は困難をきたしている。しかしながら痛みが抑えられるというのは精神的な朗報で、気持ちが違う。台本作成の他にブログを書く気力もなかったが、そんな気になったので久しぶりにご報告。先週の土 [続きを読む]
  • 色々ありました
  • いやいや時間の経つのは何とも早いものです。ただ今次回公演の台本創りで時の流れが一気にその速さを増した様で、朝と夜の歯磨きの間の記憶があまり鮮明ではありません。ですがまあそこは年の功といいますか、台本創りの進みは悪くはありません。2月に入ってすぐ女房殿と孫一号の合同誕生会がありました。他にもいろいろあったのですが思い出せません。そして今日は姪の花柳基はるなが国立大劇場で日本舞踊を踊るので見に行きまし [続きを読む]
  • 2月3日。鬼はやっぱり私でした。
  • 次回公演の台本創りも私の夢の世界にまで侵食してきたので、少しずつそのペースを上げようとしていましたが、昨日から今日はいけません。前からの予定で孫二号が一泊預かることになっていましてね、これが結構大変なんです。彼女今年五歳ですが、なにせ彼女一人のお泊りは初めての事なので一晩持つか戦々恐々。なんでも生産元の長女の言によると「アータンとジィジを独り占め」と張り切っていたとの事。その事に恐れをなしたわけで [続きを読む]
  • 一転
  • 本日の仕事は世田谷線松原にある赤堤スタジオ。入りは9:00。最近になくゆっくりめ。とは言え雪の降る交通事情を考えて、早めの7:00出発。結局何事もなくそのまま8:15に到着。大分時間がありましたが、現場へ直行。9:00まで待って支度。10:00撮影開始で11:00終了。でバイバイ。チョット拍子抜け。 [続きを読む]
  • ハードワーク!!
  • 昨日は撮影の仕事で4時半に起床。色々支度をしまして家を出たのが5時40分。5時51分馬込発の都営浅草線で五反田に出て山手線で池袋へ。集合場所は西武池袋線の大泉学園駅の改札口。7時にスタッフが迎えに来るというので待っているとハイ来ました。分かりにくいという事で撮影現場まではタクシーで。現場到着が集合予定10分前の7時20分。早速支度にかかります。衣装を着、メイク。遅刻より少し遅れて撮影開始。なかなか [続きを読む]
  • 合掌・・・
  • 私のマスコミの仕事の師と慕う前田満洲男先生が1月8日にお亡くなりになったという知らせを・・今日奥様からのはがきで知りました。突然のことでした、あまりに突然な事なので感情が金縛りになった様で、心が動きません。先生との出会いは私が三十代の前半の頃です、その頃先生は日活の監督から転身してTBSのプロデューサーをされていました。私がテレビドラマの仕事に携わったのも先生のご紹介があったからです。以来私が劇団芝居 [続きを読む]
  • うん、ツイてましたね!!
  • 今日は朝からの小雨が雪になり、あっという間に積もっています。いや、今更ながらツイていましたね。というのはこの土日に年に一度の家族旅行があったんです。もし、天候がずれていたらとひどい旅行になるところでした。というのもこの家族旅行テニス合宿を兼ねたものでして、三年続けて行っているんです。この時期の私は毎年その年の最初の公演の台本創りにかかってまして、ちょっと煮詰まり気味の時期なんで、この旅行はいい気分 [続きを読む]
  • どうなんだろう・・・?
  • 劇団芝居屋第35回公演の台本創り・・・。まあ、大体の線は見えて来た様な気がするんですが・・・まあ、今はこの線で行こうと思ってはいるんです。でも・・・いや、もう少し考え様があるような気が・・・そんな気もあるんです。もう一回始めから・・・いや、それはない。そう、この線でいいんです。けど・・・何というかはっきりした手応えというか・・・でも今まで34作創ってますが、そんな手応えはあったためしがないんですがね。 [続きを読む]
  • なんという符合!!
  • 【11月4日に劇団芝居屋第32回公演を無事に催す事が出来てホッと胸をなで下ろす時期があって・・・。というのも結構あわやというような事もありましてね、ハラハラした公演だったんです。まあ、その事はまたの機会に触れますが、兎に角今までの公演より終わった感が強かった訳ですよ。その影響もあってぼーっとした日々を過ごしていたんですが、公演の終わりから半月程経った時に・・・何でしょうね劇団主宰者の性とでも言うんです [続きを読む]
  • 初仕事
  • 本日は朝早くから本年度の初仕事。図らずも妻と二人で老夫婦役。朝早くに家を出て、現場までのナビゲーターは妻に任せ、私は荷物係。お陰で何時もの様にウロウロせずに現場へ直行。このナビゲーターは優秀です。仕事は・・それはそれ本物の夫婦ですから、マア何とか。どこかチョットくすぐったい初仕事でした。 [続きを読む]
  • あれから10年。
  • 本日1月9日は劇団芝居屋旗揚げ以来の初代後援会長であった尾藤敏雄氏の10回目の命日でした。今年は妻と二人で日暮里にある菩提寺である金嶺寺にお参りに行って来ました。劇団芝居屋は旗揚げ以来氏にはお世話になってばかりで、何の恩返しも出来ぬうち60歳の若さで逝去されました。この事は私の一大痛恨事です。あれから10年。劇団芝居屋は毎年2本のペースで弛むことなく20本の作品を作ってきました。これもあの痛みが後押ししてく [続きを読む]
  • 初,初,初・・・
  • 本日2018年(平成30年)1月4日木曜日。快晴の下、芝浦中央公園運動場に於いてテニスの初打ち。その前に大森から品川まで電車に初乗車。その前にテニスの為に初タイツ着用。まだあるな・・帰りは疲れたので無料パスでバスに初乗車。あとは・・・いろいろ。そんなくだらない初物づくしの一日でした。 [続きを読む]