ウーロン さん プロフィール

  •  
ウーロンさん: ウーロンblog(福島のラーメン食べ歩き)
ハンドル名ウーロン さん
ブログタイトルウーロンblog(福島のラーメン食べ歩き)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/uuron2000/
サイト紹介文福島県を中心としたラーメン食べ歩きブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/09/20 19:06

ウーロン さんのブログ記事

  • みどり湯食堂@二本松
  • 二本松市下川崎の麺処 若武者 弐號店 みどり湯食堂です。道の駅安達上り線の野菜直売所に併設されるフードコート。今や、飛ぶ鳥落とす勢いの若武者の2号店です。懐かしの食堂系と喜多方系ラーメン、サイドには岳温泉の温玉をあしらった豚丼など。若武者本店とは全く違うコンセプト。 ▲ラーメン@680円あっさりとした透明感のある黄金色のスープ。ほわっとした優しさと凛とした力強さ。ノスタルジックな食堂系を謳いつつも、いわ [続きを読む]
  • なるき@郡山
  • 郡山市富久山町の中国飯店なるきです。ちょい間が空くと、思い出したように食べたくなるこちら。郡山タンメンなら外せないお店です。今回は、約1年ぶりとなる なるき呑みも。サッポロラガー大瓶。 ▲タンメン(太麺・塩味)@850円放っておくと膜が張るほど濃厚な白濁塩スープ。ぐぐっと鷲づかみされるような旨みと塩味もなるきのそれ。たっぷり盛られた、しゃっくしゃくに炒め煮された白菜にキャベツにモヤシにニラにニンジンに [続きを読む]
  • ROOTS@郡山
  • 郡山市大槻のラーメンROOTS(ルーツ)です。やま鳶@いわきと同じカテゴリーで、ラーメンWalker福島にも大きく取り上げられています。ちなみに、今年の郡山で話題を掻っ攫った新店のひとつでもあります。 ▲醤油味玉ラーメン@790円太麺・こってり。以前のものより、ぎゅんと醤油の効いたキレと存在感のあるスープ。これが、ずっしりと醤油を感じさせつつ、ベーススープとも良好なバランス感覚。さらに、たっぷり振られた背脂も円 [続きを読む]
  • 好房@須賀川
  • 須賀川市小作田のら〜めん好房です。いやはや2年ぶり。外まで漂う香りにくらっとしますw ▲好房ら〜めん@600円この日のスープは、どこかぼやっとした輪郭の優しい雰囲気。いやいや、魚ダシ風味も抑え気味かと思いきや食べ進むごとに増す煮干しの存在感は好房のそれ。麺は、さくさくっとした食感のストレート細麺。やはり秀逸。オリジナリティも感じさせます。トッピングは、平のバラとバラロールの崩れるチャーシューにメンマに [続きを読む]
  • 枡はん@郡山
  • 郡山市本町のラーメン枡はんです。なんとなんと2年ぶり。本町の老舗。ひとつも変わらない存在感がここにあります。 ▲ラーメン@450円郡山の誇る郷愁系ラーメン。あっさりとした清湯スープ。どこまでも素朴な雰囲気ですが、すーっと沁みこんでくるような静かな旨みと甘み。麺は、しっとりめの中細麺。このマッチングって癒される感覚。トッピングは、煮豚のチャーシューにメンマにナルトにインゲンにきざみネギと、シンプルな枡は [続きを読む]
  • やま鳶@いわき
  • いわき市小島町の創作麺 やま鳶です。今年7月にオープンした注目の新店。あのラーメンWalker福島2018にも大きく取り上げられているこちら。 ▲らぁ麺@800円丸鶏をメインに、魚介ダシの旨みを抽出したような淡麗スープ。幅もあって円やかで、ぐいぐいと引き込まれる感覚。麺は、しっとりとした食感とざっくりとした歯触りが同居するストレート細麺。これが、スープを纏うことで美味しさも相乗効果的。トッピングは、ロゼ色のバラ [続きを読む]
  • 松しま@郡山
  • 郡山市朝日の松しまです。いつものようにお昼のピークを外しに外す。和風で落ち着く空間です。 ▲キリン一番搾り瓶ビール(中びん)@490円もちろん飲み物はこれ(笑アテは沢庵と浅漬け。 ▲もやしあんかけラーメン@620円+ミニ親子丼@300円(麺類とのセット価格)お初の組み合わせ。セットにするとミニサラダと漬物付き。あっさり寄りの優しいあんかけ。塩味の餡がかけられた、ほんのりとろみの入った醤油スープ。それぞれが [続きを読む]
  • とんこつ家@郡山
  • 郡山市開成の濃厚とんこつラーメン専門店 とんこつ家 郡山開成店です。伺わないでいる間に看板が撤去されていますが、元気に営業中。ちなみに、この日はスタッフさんがすべて女性にちょい驚き。 ▲ラーメン(醤油)@700円麺かため。分厚い油層に、こってり濃厚な豚骨スープ。ぎりりっと効いた醤油タレもパワフル感を後押し。麺は、しっかり食感のむちむちっとした中太麺。これぐらいの存在感が無いと、濃厚スープとは渡り合えな [続きを読む]
  • 月の家@白河
  • 白河市のラーメン月の家です。新白河駅ちかくの人気店。この日は、常に満車の数人店内待ち。ですが回転もスムーズ。 ▲ら〜めん@650円すっきりとした顔をしつつ、きゅんと醤油タレ強めでダシ感もしっかりの醤油スープに、麺はもちもちっとした白河ライクな中太ちぢれ。スープとのバランスはもちろん、啜るほどに楽しめる食感と喉越し。トッピングは、燻製のモモとバラのチャーシューにメンマにナルトに三角海苔。特にチャーシュ [続きを読む]
  • ふじやま@仙台
  • 仙台市若林区の荒町商店中華そば ふじやまです。激戦区である荒町エリア。こちらの店内はコの字カウンターに待ち席数席。この日は外待ちも。 ▲白ふじそば@680円澄み渡る透明感。上品な顔をしながら、ぐぐっと強めに効いた旨みのスープ。いいところだけを抽出したような煮干しの存在も後押す感覚。麺は、はりっはりの極細ストレート。これ見て、替え玉注文率が高いもの納得。トッピングは、低温調理のチャーシューに穂先メンマに [続きを読む]
  • HAJIME@郡山
  • 郡山市安積町のとんこつらーめん一(HAJIME)郡山本店です。先日のHAJIMEらーめんに触発されて、またもや訪問。久しぶりに、今回はつけ麺からチョイス。 ▲濃厚魚介つけ麺@826円つけ麺は、濃厚魚介に黒に赤に和風カレーの4種類。オーソドックスに攻めますw白濁豚骨をベースに、ほんのりとした辛みと酸味が豚骨の旨みと甘みを引き立てる印象。つけタレinの具材も、チャーシューのほかモヤシやキクラゲもたっぷりめ。割スープは用 [続きを読む]
  • 墨家@郡山
  • 郡山市安積町の支那そば墨家です。安積エリアのお気に入り店。安定感も抜群です。 ▲味噌らーめん@750円たっぷりオイルの味噌スープ。旨みはしっかりですが、甘み抑えめな大人の感覚。麺は、墨家謹製のしっとりめの中細ストレート。味噌に合わせるには若干弱めの印象ですが、細麺好きには堪らないマッチング。トッピングは、しっきしゃきのキャベツに玉ねぎにモヤシにニンジンにきざみネギ。さらに、とろっとろのきざみバラチャ [続きを読む]
  • ねぎ坊@本宮
  • 本宮市の麺や ねぎ坊です。この日も、ほぼアイドルタイムのような夕暮れ前の時間帯。通し営業を狙い撃ちw ▲野菜辛みそラーメン@810円しゃばしゃばっとした味噌スープをベースに、辛味噌追加のピリ辛仕立て。じわりじわりと辛さが浸透する感覚ですが、辛み耐性の低い自分でも美味しく頂けるレベル。麺は、ぼそぼそっとしたナチュラルウェーブ麺。これって、安易に多加水の平打ちあたりを合わせるよりも好きなマッチング。いつも [続きを読む]
  • 弐瓶@会津若松
  • 会津若松市東千石のつけ麺 弐瓶(にかめ)です。今年オープンのつけ麺専門店。店内はカウンター(2席)にテーブルのシックで落ち着いた空間。 ▲つけ麺(中)@780円つけ麺は、魚介豚骨に白みそに辛の3種類。お初なんでスタンダード。どろっどろに濃厚なつけタレ。これって、麺に絡みまくる高粘度タイプ。ちなみにカットチャーシューとメンマときざみネギ入り。麺は冷水で〆られた極太麺。中は茹で上がり375g程度とボリュームも [続きを読む]
  • 金時@米沢
  • 米沢市春日の金時です。たっぷりの駐車場に、店内もカウンターにテーブルに小上がりと広めの空間。味噌と塩がメニュー落ちしていますが無問題。 ▲中華そば@550円黄金色の澄んだ醤油スープ。あっさりに寄り切ったようなベースながら、ごりっと効いた煮干しの風味に思わずにんまり。これって好きな方向性。麺は、米沢らしいちりちりの細ちぢれ。この優しい食感って、米沢市民に愛されるそれ。トッピングは、しっかり味のしみたチ [続きを読む]
  • じゃじゃ。@郡山
  • 郡山市西ノ内の自家製麺 じゃじゃ。です。この日は先客1組と奇跡のタイミング。その後、どどっとお客の波。 ▲味玉つけ麺(並)@850円この日のつけ麺は、終日細麺のみ。もはやオーラが違います。酸味と辛みも影を潜めるほどの怒涛の旨み。さらに、ぎりりっと効いた塩味とじんじん押し寄せる胡椒の刺激。大ぶりなネギや、ブロックとほぐしのチャーシューも所せまし。それにしても、このしょっぱさって血圧が激高するレベル。ぼそ [続きを読む]
  • 万代そば@新潟
  • 新潟市中央区の名物万代そばです。新潟へ来たら、これを食べない訳にはいきません。ってことで、万代シティバスセンター。朝っぱらから漂うカレー臭w ▲ミニカレーライス@380円諸般の事情でミニ。こんなお子さま色した黄色のカレーながら、ぴりりっとスパイシーなカレールー。しっかり予習済みでしたが、このギャップもひとつの魅力。ちなみに、玉ネギや豚肉も嬉しい大ぶり。レトロなバスセンターの立ち食いそば屋に、カレーの行 [続きを読む]
  • 三吉屋@新潟
  • 新潟市中央区の三吉屋 駅南けやき通り店です。新潟駅南口すぐ。新潟あっさり系の最右翼です。 ▲中華そば(普通)@600円いやはや、この顔に期待度フルw美しい黄金色のあっさり醤油スープ。すーっと静かに浸透するような優しい感覚。麺は、しっとりとした食感の極細麺。これって今まで食べたことのないオリジナル感。トッピングは、豚肉の美味しさを味わえるチャーシューにメンマにナルトにきざみネギとシンプル。ラーメン一杯一 [続きを読む]
  • まるやま@郡山
  • 郡山市長者のまるやまです。八王子ラーメンを謳うお店ながら、美味しいタンメンが食べたくなると浮かぶお店。まさにその通りで、ここのところタンメン寄りw ▲タンメン@600円あっさりめの仕立てですが、ぐぐっと惹きのある塩スープは円やかな旨みと甘み。ここに、スープ煮された野菜群は、キャベツにモヤシにニラにニンジンにキクラゲ。さらに豚肉も入る嬉しいタンメンスタンダード。麺は、富多屋生麺のもちょもちょっとした食感 [続きを読む]
  • HAJIME@郡山
  • 郡山市安積町のとんこつらーめん一(HAJIME)郡山本店です。郡山で頂ける貴重な純豚骨ラーメン店。家族連れの多さにも驚きます。 ▲HAJIMEらーめん@702円たっぷりと降られた背脂に、ぐぐっと強めの甘みが効いた白濁豚骨スープ。濃厚というより、さらっとしたライトな口当たり。麺は、はりっはりとした食感の低加水ストレート細麺。豚骨スープを纏うと、美味しさが跳ね上がる感覚。トッピングは、崩れるようなバラチャーシューに [続きを読む]
  • スミス@仙台
  • 仙台市宮城野区のラーメン スミスです。煮干し+味噌のハイブリッドがおすすめのこちら。これって、有りそうでない感覚。 ▲ニボ味噌らーめん@750円ごりごりっと煮干しの効いた濃厚味噌スープ。これがこれが、まったく味噌にマスクされない煮干しの存在感。麺は、ずっしりと密度のある中太麺。しなやかな喉越しも良好。トッピングは、ほろほろっとした厚めのバラロールに太メンマに海苔。強めに見えて、生姜に玉ネギ微塵にきざみ [続きを読む]
  • 本丸@二本松
  • 二本松市金色の完熟らーめん本丸 金色店です。東(あずま)の店舗が綺麗に改装。市内2店舗目、県内3店舗目となる本丸です。 ▲黒丸らーめん@650円たっぷりと粒状の背脂が浮く、濃厚寄りの豚骨醤油スープ。こってりですが、口当たりはさらっとライトな感覚。背脂もコクと甘みを増す存在。麺はナチュラルウェーブの中細麺。あっつあつに茹で上げられた麺が濃厚スープに絡む絡む。トッピングは、崩れる煮豚に穂先メンマに海苔にきざ [続きを読む]
  • ありがとう@郡山
  • 郡山市昭和の会津地鶏ラーメン ありがとうです。ようやく2回目。この日は、ちょうどお昼に待ち客無しと奇跡のタイミングw ▲中華そば@650円あっさりですが、円やかで分厚い旨みの醤油スープ。直球の鶏ダシというより重ねられた旨みの感覚。麺は、はりっはりのストレート中細麺。スープの持ち上げはもちろん、食感と喉越しも抜群。トッピングは、ほとんど崩れるような肩ロースチャーシューに、こりっこりの太メンマに海苔に2種類 [続きを読む]
  • きむらや@会津若松
  • 会津若松市湯川町のきむらやです。なんとこの日は、12時台で完売と驚きのスピードwこれって会津でもトップクラス。 ▲みそラーメン@650円お初のみそ。あっさりとした口当たりですが、コクのある味噌スープ。味噌にマスクされない、きむらやの魚ダシ感覚。味噌でこれだけ魚ダシの存在感を醸し出すって凄いのひと言。麺は、会津らしい多加水のもっちもち中太麺。トッピングは、脂身とろっとろのバラチャーシューにメンマにナルトに [続きを読む]
  • 伊藤商店@福島
  • 福島市吉倉の伊藤商店です。福島市で朝ラーが楽しめる貴重なお店。しっかり認知されていると伺える客入りにも安心。やややっ、魅惑の新メニューが登場。伊藤商店のつけも気になりますが、今回はこちら。 ▲白の中華そば@710円背脂入りの白。きりっと効いた塩味と円やかな旨みのスープ。たっぷりと降られた背脂も甘みとコク増し効果。喜多方でいえば、霜降かじとじとと同クラスの感覚。麺はもっちもち食感が楽しい多加水中太縮れ [続きを読む]