カイエ さん プロフィール

  •  
カイエさん: 蓼食う虫もテキサス
ハンドル名カイエ さん
ブログタイトル蓼食う虫もテキサス
ブログURLhttp://tadekumushimo-texas.blog.jp/
サイト紹介文デンマーク人夫と猫とのテキサス暮らし。負けられない戦いがそこにはある。そんな日もある。
自由文昔の恥は芸の肥やし!入国拒否、強制帰国の憂き目にあうもテキサス在住デンマーク人と結婚し今では立派な無職留守番家事一般
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供280回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2014/09/21 05:36

カイエ さんのブログ記事

  • 新パン焼き機「バリエーション」
  • 新パン焼き機「グルテンフリーパン」のつづきこの後すでにもう一度焼いたが、義父母の反応を見てレシピをいじってみた。1:1だったライ麦と強力粉の割合を2:1までライ麦を増やし、砂糖は半量、塩も少し減らしバター無し。焼き上がりは見た目同じ、中身のパンの褐色度合が上がって、本物に少し近づけたと思う。(写真は一度目のもの)次は餅!とにかく買い置きの小豆が固いのなんの。以前大福熱に取りつかれたときの作り方で。 [続きを読む]
  • 新パン焼き機「グルテンフリーパン」
  • 新型パン焼き機がやって来る3 のつづき新居に移ったばかりの頃家具ひとつ、壁の色も床の材質も一緒に暮らすワタシに相談は無い。かと言って好みが一致したことがないツレ氏とワタシが一緒に何かを選ぼうとすればケンカ必至。ならツレ氏も一目置くセンスのいい長女タンに相談するんならまあいいんだけど。とはいえ面白いかっつったら面白くない。というわけですかさずそこに便乗した。アメリカ製だとパン焼き機なんて半分の値段で [続きを読む]
  • 新型パン焼き機がやって来る3
  • ところで記事のタイトル「新型パン焼き機」って言っても、別に「ゴパン」の次世代とかいうわけではないので紛らわしいねすまん。実家から送ってもらった1999年購入のパン焼き機から、2018年製に買い替えた、とういことでござるよ。値段も下がったよね。ミトン2つ、計量カップ&スプーン付き。古い機械では必須だったプラスチックのヘラはなかったなー。そして変圧器、海外在住者は忘れずに用意すること。基本レシピだけで39種類! [続きを読む]
  • 新型パン焼き機がやって来る2
  • 1からのつづき楽しみにしていた日本のパン焼き機。到着予定日の朝届いた到着予定延期の知らせ。ああ無事に届くのだろうか… 荷物の現在位置ができるだけ正確に知りたいからこの連絡が来るシステムに登録したのに。「トラッキング」の用を成してない。いやほんと、無事に届いたからいいもののとしか言いようがない…(汗3へつづく「パンの身のクオリティに重点を置いたから、の意味でパン・ド・ミ(身)」という名前にしたとかど [続きを読む]
  • 新型パン焼き機がやって来る1
  • 珍しくツレ氏がお金出してくれましたー!プライム会員じゃないと、アメリカ国内の買い物はよく「謎の寝かし期間1週間」が付く。まじ意味わかんない。だから受注は米国でも商品発送が日本からのほうがサクっと早く届く場合が多い。あと注文する際の大きな不安要因の一つとして、日本からの発送は保証が付かない。万一どころかついこないだ、シャンプー1本がとうとう配送されずキャンセル返金という目にあったばかり。2へつづくさま [続きを読む]
  • ツレ氏 meets ウォシュレット
  • 説明書なんかあったって誰も読まんよ。聞いてねえしっていうかトイレの使い方なんていちいち報告しないし住んでる家にあるものは使うにきまっている。そして引越してしばらくたった現在もなぜかウォシュレット機能をまったく使っている様子がないツレ氏。元々は自分が使いたくて付けたんじゃないのか。その「使い方」も聞いてこないし。まあ別にトイレ中に突撃しないけどさ。ツレ氏は用事があるとこっちがトイレのドア閉めてんのに [続きを読む]
  • 米国版ウォシュレット
  • 最近実家と電話した時も父に「で、新居のトイレはどうなんだ」と心配された。「最新」かどうかは知らないが全米普及率で言ったら1%未満じゃないだろうか。メーカーはKOHLER(コーラ―)だった。TOTOが良かったようTT真夜中トイレ行っても電気点けずに済む。けどこの青い光、寝ぼけまなこには結構刺さる。ツレ氏が一応業者に取り付けを頼んだが忘れられている。リアっていうのは「リアガラス」とかのリア。後方とか後ろのっていう意 [続きを読む]
  • 知らなかったおいしいもの「ランチドレッシング」
  • シャツはアバクロ。時代だ!w…で、誰しも覚えるんじゃないだろうか( ̄▽ ̄) 野菜はいつもカット野菜のミックス。具は他にチーズやナッツを散らしたり。今では定番。今ウチの冷蔵庫に入っている開封済みのランチドレッシングとサラダ用クルトン。クルトンもいろんな味が売ってるよ!だが落とし穴がある。これ。タイから買ってきたトムヤムクンの素とかも。まったく同じ味がするのに。なぜ日本家屋の畳の上で食べたら全然おいしく [続きを読む]
  • キレた?2歳児の分別
  • ワタシも届かない高い所。けがをしたとか兄弟げんかになったとか理由があってパパさんがここに上げたのだろう。つかもうとしたらさすがに止めに入らねば!と身構える次のターゲットを求めて…かしこい!(笑)これがもしママやパパの物だと違うのかもしれないが一応ワタシに対してやってもいい甘えのボーダーラインを持っているのかねえ。関係ない過去記事「プレゼントは半魚人」(2016年7月25日)いつも応援ありがとうございます。 [続きを読む]
  • 知らなかったおいしいもの「オランデーズソース」
  • アメリカで定番、デンマークファミリーも頻繁に使う2種のソース。英語では「ホーランデイズ」と発音するが、検索したら日本語では「オランデーズ」で統一しているようなのでそれで。「ツーくんの好物なのに、今まで知らなかったなんてこの嫁はまったく…」なんてね。今までステーキやデンマーク料理でこれらのソースが必要な時はツレ氏か義母が買って来るので何も考えずそれに準じていた。これらを最初から手作りで作るレシピもあ [続きを読む]
  • 知らなかったアメリカおいしいもの予告
  • 昨日はガールズ(ツレ氏の長女、次女)が新居にやってきた。ツレ氏、義父母は張り切ってディナーの用意。ワタシも即席チェリーパイで参戦のつもりがなんだかわからない物体か。昨夜ここまで書いて「食べすぎによる腹痛」でダウン。昔年賀状によく「おもちを食べすぎておなかをこわさないでね」と書きながら「食べすぎでお腹こわさないよなあ?」と実は思っていた。しかし40代になり…ああ。こわすわ。と知る。さて日本にいた頃は全然 [続きを読む]
  • ツレ氏は○○派
  • ゴジラの来襲とかテキサスは「TEXMEX(テクスメクス)」というジャンルが確立しているように、テキサスに根付いてできたメキシカンフードが大人気。(メキシコ人に言わせると「本当のメキシカンフードと全然ちがーう」そうだが、そのお宅でいただいた料理との違いがワタシにはよくわからない)そこでもし皆さんがこの究極の選択を迫られた時のためにケイジャンとメキシカンの違いを挙げてみよう。(超、個人的な意見でっす( ̄▽ ̄; [続きを読む]
  • 「ガンボ」が救世主に見えた話
  • ルイジアナ州の名物「ケイジャンフード」ネタをもうひとつ。(ガンボにはチキンとソーセージの入ったものもあるよ)語感がねえ…イカ、エビ、ザリガニ、貝類。そしてオクラが入ってすこしねっとりした食感。煮込んだ香味野菜とスパイスの奥深い味わい。その瞬間「このスープさえあればワタシ、日本食シックにならずにいられる!」とすら思った。ツレ氏はこの感激の深さを分かってない。たとえばアメリカでカニ、イカ、ホールの魚は [続きを読む]
  • 「エトフェ」を食べよう
  • 別にうっ血した鴨エキスが入ってるわけじゃない。と思う。バター少し入れた。あと水入れすぎたのでコーンスターチでとろみを増やした (≧▽≦)ノ(ザリガニは池沼で養殖。シーではない)そろそろ日本の家庭のメニューに飢えてくる。エトフェの完成写真も撮り忘れたしカツカレーも撮らなかった_| ̄|○ドヤ写で締めくくるつもりがぼんやりした終わりになったので、今回おすすめサイト「艦めし」を紹介しよう( でサイトへ↓ [続きを読む]
  • 懲りない人たち
  • 昨日の記事で思い出した件仕方ないんだ…みたいな表情。そんなに何度も結婚するなんて、という意味で。今よりさらに英語ができなかった当時、咄嗟にしては我ながらうまい切り替えしだと思ったw正面からワタシの膝をなでまわしてきよった。きんもーーーー!!!ツレ氏、早く戻ってくれーーーと思いつつ、相手が顧客だと思うとあからさまに嫌な顔や拒絶する態度も取れなかったワタシはセクハラの餌食予備軍かもしれない。結局ツレ氏 [続きを読む]
  • 邪念渦巻くワタシを許して
  • ミシシッピ州で、あの似顔絵(記事「人生の善き日に」)を描いたカップルの結婚式へ出席した。手作り感いっぱいのカジュアルで和やかな式だった。もしウチらが離婚してもツレ氏もきっとこんな風にしれっと幸せな結婚をするのだろう何度でも。自分に次の確保がいるとかいう状況でない限り絶対別れんぞ(?????) とか不純な雑念から決意を新たにした小物カイエ。それにしても、あんなに人の良さそう〜〜な人たちでも何度も結婚に [続きを読む]
  • ミシシッピでマンチー☆
  • ミシシッピ滞在中のエピソードアンティークショップがあるという町へ向かってみた。人通りもほとんどない。そこそこ走ってる車が、一体どこからどこへ向かってるのか不思議なくらいだ。しかたなくツレ氏「あと I got munchies.て言うとお腹が空いたって意味だよ」(ツレ氏辞典) 店の窓には「シーフード」と書いてあって「おっ」と思ったが、あまりにも回転の悪そうな雰囲気を見てありきたりの無難なメニューにした。アメリカは比 [続きを読む]
  • 猫ジマン 2018
  • 本日ミシシッピ州より更新。実家から天使のような猫たちの近影が届いたのでこちらをお届けしよう。人生で初めて飼った猫。もうだいぶ年取ったけど、ずっと元気でね!目が開いた当日、と思われる日にひとりぼっちで箱に入れられ捨てられていた。鼻っ柱の強いおてんば末っ子も11歳くらい。うちに当時猫は3匹いて平和に暮らしていたのに、この子が家中の網戸を破ってしまい窓を開けられなくなる。これは前回帰省した時の写真。常にボ [続きを読む]
  • カイエのクズ生徒時代 1
  • 高校入学後、初めての定期テストの結果。内心「きゃああああいやあああああああああああ」 ゼッタイ自分が呼ばれると思ったらまだ低得点がいてそれもびっくりした。女子は自分1人。この時の衝撃で今でも呼ばれた4名全員の苗字を本名で言える。当時20代だった数学教師は、クラスでは無表情で怖かったが放課後集まった補修組には優しかった。アホ過ぎてそうするしかなかったのだろう。それまでぼやっとしててもわりと難なく来た自分 [続きを読む]
  • ハーフのベビーも〇〇と言う
  • 日本なら幼稚園児も言いそうなイメージだけどどうかな?こっちでそれっぽい掛け声をだーれも言わない。義父母も言わない。どれも聞いたことない。周りに船乗りさんとかいないし。もちろん「自分はアメリカ人だけど言いません。座る時は黙って座ります」とか「在米ですが聞いたことなし」という回答も。言語のないものは概念も無い。さほど大きくない仕草や動作でもつい口から「よいしょっ」と出てしまう、あの軽ーく自分を鼓舞する [続きを読む]
  • ギ―、買う
  • たまたま見かけてしまった。 語感がこう…インドってかんじする。なんだろうギー…。ほぼ使い切りサイズなのに高いと思う。プ〜ンとバタースメル強め。食感はクリーミーというよりオイリー。(なんのこっちゃ)ちょっと発酵バターのような特徴ある風味、トーストに塗って普通においしい。よし、瓶で買うぞ。これにした。10ドルくらいする_(´?`」 ∠)_きいろっ 軟膏みたい。冷蔵庫に入れないでって書いてある(なんでじゃ)義両 [続きを読む]
  • 手抜きでおいしいグルテンフリーケーキは可能か(後)
  • 前提 :ツレ氏は「自称グルテンアレルギー」である。チョコケーキが好き。前回の記事ウタ師匠レシピのケーキを1台焼いた直後この絶品ケーキで使う数々の「裏技」を応用して「簡単混ぜるだけ〜」なグルテンフリーケーキからポテンシャルを引き出せないかと思い立つ。(通常、自宅で作るグルテンフリーケーキというやつは冷めるとポソポソしがち)さあ、ボウルとホイッパーを洗い直して再出発!まず「どっかから」w取ってきたレシ [続きを読む]
  • 手抜きでおいしいグルテンフリーケーキは可能か(前)
  • またまた実験レシピ馴れ馴れしい。好きだから許して!←それにグルテンフリーのケーキって自作するとどうもボソボソして…今このケーキでコツをおさらいしたところだし!カイエのよくある衝動的見切り発車つづくまた細切れ御免!m(__)mまたまた歌川さんのレシピ関連で記事を書いてしまったので少々話が逸れますが…!現在「母さんがどんなに僕を嫌いでも」が映画化され、さらに新著の執筆活動、出版、全国でトークショーにメディア [続きを読む]
  • ウエスタンドアに関するおまけ記事(-_-)
  • 先日の記事「逃げた作業員、戻る」の続き記事いつもブログを読んでくださる人からトイレ、バス、 洗面所を使うと寝室に音が丸聞こえ、の新居の客室。寝室と隔てるドアが無いのだ。コメントをくださったチンくん。ツレ氏の友人から「このドア面白いですね。なんもお見通しではないですか。ツレ氏さんってやんちゃやな」みたいに皮肉ってもらえばドア設置を考えてくれるんじゃないか…とのご意見。そんなん通じるわけない、というか [続きを読む]
  • 外国語は耳障りなものか
  • ツレ氏のデンマーク人両親、現在新居に滞在中。もちろん、毎日膨大なツレ氏の私物を整理してくれる彼らには感謝してるよ!家族行事で行ったので個人行動はほとんどなく、その分ゆったりした時間が持てた。それでじっくり読めそうなマンガをケータイで購入して読んだりしたねー。長女タンに丸聞こえとも知らず男子ロッカールームのような会話でも繰り広げていたのだろう。しゃべり声がでかいのはデンマーク語の特徴なのかというと義 [続きを読む]