バビロン東長崎 さん プロフィール

  •  
バビロン東長崎さん: 意味をあたえる
ハンドル名バビロン東長崎 さん
ブログタイトル意味をあたえる
ブログURLhttp://fktack.hatenablog.jp/
サイト紹介文文章としかいいようがない
自由文昼寝をしていたら、となりの家の布団をたたく音が聞こえ、それがどちら側のとなりなのかわからず、下手をしたら自分の家のベランダで叩いているようにも聞こえた。布団をたたく音について文字にするといかにも国語の先生が喜びそうだ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/09/21 16:21

バビロン東長崎 さんのブログ記事

  • 途中式
  • 「途中式は消さないように」と先生が言ったそんな記憶をセレモニーホールの前を通りかかったときに蘇った 悪名高いホールである らせん状の通路の先に駐車場があって通路は狭いし勾配が急だから難儀だと誰かが言っていた とてつもなく頭でっかちの看板が地上30メートルの位置に立ちそれが悪の象徴だった 通路の入り口に小看板があって旅館の今日の宿泊者ご一行のように業者が3つも書かれていた みなセレモニーである 頭でっ [続きを読む]
  • 大人
  • 大人になって会社に行くと信じられないくらい仕事ができない人がいてそういう人の利害関係者になるとうんざりしてしまうのだがそういう人にも配偶者と子息がいておそらく家族はお父さんがお母さんが夫や妻が会社で誰かにうんざりされているなんて夢にも思わないのでないか夫・妻なら相手も大人だからなんとなく普段の態度からわかるのかもしれない私の妻などは私が会社でいろんな人に迷惑をかけていると思っている節がある しかし [続きを読む]
  • 「菅野満子の手紙」を買った
  • 何年か前に図書館で借りたのを読んだが手元にも置いておきたいと思い購入を決断した 小島信夫の小説である 小島信夫の小説もここのところご無沙汰であり最後に読んでいたのは「寓話」でとちゅうで「モンテ・クリスト伯」のことが出てきてどんな小説だろうと思って読み始めたら「失われた時をもとめて」みたいなのかと思ったらずっと読みやすかった しかし七冊くらいあったのでそこからやたらと長いがモリモリ読めるものが読みた [続きを読む]
  • だがしかし
  • 集団行動というバンドに「オシャカ」という曲があって朝通勤中に聞いていたら「だがしかし」というぶぶんでちょうど車は橋にさしかかって視界が一気に開けた 「だがしかし」からがサビであり風景と音楽がリンクして満足感を得た 空には平たい雲が多く引かれており私はそこに秋をかんじた 夏は立体で秋は平面てある その平面の雲に等間隔で並んだ鉄塔がささっている 地面は田んぼなのである 勤務先が変わるのでこの風景もあと [続きを読む]
  • 別れ
  • 電話で別れの挨拶をしていたらその人は結婚するんだそう おめでとうございますと言った 神奈川の小田原かどこかのアパートを借りるそうだ 新宿まで電車で40分と言っていたから違うところかもしれない 小田原と言えば小田原厚木道路だ いつもどっちが小田原でどっちが厚木なのかわからなくなる 若いころはこれでもかという具合に伊豆に行ったので小田原厚木道路は馴染みが深い 高速道路ではないからどこか親しみが持てる し [続きを読む]
  • 手作り夏休み(終)
  • 親と叔父の家に行って線香をあげ、畳のあるレストランで蕎麦を食べた その前にビールを飲んだ 父が飲み終わるころにイカの一夜干しががきて父はおかわりをした 私は一杯でよした 今日飲んだ生ビールはまだ良かったが昨日飲んだ瓶ビールは妙に甘く感じたしその後飲んだ麦焼酎は薬みたいな味がするしぜんぜん楽しめなかった 口直しでチョコを頬張った ここのところ飲むお酒も「ほろ酔い」というアルコールが低めのジュースみた [続きを読む]
  • 手作り夏休み
  • うちの会社は夏休みのない会社で厳密に言うと決められた期間内にとれる休みが1日付与されるがそれだけでは夏休みというかんじがまったくしない 何年か前に決められた期間がすごく長いときがあったので3月くらいに申請したら怒られて「すみません」と謝ったがその直後も今も言い返せば良かったなあと思う 時と場合によるが自分が悪くないと思ったらそれを主張する機会がなければいけないと思う たとえ他人からどう思われても滑稽 [続きを読む]
  • スーパーマリオ
  • 「ゲノムが語る人類全史」という本を読んでいたら唐突にスーパーマリオの話が出てきてスーパーマリオブラザーズは「王女を救う道中で金貨を集めるゲーム」と要約されていて違和感をもった しかしおおよそ違和感を持たれない要約とはまだまだ余計なぶぶんが多いというサインであるからこれは要約としてはなかなか純度の高いものと言える 何か違う気がするけど具体的に指摘ができないというのが要約のゴールである それはちがう・ [続きを読む]
  • 毛作り餃子
  • 車を走らせていたら「毛作り餃子」とかかれたノボリが目に入った すぐに裏返った「手」という字だと気づいた 裏返った文字もすぐに認識できるのが人間の脳だがそれが別の物に見えるとそちらに真っ先に飛びつくという修正がある 「脳が楽したいんだな」「脳って過酷なんだな」と思ってしまう このブログのタイトルもひっくり返ったノボリの文字を別の言葉にとらえたことがきっかけで名付けた 私はすぐに「毛作り餃子ってなんだ [続きを読む]
  • パワーポイント
  • まったく使いこなせていないソフトにパワーポイントがある たまに資料を作ったりするが文字や絵を張り付けるだけのただのキャンバスソフトであり同じことはワードでもエクセルでもできる 要するにプレゼンの機会がないから使う機会がないのである 妻が「パワーポイント教えて」と言ってくるので「簡単だよ」と答えるがそもそもパワーポイントとは何をするものなのか私はわかっていないのである 直前にプレゼンのためのソフトだ [続きを読む]
  • 近所のうどん屋
  • 近所のチェーンのうどん屋にはいつもおっさんとおばさんとにいちゃんと女の子がいて「家族経営かな?」と思う にいちゃんは体格がよくて肌が荒れている おっさんは痩せていて小柄でおばさんはその中間で要するに小太りだ 女の子の印象はない おっさんが店長だとしてもチェーン店なのだからそれ以外はパートで血縁関係はないと思われる しかし妙にハマっているので本人たちも「俺たち客からは家族と思われてるかもなあ」と話し [続きを読む]
  • いいことしたら機嫌がいい/あと素早く書かないと
  • 台風が近づいていて仕事から帰るときに若い人に更衣室で「気をつけてくださいね」と言われそうだね気をつけないとねと答えたらよく考えたらその人は家は近いが歩いて帰らなければならない人だったので雨に濡れるのは不快だろうと思い車で送ることを提案した ついでに太った女の社員も駅まで送ることにした そうしたら雨は大して降っていなかったので私がでしゃばったみたいな形になってしまった 「これで事故ったら気まずいね」 [続きを読む]
  • ペンチはどこ行った
  • 家に帰ると子供がペンチをさがしていてその前々日に甥がトイレの戸を壊して私も直すのにペンチが必要と思ったが都合良くラジオペンチがあるわけないと思った 代わりにふすまを貼り替えるときに使った小さいやっとこみたいな器具で戸は直した ふすまを貼り替えたのはもう何年も前の話で年末の話で夜には友達が遊びにくるから私は適当に貼って切り上げた やり馴れない作業でもあったからシワが寄って妻は気にくわないようだった  [続きを読む]
  • 新幹線の三人組
  • 今日新幹線に乗っていたら仕事帰りの三人組がおしゃべりに興じていた 三人は最初は各自缶のアルコール飲料と袋入りのおつまみ(チータラ、等)を座席から取り外す台の上に並べていて私はその斜め後ろの席から(給食か配給みたいだな)と思い眺めていた おそらくリーダー格の人が缶とおつまみそれぞれ一品ずつと定めたのだろう 最初のうち三人は台の上に並べて押し黙っていたが列車が進むにつれてそれらは消費され同時に各自の声 [続きを読む]
  • 夏をバカにされてくやしい
  • 妻が「早く夏終わんねえかな」とイラつきながらつぶやくたびに傷ついた気持ちになる 確かに酷暑でありここは埼玉北部である しかも妻は汗っかきで今日一緒にオートバックスに行ったらたどり着いただけで顔中汗まみれになっていた 化粧もしているから尚不快だろう 「早く10月くらいになってほしい」とか言っている  一方の私は子供のころから夏が好きでもうここ数年は就寝するときも冷房をつけるようになって暑さに対する抵抗 [続きを読む]
  • カープとドラゴンズのゲーム差が3になる夢を見た
  • プロ野球はほとんど見ないがなんとなく広島東洋カープを応援している “東洋“のぶぶんが村上“ポンタ“秀一みたいでなんとなく好きだ 読売ジャイアンツが読売巨人軍と日本語でも呼べるのにも感心する ドラゴンズも地元じゃ辰っつあん軍とでも呼ばれているのだろうか カープがカープスと呼ばないのは鯉と羊には複数形がないからというのをEテレの0655で知った とにかく私がプロ野球について知っているのはそれぐらいのもので [続きを読む]
  • 休日は一日かけて洗濯物をたたむ
  • 家の洗濯係ですが洗って干すまではとにかくやらないとどんどんたまってしまうのと朝の仕事として定着したからなんなくこなすが家に帰って取り込んでから畳むまではどうにもだらけてしまう 週のあたまのほうはまだ元気で仕事から帰ってから畳んでタンスにしまうところまでできるがだんだんと途中セーブするようになってついには頭からどさっとやるだけになる とにかく畳むのは後回しにできるからちょっと畳んではYouTubeを見たり [続きを読む]
  • 中山忍が髪を切った
  • 実家に行くといつもサスペンスドラマの再放送がやっていて高い確率で中山忍が出ている さっき夜のドラマを見ていたら中山忍っぽい人が出ていたがしかし本人がどうなのか見てもなかなかわからない だいいち髪が短くなってショートカットまでいかなくてもかなり短くなっていて私はショックだ 後ろ髪をひっつめている中山忍が私は好きなのだ 実家で見る昼間のドラマはいつも髪が長く解決する側でなく犯人でなく中途半端なポジショ [続きを読む]
  • 少し早く帰った
  • 妻が不在で子供を習い事に送らなければならなくなったので1時間早く帰った 帰りますよと言っているのに同僚が最近車をぶつけて右後方からスライドドアにかけてえぐってしまったらしくそんな話をした 事故の詳細は聞かなかったが手のひらを机について右手側から手前に向かって雑巾をかけるような仕草をしたからバックでぶつけたんだと判断した じぶんちの門柱だかにぶつけたらしい ひとんちとかましてや人を巻き込まなくて良か [続きを読む]
  • リュックを買ったら違うのがきた
  • 仕事で出張が増えたのでPCを入れられるバッグを買おうと思った それまでは妻のリュックを借りていた 子供も使っていたのでたまにかち合って使えないということもあったので良い機会だった しかもショッピングのポイントが失効するというからあわてて買った なんでもいいやと思ったが見ているとやはりそれなりのが欲しくなる 結局足が出た ポイント分得をしたのだから良いという考えが一般なのだろうがそもそも購入の機会を向 [続きを読む]
  • 悩む時間がいとおしい
  • 何かを決定しなければならないというときは予め答えが出ていることが多くしかし何故足を踏み出さないかというとその後のストレスから目をそらしたいからで時間を稼ぎたいのだ 稼いだ時間でもっと最適な解をさがしたり仮決定した事項がどこまで妥当なのか、あと私はよく一般化とか抽象化してこの決定における人生の位置づけとか考えたりする 新幹線に乗るとどこかの倉庫ばかりのゾーンを駆け抜けて倉庫は牛豚の厩舎のようであり屋 [続きを読む]
  • クレイジージャーニーの好みの人
  • クレイジージャーニーで昆虫食の女の人が出ている回はすぐに観たのに爬虫類の人は録ったまま放置でパスでいいかなあと思う 両者の違いはなんだろうか 同じようにアフリカに行って村の人と同じ格好をして写真を撮る女の人も今はパスの対称であるが奇界遺産の人は好んで見る アフリカの女の人は最初からうーんというかんじだったが写真を見て「これは自分とは合わない」と確信して見るのはやめてしまった アフリカの人にポーズを [続きを読む]
  • 日頃の行い
  • 台風がくるという話だが午前中は晴れていた 外から帰ってきた人に「嵐にあたらなくて良かったですね 日頃の行いがいいからですね」と言った 別々の2人に言った 私も大概である その理屈ならよく晴れた天気の良い日に外にいるのはみんな行いの良い善良な人ということになってしまう 私は朝に家を出たが会社につくときに嵐になって濡れてしまった 短いズボンを履いていてスネに雨粒が当たるのがわかった 秋から電車通勤にな [続きを読む]
  • パインのお酒飲んでる
  • ここのところというか今年の夏はパイン味の酒をよく飲む 結局のところ私は甘いものが好きなのだ この前会社にお菓子でも買ってやろうと思いアルフォートとハッピーターンを買っていき「甘いのとしょっぱいの」と紹介したら「ハッピーターンは甘いだろ」とつっこまれた 私はハッピーターンは滅多に食べないから「はて?」と思い口にしたがこれを甘いというのは無理がある しかし確かにお煎餅のような塩味でもない その場は「ア [続きを読む]
  • いちばん涼しい夏
  • 小学校5、6年のときに少林寺拳法をやっていて大抵はどこかの小学校の体育館で構えとか蹴りとかやっているのだがたまに説法の時間があって私たちは入ったときに教科書みたいなのを支給された 練習のときはいつもそれを道着と一緒に袋に入れて持って行ったが使うことは滅多になかった しかしある夏の日に私たちは床に正座をさせられ(あぐらだったかも)班ごとに整列しテキストの指定されたページを開いていた 学校の授業と同じだ [続きを読む]