バビロン東長崎 さん プロフィール

  •  
バビロン東長崎さん: 意味をあたえる
ハンドル名バビロン東長崎 さん
ブログタイトル意味をあたえる
ブログURLhttp://fktack.hatenablog.jp/
サイト紹介文文章としかいいようがない
自由文昼寝をしていたら、となりの家の布団をたたく音が聞こえ、それがどちら側のとなりなのかわからず、下手をしたら自分の家のベランダで叩いているようにも聞こえた。布団をたたく音について文字にするといかにも国語の先生が喜びそうだ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/09/21 16:21

バビロン東長崎 さんのブログ記事

  • 誰でも心理学者になれる
  • 勤め場所が変わってもう3回くらい「心理的に」とか「人の心理は」とか言っていてそのたびに(一体どこの心理学者が言っているのだろう)と内心思う 私の言う心理は「人の嫌がることをしてはいけません」から始まる自分参照型の心理学である 漫画「カイジ」で主人公のカイジが対戦相手の利根川に「蛇でありがとう」と言うシーンがあってそれは利根川は自分ならイカサマするだろうという根拠によりカイジがイカサマすると踏むが実 [続きを読む]
  • 今年の漢字
  • 今年の漢字は「災」になったとラジオで聞いた しかし私はなぜその漢字なのか見当がつかず周囲に「地震とかあったっけ?」と訊いたら大阪であった 台風もきた 夏に一瞬だけ大阪に 無印良品の大きな看板があった 鬼怒川が氾濫したのは何年前だったか [続きを読む]
  • 眉間
  • 部長の眉間にしわが寄っていて部長の眉間にしわが寄ると機嫌が悪いんだと係長が教えてくれた まんまやないけ! と思った 先月に入ったばかりの課長は素朴な人に見えるが実は細かい人らしい 漫画にしやすい顔でもし漫画にしたら歯の一本か二本か抜いて書きたい感じである 漫画といえば私の顔は特に際立ったぶぶんもないので漫画にしづらいとずっと思っていたがあるとき書いてみたら割とこんな顔だよねと自分で思った しかしそ [続きを読む]
  • この寒さ
  • 職場にオイルヒーターを導入したがどうにも部屋が温かくならないのでこんなものかと思ったら意外と温かいという声を聞く 一体どこから温かさがにじみ出るのか奇妙な機械である 私は部屋に入ってもあっとしないと失敗したと思ってしまうが案外そんなことはないのか 確かにエアコンもがんがん温風を吹き出すときは暑いくらいなのにどこかでやり過ぎたと反省するのかいきなり冷風を出してきて寒い だから多少暑くても我慢したほう [続きを読む]
  • 更新
  • 「どうして子供がタバコ吸っちゃいけないの?」と言う人がいてそれは成長が阻害されるからでしょの私が答えると「それって医学的な根拠ないんでしょ」と言われ私は初めて自分の主張する「阻害」が他人の受け売りであることに気づいた そうすると一気に弱気になってむしろ子供がタバコを吸ってはいけない法律や倫理は誰かの権益を守るために存在するような気になってしまう無論悪手というのはあって子供がタバコダメな理由としては [続きを読む]
  • 循環参照2
  • 昨日ゲスの極み乙女。の歌が循環参照となっていると指摘したが私たちが死について考えるときも循環参照になることにその後気づいた エクセルに例えるとB2のセルにB2を含む計算の結果を示そうとするようなものである つまりこの場合B3やA2というのは彼岸であるところでいつのころか私のブログには点や丸が出てこなくなったがゲスの極み乙女。の話をすると自然と丸がついてしまってかなり違和感がある 携帯の予測変換である ワー [続きを読む]
  • 循環参照
  • 久しぶりにゲスの極み乙女。をきいていたら「ゲスの四箇条」というのが出てきて例えばピアスは片耳にしなさいとかそんな具合なのだが最後がメンバー全員で「ゲスであること」と言っていてゲスの条件がゲスであるなんてエクセルでいうと循環参照みたいだと思った [続きを読む]
  • 脳に穴
  • 今の職場は脳に穴のあいた人を引き寄せてしまうのではないかと思っていたが今日は穴のあいていない人でもあいてしまうんじゃないかと思った 久しぶりに会う出入り業者の営業が道に迷ってしまい私に電話をしたら私が出て今いる場所を聞いて「そこから5分くらいのところですよ」と教えたら「それくらいの距離ですよね。Google Mapsだと9分て出るんですよ」と言われ「?」となった 到着すると「やっぱ8分でした」と得意顔で報告し前 [続きを読む]
  • 来客
  • やたらと来客の多い1日だった 予定されたものとそうでないものがあった 明らかに関係ないと思って邪険にしたら関係があって焦った お菓子をくれたので悪いことをしたと思った しかし予定より全然早くくるほうも悪い そこで待たせてもらいますと言うがどこを指しているのかわからなかった 外国からのお客様もいた 接待の人がお茶のペットボトルを人数分自販機で買ってなんだか侘しい気持ちになった 悪い人ではないがいつま [続きを読む]
  • 雨のにおい
  • 妙に暖かい日で冬から春に変わるときの生ぬるい日に似ていた 暗くなったときに外に出ると4月の夜に似ていた 高校2年のときに宅配便の仕分けのバイトを夜10時までして帰るときに高速のインターを通りながら最初の頃は寒かったのに徐々に暖かくなってだんだん暑いくらいになったのを思い出した 確か敷地内に桜の植えられた工場があって花は早々に散ったが暖かくなるほうが余程嬉しかったことをおぼえている しかし今は12月だ 春 [続きを読む]
  • 眠いマンデー
  • 昼間っからアレだった眠かった 夕方になって床にカーペットを並べた 芝生を並べるみたいにするのだが普段は机やイスなどが置かれているためにそれをどかさなければならなかった つめられた長机を眺めながら昔ゲームボーイでこんなゲームをしたと思った それを周りに話すと「チクタクバンバンでしょ?」と返された 目覚まし時計がウロウロするアレである [続きを読む]
  • 才能のない人は学ばなければならない
  • 叔父の一周忌があってお経をもらった僧から説教を受けるが相変わらず話に焦点がない 代替わりしてからもうずいぶん経つのに顔も童顔だし中身も代わり映えしない 先代の話もなにもおぼえていないがもっとお釈迦様だとかが登場した気がする 今日の話にも出てくるには出てきたが「天国からお母さんが見守っている」みたいな月並みな内容だった 叔父の母にあたる祖母は10年前に死に最後は息子の顔もわからずずいぶん口汚く罵ったら [続きを読む]
  • 会話はキャッチボール
  • 言葉のキャッチボールという言葉があるくらいだから会話とは体育的なものなのだろう 発声された言葉とは思考ではなく音なのだ ということを昼間読んだ記事を見ながら思った いつのまにか見えなくなったから引用できないが友達が死んだ息子に対し「その子のぶんも生きなよ」と声をかける母親 息子がその意味を問うと「よくそう言うから」とパターンの踏襲であることを白状する母親 これが世に言う哲学ゾンビなのかと空恐ろしく [続きを読む]
  • むしろ廃油でチキンを揚げる
  • モップのダスキンがミスタードーナツをやっているという話をしたら知らない人がいたので調子に乗って「そもそもモップを洗うバケツに油を入れてドーナツを揚げたのが始まり」と言ったら案外信じた 嘘だとばらしたらケンタッキー・フライド・チキンはもともとガソリンスタンドでチキンを配り始めたのが始まりと教えてくれて(嘘かもしらんが)それから「廃油でチキンを」というのが合い言葉になって「仕事なんかより廃油でチキンを [続きを読む]
  • 吉はオオクワガタ
  • 子供におみくじの序列を訊ねられ私はいつも吉がどこにくるのか迷ってしまう できたらわからないまま人生の終わりまでいきたかったが調べたら吉は大吉の次だそう 吉の後に中吉と小吉が続くのだそう あとは大貧民のローカルルールみたいに平とか末吉が続く 私の生涯では末吉は割とポピュラーなのであった ところでこの吉の寄る辺のなさがオオクワガタに似ていると思った 私の中でクワガタといえばノコギリクワガタであるが市場 [続きを読む]
  • 血豆
  • 扇風機を片づけていたら指をはさんでそこが血豆になった 痛そうと言われたがもう痛くないし挟んだときのことも忘れてしまった扇風機は業務用のやつが3機もあった なるべく場所をとらないようにと詰めていたらひとつが倒れてしまった 蓋が外れてしまい直そうとして指を挟んだのである 皮が皮膚からはがれて、そういうときに皮はビニールみたいだと思う 透明で伸びるが一度伸びたら縮まないのである [続きを読む]
  • カタギ
  • 上司の濱中さんが面接をした人がカタギじゃないかもしれないと濱中さんは言った 職務経歴書が妙にスカスカで本人は親の介護で定職につけなかったというがなんか怪しい 48というがどう見てもそれより若い オマケに苗字が旧字である 上司がIMEの手書きツールで探したその字は見慣れない不格好な字でエクセルの枠の中で居心地が悪そうにしている「これをコピーして使うしかないですね」と濱中さんは言うが私はこっそり辞書ツール [続きを読む]
  • 赤い鳥をききながら
  • 村上ポンタのアルバムで「月曜はブルーな日」という曲があって誰の曲なのかと思ったら赤い鳥だった 私は赤い鳥については翼をくださいしか知らなくてしかも「翼をください」は小学校のときに配られたみんなの歌という本におさめられているからてっきり子供向けの歌かと思っていた しかし翼をくださいは「やまだかつてないテレビ」の中でカバーしてたりその後誰かもカバーしてたりなので赤い鳥のやつも結局カバーなのかと思ったら [続きを読む]
  • あきらめやすいお年頃
  • 私は今は39歳で来年には40になる このブログを始めたのは4年と半年前で振り返ってみると色々なものを手放すために書いていたような気がする 若い頃追い求めていたものをもう無理に追い求めなくてもいいんだと思えるようになった 今日参加したイベントに若いお笑いコンビが出ていてやはり見ていて痛々しい しゃべって、誰もその言葉に振り向かず、反省会とかして、諦めなかったりするのだろう 私はそんな彼らを「応援したい」 [続きを読む]
  • 師走の足音
  • 都内に行ったら寒いくせに人が多くて師走みたいだと思った 年寄りの多い町だと友達が教えてくれた クリスマスソングもまだ流れていなくて雰囲気は良かった 考えてみたら師走は・年末は寒さの時期としてはまだ序の口でその後続く2ヶ月はただ歯を食いしばって春を待つのであるGLAYというバンドに「春を愛する人」という歌があるので歌ってみたらほとんど歌詞がわからなくてただ唸っているだけになった 妻が「春なんて肌が荒れて [続きを読む]
  • おかしな世の中
  • @zuiji_zuishoさんのツイート: https://twitter.com/zuiji_zuisho/status/1065776484395114496?s=09仕事をしながらゴミ回収の話をしていて私が「回収は一回25000円なんですよ」と話すと「物を集めるだけなのにお金をとるなんて、おかしな世の中だなあ」と相手は言う まるでおかしくない世の中を知っているかのような物言いである 上記Z氏のツイートの企業はどう考えたってギャグなのに大真面目でやってそうで寒気をおぼえる そ [続きを読む]
  • 宇多田ヒカルのポスター
  • 帰り道を歩いていたらアパートの窓のカーテンの隙間から宇多田ヒカルのポスターが見えた 最初のアルバムのジャケットの写真で大きさはかなり大きい 宇多田ヒカルが好きなのだろ う 私は宇多田ヒカルは外見も歌も良さがわからない 私が20歳くらいのころに突然出てきてみんなが「いい、いい」と言う 確かに宇多田ヒカルが出てきて16ビートの歌が増えたと思う 小柳ゆきという人もいてこの人はいつも崖っぷちで歌うPVが流れる人 [続きを読む]
  • 画数の少ない名前に憧れる
  • 子供のテストの答案を見ていたら名前の欄があってそういえば学生時代は毎日のように名前を書いていたことを思い出した 小中学校は色んなことを忘れないために宿題やらテストやらをやらされたがその筆頭は自分の名前だった なんだかそのかんじが手塚治虫の漫画の登場人物でいちばん登場するのは手塚治虫本人だという話に似ている最近職場で荷物を受け取るときにハンコではなく液晶にサインをする方法が増えてきているがまずまだハ [続きを読む]
  • なんでも昭和ゲーム
  • とある名簿を見ていたらばやたらと「子」のつく名前ばかりで「昭和だね」と誰かが言った その中の子でない名前をピックアップしたら「それも昭和だね」と指摘された じゃあ平成らしい名前ってなんだろうということになったが出てきたキラキラネームは「キアラちゃん」がせいぜいあった [続きを読む]
  • 自分の文章が難しい
  • たまにメールで「過去の記事を振り返りませんか?」というのが来て読んでみたらすごく難しかった というか私は私は私は最近長い文章のりかいにすごく時間がかかってしまう そういう時期的なものもあるが私は明らかに結論を遠ざけていてだから読んでいて道しるべが見えない それはメモについての記事であった あるとき手の甲に直にメモをとる人がいてそれを見た別の人が「手の甲にメモをとるなんて仕事ができないと白状している [続きを読む]