バビロン東長崎 さん プロフィール

  •  
バビロン東長崎さん: 意味をあたえる
ハンドル名バビロン東長崎 さん
ブログタイトル意味をあたえる
ブログURLhttp://fktack.hatenablog.jp/
サイト紹介文文章としかいいようがない
自由文昼寝をしていたら、となりの家の布団をたたく音が聞こえ、それがどちら側のとなりなのかわからず、下手をしたら自分の家のベランダで叩いているようにも聞こえた。布団をたたく音について文字にするといかにも国語の先生が喜びそうだ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供346回 / 315日(平均7.7回/週) - 参加 2014/09/21 16:21

バビロン東長崎 さんのブログ記事

  • ゾンビのようなやくしまるえつこ
  • いまだに音楽プレイヤーの「キュー」というものの性質を理解してなくて私はそもそも長い時間音楽を聞き続けるという週間がなくてあらかじめアルバム何枚もセットするという発想がない。そういえば昔乗っていた車にはCDのオートチェンジャーがついていて同時に6枚のCDがセットできた。カセットをセットするのだがホルダーが助手席の下に付いていた。もうほとんど忘れてしまったがCDの入れ替えなどはがちゃがちゃとかなりうるさかっ [続きを読む]
  • 深沢七郎「みちのくの人形たち」
  • 仕事の休憩中に携帯で保坂和志を読んでいたら小津安二郎の映画の話が出てきて岩下志麻が2階の自室で振り返るシーンが不自然でとても生きている人間のものに思えずホラーだとあってホラーだとは書いていなかったが死のなんとかみたいなことを書いてた。そこが良かったというわけではないが小津安二郎を見たいと思った。私は学生時代に一度「東京物語」を見たきりでそれもほとんどおぼえていない。おばあさん以外の女の人がみんな同 [続きを読む]
  • 山下澄人「ほしのこ」
  • 山下澄人「ほしのこ」を買った。本屋で初めて買った。この前芥川賞をとったから本屋でも買えるかなあと思ったら一冊あった。それまではインターネットで買っていた。インターネットで買うことが悪いとは言わないが手元にくるまでタイムラグがあるのが不便だ。本屋だってなければ注文するのだから同じではと思うかもしれないがなければあきらめればいいのである。買うことが約束されて手元にないのは違和感がある。読みたいときに読 [続きを読む]
  • 桜井君の学校のドラマ
  • たまたま家族が録画したものを家族と昼を食べながら見たが面白かった。昼は冷凍のカルボナーラを食べた。一度レンジで温めたが指定の時間とワット数でやったにもかかわらず解凍されていないぶぶんがあってフォークで刺すとじゃくじゃく言って霜柱のようだった。寒い日でうちは暑がりばかりだから私は朝から車に乗ってドライブした。ひとりなら暖房も付け放題だった。よく教師は公務員は世の中のことがわかっていないみたいな話があ [続きを読む]
  • 意味とは使用
  • 非物質的なアーク溶接棒 - マトリョーシカ的日常こんな名前のブログ(意味をあたえる)だから本文に「意味」と出ると何らかを考えてしまう。意味は使用することによって意味を意味たらしめる。保坂和志風に言うと「運動」である。腕をぐるんぐるんに振って醸し出されるのが意味である。熱のようなものなのかもしれない。熱すなわちエネルギーとなるのは太陽のせいかもしれない。海王星や冥王星に住んでいたら意味すなわち凝結なの [続きを読む]
  • 三分の一の帰り道(散文の一致)
  • 関係ないけど帰り道の残り三分の一くらいで対向車のライトが私の車のフロントガラスを照らして光の加減でガラスの汚れみたいなのが見えてそこに手形があってびびった。何に関係がないのかというとタイトルではなく今日昼間書こうと思っていたことだ。それは明日書くかもしれないし書かないかもしれない。上司と面談してからちょっと調子が狂ってしまっている。今回はいつもの上司のさらに上の人が相手でこの人が抜け目ないかんじの [続きを読む]
  • カラスの横断
  • 数日前に橋を渡っていたら(私は毎朝荒川という川を渡って会社に行くのだがその橋は途中で大きく左にカーブしていてそれを曲がりきった地点でカラスの群れが羽根を広げてそれを縦方向に立てて風に乗るように私の前を横切った。そのうちの何匹かは白い糞を噴出しそれはまるで雪のようであったから私は「雪のようだ」と思った。私の車の前を横切ったから私の車が糞を浴びることはなかった。私の車は白で製造からもうすぐ10年が経つが [続きを読む]
  • 日本は終わっていると言うけれど
  • 日本だけじゃなくて世界も終わっているみたいな話を聞いてそれって「私がブサイク」「いいえ私のほうがブサイク」みたいな話だなとかんじた。ネットではいわゆるいかに日本が優れているかみたいな番組がよくやり玉に上がるが「日本すごい」も「日本終わり」も結局おなじことなんだと思った。とうぜんそこには少子化だとか景気うんぬんという根拠があるのだろうがそういうことでわかった気になっているだけである。今は終わりブーム [続きを読む]
  • 腰が曲がったおばあさん
  • 朝から子供に「今日は荷物が多いので一部を届けてほしい」と頼まれ「やだなあ」と思った。私はいつだってアウェイなところに行くことになると怯む。子供からしたら大人だからへっちゃらだろうと思うだろう。私もかつてそう思いながら母に甘えた。父は怖かったから言えなかった。父が怖そうに振る舞う裏にも「アウェイに対する恐怖」があったと思われる。私があんまり渋ると子供が「じゃあ自分で持って行く」と言うから「そこまで言 [続きを読む]
  • 前の前の朝ドラの主人公は合唱のドラマに出ていた
  • 一昨年の朝ドラ「朝が来た」以来わが家はNHKの朝ドラを録画して見ている。「朝が来た」は江戸時代末期が舞台になっていてあるとき新撰組の土方歳三がやってきてそれが山本耕史が演じていた。その十年前に大河ドラマで「新撰組」がやっていてそのときも山本耕史が土方歳三を演じていて暗に世界がつながってますよということを匂わせていた。私は大河ドラマの新撰組はその年の正月から「いっちょ見てやろう」と決心し見始めたが春か [続きを読む]
  • 私の三半規管
  • 三半規管が必ずしも関係しているかわからないが私はすぐ気持ち悪くなる。先日も船に乗って船酔いをした。バスに乗ればバスに酔う。山道では自分が運転していても酔う。それでも他人の運転よりかはいくらかマシなので他人として出かけるときはなるたけ自分が運転するようにしている。乗り物だけでなく延々と同じことを繰り返す音楽や映像も苦手だ。この前仕事中に同じ曲をずっと流している人がいてうんざりした。以前の職場で一日中 [続きを読む]
  • 三国志が読み終わる
  • だいぶ長い小説だったが三国志が読み終わりもう曹操も桃園トリオも死んで夏候淳も病死した。周楡はとっくに死んだ。みんな老いてそれぞれの国をとって落ち着いてしまい前半のようなバタバタしたかんじがない。それこそ以前取り上げたときは曹操が自分を匿ってくれた家族が曹操をもてなすために猪をばらすのを自分がバラされると勘違いして皆殺しにしたまたま酒を調達に行った主人は無事だったがあとで無残に殺された家族とあいまみ [続きを読む]
  • 口の位置がおかしい
  • 朝というか昨晩からイライラするから早く寝た。夢を見たがその夢の中でも「イライラするときは寝てしまうのがいちばん」と主張した気がする。家族は気温がさがって私の動きが鈍くなったと思ったに違いない。私は家族からしたら爬虫類のようなものである。会社でも苛ついたが周りの人が親切なのでおさまった。いつでも他人という種類は親切にできている。それで朝に話を戻すと朝になってもやはりイライラするから会社に行くギリギリ [続きを読む]
  • インスルージアウトドア
  • 休みだったので寒かったので子供を送り出した後に二度寝したら自宅のガレージでガレージの中には私の友達が2人いて私はレッドツェッペリンのアルバム「インスルージアウトドア」の話をしている。その中に「オールマイラブ」という歌があるので歌って聞かせていたら2人とも知らないという。2人のうちひとりは昔一緒にバンドをやっていて当時はロックをやるならレッドツェッペリンは絶対に聞かなきゃダメと言われていて当時購読し [続きを読む]
  • 世の中にのど飴があることを忘れていた
  • ここのところ喉が痛くて日曜の夜から違和感あると思ってマスクでもしたら良いと思ったがしないで寝た。日曜は義妹と甥がきていて甥は2人いて2歳と1歳で下の子は手足口病の疑いがあるとのことで抱き上げるたびに手を洗うよう指示された。私も別に抱き上げたい気分でもなかったが他に面倒を見る人がいなかったのである。下の子はまだ1歳になったばかりで目を離すとそこらじゅうに頭をぶつけるから放っておくことができなかった。自 [続きを読む]
  • 気温を間違えた
  • 毎夜子供に翌日の天気を伝えている。「今日より暑いよ」みたいな感覚的な情報を伝えると「何度になるかきいてるんだ」とダメ出しをされる。社会人のようである。子供は私が会社で遊んでいると思っているらしい。最近毎日3DSを持って行くからパソコンの陰でプレイしていると思っているようだ。そんな場面をスカッとジャパンという番組で見たらしい。あの番組は私も見たことがあるがというかあれに限らず私はドラマの会社のシーンを [続きを読む]
  • 三重県て鳥みたい
  • 他に鳥になぞらえた県もあった気がするのですが三重県の形は鳥のようだ。私は三重県の出身の知り合いがいないからどのくらい三重イコール鳥が浸透しているかわかりかねる。逆に三重県の人は埼玉県の形はなにに見えるのだろう。私は甘食じゃないかと思う。そうじゃなきゃ茸の笠のぶぶんかキノコ雲の雲のぶぶんだろうか。埼玉県のかたちはだいぶつまらないが東京もつまらないと思う。昔この辺りは武蔵の国といって武蔵の国はナウシカ [続きを読む]
  • 差別がわからなくなった
  • 子供を山車にした言い方をするなら、どっちに針が触れようと「こう考えるのが当たり前」がまかり通る世の中は子供から考える機会を奪ってると思う。 / “ゲイが口うるさく抗議するわけ” https://t.co/QL8QMZBorT— ズイショ (@zuiji_zuisho) 2017年9月30日話題のバラエティ番組についてとくに私が思うこともなく元の記事も読んだときには「ふうん」くらいにしか思わなかったが上記ツイートを目にしてこれは私が幾度か主張し [続きを読む]
  • 終わりに向かって
  • 熱海に行ったら廃墟があって興味があるのは私だけなので他の人たちがお土産を見ている間に見に行った。正確には廃墟ではなく解体中の建物である。元はホテルだろうかはがれかかったタイルがむき出しになりかつて誰かがそこで熱い湯を浴びていたんだろうと想像する。真ん中に階段がありああいう解体作業は階段は最後に壊すのだろうか。スプレーで何か目印がしてある。街中に溶け込んで地元の人がその前を自転車で通り過ぎる。間に柵 [続きを読む]
  • ニュースと新聞
  • 小学四年生の私の子供から最近給食に髪の毛やゴミなどが混入されている事件について教えてもらった。私はふだんあまりニュースや新聞を読まないから知らなかった。朝はEテレのシャキーンとそのあとの花かっぱとデザインあを見て夜はだいたいみんながキスマイのバラエティーかドラマか仰天ニュースなどの録画を見ているからそれをなんとなくご飯を食べる間だけ見てあとは風呂に入って洗い物をして寝てしまう。正直仰天ニュースとか [続きを読む]
  • 1日ゲームをしていた
  • 私が中学生のときにやった伝説のオウガバトルというゲームを3DSにダウンロードして近頃やっている。そしてなかなか神経をつかうゲームだということを思い出した。操作はわりかし簡単だがレベルを上げすぎると色々支障をきたすので戦ってもいい人とダメな人というのを自分のチームの中につくってその中のある程度ならOKですよという人もいるのだがなんせ敵は筍みたいに次から次ににょきにょき出てくるから気を抜くとどんどん強くな [続きを読む]
  • パソコン博士への道
  • ここ一週間くらいは普通だったものの今日はパソコンの調子が悪い。しーぴーゆーの使用率が100ぱーせんとを示したまま動かない。たまに98ぱーせんとになるが2ぱーせんと程度じゃ気休めである。しかし100でも動くときがあるし40とかでも固まるときは固まる。何にしてもちょっとでも動きがのろくなると(ああまた100か)と憂鬱になって仕事どころじゃなくなる。デスクトップにはしーぴーゆーとメモリのウィジェットが貼ってあって私は [続きを読む]
  • 中洲
  • 今朝子供を駅まで送ったとき子供とは高校生なのだが広めの交差点にはいったときに右折レーンができるときにその直前が進入禁止みたいな白線が斜めに引かれて中州みたいになるじゃないですか? そこにエイだかサメのヒレみたいなのが落ちていて「おや?」と思った。しかし朝だし人を乗せているからそのまま通り過ぎた。帰りはぼんやりしていて見なかった。中洲の角にはパン屋があってそこは比較的新しいパン屋で三角形の土地に店舗 [続きを読む]
  • 趣味の話はつらい
  • 一つの趣味でしか付き合えない男がウザい趣味の定義によるが私はおよそ無趣味の人間で最近まではどうにかして趣味というものを自分の中に定着しようとしたが私は趣味をもつということに恐れを抱いているのではないかとすら思うようになった。およそ半年くらい前にはボルダリングをしたがスタッフや場所の雰囲気に嫌気がさして行くのをやめてしまったがそれをあるとき友達に話すと「他のところに行かないの?」と不思議そうにされ「 [続きを読む]
  • カラスの時間/父の設定
  • 朝に走ったらやたらのカラスに遭遇した。日曜日で平日よりもいくらか遅い時間に走った。8時くらい。思ったよりも人通りはなく普段は6時ころは犬の散歩やウォーキングしている人が多い。ウォーキングのあの肩に力の入りまくったフォームがいかにもウォーキングしてますという気合いが伝わってきて近づきがたい。走っている人はあまりいない。今日は日曜日でもう8時すぎたから人も表に出ているだろうと思ったがそうでもなかった。代 [続きを読む]