坂口誓哉 さん プロフィール

  •  
坂口誓哉さん: ネコ好き司法書士のつぶやき
ハンドル名坂口誓哉 さん
ブログタイトルネコ好き司法書士のつぶやき
ブログURLhttp://ss-shoshi.jpn.org/blog/
サイト紹介文日々の業務を通じて感じていることや、ニュースその他の雑感を綴っています。
自由文自分の信念を貫けなかったため後期博士課程を単位取得認定退学した後、兼ねてから興味のあった司法の路へ進むことを決意し、司法書士となりました。法律と理系双方の知識・考え方ができる司法書士として、法律的なこと以外でもサービスをご提供できることは、ご依頼者様にとってのメリットであり強みです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2014/09/23 09:40

坂口誓哉 さんのブログ記事

  • 預けた手荷物が盗まれた責任
  • 先週末、学生時代の後輩の結婚式に出席しました。懐かしい学友に会えて嬉しかったですし、みなさんあまり変わっていませんでした。預かった(預けた)手荷物が盗難に遭ったときとその責任手荷物などを無償で預け、あとで返してもらうということは、そこまで珍しくありません。寄託とは(寄託)民法 第六百五十七条 寄託は、当事者の一方が相手方のために保管をすることを約してある物を受け取ることによって、その効力を生ずる。 [続きを読む]
  • 破門された弟子と賃金について
  • 台風21号及び北海道胆振東部大地震に被災された方々に、心よりお見舞い申し上げます。宗教における弟子と賃金ブラック企業やサービス残業などの問題が世間に浸透しているように思います。残業代の請求などについて、インターネットで情報を得ることができ、一般的なサラリーマンのことは情報を手に入れることは容易ですが、宗教法人に在籍しているお弟子さんについては、なかなか目にしません。寺院などの宗教法人に労働基準法が適 [続きを読む]
  • お布施と値下げ要求
  • そろそろ涼しくなるかなと思っていたのですが、そんな気配を感じない坂口です。こんにちは。お布施を安くして欲しいインターネット上にはさまざまな情報があります。いわゆる平均的な金額(相場)がどの程度なのか調べる癖をつけておくことはとても大切ですが、特別な事情などによって金額が変わってくることもよくあることです。お布施についての問題もインターネットなどでときどき目にしていますが、安くしてもらうことは可能な [続きを読む]
  • 会社設立と成立年月日
  • 今年は台風が多い印象の坂口です、おはようございます。会社を作ったよと言える日付新しく会社を立ち上げたとき、どのタイミングから対外的にしっかりと設立したということを言えるのでしょうか。会社成立の要件(会社の誕生日)法律上、会社設立はどう定められているのかというと設立の登記となっています。会社法(株式会社の成立)第四十九条  株式会社は、その本店の所在地において設立の登記をすることによって成立する。つ [続きを読む]
  • LGBT(LGBTQ)と相続対策
  • 暑くなったり少し涼しかったりと、体調を崩しそうな坂口です。こんばんは。前回は死亡届のことに焦点を当てた養子縁組についての記事でしたが、今回は相続が起きたとこのことです。LGBT(LGBTQ)の相続を考えるLGBT(LGBTQ)の方はパートナーと養子縁組をするか、戸籍上の性別の変更を経て婚姻しない限り、相続人となることができません。(死亡届と養子縁組の関係については先日記事として挙げてあるのでご参考ください)LGBT(LG [続きを読む]
  • LGBT(LGBTQ)と養子縁組(死亡届について)
  • うちのネコはこの暑さでも食欲旺盛なままです。24時間空調のきいた部屋で過ごしているので非常に羨ましい坂口です、こんばんは。養子縁組とは血縁関係のない当事者同士に親子関係をもたせるための制度が養子縁組です。養子縁組のための要件過去に次のような記事を載せています。妹は俺の娘?お互いに成人していて、かつ独身であれば、届出をすることによって年上の方が年下の方を養子にすることができます。(年下の方から見たら、 [続きを読む]
  • 自宅の土地・建物の名義を妻名義にするために(配偶者控除の特例) 
  • 台風が東から西へ過ぎ去ったら、一気に暑くなりました。なぜか西から昇った太陽さんの歌を思い出してしまった坂口です、こんにちは。贈与税の配偶者控除とは生前にたとえば夫から妻へ自宅の建物と敷地を贈与しておきたい──贈与といえば贈与税がセットになってきます。基礎控除である年間110万円についてはご存知の方も多い印象ですが、毎年贈与税のかからない範囲で不動産の一部の名義変更を行うのは手間ですし、司法書士に依 [続きを読む]
  • イラストなどのフリーランス報酬を払ってくれないとき
  • 熱波で完全に身体が溶けている坂口です、こんばんは。忙しいときほどよく動き作業をこなしてしまうのは何故なんでしょうか。フリーランスの報酬と債権回収フリーランスとしてイラストなどの仕事を受注し納品したにもかかわらず報酬を支払ってくれないといった悩みは多くあるようです。費用倒れを心配して弁護士や司法書士に依頼すると着手金などの関係から、いわゆる費用倒れになってしまうことも少なからず存在します。これはたと [続きを読む]
  • 犬が猫を噛んじゃった(猫が犬に噛まれた)とき
  • 暑さで溶けそうです。うちのネコは24時間クーラーが稼働している部屋で今日も元気にはしゃいでいます。(暑いので事務所に連れてくるのを躊躇っている)愛猫が犬に噛まれた!(愛犬が猫を噛んじゃった)雑種で老齢の飼い猫は市場価値がないとされています。では、そういったネコを犬が噛み殺してしまったときは、賠償する必要がないのでしょうか。1審を不服として放し飼い状態の犬が突然飛び出して、ネコが噛み殺されてしまったと [続きを読む]
  • 犬の鳴き声が止まらないとき
  • 謹んで豪雨災害のお見舞い申し上げます。犬が吠え続けていたら犬を室内で飼うかたはたくさんいらっしゃいます。しかし、しっかりと躾をしていなかったせいで、鳴き声について隣人トラブルに発展してしまったらどうなるのでしょうか?平穏な生活の侵害!?マンションの管理組合規約に「他に迷惑または危害を及ぼすおそれのある動物の飼育は禁止」と定められていたのですが、鳴き声と臭いで大変迷惑しているという苦情があり、裁判に [続きを読む]
  • 天気予報と気象予報士
  • じめっとして纏わりつく湿気が気持ち悪い坂口です、こんばんは。資格をもっていない個人と天気予報雨が降るという予報を信じて傘を持っていけば雨は降らず、逆に晴れると言われていたのに雨に打たれた経験を持つ方は多いのではないでしょうか。「天気予報はアテにならん! 自分が予報してやる」さて、気象予報士の資格をもっていない人が天気予報をSNSなどで発信してもいいのでしょうか。気象業務法天気予報を含めて気象に関する [続きを読む]
  • 賃貸オーナーから出ていけと言われたけれど、出たくない
  • 24時間冷暖房完備の部屋にいるネコが羨ましい坂口です、こんばんは。自宅の光熱費が気になる季節になりました。賃貸オーナーから「出ていけ」と言われてしまった家主(賃貸オーナー)も賃貸借契約解約の申入れをすることができます。しかし、借主は借地借家法によってかなり守られていることを知っていますか?家主からの突然の解約申入れ家主が出ていけと主張するということは、解約の申入れをしたことになります。申入れの日から [続きを読む]
  • 工作物の責任
  • 寝不足な方が量産されている気がする坂口です、こんにちは。ブロック塀が倒れて怪我をさせてしまったら大阪北部を震源とする地震により亡くなってしまったというニュースは耳にされていると思います。大阪北部地震で亡くなられた方々とご遺族の皆さまに心からお悔やみ申し上げますとともに、被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。さて、自宅の塀などが倒れたときの責任はどうなっているのでしょうか。民法に根拠が土地 [続きを読む]
  • 土地の共有関係を解消したい
  • 夏至ですが空はどんよりとしています。そんなことより、今日はザ クルー2のオープンベータが開始されるので楽しみです。土地を共有で所有しているとき一般的に数人で共有している土地を売却したり担保に入れたりするときは、共有者全員で行います。もちろん自分の持分だけを売却することも可能ですが、通常は買い手がつきません。金融機関からお金を借り入れる時に差し出す担保としても持分だけに抵当権を設定することは手続き上 [続きを読む]
  • 遺言の必要性とは
  • 大阪市北部を中心とした大きな地震がありました。被災した方々には心よりお見舞い申し上げます。どういうときに遺言が必要となるのか遺言は最後の意思表示です。どのように遺産を分配したいのかなどをしっかりと遺しておくことがその最大の目的となるのですが、どのようなときに遺言書を用意しておいた方がいいのでしょうか。子供がいないとき相続の第一順位は子です。子供がいるときは、まずその子供が相続人となります。(配偶者 [続きを読む]
  • 司法書士本試験前に確認して欲しいこと
  • #梅雨とはそんなハッシュタグをつけたくなる天気で、日光がすでに刺さるようで溶けそうな坂口です、こんにちは。司法書士本試験と直前期の過ごし方本試験まであと2週間ちょっととなりました。いわゆる直前期にあたり、かなりピリピリしている方も多いのではないでしょうか。自分の経験などを踏まえて、直前期に気を付けたいことを少々書かせていただきます。択一対策直前期に新しく細かい知識をいれなくても大丈夫です。下手に重 [続きを読む]
  • 会社の登記事項に変更があるのに登記しないでいると
  • 梅雨入りしているけれども、そんなに雨が続いている印象がない坂口です、こんにちは。ある意味例年通りの印象です。役員変更登記を放っておくと先日、次のような話を耳にしました。「重任って何?」役員の任期と重任(再任)について株式会社の定款には任期に関する規定が記載されていることが多いです。※記載されていない場合は会社法の規定により取締役は2年、監査役は4年です(委員会設置会社を除く。)役員の任期は定款にど [続きを読む]
  • 遺言の種類(公正証書遺言と自筆証書遺言)
  • 避妊手術後は食欲が旺盛になって最近うちのネコがふとましくなってきてる坂口です、こんにちは。無尽蔵にあげてないつもりですが、あまりに主張されると……ね。公正証書遺言と自筆証書遺言の違いについて遺言を作成しておくことは、相続を「争族」にしないためのひとつの手段です。インターネットで「遺言作成」と検索をすると、公正証書遺言・自筆証書遺言という言葉を目にすることになると思いますが、その違いについてを今回の [続きを読む]
  • 夫婦の財産関係と婚前契約
  • 直射日光が痛い坂口です、こんにちは。まるで夏のような日ざしですが、木陰はまだ涼しいので溶けずにすんでいます。婚前契約書(結婚契約書)とは最近は目にする機会が増えたもののひとつに婚前契約があります。耳慣れない言葉かもしれませんが、端的に言えば結婚前にあらかじめ財産などについて決めておくというものです。夫婦と財産関係結婚前からの財産や相続などによって取得した財産については共有ではなく個人単独の財産です [続きを読む]
  • 有限会社と会社法
  • 昔描いた4コマ漫画を引っ張り出そうとした坂口です、こんにちは。文字が多くなってしまうのをなんとかしたら、ブログに貼り付けられる気がします。有限会社法って今でもあるの?平成18年に会社法が施行されると同時に、会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律(会社整備法)第1条第3号によって有限会社法は廃止されました。新しく有限会社を設立することはできなくなっていますが、世の中にはまだまだ有限会社はたく [続きを読む]
  • 相続財産とお墓
  • 最近お気に入りのラジオ番組があるので、仕事をしながら聞いていることが多いです。FMもいいのですが、AMも面白いですよね。お墓は相続されるの?お墓というのは遺産(相続財産)についての話合いで登場します。預貯金や不動産とは違って財産というよりも「誰がお墓を守っていくか」ということを中心に話合いが進んでいくことが多いのですが、法律上はどのように決まっているのでしょうか。民法に規定されている祭事に関する権利の [続きを読む]
  • 相続放棄と3ヶ月の計算方法
  • 自画像を描きなおす必要があるのではないかと思っている坂口です、こんにちは。髪型などが変わっているからです。どんな髪型になっているのかは、実際に会った時にご確認いただければと。相続放棄と3ヶ月の起算点相続放棄ができる期間(3ヶ月)とは相続放棄を検討されている方は、「3ヶ月」という期間についてご存知の方が多い印象です。この期間を「熟慮期間」といい、相続を放棄するか、限定承認をするか、単純承認をするか検 [続きを読む]
  • 遺産分割協議と遠隔地に住んでいる方
  • 二代目保護ネコ(むつ)の推定誕生日がそろそろなので、ネコ缶をお祝いに買いました。贅沢は誕生日だけです。遠いところに住んでいる相続人と遺産分割協議書相続で名義変更などをしようと思っているのに、相続人が別々に遠いところで暮らしているケースはよくあることです。そして名義変更をする際は遺言があるときは別ですが、遺産分割協議書が必要となります。郵送回数とリスク話し合いはまとまっているから署名捺印は問題ないけ [続きを読む]
  • 在外邦人と印鑑証明
  • 暑いのか寒いのか、はっきりして欲しい坂口です、こんにちは。朝の冷え込みに応じた格好をしていると、昼間は溶けます。外国に居住している日本人と売主日本に不動産を所有しているまま海外に行かれてそのまま在住している方が不動産の売主だったときに、通常ではあまり意識しない不具合が発生します。印鑑証明書と住所不動産を売却するにあたって、売主の権利証(登記済証または登記識別情報)だけではなく印鑑証明書も必要です。 [続きを読む]
  • 揉め事が起きたときの対応
  • 連休中は深夜型の生活をしてしまったので反省している坂口です、こんばんは。前回投稿したゲームとは別のものを勢いで購入してしまったのが原因です。揉め事が起きたときの対応についていきなり喧嘩腰でいいの?債権回収などをはじめ、様々なトラブルの相談をいただきます。概ね相談される際には感情的になっているため、相手方への強い通知を希望されます。もちろん状況によってはそのような対応をすることが最善のときもあるので [続きを読む]