Mr.トレイル さん プロフィール

  •  
Mr.トレイルさん: Mr.トレイルのオーディオ回り道
ハンドル名Mr.トレイル さん
ブログタイトルMr.トレイルのオーディオ回り道
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/nishikido2840
サイト紹介文オーディオに関する「基礎的項目の見直し」に重点を置いて、試行錯誤や実験をしています。そして、もっと音
自由文「音質アップ」をテーマに、原理・原則を考え、科学的なアプローチをして行きたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/09/25 16:17

Mr.トレイル さんのブログ記事

  • やっとプリ〜チャンデバ間を交換
  • 毎日ケーブル作りをしています。「新作シリウスXLRケーブル」は1日1本、2日で1セットの要領で作成しています。ケーブル材の残りが少なくなって来ました。後1セット1.5m仕様のモノが要ります。チャンデバ〜低域パワーアンプ用です。これが済めば残りは1m仕様のみ・・・しかし今回はケーブル材が足りません。自宅のシステム用のラインケーブルは全て交換が完了していますが、パワーアンプのKRELL KST-100が導入後まだ1ヶ月に満ち [続きを読む]
  • いよいよメインの「オリンパスシステム」へ新作ケーブルを
  • 自宅システムへの「新作ケーブル」の水平展開が終わり、次はメインの「オリンパスシステム」への展開です。まずはCDTのスチューダー#A730〜CELLO DAC間へのデジタルケーブルとアキュフェーズチューナー T-1000〜プリアンプ間のケーブルを交換しました。内側の白色のモノが従来のゴールドスタークラス。外側の黒色が今回の新作ケーブル。単純に2倍の線材で作成して「断面積」を2倍にしました。CDラインのサウンドの変化は「ゆと [続きを読む]
  • 自宅システムで音楽を楽しむようになった
  • 5年間ほど「鳴かず飛ばず」的な使い方をしていた自宅システム。何故そうなったかは「音質ダウン」にあるかも知れない。ローインピーダンスの為に7SPユニットをドライブ出来なかった事が一番の悩みだった。今年に入り、LUXMAN M-06αを入れた事で7SPユニットをドライブ出来る様になり、更にクレルKST-100を導入した事で、安定して7SPユニットがドライブ出来る様になった。ネットワーク内部にも手を入れ音数や音の出方が更に良くなっ [続きを読む]
  • Exclusive M4と自作GE6550ppパワーアンプの交代
  • Exclusive M4パワーアンプのサウンドは、約5か月間の鳴らし込みによってかなり良い音質で聴く事が出来るようになっていましたが、突然の「パワーSW」の故障でガッカリしました。インレットの抜き挿しで使えない事も有りませんが、替りのアンプを持ってきました。息子宅でRCA箱Wウーハーフロントロード(JBL:D130×2)をドライブしていたGE6550pp(A級20W/ch)を、LUXMAN M-06αと交換してもらい入れ替えで手元に来ました。やはり [続きを読む]
  • 「音質アップ」とは何だろう?
  • 現在「音質アップ」の為にラインケーブルのグレードを上げている。自分が感じる「音質アップとは?」・・・最終的には「自然な音」(ただの音)にする事。電気仕掛けを感じさせない様な「自然な音の出方」を求めている。その「音質アップ」の指標は、「耳で聴いて」の事であるが、(周波数レンジは使うSPユニットで制限される為、基本的には考えない。)1)音数(情報量・解像度)が増える事。(当然余韻も増える)2)音の厚みが増 [続きを読む]
  • 毎日4セットのシステムを鳴らしている
  • この処、連日「新作最高峰ケーブル」作成に潰れている。まだまだ6月いっぱいはこの調子だろう。明日までには「自宅システム」のラインケーブルが全て入れ替わる事になる。交換したから直ぐに本領発揮などはしない。片鱗が聴こえるだけだ。音数(情報量)の増加だけは直ぐに確認できる。この情報量が「機器の活性化」で更に増えて来るし、音のキレ・ヌケ・ノビが感じられる様になる。そして、艶やかな質感と立体感が出て来る。本領 [続きを読む]
  • Exclusive M4のパワーSW
  • Exclusive M4のパワーSW(電源SW)のトラブルに見舞われました。昨日「開腹」して内部を点検しましたが、「パワーSW 」のみがおかしくなっています。ネットで「修理記録」辺りを調べて行きますと、元々このアンプの電源の入り方には無理があるようで(パワーSWにかかる負荷が大きい)回路設計に無理があるようです。予備のパーツなど手に入るのかな?・・・おそらく無理だろうと思います。ネットの記事ではパワーSW  を分解して [続きを読む]
  • 着々と「ケーブル作成」
  • 同窓会も終わり、畑の春ジャガイモ掘りも無事に終了し、やっと落ち着いて「ケーブル作り」に専念出来る様になりました。まずは「自宅システム」用のケーブルを作成しています。残るはCDラインでは①「DAC〜ライントランス間XLRケーブル」と②「クロック用RCAケーブル」になりました。先日CDT〜DAC間のXLRデジタルケーブルを完了しています。サウンドが「激変」して来ています。オリンパスシステムの様に「SPの存在が消える」様な鳴 [続きを読む]
  • Exclusive M4 が突然のトラブル
  • サブシステムをいつもの通り「お守」で鳴らしています。①C200+P300+JBL:LE8Tラインと②C3+M4+オルソンSP:S968を交互に音を出したり、一緒に音を出したりと遊んでいます。昨日は午前中LE8Tの①のラインを鳴らしたので、午後からはオルソンSPを鳴らしていました。そしたら突然片チャンネルから音が出なくなりました。急いでM4のパワーSW(電源SW)を切りましたが、SWがおかしくなっている様で電源が切れません。やむを得ずインレッ [続きを読む]
  • CDラインのケーブルグレードを上げたらMDラインのサウンドが大変身
  • 自宅システムの「ケーブルのグレードアップ」中です。先日ライントランス〜プリアンプ間のケーブルを「新作:最高峰」のケーブルに交換したら、CDラインのサウンドが良くなったのはもちろんですが、MDラインのサウンドも「音質アップ」しています。不思議なものですね・・・。おそらく機器のグランドラインが大きく改善されたのでしょう。MDラインと云っても、DENON DN-980Fを「ゴールドスターシリーズ」のケーブルでプリアンプに [続きを読む]
  • まだケーブルを作っている
  • 同窓会も終わり、早速続きの「ケーブル作り」を再開しています。次の予定で制作して行きます。サブシステム用に①「XLR→RCA変換ケーブル」(CDP-D500→C3間)をまずは1セット。そして次に②「RCAケーブル1本」(ワードクロック用)。これでサブシステムは完了します。サブシステムが完了したら「自宅システム用」に③「XLR→RCA変換ケーブル」1セット(ライントランス→管球プリ間)④「XLRケーブル」1セット(DAC→ライントラン [続きを読む]
  • KREEL KST-100の活性化スピードが速い
  • 自宅に導入したKREEL KST-100の活性化スピードが速い。まだ電源トランスが抜けてはいないが、信号ラインはかなり活性化して来ている。「ふん詰まり」の現象では有るが、ひどい症状では無くなって来ている。音数の多さや音の広がり方等かなり好ましくなって来た。エネルギー感も出始めている。これなら「苦行」をしなくて済みそうだ。それでも最低1ヶ月はみっちりと鳴らし込みをする予定。ソースはCDをメインにしている。ケーブルの [続きを読む]
  • LE8Tシステムの音が「ヌケ」て来ている
  • 同窓会に行く前は「ふん詰まった音」がしていた「LE8Tシステム」。C200+P300のラインケーブルを「シリウスRCAケーブル」にした為だが・・・。帰って来て、鳴らし出したら「キレ」の良いサウンドを奏でている。音数や音場表現も立派なものだ。フロア型クラスのゆったりとしたサウンドを軽々と出している。思っていたよりも早い反応ですね。(1年かかると思っていたら3日後には・・・まだ何か変だな?)近々、2段積みのセッティング [続きを読む]
  • CDの中にはどれくらいの「情報量」が入っているのか?
  • 「CDの中にはどれくらいの「情報量」が入っているのか?が私の命題。その情報量をそのままSPユニットから出したいと思っている。昨日は「ケーブルの断面積」の観点から考えて見ましたが、今日は「情報量」の面から考えて見たい。ケーブルのグレードを上げると「音数」(情報量)が増えて来ます。今まで何度もケーブルのグレードを上げる度に必ず「音数」が増えて来ます。・・・皆さんは「どこまで増えるのか?」と疑問に思った事は [続きを読む]
  • ケーブルの断面積について
  • 自宅システムやサブシステムで「音質アップ」させるために「ケーブル」のグレードアップをしています。素朴な疑問として「どれくらいの断面積にすればCDの中の情報量を全て取り出せるか?」と云う事が有ります。これはアナログでも同じことが言えます。今回入り口のCD〜SPユニットまでのケーブルを「超極太」のケーブル材で統一して鳴らし出した処、どうも「アンプ類」がネックとなって来るようだと感じました。そもそもアンプ内の [続きを読む]
  • ケンソニックC200+P300+LE8Tのラインがふん詰まり
  • CDP-D500からRCAラインケーブルでケンソニックC200+P300+LE8Tのシステムに入れています。3日ほど前に、CDP-D500からC200に今回作成の「シリウスRCAケーブル」を使いましたら、完全に「ふん詰まり」の音になりました。C200+P300の2台のアンプが完全に「ふん詰まり」しました。「ゴールドスターRCAケーブル」で半年ドライブして、漸くヌケて来ていたようでしたが、今回さらにグレードを上げましたので、アンプの内部が「伝送量」に付 [続きを読む]
  • KRELL KST-100 導入後の自宅システムのサウンドの変化
  • KRELL KST-100を早速自宅システムに組み込んで鳴らし始めています。何故KRELLにしたかと云うと「ローインピーダンスに強いアンプ」で「大袈裟でない」アンプだからです。自宅システムは「気楽」に音楽が楽しめる事を大事にしています。それでも「音質」は一級品でありたいと思っています。自宅システムは1台のアンプで片ch7つのSPユニットをドライブします。WE101Dppパワーアンプでは3〜4個のユニットを鳴らすのがやっとです。これ [続きを読む]
  • クレル KST-100の導入初期の現在のサウンド
  • KST-100パワーアンプを導入して3日ほどになります。毎日5時間程鳴らし込んでいます。現在のサウンドは、1)周波数特性的に50Hz〜10KHzくらいのレンジだと感じます。下も上もあまり伸びていません。2)特徴的なのは音色・・・非常にとろみのある甘い音色でこれはこれで良い質感です。3)ウーハー(D130)をドライブし始めている感じです。M-06αでは出なかった質感が出ています。M-06αの音は「清楚」な透明感重視のサウンドに対し [続きを読む]
  • KRELL クレル KST-100 を購入
  • ラインケーブルのグレードアップに忙しい日々を過ごしていますが、自宅システム用に KRELL クレル KST100 を購入しました。今まで自宅ではLUXMAN M-06αを「活性化中」でしたが、まだまだ時間がかかりそうで、おまけに今回のラインケーブルのグレードアップでまたしても「ノイズ」が大きくなりました。このアンプは「基本的な部分の作りが脆弱」だと判断しました。導入前に予想した通り、マルチアンプの高域用ぐらいにしか使えな [続きを読む]
  • まずは自宅システムのケーブルグレードを上げる事
  • 「シリウスRCAケーブル」をサブシステム2セット(JBL:LE8T(20?)・オルソン:S-968(30?Wコーン型))に各々2セットづつ作成して、CDPからSPユニットまでの間のケーブルを全て「シリウスシリーズ」に統一しました。CDP〜プリアンプ間を同じケーブルで接続した事で、「まったりした」サウンドとなりました。出て来るサウンドの傾向は「自然な音」で、音数(解像度)が一段と上がりました。これでラインケーブルは最終形が完成し [続きを読む]
  • 6月はやる事がめじろ押し
  • 6月5日に田舎で中学の同窓会が有る。今はその準備もしなければならない。特に準備と云うほどの事はないのだが、帰省するので親戚にもお土産を用意したり、着るものや履くもの等も確認して置かないといけない。自動車も洗車して奇麗にしてガソリン満タンにする。同窓会が終わればトンボ帰りで、また新作RCAケーブル作り・・・追加で5セットほど作る予定(練習もかねて…プラグで作り方が変わる)このケーブル作りでほぼ6月がつぶれ [続きを読む]
  • まだ追加でシリウスRCAケーブルを作っている
  • これまでに3セットのシリウスRCAケーブルを作成しました。アンプ間の為にイレギュラーな長さばかりでした。0.75m・1.25m・1.5m仕様と長さがそれぞれ違います。そのアンプ間専用になります。今度は1m仕様で「CDP機〜プリアンプ間」を作ってサブシステムを完成させたいと思う。取り合えず2セット作成しようとしています。現在その追加分の1セットを作成中、明日までには完成の予定。1セットで使う本数が24本。この両端の「端末処 [続きを読む]
  • 新作「シリウスRCAケーブル」を装着しての印象
  • 新作「シリウスRCAケーブル」をプリ〜パワー間で3セット使っています。昨日に引き続き「ファーストインプレ」の感想。1)ケンソニックC200+P300+LE8T(20?フルレンジ)アンプは約半年「活性化」実施、電源トランスが「抜けて来た」様な状態。・・・まだ幾分アンプの活性化が出来ていない分だけ「音の詰まり」を感じるが、この機種が一番音のバランスが良い。音数的にも音像的にもこの組み合わせが一番安心して聴いていられる。音 [続きを読む]
  • 新作「シリウスシリーズ」RCAケーブル
  • 音質に関する不満はほぼ「ケーブル類」に有ると判断できる。機器とケーブル類は元々「一緒」に評価すべきものだと思う。ケーブル類が変われば機器の性能や質感・評価も変わる。処で、皆さんがお持ちの一般のCDP(CDプレーヤー)でも、CDから99%以上の音を拾っていると推測されます。それがSPから出て来る音はどれくらいの%になっているか?考えた事が有りますか?以前から「伝送ロス」と言う名で度々使っています。ケーブルの「 [続きを読む]