麦 さん プロフィール

  •  
麦さん: ケロりん魂~kerorincon
ハンドル名麦 さん
ブログタイトルケロりん魂~kerorincon
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/singingkerorin
サイト紹介文大学生の長男長女食料品店で週5のパート。ちょっと長めのヨタ話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2014/09/25 17:03

麦 さんのブログ記事

  • 長男の誕生日 〜 壮大な暇つぶしの終焉に
  •             半世紀以上も生きたとなるとどうしても「人として成熟し完成しているはず」という前提を要求されますけどもなかなかそうはいかないものなのだという事をひしひし感じる今日この頃です。思えばヘタレなおバカ娘(←私)は20歳になって成人した頃も同じことを思っていました。適当に勉強さえしていれば、学校を卒業しても何も考えずに次の段階が約束されていた、そんな就学システムのようなものが人生延々続 [続きを読む]
  • 欅のない晴れた日に
  • 今日はちょうど10年前に上げた話から元来、非常に気まぐれにできているので毎日のルーティーンワークが非常に苦手。この「落ち葉掃除」と言うのは大変なミッションに思えました。また、その量も半端なく、掃いても掃いても散るちる溜まる。最初の一、二年、落ち葉は格闘の対象でしかありませんでした。でも、黙々と彼らと対峙してゆくうちに。私の考えは変わってゆくのでした。真夏の光を浴びて輝き、鳥を休ませ、蝉を宿し、光合成 [続きを読む]
  • 台風一過 エクササイズウォーキング講座第一回
  • 昨日は本当に怖かった・・(:: ̄▽ ̄)ゞ強風が吹くたびに、どこかの何かが転がる音がしてそのうちに家が吹き飛ぶんじゃないかとこのワタクシが本気で怖がるのはやっぱり何かの理由で感受性に不具合があるような気がしました。このワタシが「寝られない」なんてこと、今までなかったので。そしてお約束の台風一過         初めてちゃうやん関連記録どこか狂ったような太陽の光は暴風雨に洗われた街を季節感の間違った鮮や [続きを読む]
  • 台風が怖くて眠れない
  • 来〜る♪きっと来るきっと来る!サビから入るあの怖い映画の主題歌がただいま脳裏を百往復。あれは、名曲だと思います。このフレーズしか知らないけど(; ̄ー ̄)雨はやんでいますが風がすごいやんわり家が軋んでますこの間から台風接近の夜は風が怖くて眠れなくなりました安全だと決め込んで家の揺れを楽しんですらいた根拠なき楽観を失ったというか万一の事態が起きた時のリカバリの自信を失いつつあるというか取り越し苦 [続きを読む]
  • 冬季鬱入りました 2017
  •               「冬季鬱」の何たるか、というのは自分で調べたことが無いのです。ただ、10年前に通院していた心療内科の先生が「あ、それ、冬季鬱だわ」と教えてくれたのです。【著しい(私個人の)症状】・炭水化物がものすごく食べたくなる。 そして、食べながら「食べ終わったら寝る!」と心に決めていて、 食べながら寝ることに心をはせている。 だから冬眠病と言われていると聞きました。・とにかく寝たい [続きを読む]
  • 実は未だ選挙への意志がまとめられない・・
  •                         【参考資料】            CMに釣られました                                皆さんは、選挙区の候補者のお名前全部覚えておいでですか?私はさっぱりです。比例代表はイメージで、候補者はたまたま街頭演説を聞いた人、頼まれた人ご縁で入れたりしていました。しかし半世紀生きて家族全員選挙権を持つに至った今回は子供たちより経 [続きを読む]
  • 本当に些末な事だがイラっとするコト(” ̄一 ̄) 〜更年期なお年頃
  •                そもそも「あ、これハサミいるヤツだ・・」となった時サッとはさみが取り出せるような家じゃないのです。だいたい誰かがどこかに使いっぱなしにして「ああまた、小人さんがハサミどこかへやった」とか言ってる。なので、我が家にとって、手で切れる切り込みの入ったパッケージは本当に本当に有難いのです。最近はそれがデフォルト気味になってきてるので、それに慣らされた私の期待値も高い。たまに [続きを読む]
  • 「カレーの壺」をご存知か?〜 もう手放せない私的高級調味料
  • かつて私はカレー粉からカレーを作るチャレンジに挑んだことがありました。【証拠画像】総額4000円でした・・【証拠画像】調合は気の遠くなるほどの作業でした小麦粉や牛脂で練り固められた「ルー状」のカレー粉を使うよりスパイスだけで作られたカレーの方が健康的に違いない!そう思っての事でした。あの記事を読んでくれた読者の皆様に置かれましては私が今も、複数のスパイスを調合してカレーを作り続けていると思って下さ [続きを読む]
  • 更年期をスマホで紛らわしてる
  •                謎のダイヤルキューツー?なんてのもありましたあれから13年電話会社からの請求書も来なくなりどこでどんな悪さをしているのかサッパリ解らなくなりましたがデータ料金には依然としてそれなりのお金がかかるとしてもWi-Fiが飛んでる家の中ならば、とりあえず安心して動画が見られる良い時代となりました。このワタクシ遅まきながら頻繁にスマホでYouTubeを見るようになりました。子供たちには高校 [続きを読む]
  • 「いい香り」をドラッグストアで探しすぎた
  •                                 私としたことがこの香りまで、柔軟剤と間違えるとは・・職場から歩いて左に曲がる角の家で右に曲がるとその庭先に大きな柿の木と見事な金木犀があることをこの時「初めて」知りました。・・(;A ̄▽ ̄)なんか、いろいろ自分に驚く限り今日はそんな話。わざわざ来ていただいてスミマセン                              . [続きを読む]
  • 結婚祝いを100均で 〜 無駄使いの花畑
  • 結婚披露宴によばれたそうです、宅の夫。私、てっきり会社の部下の方の結婚だと思い込んで、せっせと支度。ご祝儀も、お友達が3万包むだろうから、上司はやっぱり五万かなあ・・と、祝儀袋を用意しました。しかし、よくよく聞けば部下でも何でもない、どこの誰とも言わない飲み友だと言うではありませんか。・・・・・・・・・( ̄へ ̄?)飲み友?飲み友に50,000?まあ・・飲み友と言えど友は友。どこのどなたか存じませんが夫の仕 [続きを読む]
  • 流行とかファッションが未だ解釈できてない私の与太話
  •                                                                   秋口、街を歩いていたら、多くの女子が、腰のあたりにちょうちょ結びのリボンをつけている。こないだまでは、「お腹だけイン」だったトップスがいつの間にかデブに超厳しい「オールイン」となり、明るい辛子色のスカートがとにかく多い。人混みのコンコースでひときわ目立つ辛子色がすれ違 [続きを読む]
  • 更年期「匂い」考 〜 見えざる恐怖のパーソナリティ
  •          実家にいる妹の息子「LEO」君↑に会いたければまず「私を匂っていただく」という丁重なる挨拶から始めなければならないし昔飼っていたハムスターの「すーさん」も、名前を呼んでも出てきてくれなかったけれど、「はああ・・」と口臭を漂わせると速攻出てきてくれました。ケモノにとっては体臭は個性そのもの。無くてはならないものでありあって当然の物。しかし、これが人間限定となると話が違う、その恐怖。 [続きを読む]
  • 私を勇気づけるもの・・〜秋冬限定( ̄▽ ̄)ゞ
  •                                         人を元気づけ心温める存在は多種多様私がニーハイソックス以外のモノを挙げるとするなら最初に思い浮かぶのはダンボールに入った実家からの贈り物(" ̄▽ ̄)ゝ私の好きな高級焼き菓子や衣類や旅先のおみやげ一度たりとも忘れられたことがない子どもたちのお年玉誕生日のお祝いなどと一緒にひっそりある白い封筒表面にポールペンで書かれた母と妹 [続きを読む]
  • 痛いの痛いの飛んでゆけ
  •                                                  半世紀近くも生きれば、誰もが多かれ少なかれ、どこかしらの痛みを持って生きているのだろうと思いますが。首だったり腰だったり手首だったり股関節だったり、肩だったり頭だったり、指だったり膝だったり心だったり今夜も私の想像を絶するような眠れない痛みを強いられている人たちがいて。痛いのが本当にあのおまじないで飛 [続きを読む]
  • 好みのタイプはヤサ男 〜 「天然水のシルヴァンさんが素敵」まで
  • 好みのタイプの芸能人は?と聞かれても、なんかもうとっさに出てこないです。脳の回転が悪くなったのか、思い入れのある芸能人がいないのか。最近だと菅田将暉君にはものすごい色気と可能性を感じます。でも、この年になって彼を挙げるのは、50女のプライドが許さないというか。( ̄▽ ̄)ゞ何の根拠によるプライドかよくわかりませんがあの年代はもう絶対違うというか。半世紀を生きて振り返った時私の初恋はドリトル先生だったとい [続きを読む]
  • 長男の散髪事情
  •                                          ※理容師さんの技術を格安でサービスしてもらえるこの『格安時短』システムは         有難いと思っております( ̄▽ ̄人)         息子の話によると伸びきった息子の髪を見るなり、その理容師さんの「スイッチ」が入るのが判ったのだそう10分で仕上げてしまうシステムのはずが、40分もかけてくれたのだとか「プロの仕事モー [続きを読む]
  • 10月から本気出す・・
  •                   「となりのトトロ」主題歌でお楽しみください                  サラダせんべい大好物です                   あと二日あると思ってました                  「納めだから・・」効果により通常の倍になったりします・・体重がいきなり5キロ増えるなんてことは無いのだけれど「昨日食べすぎたしなあ」「むくみ?」等と言って、自分を [続きを読む]
  • 夕陽とユーミンと目薬と 続き 〜おばちゃんは泣かない
  • 職場の店長が四つ年下になって一年この事実は意外に重みがありました。もんちゃんの手下として仕事していた頃はまだ、30代の若手パートだったのに今や管理職にとって扱いずらい年長パートの一員。昨今テレビで見る50歳の芸能人はまだまだ輝くように綺麗だけれどあれは、先進のトレーニングや?スーパーの野菜売り場では買えないようなオーガニックの?フィトケミカルだのポリフェノールだの入ったスムージーとか?1本〇万の医療美 [続きを読む]
  • 夕陽とユーミンと目薬と その1
  • 公民館ヨガの帰り道     西への一本道に差し掛かったところで分厚い雲が取れ約1キロ続く一本道の果てに夕陽が落ちて行こうとする、圧倒的な光に出くわしました。全ての物を影絵に変えて、まるで私だけを照らしているよう。瞳孔が悲鳴を上げるのを無視して夕陽をまっすぐ見つめ返して歩きました。暦と太陽の軌道は時々刻々この長い一本道の消失点に沈む夕陽を見られることはなかなかない。私は思ったのです。(ああ、もんちゃ [続きを読む]
  • 夕陽とユーミンと目薬と その1
  •         公民館ヨガの帰り道     西への一本道に差し掛かったところで分厚い雲が取れ約1キロ続く一本道の果てに夕陽が落ちて行こうとする、圧倒的な光に出くわしました。全ての物を影絵に変えて、まるで私だけを照らしているよう。瞳孔が悲鳴を上げるのを無視して夕陽をまっすぐ見つめ返して歩きました。暦と太陽の軌道は時々刻々この長い一本道の消失点に沈む夕陽を見られることはなかなかない。私は思ったのです。 [続きを読む]