いろはに踊る さん プロフィール

  •  
いろはに踊るさん: いろはに踊る
ハンドル名いろはに踊る さん
ブログタイトルいろはに踊る
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sqq123
サイト紹介文 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみた
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2014/09/25 18:43

いろはに踊る さんのブログ記事

  • 老人会・超高齢者の活躍
  •  私たちの老人会は現在31名である。若い人(70台)の入会がなく活動も限定的となる。今回の総会に当たったは、これまでの役員5名の内お二方が健康上の理由で役員継続を辞退された。今回は残された3名ですべてを行ったが内お二方は女性で平均年齢87歳、私を加えるとその平均年齢は85歳である。総会開催準備はこのお二方にお願いいして何とか総会を終えることができた。今年の目標は「会員増強」である。今回会員の増強を [続きを読む]
  • 鳥の朝食・恋・集団
  •  朝の大岡川では思わぬことに出会う。今日は三種類の鳥の生態を見た。1 シロサギの朝食。岸辺にじっと獲物をを狙うか微動だにしない姿。    2 鵜のしぐさ。メスが二羽に向かいオスが盛んに羽を広げ呼び込んでいる風情は合コンか?カメラを構えた途端にお尻から白いものを大量に放出した。              3 ムクドリは潮がひいて現れたヘリの上に多くのムクドリが多数集まっている。ムクドリをこのような集団 [続きを読む]
  • 切り株に花
  •  桜の老木が伐採され朽ちるのを待つのかそこに若木を植えるのか?それにしても伐採してから1年以上経過している。その状態を見かねてか近所の方だろう切り株に花を植えて素晴らしい花の鉢が誕生した。日本人て本当にやさしいですね!またこの梅雨時でもあり切り株に野草が芽をだしぐんぐんと成長している。  [続きを読む]
  • クロダイか?の確認・釣り人残念!
  •  先日、釣り針を口元にさしたままの魚はクロダイか?と写真を掲載した。その後針を持つ魚と同種魚をカメラに収めたので比較してみていただきた。  釣り針を口元にさされたまま泳ぐ魚はクロダイに有らずスズキか? その後に見つけた泳ぐ二尾の魚はスズキだと思うが?        撮影写真をもとに図鑑を調べたところ「スズキ」のようだ。スズキのエラ洗いは有名でその動作によってハリスを切られたようだ。釣り人逃がした魚 [続きを読む]
  • 南天の花咲く
  •  今年は南天の花がたくさん咲いた。これまでは花は咲けども実の一つだになきといった状況だったが、枝おろしをしたところたくさんの花が咲いた。今年こそ朱玉が房を賑してほしいと願いながら写真に収めた。       [続きを読む]
  • 大岡川の岸辺にキイチゴ?
  •  大岡川沿は緑に覆われ木々はどんどん成長している。木々には様々な花が咲き実を付けている。その中に木の枝に朱色した実を付けている。手に取ってみるとイチゴのよな形をしている。キイチゴと思われるがこれに似た実を付ける種類は多いが川沿いで大きくなるとは珍しい。      [続きを読む]
  • 軍港横須賀・自衛隊員の吹奏
  •  横須賀港には、日本及びアメリカの艦船の基地となっている。アメリカの艦船を見ることはなかったが空母が停泊していたが数日前に出航してしまった。大きさは猿島ぐらいだとの説明があった。自衛隊の艦船が停泊している近くに来たら一人の自衛隊員がラッパを奏でた。その音に気が付いた我々船上の人たちと手を振ったところ手お振り応えてくれた。一体となった一瞬であった。頑張れ!よろしくと願った。          [続きを読む]
  • じいじいの誕生祝
  •  昨日(6月11日)雨の中東京から娘が来宅した。誕生日には何がいいとの問いに「帽子」と答えておいたが、その帽子を持参し孫からはおめでとうのメッセジカードが添えられていた。うれしいひと時であった。飲み薬を忘れないようにとの娘心に感謝!    [続きを読む]
  • 賽銭泥棒?
  •  昨日6月10日(日)久しぶりに大岡川沿いの道慶地蔵尊にお参りした。二週間分のお賽銭を一つずつおはようございます!と言いながらお賽銭箱に入れ、ふとお賽銭箱の下方を見ると覆いが開かれている。どうやらこじ開けようとした模様である。近くの交番にこの事実を今撮った写真を見せながら説明し届けた。時に6時45分であった。     6月17日(日)の散歩で被害のあった個所を確認したところ修復されていた。このようなこ [続きを読む]
  • 第二海堡を巡る
  •  東京湾には首都防衛の目的で明治から大正にかけて造られた砲台を設置した人工島として第一海堡、第二海堡そして第三海堡が構築された。1923年に起きた関東大震災により第三海堡は海中に埋没し、被害が少なかった第一海堡、被害を蒙り健在は上陸禁止となっている第二海堡を船上から見学した。           [続きを読む]
  • 猿島・横須賀市
  •  軍港としての長い歴史を持つ横須賀市の沖合に浮かぶ「猿島」は、東京湾唯一の無人島だ。幕末から第二次世界大戦の終戦にかけて要塞としての役割を担ったが、今ではレジャースポットとして年間約18万人が訪れている。今回も砂浜でバーベキュで遊ぶ人々で賑わっていた。今回はツアーで訪れた為か50メートルの本道の両脇の説明に必要以上の時間を費やされた島内を廻ることができず残念であった。例えば煉瓦の積み方についてフラン [続きを読む]
  • 世界三大記念艦「三笠」
  •  「三笠」は日露戦争時の連合艦隊旗艦。明治38年(1905)の日本海海戦で東郷平八郎司令長官が座乗しロシアのバルチック艦隊を撃破した。明治以降に数多くの軍艦を建造したが、現存する軍艦は三笠ののみである(横須賀市稲岡82−19)          [続きを読む]
  • 驚愕のクロダイ!
  •  朝の散歩時に大岡川に黒い物体が浮かんでいる。よく見たら20センチほどのクロダイである。驚くのはその口元に釣り針が食い込みハリスは根元から切られている。釣られそうになったクロダイは懸命に抵抗しハリスを切断に成功したのだろう。しばらく水面でふらふらしていたので写真を撮ったが二枚目の時には潜って行ってしまい証拠写真は一枚しか撮ることができなかったが貴重な映像である。大きなボラが姿を見せだした。  [続きを読む]
  • クチナシの花が咲いた
  •  大岡川沿いに植えられたくちなしの花が咲きだした。くちなしの花には、単身赴任生活、黄飯、城下町、画家、お寺などが走馬灯のように浮かぶ。また、渡哲也が歌う「くちなしの花」を口ずさむ。…くちなしの白い花…。クチナシの街路樹は、5月に剪定さて伸びた花つぼみのほとんどが刈り取られてしまったのが残念である。          [続きを読む]
  • 亀の挨拶
  •  朝の大岡川に亀がゆったりと泳いでる。カメラを向けて立ち止まると亀も泳ぎをやめて静止し首を持ち上げる。私が歩き出すと亀も泳ぎ始める。止まってカメラを向けると亀も静止する。亀との距離があるのにこちらの動作を察知しているようである。面白い亀の動作である。 [続きを読む]
  • アゲハチョウの幼虫・神隠し
  •  柑橘の葉にアゲハチョウの幼虫が二匹いる。体が茶色の小さな幼虫と成長して緑ががった幼虫である。じっとしているようだが移動は結構速い。一時間前にはこの葉にいたはずだがと探すと全く別の葉に移動している。順調に成長しひらひらと飛ぶ日を待ちたい!       写真を撮りだして二日目の幼虫の姿。大きい方は朝食に夢中で一枚の葉をしょくした。小さい方は昨日からその場所を移動せず。   三日目の幼虫の姿。小さい方 [続きを読む]
  • 健康にいい油はコレ!
  •  先日、TVで健康にいい油の紹介をしていた。ごま油・オリーブ油・亜麻似油が健康に最もいいとの話だった。その中で「亜麻似油」は血管、血液にとてもよく、一日に小さじ一杯を摂取するとよいとのことだった。翌日、スーパーへ出かけて目的の油を捜したところ置かれている場所は空間となり小さい瓶のものが残っていたのでそれを購入した。店員さん曰く、放映のあった日にあっという間に売り切れてしまったとのことだった。 私は [続きを読む]
  • むべの実が結実
  •  むべの白い花が今年もたくさん咲いたが、実るだろうかがきがかりだった。ハチもミツバチも姿を見ることなく心配だったがよく見ると三個ほど小さな実を見つけたが成長は如何にの思いである。むべの葉は面白く葉が三つ、五つ、七つなどが見られることである。      実を付けていた一房が残念ながら黒ずんでしまった。 [続きを読む]
  • 6月・水月無月・心の健康
  •  親切は社会を 結びつけている 金の鎖である(フォン・ゲーテ ドイツの詩人1749〜1832)「解説」世のなかには多くの人がひしめきあい、それぞれ違った目的で動いています。それでもバラバラにならないのは、感謝の気持ちを送り合い、互いを支え合っているからです。ゲーテはそれを「金の鎖」と言いました。 日本には「恩送り」という言葉があります。恩返ししたい相手がすでにいなかったり、いろいろな事情で直接返せ [続きを読む]
  • ブラシの木
  •  横浜のお三宮通りに鮮やかな朱色の花が咲き誇っている。ブラシのような花模様から「ブラシノキ」と呼ばれれるそうだが真さにそのとおりである。ひと際目立つ花である。花言葉は「恋の炎」とか。    [続きを読む]
  • 竹林
  •  先日ダンス旅行で熱海へ出かけた。帰路一人でMOA美術館を訪れた。敷地内の竹林は間引きされ風も光もほどよい加減で機能していた。筍の成長ぶりが見られて静寂の中のオゾンを胸いっぱい吸い込みながら喧騒から離れた空間を一人楽しんだ。           [続きを読む]
  • あじさい咲く!
  •  妻が好きな白い山アジサイ、子供が母の日に贈ってくれた「おはよう!」「パアティー」と称するアジサイが花を開いている。アジサイは土地のアルカリか酸性化によって色が変わり、花房も変わってくる。額アジサイは強力で今は額アジサイになっている。色の変化は楽しい!     [続きを読む]