いろはに踊る さん プロフィール

  •  
いろはに踊るさん: いろはに踊る
ハンドル名いろはに踊る さん
ブログタイトルいろはに踊る
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sqq123
サイト紹介文 シルバー社交ダンス風景・娘のエッセイ・心に留めた言葉を中心にキーボード上で気の向くままに踊ってみた
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供242回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2014/09/25 18:43

いろはに踊る さんのブログ記事

  • 扇風機よご苦労様
  •  今年の「命に係わる気温」には驚いた。さすがに朝風には秋の気配を含んでいる。この夏活躍した扇風機、冷房機は極限までに働いた。我が家では窓を開けて寝ていたのがこれまでの夏の過ごし方だった。しかし今年は扇風機をつけっぱなしでこの暑さをしのいだ。娘の部屋だった隣りの部屋には冷房機を設置してあるが私たちの部屋には無い。70年ほど前子供のころに隣家で冷房機をつけっぱなしであったことからそこの家の人が亡くなっ [続きを読む]
  • [エイ」に再会
  •  8月19日(日)の朝子供と思われるエイの泳いでいるところに出会った。今年2回目の出会いである。大岡川に住み着いたエイのようである。ゆったりと泳ぐ姿はグライダー飛行のように優雅である。    8月20日(月)今朝も再びゆったりと泳ぐエイにであった。昨日のエイと同一かどうかはわからないが今年これで3度目の出会いである。大岡川をゆうゆうと尾ひれを動かしながら泳いで行く。潜ったり浮かんだりとその泳ぎは滑 [続きを読む]
  • ダンスコマクサ暑気払い
  •  酷暑の中、マンションの会議室での暑気払い。会員は20余名で今年で20周年を迎えた。永久会長のもと毎年2回ダンス旅行を実施している。秋の旅行は「一之瀬」を利用したバス旅行である。すべて会長が計画実施で会員は大船に乗った気分である。暑気払いはこの暑さで踊り時間は短く懇談の暑気払いとなった。20周年記念に赤飯が添えられた。     [続きを読む]
  • 町内のお祭り準備
  •  公園の片隅にお祭り準備が整った山車が置かれていた。この土日がお祭りで子供のはしゃぐ声が聞こえるような感じで、実行委員の方々のボラティヤ精神に感謝しきりである。空に横たわる雲は秋の雲、秋を告げる我が家の虹模様、これまでの酷暑も薄らぎ徐々に時は変わりゆく様相を示している。           [続きを読む]
  • 今朝の空模様異常
  •  窓を開けていた今朝は寒さを感じる風だった。外に出れば心地よい風が吹き抜けて汗を感じることはなかった。空を眺めれば異様な雲、黒い雲が空を覆っている。異様な空模様である。川には丸々と太った鯉が泳いでいる。           [続きを読む]
  • エイが悠々と泳ぐ
  •  今朝の大岡川沿いは風に吹かれ快適な散歩であった。水面にゴミのかたまりが流れてると思いながら眺めるとそれは「エイ」の姿だつた。今年初めての対面である。快適な水温なのかゆったりとすいーと泳ぎ去る。とても大きなエイであった。        [続きを読む]
  • カモの親子を発見!
  •  今朝の大岡川で珍しい光景を目にした。対岸でちょろちよろ動く子供のそばに親鳥が警戒しながら子供を誘導している姿である。また長年大岡川の風景を楽しんでいるが子ガモを見るのは初めてのことである。    渡り鳥と言われるカモメが一羽姿を見せた  月下美人の花芽が一つ現れた [続きを読む]
  • ボラの子が適温に群れを成す
  •  日中の猛暑も朝風の中に秋風を肌で感じるようになってきた。大岡川に泳ぐ魚、ボラのの子が群れを成して泳ぎ始めた。それも両岸にそってそれぞれに一群を成して泳ぎ姿を現した。ぼらの泳ぎの様子を見ていると身が軽くなる。飛び跳ねたり銀色の鱗を見せながら泳ぐ塊。こんなにも魚がいるのかと思うほど川はボラの子ばかり。この酷暑も徐々に薄れていく証しだろうこのボラの子の群れは。                  [続きを読む]
  • 墓参伊東へ
  •  8月12日伊東へ墓参。日曜日でもあり当日の伊東線の混雑ぶりは初めてであった。家の近くにを流れている川でアユの友釣りをしている人がいた。流れは大したことがないこの川でアユは釣れるのだろうかと思ったが15センチほどのアユを数匹きゲットしていた。のんびりとした風景に癒しを覚えるひと時であった。義母は今年6月に小腸の切断手術をしたが、術後順調で今までの元気を取り戻し身の回りなどを自分で行えるようになった [続きを読む]
  • 大雨後の大岡川
  •  今朝方の大雨は恵みの雨だった。大粒で結構激しかったが暑さからの解放にほっとした。その大岡川には満水でゴミとともに流れている。このゴミは湾曲している川岸に集まり流れている。河川による被害は、川が湾曲している場合には湾曲している岸に圧力が集中することはこのゴミの流れから鮮明である。しかし水の圧力は想像以上に強力であることを忘れない。          [続きを読む]
  • 大岡川沿いの風景
  •  今朝も散歩の後に朝ビールである。とにかくうまい!大岡川沿いの風景もこの暑さにもかかわらず咲き、泳ぎすべてが生き生きとしている。朝の散歩の一つの魅力でもある。          [続きを読む]
  • ヘビの抜け殻
  •  いつもの散歩道を歩いていると妙なものが横たわっていた。よく見るとそれはヘビの抜け殻で1メートルは有る縞蛇の抜け殻のようだった。ヘビの抜け殻を財布にいてれおくとお金が貯まるの謂れを聞いたことがあるがそのままの状態にして触れることはなかった。    [続きを読む]
  • ダンス四ッ葉会の暑気払い
  •  先日、ダンスサークルの暑気払いがマンションの会議室で行われた。参加者20名ほど。暑気払いの準備をすべて行っている幹事長が至れり尽くせりの品ぞろえである。この名幹事長は旅行を年2回計画し実行。本日の暑気払いも多種類の飲み物、つまみを用意した。ビール、シャンパン、ワイン、お酒、100%果実のジューなどを氷を用意して冷やし、赤飯、オードブル、デザート用にあんみつ、ところてんなどである。この暑さもあり踊 [続きを読む]
  • 野草が駐車禁止
  •  公園の脇にとめられたスクウターに駐車禁止の札が貼られていた。禁止の札から時間が結構経過しているのだろう、その車に野草のツルが伸びて巻き付き始めている。 [続きを読む]
  • ひそかに秋が
  •  酷暑の連続でクウラーにお世話になりクウラーが無かったたらどんな生活だろうかと思うほどにゾッとするこの暑さである。それでも昨日、今日の朝風に秋の気配が感じられた。風の中に涼しい味が込められ扇風機では出し得ない風である。外から吹かれる風のなかに涼しさを含んだ体にしみる風である。自然の風は人工的冷却に勝るものであることをこの肌で感じた朝の風だった。   [続きを読む]
  • 凛として咲く花
  •  街路樹の桜木の根元に寄生した芙蓉の木。この酷暑のなか一輪凛として花を咲かせている。水面では今年誕生したボラの子が一つのかたまりとなって泳いでいる。この暑さからか現れるのが遅く群れもあまり見ていない。    [続きを読む]
  • セミも参ったこの酷暑
  •  今年はセミの抜け殻が多くみられる。鳴く声はミンミンゼミが圧倒的で、南方に生息するクマゼミの声も聴くようになった。この暑さでセミも寝ころんでしまう中孵化に失敗したセミも見られる。アブラゼミの声があまり聞こえないのがこの夏の異変かなと思う。          透き通る鳴き声のミンミンゼミもこの暑さに応えたか、ジャァ ジャァ ジャァと濁音の声を出して鳴いている。 [続きを読む]
  • 8月・葉月・心の健康
  •  チャレンジして 失敗を恐れるよりも、何もしないことを恐れろ(本田宗一郎 1906〜1991 本田技研工業の創業者・アメリカ自動車殿堂入りを果たした)。「解説」 浜松の小さな町工場を「世界のホンダ」に育て上げた本田宗一郎。「ホンダイズム」と呼ばれるチャレンジ精神で数々の「世界初」を生み出しました。低公害型エンジン、カーナビ、二足歩行ロボットなど、開発は困難の連続でした。しかし、挑戦者は無難な道を選 [続きを読む]
  • ダンスサークルの暑気払い
  •  7月27日にダンスサークル「はつらつ会」の暑気払いが行われた。参加者20余名。食べて歌って踊っての3時間であった。会費は会としての積み立てがあり全額会で負担した。会場となった「濱倶楽部」は、TVの「ダンスは一番」の番組で二度ほど放映された場所である。今は社交ダンスのTV番組はほとんどなくなったかが華やかりしころの思い出の場所である。カラオケは、3曲(島情け・雨の東京・梅の香恋歌)を歌い久しぶりの [続きを読む]
  • 祭り準備万端なれど
  •  7月28日〜29日の期間にわたって南まつりが蒔田公園で行われる。その準備もととのい当日を待つばかりであるが、台風12号が発生し祭りの期間に関東直撃かと報道されている。何とか素通りしてくれることを願うばかりである。この週は、27日に所属するダンスサークルの暑気払い、28日も異なるダンスサークルの暑気払い、そして29日は小学校体育館でのダンスである。      [続きを読む]
  • 護岸脇のザクロの実
  •  大岡川沿いの護岸に成長したザクロの木がある。よく成長したなと思われるほどに花を付け実らせている。ザクロにまつわる話として、京急南太田駅近くに所在する「常照時」通称「南太田の鬼子母神」の山門前の門柱上部にザクロの絵が刻まれている。鬼子母神と深い関係があり物語として伝えられている。人間の代わりにザクロを。そして「鬼」という字の角が無くなった。       [続きを読む]
  • 自然暖房の中のダンス
  •  昨日はサンデー会の定例ダンス。夏は暖房、冬は冷房の体育館で大型扇風機を回し、飲み物を配付、ダンス曲は短めに、水分補給の時間を持つなどして無事に終了することを願いながらの開催である。生命に係わるこの暑さの中30余名が参加し踊りを楽しんだ?私自身、熱中症にかかり救急車で搬送された経験があるので慎重に音楽を流し参加者の状況を見守っている。とにかく暑く手拭いを水に浸し汗を拭く状況でいささか疲れました。私 [続きを読む]