雪逢 さん プロフィール

  •  
雪逢さん: Love Bomb
ハンドル名雪逢 さん
ブログタイトルLove Bomb
ブログURLhttp://lovebombyukie.blog.fc2.com/
サイト紹介文おふたりの物語をマイペースで綴っております。 ホミンしかありませんのでご了承ください♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2014/09/25 19:08

雪逢 さんのブログ記事

  • Liar Liar…57
  • チャンミンが居なくなって俺はあの広い部屋でひとりきりだけど彼の病気が治って戻って来るかも知れないからここを離れるワケにはいかない例えば治る病気だとしてどうして俺には相談してくれなかったのだろうか?仕事ばかりて相手をしないから愛想をつかせて俺を捨てたかった?話しても無駄だと思った?もう、愛してないとでも…思った?写真立ての中で笑うチャンミンに挨拶をしてシウォンを介してチャンミンと連絡を取る為今日は彼 [続きを読む]
  • Liar Liar…56
  • パーティー会場は立派なホテルで沢山の人で溢れていたカンタさんはタクシーの中で僕に自分が合図をしたら自己紹介を日本語でして欲しいと言ったそして握手をしてニッコリ微笑め、と重要なのは『ニッコリ微笑む』事なんだそうだ僕はカンタさんから離れずに食事を楽しむ「…うわ、これ美味しい…」みんな日本語で話すから何だかとても退屈で僕はカンタさんの横で愛想笑いして美味しい料理を食べ続ける「チャンミンって大食いなんだな [続きを読む]
  • Liar Liar…55
  • カンタさんは僕に髪をカットして来いと言いメモを渡してきたそれは簡単に書かれた地図でマンションからヘアサロンまでの道程だったそんなに遠くはなく歩いて行ける距離らしく僕は今初めてひとりで日本の街を歩いている『Chandelier』そう書かれた看板を見つけホッと一息迷子になったら帰る事も出来ないドアを開けて中に入るとそれは綺麗なシャンデリアが飾られていた「いらっしゃいませ」突然の日本語に驚きだけど言葉が出ない「お [続きを読む]
  • 日産スタジアム
  • いつもありがとうございます雪逢ですm(__)m日産スタジアム3DAYSからあっという間に1週間…今回私はありがたい事に3日間参戦させていただきました初日は朝7時に日産でグッズに並び2日目は暑さにやられオーラスは雨に降られ忘れられない3日間になりました本当に素晴らしい時間を過ごせたなぁと思っております初日に参戦したa○○noさんテンションおかしくてすみませんでした興奮し過ぎて荒ぶりましたm(__)m一緒にディナーを楽 [続きを読む]
  • Liar Liar…54
  • 数日後カンタさんと男性がやって来た彼は日本人で名前は『中本さん』日本語を教えてくれる先生だ僕より少し歳上で流暢な韓国語を話す日本人だけれど韓国に住んでいた事があるのだそうだ彼のレッスンを受けている間カンタさんは勝手にコーヒーを淹れて飲みながらスマホを弄っていたりする…自由…知らない言語を覚えるという事は楽しくもあり辛くもあるだけどそれは今の僕にとってとても必要な事生きる為に、必要な、こと…それから [続きを読む]
  • Liar Liar…53
  • カンタさんに連れられてやって来たのはあるビルの一室窓の外の夜景が綺麗で何だかワクワクする「チャンミン、こちらが先生の大久保さん韓国語も話せるしわからなかったら彼女に何でも聞いて」「初めまして、シム・チャンミンです」「初めまして、大久保です」笑顔が爽やかな女性で年齢的には僕の母親と同じくらいだろうか「やだ〜シムさんイケメン〜」「先生、依怙贔屓は駄目ですからね?」「わかってますよ〜それにしてもイケメン [続きを読む]
  • Liar Liar…52
  • 新しい生活が始まるそれは異国の地で「…テレビなんかつけたって何言ってるかわかんないや…」同じように陽がのぼり朝が来たのに全く嬉しくないのは何故だろう僕の部屋だけど僕の部屋じゃないから落ち着かないし「…はぁ…」今頃ユノは何してるんだろう?電話も解約したしユノと僕を繋ぐものは何も無いユノはきっと怒ってるよね何も言わずに消えたりするなんて本当に最低だ…だけど別れたいと言って彼に引き留められたら僕はユノか [続きを読む]
  • Liar Liar…51
  • 日本語も話せないくせに日本に行くなんて嫌だなぁって思ったけどそれがシウォンさんの考えた僕をユノから隠すという事なのだから受け入れるしかない英語なら話せるのに…なんて自分の都合のいい事を思いながら眼下に広がる異国の地を眺める「日本、か…」僕を待っているのは日本人だろうか?それとも韓国人?誰も知らない国で僕はこれからどう生きるのだろうか*****『シム・チャンミン』そう書いてある紙を手にした男性に話し [続きを読む]
  • お誘いです( *・ω・)ノ
  • こんばんはいつもありがとうございますm(__)m本日も更新しましたが読んでいただけましたでしょうか?先日更新まだかしら〜(*´∇`*)というコメントをいただきまして頑張る〜( *´艸`)となった単純なわたし。ほんと、コメントってチカラになります(*´∇`*)5月もあと少しで終わり6月がやってまいりますね6月と言えば日産スタジアムライブですね皆様参戦なさいますか?雪逢はありがたい事に3日間参戦させていただきます先日チ [続きを読む]
  • Liar Liar…50
  • いつか贈りたいって思ってた永遠の愛を誓って、それから…そんな夢は膨らんでサプライズでプレゼントしたくてひとりで見に行ったりしてたそこで知り合った人にだったらデザインしてみたらどうだと言われチャンミンの為だけに指環を作ったそれは世界にひとつしかない俺の指環「…受け取って、くれる、よな…」お互いのイニシャルとメッセージを内側に入れて「俺の代わりに連れて行って…」病気の治療で挫けそうになったらこの指環を [続きを読む]
  • Liar Liar…49
  • あれは1ヶ月程前の事シウォンが俺に言ったんだ「…チャンミンさんは病気かも知れません…」「…は?」冗談なんかじゃなく真面目な顔でそう告げるからチャンミンを失うんじゃないかって怖くなる「何の病気なんだよ…」「これはプライバシーの問題でユノヒョンにも言えません」「シウォン…」「…すみません…」そんなに具合が悪かったのか?どうして俺は気付いてやれなかったんだろう「でも、俺にはそんな事言わないし」「…心配か [続きを読む]
  • Liar Liar…48
  • ふと目が覚めたのは今日という特別な日だからなのか隣に眠るユノの頰にキスをしてそれからベッドを降りるユノの好きなフレンチトーストの準備をしてそれからサラダとフルーツとヨーグルトをテーブルに置いてユノを起こしに寝室に戻る「ユノ、起きて…」「……ん…」眠そうな彼は僕の腕を掴むとベッドに引き摺り込んだ「ちょっ…」触れる唇と唇それは思いがけない出来事で朝だというのにカラダの奥に火が灯るユノは言葉を発せずに僕 [続きを読む]
  • Liar Liar…47
  • 幸いな事に独りの時間は山程あって僕は何度も何度も考えるユノから離れて僕はどう生きていけばいいのだろうかとだけど、例えばあの人に抱かれたとしたら一生ユノには逢わない人生になる「…ユノ…僕は…」本当に貴方を愛しているんだよ*****「心は決まりましたか?」「…はい」「…チャンミンさん、貴方の結論は?」「…僕をユノから隠してください…」シウォンさんは僕の目をジッと見つめそして微笑んだ「わかりましたそれで [続きを読む]
  • Liar Liar…46
  • ユノは舞台が終わると次の舞台といった感じで忙しい日々が続いただからといって僕を放置する事はなく休みの日は一緒に居てくれてそれは僕にとっても理想的でこんな毎日が続けばいいのに…そう思ってただけどそれは叶わず僕は再び広いこの部屋でひとりきり…「寂しい…」舞台に立つユノが話題になり演劇の雑誌に小さな記事が載ったそれから少ししてテレビドラマから声がかかりセリフの少ない役だったけれど好演次にテレビドラマから [続きを読む]
  • Liar Liar…45
  • **閲覧注意R18**僕の胯間に顔を埋めてユノはひたすらに嬲る甘い声を我慢しようとする僕とそんな僕を嘲笑うかのようなユノの舌先荒くなる呼吸は止められず腕で顔を覆うようにするとユノがクスリと嗤う「明るいから嫌?」「…んっ、ゃ、」「上気した頬が、エロい…」「…ぁ、っ…」「その唇も、マジエロいよね…ほんと、俺のを突っ込みたくなるよ…」そう言うとユノは立ち上がり服を脱ぎ捨てた「…チャンミナ、69しよう」「…ぇ [続きを読む]
  • Liar Liar…44
  • 舞台はあっという間に千秋楽を迎え大盛況のうちに幕を閉じたユノの人気もうなぎ登りで次の舞台が決まったと嬉しそうに報告をしてくれた「シウォンさん、あの、」「『今がその時』だとおっしゃいたいのですか?」「…はい」「…本当にせっかちですね…」「でも、ユノの人気は…」「確かにユノヒョンの人気は凄いと思います」「それなら、」「でも、まだ知名度はまだまだです」「でも」「道を歩いていてファンに囲まれた事があります [続きを読む]
  • Liar Liar…43
  • ユノの舞台を見て僕は何も言えなかったそれは僕の彼が僕のモノではなくなってしまったという現実をまざまざと見せつけられたからでどうしてこんなにも輝いている彼が今までオーディションで落選続きだったのか意味がわからない程…もしかしたらこの先の人生は別々の道を進む事になるのかも知れない彼の嘘から始まった関係は終わりを迎える…「…わかってたけどさ…」彼の為に身を引く事が美学とか美徳であるとか考えたりしないけれ [続きを読む]
  • Liar Liar…42
  • 帰宅すると美味しそうな匂いと共にチャンミンが玄関ドアを開けてくれて「お帰りなさい」「ただいま」ドアを閉めて鍵を掛けてふたりだけの密室に胸が高鳴る「この前のリベンジ」そう言ってはにかむチャンミンが本当に愛しくて「楽しみ」「ふふふ…」脱いだ服をソファーに置くとチャンミンが渋い顔をしていたから置いたジャケットを手にして自室へ行きクローゼットにしまって戻り「チャ「手洗いとうがいしてきて」」チャンミンの名前 [続きを読む]
  • Liar Liar…41
  • 『離婚したんだ』その言葉に未来の自分を見た気がして身震いした「あんなに愛してた彼女が心から笑わなくなって壊れてしまったんだよ…」「…そんな…」「『貴方の夢を応援したい気持ちは嘘じゃないのだけど、どんどん手の届かない存在になってしまう貴方を寂しいから傍に居て、なんて言葉で縛りたくない…』そんな言葉を言ってね…」ふと、窓の外を見つめて「私にはいつも笑顔を見せてくれていたけどそれは寂しさの裏返しだったん [続きを読む]
  • 3.11
  • 今年もこの日を迎えましたあれから7年という時間が流れ確実に私は歳を重ねたけれど友達はあの日のままです14:46に黙祷をさせていただきましたあの日、何処で何があったのか忘れないという事がとても大切だと思うんですお話しの更新もしないのに申し訳ありません雪逢にほんブログ村 [続きを読む]
  • Liar Liar…40
  • 稽古が終わり数人で食事を済ませて迎えの車でホテルへ部屋には既に俺の私服が数着用意されており熱のあるチャンミンの心遣いかと思うと逢って、その唇に触れたいと思う「…1週間の我慢か…」来週には帰れるし今日は駄目だろうから熱が下がったら電話で話したいとメッセージだけ送っておこう*****ホテル内のレストランで朝食を済ませ部屋に戻るとても美味しい朝食なのだろうけれどチャンミンが一緒ではないという事が俺の中で [続きを読む]
  • Liar Liar…39
  • チャンミンが熱を出したそれは疲れているのに俺が無理させてしまったからなのではないかそう思うからゴメンと言ったのにチャンミンは自分がリビングで寝てしまったからだと言うそれは、俺が遅くなったから寝てしまったワケで結局俺のせいだ熱が高いのに一緒に居てやれないからシウォンに連絡して執事のアンさんを借りられないかと言ってみたするとシウォンはどうしたのかと聞くからチャンミンが熱を出してしまったのに自分は一緒に [続きを読む]
  • お出掛けしてきました
  • こんばんはいつもありがとうございますm(__)m2月はユノさんのお誕生日がありチャンミンさんのお誕生日もありますそれに加えまして真ん中誕生日とバレンタインデーがありますよね実は、それだけじゃないんです…(笑)雪逢が書き手デビューしたのも2011年の2月ですしうちの旦那の誕生日も2月ですしかも結婚記念日も2月でして…(笑)兎に角イベントの多い月でありますそんななか、ホミンちゃんの誕生日をお祝いしようという事でお出 [続きを読む]
  • キュヒョンの受難…8
  • 「オッパ〜」「…何だよ」「…お願いがあるんですけど」可愛らしい新人アイドルの…名前何だったかな?ちょっと覚えてねぇや仮にA子だとしてA子(仮)が猫なで声で俺にお願いだなんてきっと面倒な事に違いないそれは俺がこの世界で身につけたスキルで『お願い(はぁと)』の裏側にある本音を見抜いてしまうというものきっと彼女はうちのグループもしくは事務所の誰かを紹介して欲しいとかそんな事を言いたいんだそんな面倒な事に巻き込 [続きを読む]
  • Liar Liar…38
  • 『…ごめん、チャンミナ…』そう言ってユノは手加減無く僕を抱いたそれは苦しい程の快楽を僕にもたらし久々の行為で少し痛かったけどそれだけ僕を欲してくれたのかと思ったら嬉しくて堪らなかったの、だけれど…「怠い…」熱を測ったら思いの外高くこれは仕事に行けないヤツだと判断してとりあえず上司に連絡を入れるとインフルエンザじゃないのか?と心配された「…チャンミナ、ごめん、俺が…」「ううん、違うよリビングで寝ちゃ [続きを読む]