雪逢 さん プロフィール

  •  
雪逢さん: Love Bomb
ハンドル名雪逢 さん
ブログタイトルLove Bomb
ブログURLhttp://lovebombyukie.blog.fc2.com/
サイト紹介文おふたりの物語をマイペースで綴っております。 ホミンしかありませんのでご了承ください♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/09/25 19:08

雪逢 さんのブログ記事

  • 闇夜に囁く…5
  • ユノさんに謝りたくて僕は電話をしてみただけど出てくれなくて流石に多忙なユノさんだと思うとりあえずLINEでメッセージを入れた今夜逢えないだろうか?と…既読にならないメッセージに胸が痛くて何だか苦しい「ユノには謝れたのか?」「マネヒョン…」「…まだって顔だな…」「電話出てくれないんで、LINE…」「まぁ、ユノは多忙だからさチャンミンが仕事終わった頃には既読になってるだろ」マネヒョンは笑ってそう言うから何だか [続きを読む]
  • 闇夜に囁く…4
  • 結局二度寝なんかできなくてスマホのメッセージを確認してみたそれは単なる打ち上げのワンシーンをまるで密会しているかのように取り上げられ話題作りをしたゴシップ誌に対しての苛立ちとそれもまた人気のある証拠なのかと諦めの気持ちを吐露したものでスルーすべきでは無い内容だった最後に『明日は早く終わるから気晴らし飲みに付き合ってくれない?』なんて気持ちが弱っているであろう時に僕に逢いたいと願ってくれたユノさんに [続きを読む]
  • 闇夜に囁く…3
  • あれからユノさんとはマメに連絡を取り合っているお互い忙しいからなかなか食事にも行けないけどふとした時に届くメッセージが僕を自然と笑顔にしてくれる「…チャンミン、彼女?」「…へ?」「駄目だぞ、彼女なんて…」眉間に皺を寄せてそう言うから僕は溜息を吐いて「…マネヒョン、僕に彼女作る時間あると思う?」「…無い…」「そう、僕には残念ながら彼女は居ないです…」「じゃあ、何なんだよ…」「これですか?ユノさんです [続きを読む]
  • 闇夜に囁く…2
  • どんな仕事をしても初めての事で新鮮だったからとても楽しかっただけどそんなの少しの間だけであっという間に僕は飽きてしまったそれなのに仕事は増え続ける一方で僕はひとりでコンビニすら行けない「つまんないって顔してんな(笑)」「え?」ふと声を掛けられて顔を上げると同じ事務所の先輩でうちのトップスターであるユノさんだった「あっ、お、はよう、ございます‼」「何、俺との仕事はつまんないか?」「いや、そんな事は」「 [続きを読む]
  • 闇夜に囁く…1
  • 見返りを求めてはならないそれは僕が子供の頃から何度も何度も学んだ事だ今回は違う今度こそそう信じても僕は何度も裏切られた僕を愛していると言った父親は愛人と家を出たし私をひとりにしないでそう言った母親は僕をひとりにして自ら命を絶ったそんな僕を善人の顔して引き取った親戚はまるでおとぎばなしのシンデレラのように僕を扱っただけどそれはおとぎばなしでも何でも無い現実で魔法使いなんて現れない生きる為に笑い生きる [続きを読む]
  • あっ…(笑)
  • こんにちはお元気でしょうか?『光茫』を終えてからあっという間に1ヶ月ですという訳でタイトルも『あっ…(笑)』すみませんm(__)m皆様チケット当落いかがだったでしょうか?雪逢はなんとか東京参戦が叶いましたまさかのシリアルナンバーで申込みとかちょっと驚き、そして凹みましたいや、ミーグリとか、イベントとかワクワクしてたので、過剰に期待してはいけないのだという事を今回学びました実は今日はここ、FC2ブログで『Love [続きを読む]
  • 『光芒』あとがき
  • いつもありがとうございます『光芒』無事、終わりました書きながらとても楽しかったんですけどやはり夏休みで子供が家に居る為落ち着かなくて書けなかったりしてグダグタで申し訳なかったです…某友人の彼女は毎日読みたい(*≧∀≦*)と、言ってくれたので頑張りましたがぎっくり腰やら寝違えたり本当にグダグタな夏休みで…(笑)思い通りにならない日々でした…しかし、それも今日まで明日から学校だ〜と、思ったら土日が…(笑)さて [続きを読む]
  • 光芒…30
  • 「ユノも来て?」「…チャンミン、それは出来ないよ…」「何で?」「俺は一般人で部外者だからだよ」「…チッ…」仕事に行くからとチャンミンを起こしたら何故か一緒に来いという行きたいのは山々だけれども夢と違い俺は完全に部外者だから行きたくても行けないんだよそう何度も言っていたらチャンミンは舌打ちをして「これが現実か…(笑)」「もうさ、ユノも来ちゃえよ」「そうもいきませんから」「セキュリティ?」「一般人の俺に [続きを読む]
  • 光芒…29
  • ※閲覧注意※可愛らしい瞳に涙を溜めて夢の世界では見た事の無かった怒った顔それはこの世界が現実だという事を雄弁に物語っていてこれが現実のリアルなチャンミンなんだなぁと妙な気持ちになるそれに怒った顔も可愛いなぁ、なんてどれ程彼に溺れているのだろうか恋焦がれて逢いたくて、逢えなくて「…チャンミン…」夢の中でどれだけ奪ってしまいたいと思ったか頬を伝う涙を指で拭い驚く君を抱き寄せる「…ちゃんと覚悟が出来てる [続きを読む]
  • 光芒…28
  • まるで現実のようなキスをして僕はユノの体温に触れ安堵する「…なげぇよ…」僕とユノしかいないと思っていた部屋にまさかのヒチョルヒョンの声ユノも驚いて離れちゃうし「…まぁ、目が醒めて良かったよ…」「…そうですね…」ヒチョルヒョンは笑いながら僕の頬に触れる「…ヒチョルヒョン、ここは?」「ここは病院だ…」「病院?どうして?」「…チャンミン、ここが現実の世界だってわかるか?」「…現実?ユノが居るんだから夢で [続きを読む]
  • 光芒…27
  • 結局ヒチョルさんと俺は何も出来ずチャンミンの部屋を後にしたそして夢の中と同じようにマンションまで送って貰い帰宅例えば今から眠って夢の世界でチャンミンに逢えたならパスワードを聞き出すのにそう簡単にあの夢は見られないから溜息が出る*****夢は見なかった今日は休みだしまた眠ればあの夢を見られるだろうか?だけど全く眠くなんかならなくて落ち着かないからヒチョルさんに連絡してチャンミンの所に行く事にしたしか [続きを読む]
  • わたくしごとですが…その後
  • いつもありがとうございますm(__)m先日は誕生日のお祝いコメントありがとうございました(*´∀`)♪おひとりおひとり感謝の気持ちを伝えたいところですがこの場で失礼します皆様の『愛』確かにいただきました!!流石にこの年齢になりますと楽しいだけではありませんが私はとてもシアワセな気分になりましたし誕生日もいいもんだなぁと思いましたよ本当に嬉しかったですありがとうございました!!それからInstagramでフォローしてくだ [続きを読む]
  • 光芒…26
  • 夢の世界が現実と繋がっていたそれは俺にしてみればかなり衝撃的な事であのヒチョルさんは現実でも俺の事を知っていただとしたらチャンミンも…?昨夜はヒチョルさんの奢りで結構飲んだから少し顔が浮腫んでる気がするだけど仕事には行かなくちゃいけないし怠いし眠いし行きたくないシャワーを浴びて顔を洗いつつ両手で頬を叩く「…ふぅっ…」自分に気合いを入れて頭を切り替えて仕事に向かう*****夕方、ヒチョルさんから逢い [続きを読む]
  • 光芒…25
  • 清涼飲料水のポスターを寝室に貼って眺めてユノが実在するという事を実感するそもそもあんな不思議な夢を見たのはあの不思議なサイトで色々と書き込んでからだったのではないかと思い僕はPCの電源を入れた「…あの夢がもし夢じゃなかったとしたらあのヒチョルヒョンは…」…本物とまったく変わらない気がするそれは本人に聞いても大丈夫だろうか?僕の事を気持ち悪いと思わないだろうか?「でも、聞いてみないと何も始まらないか… [続きを読む]
  • 光芒…24
  • ある日の事仕事からの帰り道あのポスターを探したがあった筈の場所にポスターは無くある筈の無い『TVXQ!』の謎も解けないまま…「…チャンミン…」あれは何だったんだろうな俺が見ていたのは夢のハズだったのに何だか現実のようで遠い存在の彼に逢いたくてその肌に触れたくて泣きたくなる「おい!!」急に肩を掴まれ何事かと振り向くと見知った顔があった「やっぱり…」「…ヒチョル…さん…?」夢の世界で何度も逢って話してマネー [続きを読む]
  • わたくしごとですが
  • こんばんは?暑い日が続いておりますが皆様体調はいかがでしょうか?私はぎっくり腰手前になりグダグダな日々を過ごしここのところでやっと痛みが薄れてまいりました最近は肩がとても重くてマッサージ受けに行きたいなぁと思いつつ行ってませんところでタイトルの『わたくしごとですが』実は本日8月10日は私の誕生日でして…浮かれて遊んでいたので更新が出来ないという残念な状況ですしかも明日から実家に帰るのでポチポチ出来る [続きを読む]
  • 光芒…23
  • 夢の世界は楽しいだけど現実はそうもいかない「はぁ…」つい先日夢の中でチャンミンと恋人になったのに現実に戻れば彼は俺の手の届かない人で「現実でチャンミンと恋人になったらパパラッチとか面倒くさそうだ…」祝日の今日は休みでエアコンの効いた部屋でのんびりPCを眺めているふと、あの不思議なサイトを思い出し行ってみると『夢でいい』という所にチェックが入っていた「…これ外したら現実になるのか?」不思議だと思いつつ [続きを読む]
  • 光芒…22
  • 恋人だからといって大丈夫かと言われるとそうでもない事もある「まだ、無理だって…」僕はバスルームでひとり熱めのシャワーを浴びながらそんな事を考えるまだキスしかした事の無い恋人に一緒にシャワーを浴びようと言われ頷きながら中から鍵をかけたユノ、怒ったかなぁ?でも、どれだけ夢だと言われても無理なものは無理だし…なんて事を考えていたら思いの外長くバスルームに居たようだバスルームから出た僕にユノは困ったらよう [続きを読む]
  • 光芒…21
  • ヒチョルさんと一緒に集合場所であるロビーに行くと少し眠そうなチャンミンが居た「おはよう、チャンミン」「…ユノ!!」嬉しそうに俺に笑いかけるからキスしたいと思いつつそれはここでは無理だとグッと我慢「今日は色々撮影するみたいそっか、ユノ…ふふふ、楽しみだなぁ」俺より大きな身長のくせに何だか可愛らしくて物凄く構いたいのに「ほら、置いてくぞ」ヒチョルさんの一言に慌てて駆け寄り俺とチャンミンに向けてカメラやス [続きを読む]
  • 光芒…20
  • 久々に逢った友人であるドンヘと焼肉を楽しみながら飲んで顔が赤くなったとからかわれながらとても楽しい時間を過ごした途中でこれまた懐かしい友人が加わりカラオケに行こうと言われ今日はいいかと思い席を立ち会計を済ませ店を出たところで男性にぶつかった「おっ、悪いな」何処かで聞いた声に振り向いたけど店の扉は締まりうしろ姿さえ見えなかった「…誰だったかな…?」「ほらユノ、行くぞ!!」カラオケ店で酔っぱらい4人で大 [続きを読む]
  • 光芒…19
  • 夢の中でチャンミンと恋人になった例えばそれが現実ならどれ程嬉しいかしかし俺はチャンミンとの接点も無いし彼と出逢えるようなコネも何も無いだけど例えそれが夢の中だとしても毎日が楽しくて嬉しくて定時に上がれるように仕事を頑張り何事にも誠意を持って接すれば自ずと評価は上がるもので明るくなったとか話しやすくなったとかランチに誘われたり飲みに誘われたり目に見えてまわりの人達の対応が変わったランチは行っても飲み [続きを読む]
  • 光芒…18
  • 『話しがあるから部屋に行ってもいいか?』ユノは僕にそう言ったから何を言われるのかと思いつつ逃げたいと思う気持ちとは裏腹に「…別に…いいですけど…」口に出した言葉は思いの外甘く響いた*****部屋に入るとユノは僕をソファーに促し座らせる「チャンミン…」「…はい…」何だろう何を言われるのだろう「…この前は、悪かった…」「…ぇ?」「よく考えたら俺、人として最低だなって思っちゃって…」「…ユノ…」「勿論チ [続きを読む]
  • 光芒…17
  • この現実の世界で例えば出逢えたとしても気持ちを伝えるなんて出来る訳がない「はぁ…」チャンミンを襲う夢を見て人として駄目だと思ったいくら夢だからって相手の気持ちを考えないなんて卑劣な行為だ自分がした事なのに腹が立ち彼に申し訳ないと思うこんな事では駄目だと朝から気合いを入れて仕事に向かった*****仕事を終えて帰宅途中あの清涼飲料水のポスターに髭だけじゃなくサングラスが追加されていた「…チャンミンの顔 [続きを読む]
  • 光芒…16
  • 芸能界に関わる仕事をしてみたいそう思ったのはかなり前で俺はある芸能事務所の研究生になったアイドルになりたいヤツは大勢居てデビューもせずに終るのが選ばれなかった人間の末路だったある日レッスンに行くとスカウトで入ってきた可愛らしいヤツがいて噂ではもうデビューが決まったとか…毎日毎日レッスンしていてもデビューできないのにその優遇に腹が立ち仲良くなんかできないと声をあげるヤツもいた歌はとても上手だったけど [続きを読む]
  • 光芒…15
  • ユノは僕を見つめると意地悪そうに笑って言った「ベッドに誘われたのにチャンミンあっという間に眠っちゃうんだもんなぁ…」「…ぇ…」無意識にユノをベッドに誘うとかマジでありえない「お詫びのキスでもして欲しいところだよ」「なっ…!?」僕の想像のナナメ上をいく言葉だけど僕もユノとキスしたいなぁと思うだって、これって夢だし次は逢えないかも知れないから後悔しないようにすればいいよね「…ごめんなさい…ユノ…」そっと [続きを読む]