delta さん プロフィール

  •  
deltaさん: 中国でのいろいろ
ハンドル名delta さん
ブログタイトル中国でのいろいろ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/akira_delta
サイト紹介文中国での生活、出来事をぼちぼち綴っていければと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/09/25 19:10

delta さんのブログ記事

  • 長春 伊通河の線路
  • たぶん8月頃だったかと思うのですが、軽軌3号線の伊通河駅前の公園に突然線路が現れました。ずっと何なんだろうと思ってたのですが、なかなか確かめに行く時間もないまま冬になってしまいました。さすがに冬の公園には人影なし。。路面電車の路線や駅名が書かれています。昔は市内にいくつも路線があったようですが、現在残っているのは54路と55路だけです。引退した旧型の路面電車が置かれています。線路は [続きを読む]
  • 蘇州 お散歩 環古城河健身歩道(干将橋〜石路)
  • 干将西路の干将橋から石路の吊橋まで、環古城河健身歩道を散歩してきました。距離はだいたい1.5kmほど。干将橋から景徳橋までは、住宅街の前を通るのでとても静かです。少し歩くとすぐに景徳橋が見えてきます。景徳橋の東側には映画館と飲食店街があります。確か2年ほど前にできたの思うのですが、この中を通るのは初めてです。この辺り、綺麗にはなったんですが、人気はいまひとつのような気がします [続きを読む]
  • 蘇州 天平山の紅葉
  • 天平山へ紅葉を見に行ってきました。今年は少し遅いのでしょうか、まだ見れます。入園料は30元です。12月10日まで紅楓節のイベントもやっています。また紅楓節の期間中は、地下鉄1号線の木読駅から専用の送迎バスも出ているようです。(蘇州好行の直通バスは12月3日で終わってます)天平山は蘇州で紅葉が楽しめる場所として有名です。最近は遠方から観光バスでやってくる人も増えました。平日にも関わらず、 [続きを読む]
  • 蘇州 園林博物館と民族博物館
  • 蘇州の園林博物館と民族博物館は、どちらも世界遺産の拙政園、獅子林のすぐそばにあります。どちらの博物館も無料です。まずは園林博物館から、拙政園と蘇州博物館、太平天国忠王府の間にあります。園林の歴史や建築技法などを知ることができます。世界遺産に指定されている庭園の歴史、建物の種別、構造や建築技法などの説明、造園方法の説明もあります。荒廃していた園林がどのように修復されたのかにつ [続きを読む]
  • 南通 啓東市の海
  • そういえば最近海を見てないなぁ。と思って、海が見える所までぶらっと出かけてきました。蘇州から海までの距離で考えるなら、上海浦東辺りが近いのですが、あの茶色い海をわざわざ見に行く気もしないし。。長江の北側ってあまり行ったことないので、ざっくり目的地を南通の啓東にしてみました。蘇州から車で南通へ行くなら、G15(常台高速・瀋海高速)を使って蘇通大橋で長江を渡るのが一般的かと思います。蘇州か [続きを読む]
  • 長春 立体駐車場工事
  • 凄まじい勢いで車が増え続ける中国。長春でも慢性的な駐車場不足です。会社の事務所が入居しているビルの前には、ビルや隣の病院に来る人が使う駐車場があるのですが、朝8時半頃には満杯になってぎっしり車が埋まる状態でした。この状態を解消するために、1階部分を来院や一般の人が使う有料駐車場に、2階部分をビル関係者専用の駐車場として使う立体駐車場に変える工事が行われました。まずは、支柱を立てる基礎部分 [続きを読む]
  • 蘇州 お散歩 環古城河健身歩道(新市橋〜干将橋)
  • 盤門の北、新市橋から干将西路の干将橋まで、環古城河健身歩道を散歩してきました。この区間は、旧市街の西側を南北に進みます。干将橋までは、1.5kmほどの距離です。新市橋のすぐそばにお茶屋さんがあったりするのでいきなり休憩したくなりますが。。この辺りは中州のようになっており、百花洲と呼ばれています。宋代のころは、園林もあり華やかな場所でしたが、清代にはゴミ捨て場やスラム街になっていたようです。 [続きを読む]
  • 蘇州 路面電車で白馬澗へ
  • 最近運動不足というか、あんまり歩くことさえしていなかったので、ちょこっと運動がてらに路面電車で白馬澗まで出かけてみました。白馬澗は路面電車(有軌電車1号線)の最寄り駅、白馬澗生態園駅から少々遠いのですが、公共自転車があるので、こいつを使えば運動にもなるだろうという魂胆です。そういえば蘇州の路面電車に乗るのは久しぶりです。開業当時は物珍しさもあって、わざわざこれを使って出かけていましたが。。 [続きを読む]
  • 中国式 鉄道切符の買い方 その2
  • 中国の鉄道切符をネット予約するのは、中国鉄路客戸服務中心(12306)を使うのが一般的です。(Ctripなどの旅行サイトでも予約はできます)この12306での予約がちょっと進化して、最近、座席指定と乗り継ぎ切符予約ができるようになってました。座席指定ができるのは高鉄と動車(G、D、C)だけのようです。まずは座席指定。乗りたい列車を指定して予約ボタンを押すと、A〜Fの座席選択が可能になって [続きを読む]
  • 太倉 沙溪古鎮
  • 沙溪古鎮は1300年以上の歴史を持つ江南の水郷です。太倉は昆山の北の(長江に近い)方にあります。上海や蘇州のどちらからも直線距離で50kmぐらいの場所です。古鎮には明代や清代の建物や橋が残っています。上海や蘇州から行くには長距離バスで太倉汽車客運駅まで行き、公共バスに乗り換えるのが一般的かと思います。公共バスの204路、205路、401路で沙溪汽車(沙溪車)バス停下車です。気合で地下鉄と公 [続きを読む]
  • 蘇州 堂里村の農家料理 堂里人家
  • 西山彫花楼を見学した後、小腹が空いたので、近くの農家料理の店に入ってみました。堂里人家は、西山彫花楼に近い駐車場の辺りにあります。西山彫花楼の記事はこちらhttp://blog.goo.ne.jp/akira_delta/e/f563983adfc160311613d23041dc75c4>おそらく平日で食事時を逃したら、この店ぐらいしかやってないと思います。メニューを見た感じでは、値段は観光地の割には安いです。(観光地というほどの場所でもないけど) [続きを読む]
  • 蘇州 太湖西山 堂里村の西山彫花楼
  • 西山彫花楼は、清代に造られた富豪の邸宅で、敷地が2000平米、建築面積が4000平米ほどあります。古い建物や建物の柱や梁、窓などに施された彫刻や細工が保存されています。入館料は50元です。最初に造られたのは康熙帝の時代で、仁本堂と呼ばれていました。現在の西山彫花楼は、乾隆帝の時代に徐氏によって造られ、以後、道光帝、咸豊帝の時代に修繕や増改築が重ねられてきました。年代によって、造りや [続きを読む]
  • 中国の宅配ボックス
  • 最近、中国都市部のマンションでは、宅配ボックスを見かけることも珍しくなくなりました。中国で一人暮らしをしていて、日中に受け取るのが難しい方や中国語でのやりとりが面倒な方もこれで、ちょっと便利になるんじゃないでしょうか。日本で話題になったアマゾンとヤマトや佐川の宅配便問題。今は中国でも多くの人がネットでポチッと買い物するので、結構大変なことになっています。というか、日本人のポチる量や配送量な [続きを読む]
  • 長春 地下鉄1号線が開通しました
  • 長春の地下鉄がようやく開通しました。当初の計画より3年ぐらいは遅れたと思います。地下鉄1号線は、人民路の地下を南北に真っ直ぐ、南は紅咀子駅、北は北環駅まで繋がっています。間に衛星広場、人民広場、長春駅などがあります。実際に営業運転を開始したのは6月末頃です。駅の雰囲気は、何となく蘇州の地下鉄と似ている気がします。上海や蘇州の地下鉄とちょっと違うのは、安全検査を通ってから切符を購入すると [続きを読む]
  • 蘇州 大陽山植物園
  • 大陽山植物園は、新区の大陽山国家森林公園の中にあります。入園料は40元です。ちょうど大陽山の南側の麓ぐらいの場所ですが、訪れる人はそう多くない感じです。(特に暑い時期は。。)大きなドーム状の温室が2つあって、熱帯雨林と、砂漠や乾燥地帯のゾーンに分かれています。ただし、温室といっても内部温度は、おそらく26〜27度ぐらいに保たれているので、夏は涼しく冬は暖かい快適な場所なのです。蘇州 [続きを読む]
  • 無錫 影都(WUXI STUDIOS)
  • 影都は、無錫国家数字電影産業園の中、無錫の地下鉄1号線 長広渓駅近くにある映画やドラマ制作のテーマパークです。どちらが正式な名称か分かりませんが、華莱塢影都とも呼ばれているようです。華莱塢を訳すと。。ハリウッド(Huallywood)です。とりあえず先に言ってしまうと、まぁ、今はまだ行かなくてもいいんじゃないの。という印象です。たぶんまだ造っている途中みたいです。今のところハリウッドではないです。。 [続きを読む]
  • 長春 米線 龍記米線など
  • 長春の米線は量が半端ないことが多いです。土鍋で出てきます。。一人鍋状態になります。これは過橋米線と呼ばれる雲南省名物の米線のスタイルです。ちゃんと、取り分け用の呑水も出してくれます。龍記米線は、自由大路×深セン街から深セン街を南へ500mぐらい行った所にあります。小さな街の食堂です。お世辞にも綺麗とは言えませんが、味はまあまあいけます。ちなみに蘇州の老媽米線の量はこれぐらい。で、値 [続きを読む]
  • 蘇州 太湖東山の陸巷古村
  • 雨降りの日、いい雰囲気で路地散策ができそうな場所を探しに、太湖東山の陸巷古村へ出かけてみました。蘇州駅や新区から行くには、502路(大駅車)に乗って、橋頭もしくは東山人民医院西で下車、629路に乗り換えて、陸巷古村で下車です。502路(大駅車)だと、橋頭までの停留所の数は24ですが、普通の502路に乗ってしまうと60あるのでご注意を。。こんな所へ雨の日に訪れる人は少ないです。でも雨の日の路 [続きを読む]
  • 蘇州 シルク博物館
  • 蘇州のシルク(絲綢)博物館は1991年に開館した博物館で、蘇州の名産品である絹織物やその歴史などを展示しています。人民路を挟んで北塔寺の対面にあります。昨年2016年に全面改装されて再オープンしました。入館は無料です。改装された館内はとても綺麗で、カフェスペースもあります。蘇州は古来から絹織物の生産で栄えてきました。今でも街中には絹製品を扱う店を見ることができます。(モノはピンキリです [続きを読む]
  • 宜興 鍾乳洞めぐり 霊谷洞
  • 霊谷洞は、張公洞から車で10分ほどの場所にあります。張公洞と同じ201路のバスが使えます。霊谷洞で下車です。唐代の詩人、陸亀蒙が発見したと言われています。入場料は65元、休閑カードがあれば無料です。なんと言っても一番のお気に入りは、洞窟に入ってすぐにもうめっちゃ涼しい!!洞内は適度な照明があり、足元も割と平らで歩きやすいです。洞窟の全長は1200mです。こちらも賑やかな3原色の照明 [続きを読む]
  • 宜興 鍾乳洞めぐり 張公洞
  • 先週は気温が40度越えの日もあった蘇州。。でも、じっと引きこもってばかりも何なので、ちょっと涼しい観光地をいくつかご紹介します。天然で涼しい場所と言えば洞窟。でも、太湖西山の林屋洞は何度も行ってるし、別の場所を探してみると宜興市(yi xing)に鍾乳洞が多くありそう。。しかも休閑カードが使える場所もある。という訳で、体感温度45度越えの中、出かけてみました。まずは、宜興市湖父鎮の張公洞へ。漢代 [続きを読む]
  • 蘇州 点心 美美港式茶餐庁
  • 美美港式茶餐庁は、新区だと泉屋さんに、園区は、李公堤、新天地や誠品居所、円融時代広場にある、広東・香港料理、点心のお店です。格式ばった雰囲気ではなく、どちらかと言えばファミレスっぽいお店です。点心なので一品一品の量は少なく、いろいろな料理が楽しめます。(大きめサイズの料理も探せばあります)年に1回ぐらい行くかなぐらいのペースで利用しています。ちょっとずついろんな料理でビールを飲みた [続きを読む]
  • ハルピン 東北虎林園
  • 東北虎林園は、太陽島のある松花江の北側にあります。放し飼いにされている虎の姿が見られます。日本ではシベリア虎やアムール虎と呼ばれる東北虎をメインに、700頭以上飼育されており、絶滅が危惧されている東北虎の繁殖や、自然に戻すための取り組みも行われています。入園料は90元+観光車代です。車に乗って虎を見学します。観光車は、普通のマイクロバスが20元で、金網で囲ったオープンタイプが40元でし [続きを読む]
  • ハルピン 長春から日帰り小旅行
  • 長春からハルピンへは高鉄を使えば1時間ほどで行るので、たまにお手軽日帰り旅行に出かけます。今回は、東北虎林園へ虎とサーカスを見に行ってきました。ハルピンは、現在地下鉄3号線が部分開通しており、高鉄ハルピン西駅構内から地下鉄に乗れるようになっています。地下鉄1号線へは、医大二院駅で乗り換えできます。以前はバスかタクシーを使わないとどこにも行けませんでしたが、これでずいぶん便利になりました。 [続きを読む]
  • 長春 新ルールでビザ更新
  • 中国では2017年4月から、外国人の就労ビザ取得・更新に関する規定が正式に変更されました。一部の都市では既にテスト的に施行されていましたが、4月からは全国で新ルールが適用されています。新ルールについて詳しく知りたい方は、領事館、商工会、JETROなどから情報が提供されたり、銀行やコンサルタント会社のセミナーが催されたりしています。また、駐在者の方々から情報発信されているのも見かけますので、そちらを参 [続きを読む]