こちら噂の情報局 さん プロフィール

  •  
こちら噂の情報局さん: こちら噂の情報局
ハンドル名こちら噂の情報局 さん
ブログタイトルこちら噂の情報局
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/gooyuhueriami
サイト紹介文社会、スポーツ、芸能などニュースの裏側を 独断偏見勝手気ままに綴ります。※文中はすべて敬称略とします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供639回 / 365日(平均12.3回/週) - 参加 2014/09/25 19:54

こちら噂の情報局 さんのブログ記事

  • 天命と運命 流星の如く
  • 津波で流された妻の遺骨が7年9ヶ月ぶりに発見、の報道は心に響いた。東日本、阪神大震災も3・11と1・17当日は大々的に報じる。だが、時とともに報道も風化していく。報道する側も「これではいけない」と思うが「日々のニュース」に追われる。遺骨はそのことに警鐘をならしているのかもしれない。「忘れないでね」と。当ブログの読者数人からも反響が寄せられた。あいにく皆さん団塊世代。「コメント投稿の仕方が分からない」 [続きを読む]
  • 赤穂浪士討ち入りの日〜昨年は初雪
  • 寒い。北風が吹き、一気に冬がやってきた。わが町は山沿いで北国のような空模様。いつ雪が降ってもおかしくない雲が青空をさえぎる。忠臣蔵 赤穂浪士 討ち入り。12月14日はその日だ。そういえば、昨年のこの日は初雪が降った。昨年の当ブログ「討ち入りの日 やっぱり雪景色」(↓ )https://blog.goo.ne.jp/gooyuhueriami/e/47df2d30901341e62df4237fbbb81423日本人で忠臣蔵、赤穂浪士のワードを知らぬ人はいるのだ [続きを読む]
  • 7年9ヶ月ぶり発見!捜し続けた妻の遺骨
  • 自宅からたった500メートルに亡き妻はいた。歩けば15分ほどの近さ。宮城・気仙沼市。夫の佐藤信行(67)は、地震発生から、ずっとずっと妻を捜し続けた。7年9ヶ月という、途方もない月日。沖へ流されて戻った、としたら、それは不思議な話だ。砂に瓦礫の下に埋もれ、夫を呼び続けたのか。「ここさ、いるよ。ここだよ」11年3月11日昼下がり、あの東日本大震災が大地を揺らした。大津波が襲った。今年で7回目の鎮魂祭 [続きを読む]
  • 幸せ名産品 襟裳から薩摩から
  • 大したこともしていない。現役をリタイアしてからも北から南から名産品が届く。ありがたいことだ。北は襟裳岬から昆布、シャケ、イクラ。南は薩摩から黒豚、かるかん饅頭。北陸・魚津からリンゴ。東海・湘南から崎陽軒のシュウマイ。等々…。襟裳岬からは2代続きでもう交流50年目。当時は高校生だった2代目漁師は、もう還暦を越えた。先代の親父の下で人生について学んだ。焼酎をビールで割る。「グルタミンは頭にいいから、ビ [続きを読む]
  • M‐1騒動 SNSの怖さ危うさ
  • たかがお笑い されどお笑い。M−1選手権。賞金1000万円、優勝すれば引く手あまた。1点2点の差が人生を決める。受験戦争と無縁?な芸人たちが真剣だ。医大が軒並み点数を差し引き忖度する、とんでもない時代。忖度された医者がふんぞり返って、末期患者を診察する。ゾッとする。さて、笑い飛ばすはずの話題が 殺伐とした話題として拡散している。当ブログも触れないわけにはいかない。あの時、上沼恵美子はスリムだった。 [続きを読む]
  • 今年の漢字「災」ピタリPC故障
  • 京都・清水寺での恒例 今年の漢字は「災」だった。今年3回忌だった戦友カメラマン伊ケ崎光雄は、生前よく添付してくれた。写真は14年の「税」。来年また10%に消費税が上がる。お上のやることは、軽減税率やら、ポイント制やら、ややこしい。あー訳分からん!ややこしい!ホンマに「災」こそピタリだ。で、それが我が身にふりかかった。天気が悪いので、いざ賀状書き!その段になって突然、パソコンが不機嫌になりよった。『 [続きを読む]
  • パリ燃ゆ 凱旋門騒然
  • 西郷どんにどっぷりの団塊ジジィの独り言。シャンゼリーゼ通りがえらいことになっている。凱旋門下が騒然としている。世界の観光都市パリに異変だ。いつもなら、恋人たちがクリスマス気分でシャンブラの季節。オー、シャンゼリーゼ♪(↓ )とステップしたくなるマロニエの並木道。https://www.youtube.com/watch?v=BgrR2BE-If0まっすぐに伸びた広い車道。舗道にはカフェ、レストランが並ぶ。素晴らしい風景どころではなか [続きを読む]
  • 龍馬命日 実は…新暦で12月10日
  • 「西郷どん」にどっぷりはまった、ことは記した。西郷隆盛は龍馬を通じてしか、詳しく知らなかった。新鮮で面白かった。その龍馬の暗殺は11月15日が知られている。龍馬祭りも当日、東山の霊山観音神社で行われる。だが、その日は旧暦。正確に言えば新暦のきょう12月10日だ。京都の底冷えする師走の寒い夜だった。少々、風邪気味だった、という龍馬。どてらのような厚手の服を着込んでいた。だからこそ盟友・中岡慎太郎と軍 [続きを読む]
  • 西郷どん涙、涙…ドップリはまった
  • NHK大河「西郷どん」には、いつも泣かされる。涙腺が弱くなったか?西郷隆盛と大久保利通。幼い頃からの大親友が、時代の濁流に壊されていく。心の奥底とは違う方向へ流される。9日放送は「西南戦争」だった。戦死者は西郷軍6800人、政府軍6400人。日本で最後の内戦だった。「日本で最後の戦争にする」大久保の告げた通りになった。新政府と西郷軍がぶつかる熊本・田原坂。「雨は降る降る 人馬はぬれる越すに越され [続きを読む]
  • 口コミ実感 「クイーン」伝記映画
  • 私の好きな歌手遍歴。春日八郎より三橋美智也。パット・ブーンよりエルビス・プレスリー。ストーンズよりビートルズ。以降はそれほどでもなかった。80年代から90年代以降はピンとこなかった。シンプルな曲からヘビメタ系に変遷してきてだめになった。個々の大ヒット曲は別にしてデビット・ボウイ、プリンスら。まして、クイーンやディープパープル、キッスなど????だ。かろうじてダンスと融合したマイケル・ジャクソンぐら [続きを読む]
  • 紀平梨花16歳新女王誕生!GPファイナル制覇
  • どうしても「きだいら」と読んでしまう。16歳のフィギュアスケート紀平梨花がデビューイヤーGP世界一に輝いた。15歳で制覇した浅田真央以来13年ぶりだ、という。正直、採点競技は好きではない。ましてフィギュアはまず、容姿が採点に大きく左右する(と、思っている)。すべてが全く「同点」なら、手足が長いとか、美人とか、見た目、が優劣を決める。だが、紀平梨花は容姿には完全に負ける(失礼)ザギトワ(ロシア)に勝った。 [続きを読む]
  • “愚か者”貴ノ岩 日馬富士引退は何だったのか?
  • 12月8日という日は強烈な日だ。77年前は真珠湾攻撃で太平洋戦争が始まった。38年前はジョン・レノンがNYで暗殺された。平和が切り裂かれた暗黒デーとして、語り継がれる。「国境のない世界を想像してごらん」レノンが歌った「イマジン」(↓ )。https://www.youtube.com/watch?v=dq1z1rkjw-E尖閣列島、北方領土、メキシコ国境に築かれた高いフェンス、中東問題…。元を正せば人類は熱愛カップルから。国境などいらないは [続きを読む]
  • 戦友旅立ち もう3回忌
  • 奈良の墓地に眠る戦友カメラマン伊ケ崎光雄。3年前のきょう68歳で旅立った。“弟子”から「今年で3回忌です。朝早く墓参りに行ってきました」と連絡が入った。「人の死は二度ある。 最初の死は、肉体の死。 でも、死者を覚えている人がいる限り、その人の心の中で生き続けている。 最後の死は、死者を覚えている人が誰もいなくなったとき」そう言ったのは永六輔。間違いなく伊ケ崎光雄は「生きている」。なんと早い時の刻みなの [続きを読む]
  • 埋もれた才能 消しゴム版画が凄い
  • こりゃ凄い!趣味の領域を超えている。友人が消しゴムを彫って仕上げた版画作品群。私だけが見るのは、もったいないので紹介する。友人の名はすぎのめ・はちお(70)。「おしん」「ルパン三世」などのアニメ制作にも関わった埼玉在住の元アニメーターだ。一つ一つ消しゴムを彫ったとは思えない。昔見慣れたクラッシックカーだ。なんとも味わいがあり、細かな彫り具合。長い付き合いだが、車好きだったとは知らなかった。ニャンコ [続きを読む]
  • FA西、阪神入りの深層
  • やっぱりなあ。と、いうところのオリックスFA西勇輝が阪神入り。サンスポが「決断!阪神入り」と報じたのは11月28日付。だが、西本人はすぐに自身のブログで真っ向否定。西の決断もサンスポの断定報道も茶番劇だったか?実はそうではなかった。ことの深層は当ブログ(↓ )でも記しているので参考に。https://blog.goo.ne.jp/gooyuhueriami/e/8fc553ad910a7b90183a96e99d66e6d6今度は参戦していたソフトバンクの地元 [続きを読む]
  • 昔胸キュン いま心筋梗塞
  • 1ヶ月前の渋谷ハロウィン暴動で20代の若者4人が逮捕された。4万人の中から監視カメラを分析して絞り出した、という。それはそれで恐ろしい。この時期、なんとなくソワソワ落ち着かない。師走る、とはよく言ったものだ。4日と5日の日中は20度を越えた。災害級の猛暑の年にふさわしい異常気温。街に出た。夜になって寒くなるとかなわないので、少し厚着をしたら、汗ばんだ。帰り道、ウォーキングがてらに御堂筋を酔い覚まし。 [続きを読む]
  • 巨大補強!巨人とヴィッセル神戸
  • 誰もが首をかしげることを今更ながら書く。書いておかないと気が晴れない。まあ、ど派手な補強をしたものだ。プロ野球では巨人。サッカーではヴィッセル神戸。原巨人はどれだけ集めれば気が済むのか?というほどFA補強した。【左は11月24日付、右は12月1日付の報知新聞】なんと言っても目玉は2年連続MVPの広島・丸佳浩。昔から巨人は痛めつけられた宿敵チームの主力選手を奪ってきた。南海からエース別所毅彦、西鉄から高倉照幸、 [続きを読む]
  • 友人のライブ続編
  • 前回(↓ )三稜中同級生サムのバンドライブのことを書いた。https://blog.goo.ne.jp/gooyuhueriami/e/784a3dcac33a3ebda590b64d447f4033?fm=entry_awpいきなりサムって誰や?(笑)近頃、プライバシー保護とやらがうるさい。ややこしいのでお伺いを立てた。写真の顔出し、実名はエエか?即Okが出て「名前はサムでいいよ」とのことでN・Oをサムにしたというわけ。我々は来年古希。ライブも60代最期、平成最期、とフレーズ [続きを読む]
  • 今年も流行語大賞 そだねー
  • 毎年12月1日に発表される。今年は1、2日と週末だったので3日にずれた。流行り言葉イコール泡(バブル)と同じ。リアルタイムでは盛り上がるが、すぐに弾ける。去年の流行語をサラリと言える人が何人いるか?今年で35回目というから、我が人生のちょうど半分。そうして迎えた今年は「そだねー」が年間大賞に選ばれた。これだって2月の平昌五輪で女子カーリング日本代表が使った言葉。遠い遠い昔のような気がする。以下トップ10を [続きを読む]
  • 友人のライブに行った 演奏出来る素晴らしさ
  • 団塊の世代は、誰も彼も一度はギターを手にし、爪弾いた。少なくとも学生時代の我が周囲の3人に1人がそうだった。弾けもしないのに旅にギター抱えて「渡り鳥」を気取ったこともある。笑止千万だ。ビートルズ、ベンチャーズ、フォークソング、グループサウンズ…。それまでのオーケストラバックの歌手の時代に革命が起きた。新鮮だった。親しい友は3人、4人集まって文化祭の舞台でビートルズ、ベンチャーズになりきっていた。野球 [続きを読む]
  • 「長州人」の金銭マヒ!幕末から150年染みつく
  • 使い方を明らかにしなくてもいいお金が31億円だって。総務省公開レポートで、与野党議員のずさんな金遣いが報じられた。国会議員はいいな、と、うらやましがっていてはいけない。政治資金の中の組織活動費。31億円のうち二階俊博自民党幹事長1人に13億円超も支出していた。唖然呆然仰天だ。NHK大河「西郷どん」で、陸軍省トップの山縣有朋が汚職で追放されるシーンがあった。近代日本で初めての汚職事件といわれる山城屋 [続きを読む]
  • 月給3億円左腕と月給300万円横綱
  • ボーナスの季節におカネの話。お相撲さんの給料が、来年から18年ぶりにアップする。日本相撲協会が先月29日、理事会で給与改定を決めた。▼横綱:300万円(旧282万円)▼大関:250万円(旧234・7万円)▼三役:180万円(旧169・3万円)▼幕内:140万円(旧130・9万円)▼十両:110万円(旧103・6万円)年俸にすると横綱は3600万円。これが多いのか、少ないのか意見が分かれるところだ。 [続きを読む]
  • 師走の友よ
  • なんだかザワザワする。きょうから師走。闘病中の我が親友H・Iが前日(11月30日)転院。約1ヶ月入院していたB病院からの搬送に付き添った。自力で動けないH。車椅子ごと乗車できる介護タクシーに同乗した。付き添いとはいえ介護タクシーは、人生初の体験だった。行き先は、走ること10分ほどの大学病院。もう16年ほどのベテラン運転手。車は400万円ほどで「もう完済しました」と57歳の竹尾透。自前の車椅子で手馴 [続きを読む]
  • 人類はバカか?原爆とゲノム編集ベビー
  • 恐ろしいニュースが飛び込んできた。ゲノム編集ベビー誕生が報じられた。つまり遺伝子操作。中国の博士が改変した受精卵から双子を誕生させた。ネズミではない。人間の子、なのだ。国際学会でこの博士は非難を浴びた。この博士、きっと凄く優秀なのだろう。誰もやったこのとない研究成果なのだから。絶賛されてもいいはず、だった。ところがブーイングの嵐だった。恐ろしいのは人類が、遺伝子操作ベビーを誕生させる技術を持ってし [続きを読む]
  • FA西移籍 サンスポ「特報」本人が真っ向否定
  • トランプ大統領もビックリのフェイクニュース?それともスクープ?プロ野球もネット時代の渦中にあることが証明された。関西のスポーツ紙は阪神報道で過激なことで知られる。今回はサンスポの報道に本人がブログで真っ向否定。ややこしいことになっている。オリックスのFA右腕・西勇輝を巡るもの。「西 阪神入り決断!」28日付けでサンスポが報じた。「決断か」「決断へ」でもなく「決断」「?」も「!?」もなく「!」だ。業界 [続きを読む]