青空貴族 さん プロフィール

  •  
青空貴族さん: 青空貴族
ハンドル名青空貴族 さん
ブログタイトル青空貴族
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/dakenjobelbel123
サイト紹介文悲しくてやりきれない そんな夜は思い切り 涙を流せばいい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/09/26 06:09

青空貴族 さんのブログ記事

  • 散歩に行こう!  チューリップは花盛り
  • 暖かな日差しが射してきたこの頃ようやく春めいた日が続き安心したのもつかの間再就職するための書類が出来ていないことが判明一週間の休養をとることになる再就職とは言ってもわずか3ケ月その後はいろいろ個人的にやりたいことがいっぱいこの一週間の間 毎日散歩している水戸の中心地の西側に千波湖がある数年前から僕はそこで散歩をする日が多い観光地の偕楽園や護国神社徳川博物館 歴史館博物館 文化センターと名所や施 [続きを読む]
  • 新しいスタート 桜の季節
  • 桜の季節は短い 新しいスタートを切った天気が良いから桜も満開だ 桜はもう終わりなのかこんなにいい桜を見たのは 今年が初めてだ 今年はいいスタートが切れそうだ 本日の一曲 ポールモーリア グランドオーケストラ「シェルブールの雨傘」 お聴きあれ? [続きを読む]
  • 春はあけぼの
  • 暖かい陽気になると気分が高揚するまだまだ寒い日が続くが日に日に春の気配が感じられるようになる今年は3月で定年を迎える毎年この時期は忙しいものだが今年はそうでもない今 再就職先を探しにハローワークに通っている今では電子化が進み求人を調べるのもパソコンでできるようになり選びたい業種もすぐに出てくる便利な世の中であるずっと教職畑で別にこれといった資格のない僕はなかなかいい仕事に就けないまあ学校 [続きを読む]
  • 雪景色の朝
  • 起朝起きると一面は真っ白道路もまわりの地面や畑もみんな雪に埋もれていた早朝から家のまわりを雪かきしたサラサラした雪 雪をかき分けるのは難しくなかったが雪の量が半端なかった時間はかかったが何とか終わることができた2日前の出来事であるが久しぶりの大雪に 戸惑う1日だった今週一週間は 寒い日が続きそうだ [続きを読む]
  • 涙が枯れるまで
  • 雨がひとしずく 駅のベンチ濡らす街の景色も ぼんやりと薄曇りあの日みた景色と 同じねと誰か呟く想い出のスクリーンが走馬灯のように蘇るあああ涙が枯れるまで囁いていて欲しい私が眠るまでずっとそばにいてねあああ涙が枯れるまで抱きしめていて欲しい私が眠るまで強く抱きしめてやがて日は沈み街に灯がともる家路を急ぐ人の群れ後に続き電車に乗るいつもと同じ帰り道ふと寄った喫茶店熱いカプチーノがほんのりと胸を焦がすああ [続きを読む]
  • 涙が枯れるまで
  • 雨がひとしずく 駅のベンチ濡らす街の景色も ぼんやりと薄曇りあの日みた景色と 同じねと誰か呟く想い出のスクリーンが走馬灯のように蘇るあああ涙が枯れるまで囁いていて欲しい私が眠るまでずっとそばにいてねあああ涙が枯れるまで抱きしめていて欲しい私が眠るまで強く抱きしめてやがて日は沈み街に灯がともる家路を急ぐ人の群れ後に続き電車に乗るいつもと同じ帰り道ふと寄った喫茶店熱いカプチーノがほんのりと胸を焦がすああ [続きを読む]
  • 初冬の一日
  • 日曜日の休日は忙しい僕は働いているので休日は家の仕事がいっぱいある今は外の畑や田んぼや 庭の仕事がメインであるだからこんな日は雨が降ったら大変だ何もかも予定が狂ってしまうそういうこで天気が良いのを願う毎日昨日 今日は天気が良くほっとしている今日はブルーベリーの苗木の移植庭木の剪定 落ち葉集め??倉庫の片付け 忙しい限りである初冬の一日はあっという間に日が暮れてしまう そんな一日である [続きを読む]
  • 私は誰? (薄れゆく記憶)
  • 私は誰なのか?写真を公開している男はいつしか自分の名前と顔になった私は自分の顔にまだ自信がない公開するだけの勇気は持ち合わせていないいつの日か本当の自分を公開できるようになれたらいいなと思うそして 今日も 自分に語りかけるいったい私は誰なのか?    青空貴族本日の一曲 青空貴族「逢えるかもしれない」お聴きあれ? [続きを読む]
  • 色づく街
  • 暖かかったのが懐かしく思えるほどの急激な冷え込みは身体に答える今年は暑い夏が続いたから余計にそう感じるのかもねでも例年秋の気候はこんなものだろうと思う景色は色づいている週末の3連休が待ち遠しい秋の景色は美しい山々の色づいた景色を今年も観てみたいと思う 青空貴 [続きを読む]
  • 希望への架け橋
  • これが最後かもしれないあなたにもう会えなくなることを考えるととてもつらいよ でも 旅立ちは 希望のしるしだしっかりと 前を向いて出発しようまた会えることを信じてそしたら奇跡が起こるかも知れない   青空貴族 [続きを読む]
  • 青空の彼方に
  • 低い雲が 風と共に去った後暑い夏がやってきた空には 雲が一つ二つ浮かんでいる高い高い雲の上 はるか上空に青空が広がっている待望の夏空の景色だ青空はとても澄んだ色だどこまでも 青い空は続いている青空の向こうに何があるのだろう青空の中に飛んでいきたい青空は僕らの夢を運んでくる青空の見える 風景に魅せられ今年も青空の海にやってきた南風 熱い太陽が焼き付ける中砂浜を歩くと 気分は最高潮海までは あとわずか [続きを読む]
  • 永遠の夏
  • 暑いギラギラした太陽と青空が戻ってきた 季節は夏 今日は今年一番の暑さになるらしい僕は夏生まれだから暑いのは平気であるさて今日は一日研修てある内容は言えないが前から欲しかった資格取得の為の研修である先週60歳になったばかり60の手習いであるまだまだ若いと思っていたが自分でも気づかずにもうこんな年になってしまった人生一度きり 後悔しないよう今は頑張っていくだけ 青空貴族 [続きを読む]
  • 青空の彼方に
  • 低い雲が南から吹きこむ風とともに去った後 暑い夏がやってきた 空には 雲が一つ二つ浮かんでいる 高い高い雲のはるか上空に青空が広がっている待望の夏空の景色だ 青空はとても住んだ色だ どこまでも青い空は続いている青空の向こう側に何があるのだろう青空の中に飛んでいきたい青空は僕らに夢を運んでくるそして 青空の見える風景に魅せられ今年も青空の海にやってきた 南風と暑い太陽が焼き付ける中 砂浜を歩い [続きを読む]
  • 夏の贈り物 熱気球
  • 暑さも半端ない夏の一日一体どれだけ気温が上がるのか予想もつかないがこんな日は可愛いあの人のことでも考えることとしようかあの人とは僕の夢に出てくる人何処の誰かも知らない人何故か若い頃の自分を思い出させてくれる若い自分は取り戻せないそれを思うととても寂しく切ない彼女は色白で目がとても澄んでいるたわいもない話でいつも僕を笑わせる彼女といるととても不思議な気持ちなるいつまでもずっとこうしていたいそう思って [続きを読む]
  • うだるような暑さ
  • 灼熱の太陽地獄とはよく言ったもの本当に日中の暑さは骨身にこたえるでもこの暑さはいつまで続くのだろう僕は夏は好きな季節だ夏生まれであることも影響しているのか夏と言えば夏休み 海水浴 夏祭りプール 西瓜 メロン かき氷 ひまわり花火 天体観測 何でもできるいろいろなものがいっぱい詰まった季節である子どもの頃 夏が永遠に続けばいいのにと本気で思っていただからいつも夏の終わりは寂しい気持ちになったものだか [続きを読む]
  • 明日に向かって (未来への道)
  • 僕の前には 越えなければならない大きな壁がある困難という高い高い壁だでもね わかったんだ1つ1つ乗り越えていかなければいけないっていうことをぼんやりみているだけでは 何も解決しないのさとにかく動き出すことさそして根気よく頑張ることさ今はそれだけさ青空貴族今日の歌 青空貴族 -愛は風まかせどうぞお聴きあれ? [続きを読む]
  • 紫陽花 (カラオケベストソング)
  • 愛の故郷は どこにあるあなたは私に たずねたけれど答えることは 出来なかったあの時感じた 胸騒ぎがやがてくる別れを 教えてた紫陽花の頃が過ぎ心寂しい季節がくるけれど私は一人きりこの曲はアリスの名曲だアリスと言えば 谷村新司 堀内孝雄 矢沢透の3人で活動していたこの曲はアリスの曲で 谷村新司 作詞 堀内孝雄 作曲この歌は 確か 谷村新司と堀内孝雄が 歌っていたが後にソロとして 堀内孝雄が歌っていたさ [続きを読む]
  • 愛 それは風
  • このところ熱い陽気は一休みと行ったところだ暑い夏はやはり待ち遠しいもの暑い夏の季節を思いまた妄想が芽を噴き出してその勢いは止められない誰がかわいいとかやさしいとかいろいろな言葉が行き交っているどうでもいいことではあるが何故か気になることもある熱いときはなかなか寝付かれない今宵は素敵な貴方のことを考えながら眠りたい等と思っていると眠れるわけがない愛 それは夏の温かい風が運んでくる現象なのかもしれない [続きを読む]
  • イメージの世界 (天から舞い降りる)
  • 自分の気持ちがピュアなときはいろいろな自分の思いのたけが洪水にのように溢れ出し書きたい気持ちが止められない自分の気持ちがさび付いているとき感性が鈍っているというか何にも思い浮かばないときがあるいずれにしても自分が日々体験する現実こそが映し出すイメージなのであるこれからもいろいろなものを見ていきたいし体験していきたいさあ 魚眼レンズに磨きをかけて今日も行ってみるとしようか           青空  [続きを読む]
  • 5月3日(水)のつぶやき
  • 僕の友達 みんな戻ってきて‼? pic.twitter.com/pyf2csvhWH― 青空貴族 (@aozoradansyaku) 2017年5月3日 - 18:34ブログと連携はじめました。 blog.goo.ne.jp/dakenjobelbel1…― 青空貴族 (@aozoradansyaku) 2017年5月3日 - 19:16人生行路(我が道を行く) goo.gl/ZHY6BT― 青空貴族 (@aozoradansyaku) 2017年5月3日 - 19:22 [続きを読む]
  • 空想の世界からの帰還 (ラストシーン)
  • いったい 今まで俺は何をしてきたというのだ夢遊病者のように 空想の世界に浸っていたそれが現実ではないと知りつつ深みへはまっていったある日異国の美しい女の人と出会った彼女の哀しげな瞳に 心惹かれた彼女の身の上話を聴くと 涙が溢れてきた楽しいひと時を 過ごす間いろんな歌を歌ったり 語り合ったりした時はあっという間に 過ぎていったまるで竜宮城の乙姫と浦島太郎のようにでも 楽しいことは 続かなかったふと [続きを読む]
  • 偶然という名の奇跡
  • めっきり冷たくなった季節この時期は温かいものがいい僕は暇があれば温泉施設を利用する寒い身体が十分温まると身体の疲れも取れて身も心もリラックスできる 僕は週一回は必ず行っている行く場所は様々であるがいつも一緒に行く妻の一言で場所が決まるそれ以外の日はジム通いの毎日もちろんまだまだ仕事はつづくのでしっかりとしっかりと鍛えたいそれにしても寒さが身にしみるな 青空貴族 [続きを読む]
  • 北風ピューピュー冬将軍
  • 朝おきてビックリ! 我が家の水道が凍結してしまった予想していたそして風呂の水を抜かないで居たのに昨日母が抜いてしまったこうなったら昼間少しずつ水を出しておくことにそれにしても昼過ぎだというのにまだ凍ったまま日中気温は3度数日間気温が低いまさに冬将軍到来だ! 青空貴族 [続きを読む]