銀座のうぐいすから さん プロフィール

  •  
銀座のうぐいすからさん: 銀座のうぐいすから
ハンドル名銀座のうぐいすから さん
ブログタイトル銀座のうぐいすから
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/amesyun-goo
サイト紹介文幸せに暮らす為には、何をどうしたら良い?を追求するのがここの目的です。それも具体的な事実を通じ下世話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2014/09/26 07:07

銀座のうぐいすから さんのブログ記事

  • 【降るアメリカに袖は、ぬらさじ】を、見てきました。
  • ・・・・・・玉三郎は、美貌だけが、売りの人ではない・・・・・・【降るアメリカに袖はぬらさじ】を見てきました。大変満足をしました。玉三郎が文学座の演目を歌舞伎に移行させるのは、【牡丹灯籠】で、既にみていることでしたが、こちらも見事でした。セリフが膨大で、杉村春子を想定して書かれた戯曲だと、言うのは、よくわかりました。 玉三郎は、この戯曲内では、その美貌よりも、主人公の人柄や、世間の、有為転変に、翻弄 [続きを読む]
  • 18−10−22に、k's ギャラリーーで、見聞したこと
  • なお、此処から先、数多い人名が出てきます。美術界にいる人にとっては、「ああ、あの人ね」と、お分かりになる名前でしょうが、一般社会で、お暮らしの方には、ちんぷんかんぷんかもしれません。しかし、76歳の私が、『明日死ぬかもしれないので、記録をしておきたい』と、思う事なので、ああ、そうですかと、簡単に、そのつど捨て去って、先へお進みいただきたいものです。人名の多さがもたらす煩雑さについては、看過して [続きを読む]
  • A
  • 副題1、『私は、13日の土曜日は、銀座へ出かけていたのです。したがって、鎌倉の図書館には、行って居ません。それが、大変に重要なので、下に、アリバイが成立する証拠写真を置きます』 本日、18−10−23の私は、また、お出かけをしていました。で、2時ごろ、横浜駅から、横須賀線に乗っていて、その車中で、ひどく自分がつかれていることに、気がつきます。 前日は徹夜明けのまま、外で、夜までいて、しかも、夜から、夜 [続きを読む]