backroad man 2 さん プロフィール

  •  
backroad man 2さん: backroad man 2
ハンドル名backroad man 2 さん
ブログタイトルbackroad man 2
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/backroadman2014neo
サイト紹介文庄内の細道トコトコ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/09/26 09:04

backroad man 2 さんのブログ記事

  • 雨上がりの日和山夕景
  • 昨日撮影昨日は昼ぐらいまでは先日の大雨のような強雨だったが午後はやみ加減となり、夕方には時折陽も差し始めた。雨上がりの良い雲景・夕景を期待して久しぶりに日和山へ。思ったより雲が多く生き物のようにうごめきながら流れて行く。時々ぽかっと雲に穴が開き青空が覗くも光芒にはならず。途中パラパラ降って来たので一時東屋に避難。逆にザーザー降ってくれても面白かったかも。フィルターに水滴ついてるのに気づかずに数コ [続きを読む]
  • イナバウッてミサゴ撮り(?)
  • 昨日撮影昨日は朝のうち無風状態で港でも暑く感じたが今朝は久しぶりにシトシト雨。しかし、また大雨洪水警報が発令されている。今夏はずっと日照りが続き、いったん降れば大雨と振れ幅が激しい。ミサゴ待ちしていると徐々に風が出てきたのでずいぶん楽に感じた。港は花が少ないからか咲ききっていないアザミにもモンシロチョウが吸い付く。地元の川と港を行ったり来たりしているカンムリカイツブリが久しぶりに近くで羽繕いして [続きを読む]
  • 若ユリカモメの美翼
  • 昨日撮影お盆もミサゴ待ち。すると前回と同じように若ユリカモメが目の前に現れた。しばらく様子を見ていると30分に一度同じコースを巡回している感じ。何度目かのチャンスで羽ばたきを撮る事が出来た。例によって至近距離(5〜10m)での600mmは追従性が悪く何度やってもダメなので諦めて400mm以下にしたら数コマだがピントが合ってくれた。後ろ姿で顔も隠れてるが風切り羽にキパッとピントが来た!肝心のミサゴの方も順番に三 [続きを読む]
  • 嘴の黄色い若造たち
  • 昨日撮影久しぶりにスワンパークでミサゴ待ちしてみた。大水を乗り越えたモニュメントは普段通り朝陽に向かって羽ばたき月山も薄っすらながら雲も無くスッキリ。夏に嘴の黄色いダイサギは若鳥だというのを初めて知った。その若鳥たちが7〜8羽集まってエサ探ししていて警戒心が薄いのか水際まで近寄っても逃げる様子がない。大きさも仕草も成鳥と変わりない感じだが風切り羽の傷みも無くキレイ。ただ不思議なのはこの前土門記念館 [続きを読む]
  • お盆です
  • お盆なのでハマナスの実を。何となくリアルな現実世界より電子世界の方が”あちらの世界”に近い様な気がする今日この頃。*ボンクラなので盆暮れなしに今朝もミサゴ撮影に行ってみたら港到着すると直ぐに相次いで二羽が目の前でホバを始めた!絶好のシャッターチャンスの訪れかと思ったらすぐそばに県外ナンバーが停まって釣り家族が出てきた・・・嫌な予感・・・。すると案の定、子供が大声で「あ!鳥だ鳥だ!!」と叫んだ。 [続きを読む]
  • ユリカモメの若鳥
  • 昨日撮影数日振りに港でミサゴを待ってみた。港の片隅にヘクソカズラが咲いていた。すると目の前に一目でウミネコと違う白くてきれいなカモメが現れた。地味な色味だが翼の模様が美しい。帰ってから調べたらユリカモメの若鳥だった。ユリカモメ自体この辺りでは珍しく今回が初見・初撮り。ピントがイマイチなのでまた近くに現れたら再挑戦したい。 [続きを読む]
  • ふた色の黄揚羽
  • 7月下旬撮影京田川の土手は例年以上にアカツメクサが繁茂していた。そこへ数匹のキアゲハが吸蜜に来ていた。こちらはザ・キアゲハ(?)という感じの黄色の濃いもの。一方こちらの色の薄いのはメスだろうか、お腹が大きい。この夏キアゲハはよく見かけたがナミアゲハは全くと言っていいほど見なかった。日照り続きだったのが何か影響しているんだろうか? [続きを読む]
  • 暴れる蓮 2
  • 8月7日撮影豊里の蓮は背が高い。ほとんどが人の背丈ほどもあり、中には2mは有りそうなのも。なのでここでは下から見上げたアングルが殆どになる。急に陽が差して明るめの蓮もまた良し。風に揺れまくる蓮をうまくファインダーに収めようと夢中で思い切り斜めなのに全く気付かなかった。ここのハスの葉は風の所為で傷んだものが多くキレイな葉の画にするのはかなり難しい。ややピン甘だが偶然いいバランスで撮れていた。高感度で絞 [続きを読む]
  • 一寸先は闇
  • 8月4日撮影酒田花火ショーを撮ったその次の日にあんな大雨が降り最上川があのような危険な状態までなるとは・・・。この時花火を見ていたなかで誰一人思わなかっただろう。次の場所まで移動するあいだ丁度花火が上がらなかったのは好都合だった。後で知ったがまた今回も少しボヤ騒ぎがあったようだ。で、映り込みを期待して来たが思ったようには映らずさらに建物が目障り。さらに悪いことに目の前でバーベキューしていた年配グ [続きを読む]
  • 暴れる蓮
  • 昨日撮影お盆も間近になり蓮が咲いただろうと豊里の蓮田に行ってみた。田んぼに出ると強めのダシ風が吹いて気持ちが良いのだが蓮の花が大きく揺れて葉っぱはバタバタ翻っていた。。こりゃまともに撮れないな・・・当初は10コマぐらい撮って帰ろうかと・・・。鳥海山には雲が掛かっていたが、先日の大雨で空気が洗われたのか驚くほど鮮明で近く見えた。昼頃行った割に花は開いていたものの風で花が暴れる。なぜかダイサギが一枚 [続きを読む]
  • 濁流の最上川
  • 昨日撮影最上川は大きな氾濫もなく無事に大雨を乗り切った。お昼頃に避難指示・避難勧告が解除になったのを受け最上川の様子を見に行ってみた。一時赤の氾濫危険水位を45cmも上回っていたのを想像し改めて恐ろしさを感じた。河川敷周辺の低木もかなり水没していた。カワセミの巣穴も水没してしまっただろうなぁ。。白鳥のモニュメントとトイレは流されず無事だった。実は白鳥のモニュメントはもう一基有ったのだが増水で流され [続きを読む]
  • 最上川が氾濫危険水位!!
  • 今朝6:10現在のライブカメラの映像(スワンパーク)最上川が氾濫危険水位を超え市の最上川流域に避難勧告が発令されました!避難所に避難するか家の二階など安全な場所に避難してください。以下にライブカメラの画像を掲載します。昨日の大雨は過去にないぐらい凄まじく夕方には近所の川の増水と側溝の水があふれ家の前の市道が冠水。7時ごろには外に出て撮影できないぐらいの水嵩となり遂に玄関が水浸しとなりました。。一 [続きを読む]
  • 昨日の夕陽
  • 昨日撮影日没近い時刻に港に行き様子を見たが流石にこの時刻ではミサゴは居ない。そのまま最上川の土手に上がり河口で夕陽を撮ってみた。「二段のサンロード」海水の流れ込みによりまだ給水制限は続いているが最上川の塩分濃度が回復したのか取水は再開したらしい。長いサンロードにせかされるように河口と分かる位置まで急いだ。雲が多く日の入りは撮れなかったが雲の表情が出てまずまずの夕景となった。*先日のコリアンとの一 [続きを読む]
  • ピントは来たけれど・・・
  • 昨日撮影見出しは変えたもののまたミサゴ類似画像で御免の。昨日よりさらに30分早めに来てポイントもまた少し移動。雲が多めで速く露出が目まぐるしく変わるので要注意。するとちょっと前まで空振りつづきだったのが嘘みたいに読みが当たり入れ替わりでまた3羽(同じのがダブった?)が来てくれた。最近ミサゴが獲物を見つけた瞬間が分かるようになって来た。珍しく翼をあまりたたまないでスロー降下。バッファを使い切らない [続きを読む]
  • あと一息。。
  • 昨日撮影内心では二日続けてチャンスが来るはずないと思いつつダメ元でまたまたミサゴ待ちに行くボンクラ。途中の地元の川にはかなりやつれた様な水鳥が・・・。カワアイサとは思うが首から上の毛がすっかり色褪せてる。ちゃんと食べれてるんだろうか。。昨日より2時間早くして、ポイントは100mぐらいずらしてみた。するとすぐに一羽現れて遠くでダイブを始めた。ダイブ失敗しながら徐々に近づいて遂に20mの真正面にダイブ!肝 [続きを読む]
  • ミサゴラッシュ!
  • 昨日撮影昼食後にちょっとだけミサゴ待つつもりでみなとへ行ってみた。すると風車の手前辺りから白煙がモクモクと・・・。消防車がサイレン鳴らしながら向かって行ったので工場か停泊した船の火災かも知れない。白煙が少し薄まってきたころに海の方から一羽のミサゴが現れた。で、今回も近くでダイブしてくれないなぁと思っていたらもう一羽現れた。二羽のどちらを撮るか悩んでいたらさらに頭越しにもう一羽登場!これじゃ「三ミ [続きを読む]
  • チョウトンボが消えた。。
  • 昨日撮影チョウトンボのシーズンが終わらないうちにと思い一週間足らずでまた上池に行ってみた。しかし、チョウトンボが全く見当たらない。。土手を一往復してから、例の乱舞していた辺りを経てハイキングコースを抜け昆虫が多そうな開けたポイントまで只の一匹も居ない。。もうシーズン終了してしまったのか・・・。ガッカリしてトボトボアスファルトを歩いてたら路上に潰れたチョウトンボが・・・いや生きてた!まるでアスフ [続きを読む]
  • 暈けて候
  • 7月20日撮影飯森山登山(?)したのを忘れていた。見出しのようなシーンを広角で寄れたら面白かったかも。「猩々蜻蛉の思い出」「腰空蜻蛉平面図」「橙色に紫の翳」「足下に潜む」気付いた時にゾッとして涼しくなるかも。OMAKEパンクさせようとするセミ。「愉快犯か?」 [続きを読む]
  • あー悔しい。。
  • 今朝撮影昨日の悔しさを払拭するべくまたまた港に行ってみた。到着すると同時にカワセミが飛び去りその後がまにはイソシギがおすまし。ミサゴは遠く高くトビの様に旋回するだけで下りて来ない。岸壁でみなとオアシスというイベントをやっていて人が大勢居て音楽などを流してたのが影響したのかも。最近ウミネコの一年生がやたらに目につくので着水シーンを連写してみたがこれまたピントが来ないのでまたまた悔しさ上塗り。。そ [続きを読む]
  • 読みが当たった!
  • 今朝撮影6時過ぎから港でミサゴ待ち。ポイントを前回まで一番ダイブが多かった辺りに変更してみた。すると予定外にカワセミが目の前を何度も行ったり来たり。トビモノはピンボケで使い物にならなないが若が車二台分ぐらいの所に停まってくれた。同じ方向から続けて4回飛んで来たので少なくとも4羽いるようだ。で、本命のミサゴも何度も登場し先に現れた二羽は遠くで獲物を仕留めすぐに消えてしまった。しかし三番目に現れ [続きを読む]
  • 渋い色のチョウトンボ
  • 7月24日撮影上池のつづき。早々とミサゴが撮れて気を良くし、さらに嬉しいことにチョウトンボもそこかしこにいた。惜しむらくはすでに太陽の位置が高く土手で立ち位置が限られる状態ではどうやっても翅の金属光沢がイマイチ出ない。今回は良く停まってくれたので嬉しさともどかしさ入り混じり。土手の上を右往左往して立ったりしゃがんだりを繰り返していた。土手下の住民が見ていたら「おかしな人」に見えたかも。。特大トリ [続きを読む]
  • 若葉マークのミサゴ?
  • 一昨日撮影上池のつづき。ハスを撮りいつものように軽い行動食を食べていると早速ミサゴ登場。このミサゴ強めの風にあおられバランスを崩してあたふたしてる感じ。それでもどうにか風に負けないで徐々にこちらに近づいて来た!とても悠然って感じじゃないのでひょっとしたら巣立ちした若鳥かも。飛び方は心もとなかったが、データを見直すと風切り羽と尾羽の傷みなども無く非常にキレイに揃って見える。ただ一番接近した時に順 [続きを読む]
  • ハスの花咲き始めました♪
  • 昨日撮影昨日は曇り空ではあったが雑事を片づけた後に三週間ぶりに上池に行ってみた。するとようやく数輪だけハスの花が咲いていた。蕾もまだ小さいのが多いので8月にならないと本格的な蓮華シーズンとはいかないようだ。その空いた水面にはおびただしいほどのアメンボたちがスイスイ。暫く土手を歩いてると薄日が差し始め明るく撮る事が出来た。海風が一度山に当たり吹き降ろしの強い風が吹くので日陰に居ると涼しいぐらいだっ [続きを読む]
  • 日陰へ逃げる
  • 7月上旬撮影昨朝のような通り雨は無いが、雲が多くハッキリしない空模様。家事雑事はさっさと済ませたもののさてどうするか・・・。写真は丁度半月前の土門記念館での一コマ。強い日差しを浴びて撮り歩いてるとつい日陰に逃げたくなる。なに事もそうだがカンカン照りばかりでは身も心もカラカラに・・・。梅雨明け前には日焼けした皮膚が一皮むけているボンクラだがこの夏はこれからさらに焼けそう。。*連日の猛暑ですの [続きを読む]