毎日がちょっとぼうけん さん プロフィール

  •  
毎日がちょっとぼうけんさん: 毎日がちょっとぼうけん
ハンドル名毎日がちょっとぼうけん さん
ブログタイトル毎日がちょっとぼうけん
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/bluehearts_10_11
サイト紹介文日本語教師として中国江西省南昌に滞在した4年間の記録とともに、日本に戻って以降の日中関係を含め、日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供341回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2014/09/26 10:04

毎日がちょっとぼうけん さんのブログ記事

  • 「サンザシ(山査子)でジャムやら作ってみた」No.2744
  • 山東省菏澤で売られているサンザシ(山査子)です。右はその種です。この秋、急にサンザシが好きになった私は、たくさん食べて種を洗い、並べて楽しんでいます。今、種は写真の3倍くらいに増えました。下は日本のサンザシの写真ですが、日本の方が鮮やかな赤色ですね。バラ科の植物だそうで、確かに実の形が似ていますね。むしゃむしゃ食べているうちに、(そうだ、いい事考えた!ジャムにしてみよう!)と思い立ち、28個(あとも [続きを読む]
  • 「『がんばれ』と自分に言う、他人に言う、意味」No.2743
  • 夏休み、大阪に帰ったとき息子が、「最近、SIONの『がんばれがんばれ』ばかり聴いて自分に言い聞かせている」と言うので、ふうんと言いつつ心中ギクッとしました。(そんなに自分で自分を応援し続けないと持ちこたえられない状況なのか)と思ったのです。9月、山東省菏澤の学校に戻って、趙さんとスピーチ原稿を作り始めたとき、趙さんが書いてきたのは「高校の特別優秀クラスにトップ2の成績で入学した後、ご飯の味も分からな [続きを読む]
  • 「玉城デニー知事の訪米に官邸・外務省が邪魔立てか?!」No.2742
  • なるほどねえ!だから、3月に故翁長知事がアメリカに行ったときも、ケンモホロロの待遇を受けたんですね。あの時もアベが横槍を入れてたんだよね、きっと。変過ぎると思ったんですよ。その後5月にアベ政権が支援する佐喜真淳(当時宜野湾市長)が訪米したら、なんと、国防次官補や太平洋海兵隊司令官らと面会できたんだと。ふざけてますよ。県知事と市長の扱い方が逆転ですからね。さすが、アベ!と感心してはいられません。民主主 [続きを読む]
  • 「中国の11月11日はいつからお買い物日になったのか?」No.2741
  • ふう、やれやれ。今日、爆買い日の11月11日ももう少しで終わります。今日の夜中0:00からネットを開けば下のような広告が30分に一度くらい頻繁に、且つ、勝手に出てくるんですよ。これが中国の強力商法なんですね〜。だけど、8年前私が中国に来た年の11月11日と言えば、「独身者の日」(日本的に言えば恋人のいないボッチ君の日)だったのに。いつから買い物日に変化したんでしょうね。学生たちは、今日の日のために事前に何を買 [続きを読む]
  • 「これは中国の高校生に紹介しないほうが……」No.2740
  • 菏澤市内のある高校で日本語を学んでいるクラスがあるそうです。40人以上もいるそうです。菏澤学院日本語学部全員でも28人しかいないのに、すごい!ぜひ来て下さいとお声掛けいただいたのでおもしろそうだし、来週行く事にしました。生徒たちの質問事項を先生が事前に送ってくれた中に「日本の美味しいものを教えてください」とあったので、私は自分の好きな日本のパンの画像をたくさん見せてあげようと思いました。菓子パン、食事 [続きを読む]
  • 「辺野古、アメリカのミリタリー・ベース?知っています!と一年生」No.2738
  • 我が娘のプレゼントの水筒に辺野古で買ったシールを貼り、授業にも持参して教卓の上に置いています。休み時間に元気者の一年生の王征さんが目敏くシールを見つけ、「先生、それはワタナベ?」と「辺」の読み方を聞くので「へ・の・この『へ』です。辺野古は、日本の沖縄の小さい村です。アメリカと日本政府が新しいミリタリー・ベースをそこにmaking造っています。村民も県民も反対です。」と簡単な日本語と英語で説明すると、「あ [続きを読む]
  • 「海保職員の犯罪的暴力:辺野古の海からのレポート」No.2737
  • ↑辺野古高江新聞(フェイスブックの公開グループ)のSさんの記事よりお借りしました。昨日、辺野古高江新聞(フェイスブックの公開グループ)に載っていた記事を紹介しようとして、写真だけは貼り付けたのですが、文に書かれている海保の「虐め」レベルを超えたカヌーに乗って抗議する女性への「殺人未遂」と言える行為に内臓が膨張して喉が塞がり、言葉になりませんでした。「ちくしょう!」と呟くだけでなす術のない悔しさ。 [続きを読む]
  • 「邦人保護費は税金から払うのではないという事実」No.2736
  • ♪雨のそぼ降る岩陰に〜 いつも小さく咲いている♪ ・・・・・・今日は「テルーの歌」が口をついて出る小雨の寒い日でした。安田純平さんのバッシングの声の中に「国民の税金から、勝手に危険地帯に行ったやつに金払う必要ない!」というのがけっこう多いと思うんですけど、日本政府の正式コメントとして、『身代金は支払われていない』、『法人保護の費用は税金ではなくパスポートの発行費用から』とのことです。パスポートを取得して [続きを読む]
  • 「一気に冬が来た〜!山東省菏澤市」No.2735
  • 中国の天候はどこも押し並べて寒暖の差が激しく、日本国がどれほど海の恩恵を受けているかが実感されます。10月いっぱいはまだそれでも最高気温が20℃になる日が多かったのですが、11月になり、突然冬になりましたよ(涙)。4年の授業に行くと、韋彤さんがまだ半袖Tシャツでした。日本でも小学生の男の子などで、たまに冬でも半袖で頑張る子がいますよね。韋彤さんもそうなのかと思ったら、「まだ冬服を出していないのでしかたな [続きを読む]
  • 「たった6人の日本語学部一年生だけど」No.2732
  • 午前9時50分から10時10分までの業間休憩時、一年生は全員体操をしなければなりません。3年ちょっと前ここに赴任した時は大気汚染が酷く、ときどき体操が中止になるほどでした(身体に悪いので)。しかし、菏澤の空気は年を追うごとによくなっています。従って体操も毎日あります。下の写真、端の列の6人が日本語学部の一年生です。(たったの6人しかいない!)学部毎にユニフォームの色が違います。並んでいる学生たちの他に最先頭 [続きを読む]
  • 「中国社会でLGBTはどう考えられているか」No.2731
  • 4年生クラスで杉田水脈議員の「LGBTは生産性が無いので彼らに税金を使う必要ない」発言をきっかけに2回、感想文を書きました。1回目のはブログに載せましたね。2回目の文では、自分の考えの変化を詳しく、正直に、エピソード・具体例などを交えて書くよう言いました。その中に今の中国社会でLGBTの人々が置かれている状況がかいま見られる事例が書かれていたのでいくつかご紹介します。事例1:有名人だけはO.K.中国でLGBTの [続きを読む]
  • 「確実に中国人民が好きになっている自分に気づく日々」No.2730
  • ↑写真はネットから。2010年に中国江西省に出稼ぎに来て、途中1年間日本に戻りましたが、現在また山東省に駐在中です。はじめは自分と中国の人々の間が薄い膜のようなもので隔てられている気がしていたんですが、今、その膜はすっかり取れ、心から打ち解けて暮らしています。逆に、日本ではいつもどこか気を配らなければいけない雰囲気が辺り一帯を覆っているように感じるのですが、なぜここにはそれが無いのでしょう。私が外国人 [続きを読む]
  • 「『中国は日本の手本』アベ首相:てことはもう仮想敵国じゃない?」No.2729
  • 毎日新聞2018年10月27日 東京朝刊【北京・共同】安倍晋三首相は26日、中国・北京で開かれた日中企業関係者のフォーラムであいさつし、漢字や仏教、社会制度、都市づくりが中国から日本に伝わったことに触れ「中国は長く日本のお手本だった」と述べた。関係改善の流れを踏まえ、中国側を持ち上げた格好だ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー中国に出稼ぎに来ている私としては、日中関係の改善と安定はたいへん喜 [続きを読む]
  • 「ペーパーフィルター節約してたら……」No.2728
  • 日本にいるときもしているので格別中国事情でもないのですが、ペーパーフィルターを数回洗っては乾かして使っています。このようになってしまえばもうお終い。と思っていたのですが、今回、中国で新たな試みとしてこれも折り曲げて使ってみたところ、支障なく用を成しました。さて、ある日のこと。何を思ったか干してあるペーパーに虫がくっついていたのでスパティフィラム※の葉の上に移動させました。(※mr.blackさん、名前を [続きを読む]
  • 「ブログを書こうとするとこんな表示が・・・・・・」No.2727
  • この8月末から私のネット環境はすこぶるよくありません。それでも、負けずあの手この手でなんとか毎晩ブログを書き続けています。今日はその手順をご紹介しましょう。①まずこの表示が出たら……。    ②画面右下の360安全衛士・安全防護中心を する。③問題があるかどうか診断してもらう。④だいたいいつもこの2つの問題が発見される。⑤「ただちに修復する」を 。⑥30秒ほどで修復される。ふう、や [続きを読む]
  • 「深まる秋の放課後、浴衣を着てみた学生たち」No.2726
  • ↑わてら陽気な三人娘~♪みたいな日本語学部一年生たち。二年生が浴衣の試着をして写真を撮っているところにたまたま遭遇した彼女たちは、下は体育のジャージー姿なのもお構いなく、無理やりせがんで着せてもらい喜んでいます。外国語系ビルの前で。↓こちらは二年生+李海鵬先生。女性たちの可憐さと男性たちの着崩れた姿がみごとに対照的。「やっぱり、ポーズが重要だよね。」とアドバイスすると……。左はコナン風に。右は [続きを読む]
  • 「安田純平さんへのNHKノーカットインタビュー」No.2725
  • NHK報道局 はこの貴重なインタビューをカットせずにきちんとテレビニュースで放送したのでしょうか。「あたかも日本政府が何か動いて解放されたかのように思う人がおそらくいるんじゃないかと。それだけは避けたかった」という部分とか、真っ先にカットされたのでは?解放直後にあっても、安田さんのジャーナリスト魂は不変でした。カメラを奪われたことへの怒りにも、(カメラだけを携えて命がけの取材をしてきたからなあ)と深 [続きを読む]
  • 「命がけの報道者をなぜバッシングするのか!?」No.2724
  • 高須クリニックの院長が安田純平さんに「まず謝罪せよ!」などと言ったそうですが、いったい、誰に謝罪するというのですか?まさかアベ総理大臣に??普段、国民の義務(納税とか)を果たしている国民がいざ困ったとき、国家は率先して国民を守る義務があるのです。下のしり上がり寿さんの4コマ漫画が全てを物語っているんですけど、安田さんは遊びに行って不注意で事故に遭ったわけではありません。困っている人のところに命がけで [続きを読む]