毎日がちょっとぼうけん さん プロフィール

  •  
毎日がちょっとぼうけんさん: 毎日がちょっとぼうけん
ハンドル名毎日がちょっとぼうけん さん
ブログタイトル毎日がちょっとぼうけん
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bluehearts_10_11
サイト紹介文日本語教師として中国江西省南昌に滞在した4年間の記録とともに、日本に戻って以降の日中関係を含め、日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供323回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2014/09/26 10:04

毎日がちょっとぼうけん さんのブログ記事

  • 「戦争より平和を希求するなら自民・維新はダメよね」No.2087
  • なんと、維新の候補者の8割弱、自民の4割、希望の2割強が、日本の武力行使に賛成しているんですって。「もし、北朝鮮が日本にミサイル発射したらどうする!」この発想は、よく考えたら(て言うか、そう深く考えなくても)全く根拠がありません。北朝鮮は日本に戦争を仕掛けようと考えていないのですから。この「もし〜が攻めてきたら!」発想は、戦争したい企業(三菱とか)をバックに、大企業を金儲けさせたい政党が流布宣伝して [続きを読む]
  • 「アベ自民の批判票は比例・共産党がいいね」No.2086
  • 今回はアベ批判票を入れようと思っている方々へ重大な情報です。もしあなたが選挙区も比例代表も立憲民主党に投じると、むだ票がた〜くさん出てしまうんですと!どういうことか、下のツイートに解説があります。――――――――――キジトラニャンコ@kijitora0510世論調査では比例代表の投票先として立憲民主党が日本共産党の2倍以上になっているそうです。立憲民主党は比例候補をあまり出していないので、これではほとんどが [続きを読む]
  • 「モラトリアムの日々」No.2084
  • 日本の行方を左右する選挙がまもなくあるというのに、ここ山東省の西の片隅では、世間と隔絶した日々が続いています。三年生の学生たちが楽しそうに聞いてくれるので、ついメインテーマからはずれてしまうことの多い授業ですが、昨日の「日本文学史」では律令制の崩壊とその原因とか、中国の学生相手にそこまで言わんでもいいのに、(ああ、はやく平安時代の文学作品に入らなければ!)と心は焦りつつ、当時の良民たちの困窮を歌っ [続きを読む]
  • 「選挙の翌日、加計認可の予定・・・」No.2083
  • 「自民公明で300議席を窺う」・・・こういう報道がどんな効果があるか、誰もがわかります。付和雷同型の人は、(やっぱり自公か、よし自分も・・・)とそちらに流れていきます。自公に投票する気がない人の中には、(めんどくさい。どうせ行って投票したって自公が通るんなら家で、借りてきたビデオでも見とくわ)となる人が出てくるでしょう。この選挙の趨勢を発表するというのは、選挙違反じゃないかと私は思うんですけど。こ [続きを読む]
  • あんたのウソは聞き飽きた)¤ÒÓ¤( No.2082
  • ・米軍のオスプレイやヘリは次々と落ちてくる。・日米地位協定はそのまんま。・福島原発は収束不能。・地震はいつ起こるか分からない。・昭恵夫人もコントロール不能。・アベノミクスは大失敗。どこが、「一分の隙もない」んや、あんたのせいで、日本はぐちゃぐちゃになったやないか、バカヤロー!!!……失礼しました。つい、頭にきまして庶民にとっては、安定した生活が最も大切なことです。毎月どうやってやり繰りするか、私の [続きを読む]
  • 「九条の文言にため息 中国で」No.2081
  • 私は、山東省菏澤学院日本語学科で3年生の「日本社会と文化」の講義も担当しています。日本が歴史上他国の影響を大きく受けた時代として、古代中国の影響、近代西欧国家の影響、そして、1945年の敗戦後のアメリカの影響を挙げて話す中で、日本国憲法の紹介をしました。学生に話す前にもう一度、前文や天皇の条項、戦争放棄、さらに国民の諸権利と義務についての多くの条項を読み直しているうちに、第十三条で、不意に涙が溢れまし [続きを読む]
  • 「何度も何度もお願いしてきた:東村高江区長」No.2080
  • 沖縄県東村高江区長の仲嶺久美子さんは、今回の米軍ヘリ炎上事故についての取材に、「住宅地の上は飛ばないで下さいと何度も何度もお願いしてきた」と、涙ぐむ場面もあったそうです…。(2017年10月11日)中嶺高江区長の涙にウチナンチューのしままーすさんはツイッターに同情の言葉を書き込んでいます。しままーす@su5_7こんな小さな集落の一区長が、抱える問題にしては大きすぎるよね。区民の犠牲がなかった事だけ [続きを読む]
  • 「菏澤学院の秋」No.2079
  • 「春は菜の花 秋には紅葉」菏澤学院のキャンパスも春と秋には美しい彩りに包まれます。上はナンテン、下はモクゲンジです。毎年、同じことに心が躍り、同じような写真を撮ってしまいます。春と秋に咲くバラ園のバラ。春に何人もの人(近所のおじさん・おばさんのアルバイト)が草取りをするのですが、それ以降放置されます。自然感満喫。インターネット接続がままなりません。やはり18日の大会の所為でしょう。さっさと書か [続きを読む]
  • 「また 落ちた」No.2078
  • 沖縄のフェイスブック友達の声を紹介します。沖縄で、保育園の先生をしながら子どもを育て、フラダンスをたしなむ若いお母さんです。そして、親や祖父母からもらった命を、次の世代につないでいこうと、何年か前から辺野古新基地建設反対の行動を始め、フェイスブックで発信し続けている女性です。−−−Mayumi Siromaまた落ちた。米軍のヘリ。戦後からこの島では基地があるがゆえに起こる墜落事後が続く。その墜落事故で亡くな [続きを読む]
  • 「『沖縄で米軍ヘリ墜落か』…『か』って何!」No.2077
  • 今、中国山東省菏澤はネット接続が制限されていて、yahoo.jp(ポータルサイト)のホームページが出てこなかったり、うまくその画面は出ても、ニュースをダウンロードできなかったりで困っています。数日前からVPN接続が途切れがちで、おや?と思っていましたが、今朝からそれがさらに悪化しています。原因は、五年に一度の「中国共産党第十九回全国代表大会(党大会)」が来る10月18日に北京で開催されることではないかと見ていま [続きを読む]
  • 「それでも、愚直に選ぶ :池澤夏樹」No.2076
  •  『現政権の面々はほとんどが富裕層の出身である。有権者の九割九分は富裕層ではないのに、なぜ彼らに票を入れるのだろう。』 (池澤夏樹)―本文より。「富裕層の、富裕層による、富裕層のための政治」が続き、貧富の差が激しく拡大する今の日本。にもかかわらず、有権者の大多数である庶民は、富裕層の政治家を選んできました。「まず金持ちが儲けたら、庶民にも富が滴り落ちてくるよ」と言われて待っているうちに、大企業は優 [続きを読む]
  • 「ニワトリはどっちから先に卵を産むか」No.2075
  • 今日の発見!〈ニワトリは卵の①と②、どちらから先に産むか〉私は卵売りのお姐さんから買った糞付き卵を洗いながら、今日、ふいに分かったのです。②から先に外に出てきて、①部分は最後にジュルンと出る、と。私は一個一個、洗いながら、②に比べて①の方に、ヌルリとした感触があるのを感じていました。なぜかな?と考えた時、突然頭に、先端のやや細くなった②から徐々に産み始め、最後に①をじゅるんと出す母鶏の姿がありあり [続きを読む]
  • 「勢いづく市民連合と野党共闘」No.2074
  • アベ政権も支持率低迷気味ですが、小池と前原の談合で、民主党内リベラルを排除した希望の党が、勢いを一気にダウンさせているとのこと。片や、ピンチをチャンスに切り替えつつあるのが、新しい政党、立憲民主党です。まず、候補者たちが一様に顔を輝かせて、「ああ!すっきりした〜!これで思うことがのびのび言える〜」と言っています。それにしても下の2枚の写真、象徴的ですね。庶民との距離感がまるで違います。①立憲民 [続きを読む]
  • 「枝野代表『辺野古新基地はもう一度ゼロから検討』」No.2072
  • わたしは、共産・社民・自由・立憲民主・新社会・緑の諸党と市民の大同団結で自民・公明+補完政党(維新、希望の党)の濁流に歯止めがかかること、具体的には衆議院議員の3分の1以上を確保することを心から願っているのですが、先日できた有力政党「立憲民主党」(旧民進党)が沖縄をまた見捨てるのか、アメリカに売るのか、それが大きな棘となって心に刺さっていました。しかし、昨日5日、立憲民主党の枝野幸雄代表は、辺野古新基 [続きを読む]
  • 「どうせ600億円使っちゃうんだから、選挙に行きましょ」No.2071
  •  任期満了まで一年以上あるのに、急に解散総選挙をするとアベ首相が決めました。選挙をする理由は、国会で森友・加計学園問題の説明をこれ以上したくないし、(したら、首相も国会議員も辞めなければならなくなるから)ちょうど北朝鮮がミサイルを飛ばして政府の支持率が回復したことで今がチャンス!と思ったからだと多くの人々は考えています。下の世論調査の結果がそれを示しています(私もそう思います)。         [続きを読む]
  • 「中秋節:昼はサンドイッチ作り・午後革命記念館へ」No.2070
  • 中秋節(日本と違い、一家団欒の日と決まっている)、午前11時前に、学校に残って毎日図書館で自習している4年生の4人がお土産を持って、かねてより約束していたサンドイッチ作りにやってきました。メインのお土産はこれです。柚子、日本では「文旦」ですね。中秋節には月餅と柚子を食べるのが中国の習慣なのだそうです。いつも、寮と図書館の往復でくたびれている彼女たちにとって、作って食べることは楽しかったようです。サン [続きを読む]
  • 「グラスボートで珊瑚を見に行きませんか」No.2069
  • 沖縄在住のフェイスブック友達が、初めてグラスボートで大浦湾(名護市辺野古)のサンゴを見たとパンフレットを掲載していましたのでご紹介しますね。そのグラスボートは、辺野古基金で買ったそうです。すばらしい使い道ですね。予約すれば誰でも乗せてくれるそうです(料金は下にあります)。私は孫に見せてあげたくてたまりません。きっと、ニモがたくさん泳いでいるはずです。←ニモじゃないけど         名護市*大 [続きを読む]
  • 「二人の小池さん」No.2068
  • 私は「こちらの小池」さんが好きです。あちらの小池さんは自分の党(希望の党)の公認候補に3万円払わせて、ツーショットの選挙用写真を撮らせているそうです。小池氏とツーショット3万円…公認予定者に請求https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00050017-yom-polもし、民進党から議員が流れ込まなかったら、とても困っていたのでしょうね。鴨がネギ背負って、女王様に食べられるために列を成している姿。就活でもこ [続きを読む]
  • 「マエハラ『僕にもわかりません』の茶番発言の裏側」No.2067
  •                         (写真は「のん気に介護」さんのブログから拝借しました)マエハラさん、今さら小池さんに「騙された」とでも言うつもりですかね。でも、全然冷静ですよね。この人は、まんまと手に入れた民進党代表の地位を利用して党を解党し、安保反対・アメリカに追従しないリベラル勢力を党から一掃して、「希望の党」との合流によって政権取ろうとしたのでしょう。(希望の党に財布だけ [続きを読む]
  • 「連日のサプライズに驚き疲れて国慶節」No.2066
  • 一昨日、三年生&一年生に祝ってもらった誕生日ですが、「先生、サプライズでお祝いします!」と数日前に宣言されていたので(笑)、私は驚きませんでした。しかし、昨日の四年生の授業には、本当に驚きました。3階の教室前に行くと、普段は開きっぱなしのドアが、昨日はほぼ閉まっていて、隙間から見える中は真っ暗です。(あれ、みんな国慶節の代替授業を忘れて、もう旅行に行ったのかい?)と不審に思いつつドアに手をかける [続きを読む]