虎キチ社長の優雅じゃない1日 さん プロフィール

  •  
虎キチ社長の優雅じゃない1日さん: 虎キチ社長の優雅じゃない1日
ハンドル名虎キチ社長の優雅じゃない1日 さん
ブログタイトル虎キチ社長の優雅じゃない1日
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ashi772453
サイト紹介文西調布在住 小さな不動産屋の社長の独りごと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2014/09/26 10:46

虎キチ社長の優雅じゃない1日 さんのブログ記事

  • CSファーストS第2戦
  • 本拠地甲子園での『CSファーストS第2戦』はあり得ない状況での試合となりました※心配そうな金本監督約1時間遅れでのプレーボール公式戦なら間違いなく雨天中止になりますがCSの日程上で「強行開催」そんな悪条件の中、両チームの選手は一生懸命プレー観ていて涙が出そうになりました※打席で足を滑らせて転倒する筒香選手※試合中は何度もマウンド整備をしていました※泥だらけの大和選手正直言って野球ではなかったですが [続きを読む]
  • CSファーストS第1戦
  • 遂に昨日から「CSファーストS」が始まりました大事な第1戦の先発は、我が虎が予想通りメッセンジャー投手対する横浜は井納投手。苦手左腕の今永投手だと思っていたのビックリ セリーグは予告先発がないので、試合前から心理戦が始まっていたのです比較的に相性が良い井納投手で「やれるぞ!!」と思った虎党は多かったはずですしかし、試合が始まると序盤から両先発投手が踏ん張って「1点を争う投手戦」となりました打線は6 [続きを読む]
  • 開幕前日
  • 本拠地で開催されるCSファーストステージ『開幕前日』となりました今からワクワクが止まりませんが、心配なのは明日からの天気天気予報は3日間とも「雨、雨、雨・・・」降水確率も50%を超えて、コンディション最悪の中での試合は確実と言えます万が一、全戦中止なら「我が虎の不戦勝」とのことですがそんな事態になったら、横浜は何のためにCS出場を目指して今まで頑張ってきたのか・・・。何とか開催できるように祈るしか [続きを読む]
  • 今季最後の試合
  • 昨夜は聖地甲子園で143試合目『今季最後の試合』が行われました。対戦相手は今季大幅に勝ち越している(15勝9敗)中日。先発は中日が左腕ジョ−ダン投手。我が虎の先発は8月10日の讀賣戦以来61日ぶりの1軍登板となるメッセンジャー投手CSファーストステージ登板に向けて重要なマウンドとなるのです結果は「4回57球1安打8奪三振無失点」と合格目標が無いチームの打線相手としても「7者連続三振」を奪うなどブラン [続きを読む]
  • 今季を象徴するような勝ち方
  • 今シーズンも残り2試合となりました昨夜から聖地甲子園に中日を迎えた2連戦今年は2年ぶりにCS出場も決めて、この2試合も予行練習になるので重要なのです我が虎の先発は秋山投手対する中日は小笠原投手でした。9月に入ってシーズンの疲れが出たのか??不調気味だった秋山投手が復調「6回76球3安打1失点」と試合を作り今季最終登板に上々の手応え締めCS初登板に向けて、期待できる内容でした打線は6回、3番糸井選手 [続きを読む]
  • 順位が確定
  • 東京Dでの対讀賣今季最終戦我が虎の先発はベテラン左腕の岩田投手対する讀賣は苦手左腕の田口投手でした。すると3回「2死一、三塁」のチャンスで、3番糸井選手がレフトへ先制タイムリー続く「2死満塁」のチャンスで、5番大山選手がセンターへタイムリーを放ち、2点を追加毎回苦戦する田口投手から序盤3回で3得点両チームの勢いの差を感じました1点差に迫られた5回、第1Rでの立ち上がり4球で危険球退場した畠投手から [続きを読む]
  • 宿敵讀賣を追い込む勝利
  • 場所を東京Dに移して、宿敵との今季最終2連戦が始まりました我が虎は今季2年ぶりのCS出場が決まりましたが本拠地開催(2位の場合)か、敵地開催(3位の場合)か決まっておらず、対する讀賣は3位CS出場の望みが残っているので、お互い負けられない試合となりました我が虎の先発は左腕岩貞投手対する讀賣はドラ2ルーキーの畠投手でした。すると初回の攻撃で衝撃が・・・1番俊介選手がセンターへ2塁打を放ち、2番上本選手が [続きを読む]
  • 横浜の意地
  • 敵地での対横浜3連戦第3R。今季の最終戦となりました。我が虎が「引き分けか勝利」すれば2位確定の試合我が虎の先発は移籍後、まだ未勝利のメンドーサ投手対する横浜は左腕の石田投手でした。試合は序盤3回まで、両投手の好投が続き無得点試合が動いたのは4回裏「1死一、二塁」とピンチを招き6番戸柱選手に3ランを浴び、メンドーサ投手は序盤の好投むなしく降板※虎移籍後、勝てないメンドーサ投手6回には2番手岩崎投手 [続きを読む]
  • 2年ぶりのCS確定
  • 浜スタでの対横浜3連戦第2R。我が虎の先発はベテラン左腕の能見投手対する横浜は井納投手でした。浜スタに来てからの打線は復調気味と言うか。。。昨夜の試合は3回「2死満塁」のチャンスから4番福留選手が左前に適時打を放ってから一気に目覚めて一挙5点を先制5回は8番岡崎選手の2号2ランなど「先発全員安打」を記録今季最多タイとなる「16安打の猛攻」で横浜を圧倒投げては先発の能見投手が初回から「スイスイ」と投 [続きを読む]
  • 勝ちに等しい引き分け
  • 昨夜から場所を浜スタに移して対横浜3連戦が始まりました現在3位の横浜とは24日から聖地甲子園での2連戦。一日挟んで昨夜27日から浜スタでの3連戦と大事なシーズン終盤で、連続5試合組まれていますしかし、聖地甲子園での2連戦は、まさかの「連続完封負け」CS出場権争いは、数字的に優位にたっているので心配はしていませんが、ここにきて打線の絶不調が気になります。相性の良い浜スタでの打線復調に期待しました我が [続きを読む]
  • 3試合連続完封負け
  • 聖地甲子園に横浜を迎えての2連戦第2R。第1Rは天敵左腕の今永投手に抑え込まれて敗戦最近はなぜか???本拠地で力を発揮せずに苦しんでいる我が虎※数字を見ても大丈夫なんですが・・・。CS争いは圧倒的に優位ですし焦る必要はないんですが・・・。でも本拠地で勝てないと困りますそんな心配を払しょくするような勝利に期待しました我が虎の先発はベテラン岩田投手対する横浜はウィーランド投手。肝心の打線ですが、今度は [続きを読む]
  • ストレス充満
  • 昨夜から場所を聖地甲子園に移して対横浜2連戦が始まりました我が虎の先発は岩貞投手。対する横浜は今永投手でした。今永投手の左腕から繰り出す「切れの良い直球」に我が虎の各打者が差し込まれて毎回大苦戦しかも甲子園のマウンドとの相性が良く「スイスイ」と投げ込まれる様子を今季は2度ほど見せられています苦戦するのは試合前から解っていましたので岩貞投手の立ち上がりに注目していましたしかし嫌な予感が的中相変わらず [続きを読む]
  • 暗黒時代
  • 昨夜は敵地神宮での対ヤクルト今季最終戦我が虎の先発はドラ2ルーキー小野投手対するヤクルトは由規投手でした。試合序盤3回までは両チーム無得点でしたが中盤から終盤にかけてチーム力の差が出た試合となりました。4回に捕逸と7番大和選手の中前適時打で2点先制5回は1軍再昇格即スタメンの5番ロジャース選手が5号2ランを放ち加点7回は6安打を集中して、4点を加えて試合を決めました投げては小野投手が「5回101球 [続きを読む]
  • 今季33度目の逆転勝利
  • 昨夜は敵地マツダスタジアムでの対広島今季最終戦が行なわれました。我が虎の先発はベテラン左腕の能見投手対する広島は大瀬良投手でした。能見投手は地元甲子園のマウンドより、マツダの方が「投げやすい」と以前コメントしている記事を何かで見た気がしますほぼ確実にしているCS出場を見据えて、能見投手の投球に期待しましたしかし、初回は最悪な展開2発の本塁打を浴び「いきなりの5失点」「相性が良い」等のコメントが、全 [続きを読む]
  • 不安でいっぱい
  • 昨夜は聖地甲子園で讀賣を迎えて試合がありました残り試合は讀賣が9試合で、我が虎が11試合。シーズンは広島が37年ぶりの連覇を決めて順位は「1位広島・最下位ヤクルト」と決まりつつあります。しかし、2位から5位まで決まっていなく、我が虎も現在は2位ですが、最終段階で何位になっているか分りません。ですから、これからの戦いが「とても重要」になってくるのです我が虎の先発は今季「大ブレイク」した秋山投手対する [続きを読む]
  • 本拠地での胴上げ
  • 昨日は聖地甲子園に広島を迎えての試合がありました。優勝へのマジック1で敵地に乗り込んできた広島ですが球場半分が赤く染まるくらいのカープ党の数前節は地元マツダでヤクルトを迎えての2連戦があり、地元胴上げのチャンスがありましたが、まさかの敗戦と台風による天候不良で中止マジック対象チームの我が虎は甲子園での中日2連戦が組まれていましたが2試合とも台風による天候不良で中止何でしょうか・・・。敵チームの胴上 [続きを読む]
  • 負け越し
  • 本拠地甲子園での対讀賣3連戦第3R。我が虎の先発は秋山投手対する讀賣は菅野投手でした。試合は初回に5番大山選手の左前適時打で2点を先制試合の主導権を握りました秋山投手も持ち味の「コントロールとテンポ」で好調讀賣打線を翻弄少し降板が早い気がしましたが「6回74球4安打無得点」と試合を作りました7回は高橋投手がキッチリと3者凡退8回桑原投手⇒9回ドリス投手と繋いでキッチリ勝利といきたかったんですが、桑 [続きを読む]
  • 宿敵の讀賣
  • 聖地甲子園に讀賣を迎えての3連戦第2R。第1Rは序盤のリードを守れず、終盤で同点にされるも引き分けで終了。「勝ちでもなく負けでもない」微妙な試合でも、負けなかったのが大きかった第2Rの先発はベテラン左腕の岩田投手でした。ちなみに讀賣の先発は吉川投手でした。後半戦になって好調な讀賣打線を相手に岩田投手の「投球術」に期待しましたが、2回に2番マギー選手の16号3ランなど打者一巡の猛攻を浴び6失点試合を [続きを読む]
  • 虎の宝であり球界の宝
  • 昨夜から本拠地甲子園に讀賣を迎えて3連戦が始まりました我が虎の先発は、宿敵相手に復調を期待したい藤浪投手対する讀賣はマイコラス投手以上に苦手な左腕田口投手※シャレにならない位に苦手なんです試合序盤は「予想外の展開」でした立ち上がりに難がある藤浪投手でしたが、全盛期のような球威で讀賣打線を圧倒1番陽選手⇒高め154?直球で空振り三振2番マギー選手⇒空振り三振3番坂本選手⇒7球粘られるもボテボテ遊ゴロ [続きを読む]
  • まさかの3連勝
  • 聖地甲子園での対横浜3連戦第3R。我が虎は移籍2度目の先発メンドーサ投手対する横浜は今季3戦全敗と苦しめられているドラ1ルーキーで左腕の浜口投手でした。試合は初回から打線が活発に機能しました「1死二塁」から、休養明けの3番福留選手がセンターへタイムリーヒットを放ち先制2回は「1死一、三塁」のチャンスから、9番メンドーサ投手がびっくり レフト犠飛来日4年目での初打点とのことですが、体型からして打った [続きを読む]
  • 執念の継投策
  • 本拠地甲子園での対横浜3連戦第2R第1Rは記念すべき鳥谷選手「2000安打達成」の試合でしたが、投打で横浜を圧倒し勝利そして、連敗を4で止めて、良いことずくめの試合試合前は記念Tシャツを着て記念撮影をしたりチームの雰囲気は「鳥谷効果」で良好です第2Rも勝利してカード勝ち越しを決めたいところ我が虎の先発は前回の登板で、念願のプロ初勝利を手にした小野投手対する横浜は石田投手でした。立ち上がりに不安があ [続きを読む]
  • 持っている男
  • 昨夜から聖地甲子園に戻って対横浜3連戦が始まりました前々節の中日戦3連戦第3Rから始まり、前節の対広島戦3連戦は3連敗「まさかの4連敗」で「奇跡の逆転優勝」どころか3位横浜の足音が気になり始める事態なんとか本拠地で連敗を止めたい試合でした我が虎の先発は能見投手対する横浜は井納投手。今季の能見投手は、相手チームが大連敗中だと連敗を止めてあげる働き(打ち込まれてしまう)をしたり、自軍が連敗中だと好投して [続きを読む]
  • マツダ決戦第3R
  • 敵地マツダスタジアムでの対広島3連戦第3R。我が虎にとって負けられない『マツダ決戦第3R』は連敗を止めるべく、「最後の砦」秋山投手が先発初回に25分間の降雨中断などがあり、最悪なコンディションの中奮闘するも対広島今季初先発に加えて、慣れないマツダのマウンドピンチの連続で体力を消耗し、試合を作れず「5回101球8安打6失点」で降板となりました試合は初回に4番大山選手と5番中谷選手の連続適時打で3点を [続きを読む]
  • マツダ決戦第2R
  • 敵地マツダスタジアムでの対広島3連戦。この3連戦の結果で、今季の「ペナントレース」の行方が決まってしまうのです大事な首位攻防『マツダ決戦第2R』の先発は岩田投手対する広島は中村投手でした。第1Rを落している我がチームは、絶対に負けられない試合試合を優位に進めるためには先取点を取らないといけないところ序盤の2回に5番中谷選手がレフトスタンドへソロ弾3回以降は広島先発の中村投手が打ち崩せず苦戦するも我 [続きを読む]
  • マツダ決戦第1R
  • 昨夜から敵地マツダスタジアムで対広島3連戦が始まりました今季のセリーグの運命を決める3連戦我がチームにとって負けられない『マツダ決戦第1R』の先発は藤浪投手。対する広島はエースの野村投手でした。初回に広島が2点を先制すると、我がチームも2回に追いつき3回には1点を入れて「3対2」と逆に1点をリードその裏に広島が3点を入れて「3対5」と突き放しにかかるも5回と6回に1点ずつを返し、6回が終わって「5 [続きを読む]