H.A. さん プロフィール

  •  
H.A.さん: 北信に舞う蝶たち
ハンドル名H.A. さん
ブログタイトル北信に舞う蝶たち
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hitsaoki
サイト紹介文長野県北部を中心に撮影した蝶、野鳥、星の写真
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/09/26 17:33

H.A. さんのブログ記事

  • エナガ 
  • これから寒くなるに従い、丸くなってかわいい野鳥です。自宅周辺には結構多くて、シジュウカラの群れと一緒に近づいてくることがあります。◇エナガまだ葉が青々としています。だいぶ葉が落ちてくるとよく見るようになります。寒くなると、もう少し丸くなると思います。 [続きを読む]
  • そろそろ野鳥を
  • 今年は、涼しくなる(寒くなる)タイミングが早いような気がします。週末連続台風のせいか、季節が進みました。このブログを書いている日も、周りの木の葉がだいぶ落ちてきました。紅葉は入院中に足早に進んでいったみたいです。葉が落ちると野鳥もよく見えますが、それでも河川敷なんかに行くと、また今年も野鳥の季節を感じます。◇ジョウビタキ◇オオバンこの場所の定番ですね。年々増えている気がします。◇ホシハジロホシ [続きを読む]
  • アカタテハ
  • キタテハと並んで、アカタテハもこの時期よく見るようになりました。昨年あたりより数が多い気がします。キタテハより大ぶりですので、飛んでいると結構すぐ分かる羽音がすることもあります。◇アカタテハこの2枚はアサギマダラの渡りを撮りに行ったときのものです。翅の裏は複雑で、なかなかおもしろいです。アカタテハは夏型、夏型、秋型とかほとんどないのと、♂♀区別も一見見ただけではわかりません。この時期は、痛みが [続きを読む]
  • キタテハ
  • 9月から10月にかけてのキタテハです。キタテハは年3から4回発生しますので、数も多いです。特に秋は多いですね。◇キタテハ(9/18)秋型♀♂(10/8)秋型♀♂(10/27)秋型下にいるのはイカリモンガ♀ [続きを読む]
  • キタキチョウ
  • 秋になると目立つチョウの中には、キタキチョウもいます。基本的にはシーズン中いつでも見られるのですが、この時期が特によく見る気がします。◇キタキチョウこの日はまだ夏型が多かったです。(9月中旬)秋型が舞い始めました。夏型と秋型の交尾のようですが。 [続きを読む]
  • 秋の昆虫(トンボなど)
  • 病気療養のため、しばらく休んでいましたので、久々の更新となります。FaceBookでは、御見舞のメッセージいただきありがとうございました。入院で体力などがかなり落ちたので、ゆっくり体を慣らしながら写真を撮ろうと思います。今回は入院前の写真です。この時期、水がある場所へ行くとかなりの数のトンボに会いました。しかし名前がいまいち解らずです。◇トンボ類こちらは、「アキアカネ」っぽい。飛翔はかなり難易度が高 [続きを読む]
  • アサギマダラ
  • アサギマダラの渡りが始まると、高原にいた個体はすべて里の方に移り、南へ飛んでいきます。その途中にある、フジバカマの畑にはアサギマダラが集まります。最近は新聞やテレビでも紹介されています、長野市のポイントへ行ってきました。3年目になります。今年は行くタイミングが難しく、最初の日は少なかったです。フジバカマの開花もまだ早かったようです。◇アサギマダラ9月16日(10頭ほど)数も少なかったですが、フジバカマも [続きを読む]
  • ウラギンシジミ
  • ウラギンシジミ。ピークは2回ほどあるようで、8月の末から9月と、10月に入ってからが数が多いです。◇ウラギンシジミウラギンシジミは、シジミチョウの中でも一番大きくて、小さなヤマトシジミやツバメシジミの倍近くの大きさがあります。盛夏を過ぎると、急にクズの藪に増えます。見ていると、木にクズが巻き付居た場所が好きのようで、その木冠をテリトリー争いして舞ってます。大きいのと、裏が銀色一色なので、キラキラして [続きを読む]
  • 蕎麦の花に舞うチョウたち
  • 毎年、9月の初旬は地元では蕎麦の花祭りが行われる。この蕎麦の花にもかなり沢山のチョウが訪れる。◇アサギマダラここで舞うのは初めて見たかもです。フジバカマも植えればかなりの数が来そうですが。◇ベニシジミ乱舞してました。◇キアゲハ尾状突起が切れてますが、わりときれいな個体です。◇モンシロチョウここでは少数派です。同じシロチョウの仲間では、◇スジボソヤマキチョウなかなかいい感じで撮れました。◇ [続きを読む]
  • 夏のルリタテハ
  • 夏のタテハチョウというと、遭遇することが激減したキベリタテハやクジャクチョウの話題が多くなりますが、この時期や越冬時期のほうが目撃することが多いのはルリタテハです。あまり高標高のところでは会えませんね。◇ルリタテハ秋になると結構なボロボロです。その割にはボロボロですね。越冬したのがここまで生き残っていたのかな?と思うと、かなりきれいな個体もいます。この個体はスバル紋という、翅中央部に青い紋が見 [続きを読む]
  • 秋の普通種セセリチョウ
  • 盛夏の頃からセセリチョウは多いですが、秋には何回目かの化が発生し、ひときわ多くなりました。◇イチモンジセセリ稲の害虫でもある本種ですが、きれいな個体は嬉しいです。蕎麦の花にも多いです。飛ぶのが速いのでなかなかうまく撮れません。花に来ているのが一番いいですね。◇オオチャバネセセリ夏から秋にかけよく見ることができます。この個体は吸出ししています。こちらがアップ [続きを読む]
  • 8月末 志賀高原横手山
  • 8月末今年の夏はほんとに天気に恵まれなかった。久しぶりにいい天気になりそうなので、夕方横手山方面に出かけた。まだ日が沈む直前だったが夕焼けが素晴らしかった。もう10分早く着けばよかったと後悔した。左上には三日月が映っている。こちらは、浅間山方面雲に反射する夕焼けがすごかった。時間を追うに従い色もだんだん紫が濃くなる。横手山も夕日に染まる。日が沈んだ頃には空には雲が多く、なかなか取れなか [続きを読む]
  • 夏の一日 撮影記
  • 8月中旬、山ノ内町内をぶらぶらして撮影したものの中から未掲載のものをUPしました。◇アサギマダラ高原に行ったとき。アサギマダラが沢山見ることができました。◇エルタテハ・コムラサキ◇キアゲハ産卵中でした。◇コヒョウモン◇コムラサキなかなか翅の色が出ません。里に降りてきました。◇ベニシジミ◇ヒメジャノメ◇サカハチチョウ蝶以外では、◇キンモンガ沢山見ます。当たり年かな。高原も里もトンボが多 [続きを読む]
  • ギンボシヒョウモン
  • 中型のヒョウモンの中では、極端に少なくなく、かといっていつでも見られるような種類ではないと感じています。今年はそういうなかでは、当たり年だったのかもしれません。少なくとも私の行動範囲の中では、夏だけを見るとウラギンヒョウモンより目撃回数が多かったです。◇ギンボシヒョウモン羽化直後だったのか、動きが怠慢でした。同個体。しかし、翅の一部は切れています。それ以外は綺麗です。となりは、ミドリヒョウモ [続きを読む]
  • カラスアゲハとオオチャバネセセリ
  • 黒系アゲハは夏になるとたくさん見る機会が多いのですが、なかなか吸蜜源で会わないため、止まった写真が撮れない。だいたい、アザミやコオニユリあたりが多いのですが、そのタイミングでうまく出会えません。来ることがわかれば蝶道のあるアゲハですので、待機するのですが。と、思っていると意外なところで吸蜜してました。◇カラスアゲハなんの花かよくわかりません。良い角度にならず、もうちょっときれいに見える向きで撮りた [続きを読む]
  • 夏のシータテハとクジャクチョウ
  • 高原のタテハでよく見る、種類のシータテハとクジャクチョウですが、今年はちょっと違いました。◇シータテハ今年は、いつもよく行く標高1,500mほどの高原では全く見ることができませんでした。本種を撮影したのも標高700mほどの里でした。普段は、越冬するあたりです。◇クジャクチョウこのクジャクチョウも同じところで目撃。本種も今年は高原では見ることができませんでした。今年は、特に天候不順で8月に入ってからは気温 [続きを読む]
  • 8月 メスグロヒョウモン
  • 夏はヒョウモンの仲間が増えて、種類も一気に増えます。飛んでる姿だけでは全くわかりませんが、こういうシーンがあればすぐわかります。◇メスグロヒョウモンこの2色が30分以上も絡んでました。最終的に交尾に至ったかどうかまでは確認してません。時間が長く付き合いきれませんでした。(笑)名前のとおり、♀のほうが黒いです。雌がちょっと止まるとすぐ、雄がちょっかいかけ、2匹で絡みながらしばらく舞ってます。そして雌が [続きを読む]
  • チゴハヤブサ
  • 久々に野鳥をUPします。最近、地元紙でも報道されましたが、そことはぜんぜん違う場所となります。ただ、遠いことと、天気が悪かったせいで、あまり綺麗に撮影できなかった。◇チゴハヤブサ つがいでいます。巣は近くにあります。このアンテナにずーっといて、しばらくすると飛び立ち餌を獲ってきます。今は、セミが獲物のようです。同じアンテナにはチョウゲンボウの姿も見られます。◇チョウゲンボウこの2種はよくバトルし [続きを読む]
  • ジャコウアゲハ
  • 長野市内のジャコウアゲハのポイントに行ってみた。確か以前は地元の中学生あたりが面倒をみていたせいか、食草があるここも、これほど雑草がなかった気がした。6年も前のことでした。◇ジャコウアゲハ♂が舞っていたが、なかなか止まらない。しかもボロボロだ。オスのほうは、撮影時期はちょっと遅かったようだ。一方♀はかなりきれいなものが多かった。いちど舞い出すとなかなか止まらないので、やはり飛翔がメインとなります [続きを読む]
  • 夏のチョウ 未掲載分
  • 8月中旬 旧盆頃に撮った写真を集めてみました。◇カラスアゲハ食草のキハダが豊富なせいか、高原に行ったほうが多いです。この時期は夏型がそこそこ新しいようで、新鮮な個体が多いようです。◇サトキマダラヒカゲササトキとヤマキでは、サトキのほうが山のほうのようですが、ここは標高が高いですが、サトキもいるようです。◇コムラサキ◇オオウラギンスジヒョウモン今年は、よく見ます。ヒョウモン類はこの高原では、川 [続きを読む]
  • 志賀高原にて -アサギマダラ-
  • 今年のお盆は天気が不順で、タテハなどはあまり成果がなかったが、このチョウは期待を裏切りませんです。◇アサギマダラ出始めは綺麗です。景色がいい場所での撮影だと、広角レンズで思いっきり近づいて撮ります。吸蜜に夢中な個体はかなり近づいても逃げません。飛翔を撮るためにわざわざ手を触れてみたりします。場所を移して、スキー場の方へ。偶然、イカリモンガの飛翔まで撮れてしまった。アサギマダラしか見ない日もあ [続きを読む]