H.A. さん プロフィール

  •  
H.A.さん: 北信濃に舞う蝶と野鳥たち。そして星
ハンドル名H.A. さん
ブログタイトル北信濃に舞う蝶と野鳥たち。そして星
ブログURLhttps://shinsyub.blogspot.com/
サイト紹介文「信越自然郷」長野県北部を中心に撮影した蝶を紹介します。 (その他、冬は野鳥、星あり)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/09/26 17:33

H.A. さんのブログ記事

  • 丘陵のチョウ
  • 高原ほどでもなく、かつての山城跡のような地形が北信州には何箇所かあります。そこでも、かなり多種多様なチョウを見ることができます。◇ゴマダラチョウ時期的にも春型だと思います。食草に固執していたようですので、メスだと思います。◇ヒオドシチョウ羽化直後のようです。◇カラスシジミ◇テングチョウ次は、オオムラサキを見たいものです。 [続きを読む]
  • 北信濃のアサマシジミ
  • アサマシジミの地域差はよく語られていますね。当地北信濃では、あまり話題になりませんが、青い部分が少ない部類のようです。毎年発生はしていますが、数は少ないようです。長野県内は一応捕獲禁止となっていますね。◇アサマシジミポイントに付くなり、足元にまとわりつくチョウが一頭。アサマシジミです。類似種のヒメシジミも周りにたくさんいましたが、こういうところには一切来ません。それもあり、アサマシジミの同定が簡単 [続きを読む]
  • ゼフィルス出始めでしょうか。
  • 本当はアサマシジミを探していたのだが、この日はあまり天気が良くなく、見ることができなかった。(翌日は見れました。後日UP)しかし、一足先にゼフィルスが。◇ミズイロオナガシジミ周りを探しましたが、この1頭だけ。しばらく待っていると、ここまでですが、なんとか翅を広げてくれた。新鮮な個体です。◇ダイミョウセセリ天気のせいで活発ではありませんが、じっと止まっていました。野鳥はかなり鳴いてます。高い木の上 [続きを読む]
  • 春から夏へ その他のチョウ
  • アオバセセリから始まり、オオルリシジミや、ヒメシジミなど春から夏へのチョウをUPしてきましたが、まだ他にも撮りましたので、ここにUPします。◇コミスジ超普通種ですが、思いの外飛翔がうまく撮れました。◇オナガアゲハ珍しくはないのですが、花のないこの辺りで、しっかり止まっているのに遭遇するのは珍しかったですね。◇アカタテハ◇アサギマダラ5月から6月に見るのはそれほど珍しくありません。この個体はメスの [続きを読む]
  • オオルリシジミ
  • 北信のオオルリシジミもなかなか維持が難しいようです。一応、「北信濃の里山を保全活用する会」に入会させていただきました。◇オオルリシジミ最初に現れたのはメスでした。オオルリシジミも例外ではなく、今年は少し早めに発生しているようです。そのため、こんなボロもいます。メスが盛んに産卵する姿をたくさん見ました。比較的キレイなメスもいます。このメスは新鮮です。やはりオスは痛みが多いようです。メスに近 [続きを読む]
  • ヒメシジミ
  • ヒメシジミの発生地はかなりの多数で発生する。そのため写真も普通のシーンでは飽きてきてしまいます。なるべく面白い画を狙いましたが、こんな感じでしょうか。◇ヒメシジミ雄がかなり集まっている場所を発見。下にいる羽化直後のメスに交尾を迫っているようです。まだ翅が伸び切っていないのがメスでしょうか。このあと、交尾したペアがいましたが、なんと写真が全部ピンぼけでした。こちらは交尾写真(別個体)キレイなメス [続きを読む]
  • ギンイチモンジセセリ
  • 昨年見つけた、町内のギンイチモンジセセリのポイントに出かけてみた。今年は早いと踏んで1週間ほど早めで行ってみました。気温が高いと止まらなくなるので、朝早く出かけた。少しすると、黒っぽいのが舞っていた。◇ギンイチモンジセセリ狙ったとおり、キレイな個体がいた。まだ涼しかったのかすぐ止まってくれた。春型はくっきりの銀一文字がはっきりしている。北信州では、1化のみの発生のようで、夏型は見ない。9時ころにな [続きを読む]
  • そして・・初夏の野鳥
  • 樹の葉が生い茂り、野鳥も姿が見えませんが、たまに姿を表わすときがあります。この時期は夏鳥ですね。◇モズモズの若でしょうか?カエルを咥えてました。◇コサメビタキかなり近かったのですが、葉っぱの裏で暗かったのでうまく撮れませんでした。ここからは猛禽類これを撮った場所は、朝が早いと猛禽が見られるようです。◇サシバちょっと遠すぎでした。高度が高いというより、遠かったせいですね。◇ノスリ1年通してこの [続きを読む]
  • 初夏のチョウ(アオバセセリ)
  • 最初に本種を見たとき、セセリチョウという括りにしては、「でかいな」と思いました。と、同時に「セセリチョウ」というとどうしても茶色いイメージもありますが、それとは全く異なります。◇アオバセセリ午前8時を過ぎたころ、このウツギの周りを何頭も、すごい速さで飛び回り始めました。落ち着きがなく、1頭が花に止まっても、すぐに別の一頭がちょっかいを出し、ゼフィルスの活動時のようです。まず、日が当たり始める離れた花 [続きを読む]
  • サカハチチョウ(春型)
  • 天然記念物級のチョウが次々と発生する中、比較的地味な普通種ですので、あまり目立ってSNSとかブログとかには出てきませんね。タイトルに「春型」とわざわざ付けたのは、夏型に比べると派手な色使いで、春らしい華やかさがあります。◇サカハチチョウこの場所は、「佃煮にするくらい」出てきます。大きさはタテハチョウの中では小さな部類。個体差で速く飛んだりゆっくり飛んだりしています。 [続きを読む]
  • チョウの飛翔写真
  • 静止しているチョウを撮っていると、どうしても飛んでる姿を撮りたくなります。カメラの性能も上がり、デジカメということでネットでも飛翔写真を沢山見るようになってきました。となると、どうしても自分で撮りたくなり、数年前から挑戦してました。◇スジグロシロチョウ比較的高めの場所を飛んでいるチョウはいいのですが、自分より低いところを飛ぶチョウはどうしてもバックが、草だけだったり、地面が写り込んだりで、面白くあ [続きを読む]
  • 高原と河川敷の野鳥
  • クモマツマキチョウの発生する場所に行くと、冬鳥として、冬は低いところで見る野鳥が標高の高いところで見れたり、夏鳥も見れたりとしてなかなかおもしろいですね。◇オオルリオオルリは、夏になると見られる鳥ですね。このときはいきなり目の間に出てきてくれました。◇ルリビタキルリビタキは冬の間低山地で見られます。この個体、最初雌だと思いましたが、雄の幼鳥のようです。◇オオヨシキリ冬の間も見れますが、雪がなく [続きを読む]
  • 北信のヒメシロチョウ
  • ヒメシロチョウは、以前にもここに書いたように、自宅近辺では全く目撃しなくなっている。いつかは、歩いて回るくらいの探索しなければ、狭い範囲に発生する本種の本当の情報がわからないので、機会をうかがい実行したいと思う今日このごろです。とりあえず、時期的に早いと思いながら、撮影実績のある場所を回りました。最初の場所では未発生のようでしたが、近くのもう一箇所では見ることができました。しかし、1頭だけですので [続きを読む]
  • ギフチョウとキアゲハ
  • 雌が発生していた。しかし、数が少なかった。◇ギフチョウ林の中であまり活発ではなかった。羽化後あまり時間は経っていないようです。◇キアゲハこちらは今期初見です。春型は、全体に黒い部分が少なく、青い部分がはっきりしていて綺麗でした。 [続きを読む]
  • 4月の野鳥たち
  • チョウのスポットで撮れた野鳥たちです。◇コサメビタキ鳴き声がか細く、どこにいるかよくわかりませんでした。上の2枚はエゾビタキっぽいですがよくわかりません。◇コガラこちらに気づいていたのかよくわかりませんが、近くの枝にしばらく止まり、遊んでもらいました。 [続きを読む]
  • クモマツマキチョウ他
  • 毎年、GWが近づくと、この蝶に会いにいつ行くかが気になりだします。昨年は不調で、オスに会うことが出来ませんでした。今年は4月が暖かく、雪解けが例年以上に進んでいたので、意を決して早いかもしれないけど行ってみました。◇クモマツマキチョウこの個体を撮る前まで、飛んでいるの確認出来ていたので、確率は高いと感じてました。そうしたら、見つけてくれた方が居て、一斉に10人くらいのおじさんたちが夢中で撮りました。も [続きを読む]
  • ウスバシロチョウ
  • ウスバシロチョウは「アゲハ」の仲間です。白い蝶で、春先に発生し、かなり数が多くなります。知らなければ、モンシロチョウだと思う人も多いかもしれません。モンシロチョウやスジグロシロチョウに比べると大きく、飛び方が緩やかです。◇ウスバシロチョウ春は黄色い花が多いので、半透明な翅を透かして花の色がわかります。こちらは交尾嚢があるのでメスですね。かなり色が濃いです。朝が早いと、花に来てしばらく吸蜜するの [続きを読む]
  • ツマキチョウ
  • いつもはこの場所では、GW後半から発生しますが、やはり早いです。最近は関東でもふえているようですね。クモマツマキチョウほどの派手さはないですが、春の短期間の発生ですが、可憐で好きな蝶です。◇ツマキチョウこの蝶も暖かいと全然止まってくれません。 [続きを読む]
  • 北信のギフチョウ
  • 久々に、天然記念物になっている場所のギフチョウを見に行った。しかし、この撮影日はGW前だったせいか、冬期間の通行止めが解除されてなく、多少歩くことになりました。◇ギフチョウポイントへ着くと間もなく飛んできてくれました。しかし・・・・気温が高く止まらない。望遠レンズ1本だけだったので、置きピンでなんとか飛翔を撮影。やはり成功率が低い。お昼近くになり、諦めて帰ろうとしたら、止まる個体が出てきた。最初はこ [続きを読む]
  • 4/14 久々の星景写真
  • 久しぶりに星景写真を撮ってみた。この日はAM3:00頃目が覚めたら、天気がよく星がよく見えた。準備をして撮影していたら雲も結構動いていた。金星や土星、火星が夏の星座の中に入って来ています。星座線と名前を入れてみました。自宅のベランダからでしたが、しっかり天の川も写りました。雲がなければ赤道儀も使えそうです。 [続きを読む]
  • スギタニルリシジミ
  • なかなかポイントが定まらず、しばらく安定した生息地を見つかられずにいましたが、やっとポイントを見つけました。毎年見ることが出来るのですが、今年のように集団で見ることは初めてでした。毎年発生しているのかもしれませんが、発生期間がそれほど長くないせいか、うまくタイミングがあわなかったかもしれません。◇スギタニルリシジミタイヤ後に集まっていました。翅が欠けているのはあまりいませんので、ちょうどいいタイミ [続きを読む]
  • 春蝶ポイントで逢った野鳥たち
  • 春のチョウが盛んになってきていますが、まだまだ木の葉も十分繁っていないので、野鳥を見ることも出来ます。チョウの撮影時に会った野鳥たちです。◇ミソサザイポイントへ着くや否や大きな声で鳴いています。ただ、色が地味なのと小さいので離れているとなかなか探せません。レンズも野鳥用の倍率のではないので、あまり大きく撮れません。大きな口を開けて鳴いています。◇ツバメ春が来たことを一番感じさせる鳥だと思います [続きを読む]
  • 4/21 一気に出てきたチョウたち
  • 撮影日和と休日がなかなか一致出来ずに、皆さんのFBなどの写真を見て、多少焦りが出てきてました。しかし、やっと暖かく暑くなり、気合を入れて撮影探索です。暖かい暑いせいか、体調もよいです。とにかく気になっているのは、ギフチョウのポイントです。まだ早いかなとか、一緒してもらったI.Aさんには「居なかったら申し訳ないかな」と思いながらポイントへ。しかし、杞憂に終わりました。◇ギフチョウ探す間もなく、すぐに [続きを読む]