ヒゲジイ さん プロフィール

  •  
ヒゲジイさん: ヒゲジイのアル中患者よもやま話
ハンドル名ヒゲジイ さん
ブログタイトルヒゲジイのアル中患者よもやま話
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/19510204
サイト紹介文朝から飲酒で「廃人=死の淵」まで経験してしまったヒゲジイの断酒中に思い浮かべた「よもやま話」。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/09/26 18:04

ヒゲジイ さんのブログ記事

  • 何ともなさけない会話
  •  私はプリンターを持っていません。年賀状の原稿はPCで作ります。コンビニではハガキ印刷ができないので、それを印刷するのに隣市の情報センターの高速プリンターを利用しています。 この隣市の施設に行くには海に掛かる橋を渡って40分ほど歩かなければなりません。その煩わしさが毎年の悩みになっています。「ハガキの印刷なんですが、市にはUSBに入れたファイルを印刷するプリンターが利用できる施設ってあるんですか?」 市 [続きを読む]
  • “棚卸” は “棚下ろし”?
  • 「・・・2回目の棚オロシをしていたとき、問題を棚アゲしていたことにやっと気づいた・・・」 先週のAAミーティングでのこと。司会の Y 氏が言ったこの言葉が妙に印象に残りました。カタカナ表記にしたのは語呂合わせの音感を強調したいためです。 私は、自分で商売をしたことがないので商い言葉に疎く、“棚卸” という言葉には馴染みがありませんでした。早速、ネットで調べてみると、“棚卸” と “棚上げ” はどうやら室町時代 [続きを読む]
  • 勝手に早合点してはダメ!
  •  ゴミ拾いの定番コースにしているバス通りには人工のせせらぎがあります。長さ300 mほど正味の巾が1 m強ほどなので、これをドブと呼ぶ口の悪い人もいます。 車道と歩道を隔てる緑地帯の真ん中に通している狭い水路なのですが、川底や両岸を石組み様にしてあり、下流の2カ所には鯉が住む水深の所もあります。途中の所々にベンチもあって市民の憩いの場となっています。流れている水は電動ポンプで汲み上げている地下水なのですが [続きを読む]
  • 女は一枚も二枚も上
  •  ゴミ拾いの定番コースでのこと。歩道の上に光るものが見えました。近づいてみると金属製(?)の小さな筒状のもの、口紅でした。金色のキャップを外して中を見ると、形状からしてほぼ新品のものとわかりました。 道でゴミ拾いをしていて判断に困るのはこの手の拾い物です。果たしてゴミなのか落とし物なのか、さてまたゴミだとしたら可燃ゴミか不燃ゴミか、二重の意味で分別に困るのです。これは多分不燃ゴミでしょうから、回収 [続きを読む]
  • 一体、何を考えているんだか?!
  •  私の住んでいる所は典型的な住宅街です。そんな街でゴミ拾いの定番コースとしているのは、基本的に車道との間に植え込み分離帯のある公道の歩道や公園です。 3年半もゴミ拾いを続けている私ですが、そんな住宅街の歩道でも時に唖然とさせられる光景を目にすることがあります。 その主立ったものを挙げると・・・ ● 2.5m以上ある金網フェンスを越えて投げ入れられたアルミ缶、   ペットボトル ● 大きなレジ袋に入れられた [続きを読む]
  • 旧式蛍光灯のような “気づき”
  •  日課になっている市役所通いの帰り道でのこと。翌朝の起き抜けに食すフルーツサンドを買いにコープに寄ってみました。これも日課となっています。最近はフルーツサンドが人気らしく、売り切れの場合がよくあります。 中に入って直ぐ目に付いたのが、弁当・おにぎり売り場のタラコが “特価” という表示でした。その安さに釣られ、数あるおにぎりの列から目当てのタラコを探し出し、つい声を出てしまいました。「安い! これ [続きを読む]
  • この気の利かなさ、どうにかならないか?!
  •  鈍いというのか頭が固いというのか、咄嗟に気の利いた言葉が出ないのが私の長年の引け目です。 市役所前を通る43号線の交差点でのことです。中央分離帯の歩道にポイ捨てされていた吸い殻をつい素手で拾っていたら、自転車に乗った女性(40代?)が停まって声をかけて来ました。「いつもいつも、ありがとうございます。」「いやぁ、単なる趣味ですから。」「趣味? ・・・が食べたりするので助かります。」車の騒音で聞き取れなか [続きを読む]
  • 最近は新手の “妄想” が?
  •  まだちょっと引っかかるところがあるのですが、私の回復は着実に進んでいると実感しています。 散々悩まされてきた物忘れですが、直近の記憶ならしっかり覚えていられますし、意図した言葉も大分速く思い出せるようになりました。 感情の揺れ巾も小さくなってきたようなので、精神面での回復もそれなりに進んでいるのでは、と勝手に思ったりしています。だからでしょうか、最近は “心の落ち着き” など余り考えなくなってい [続きを読む]
  • 廃用性 “気づき” 障害?
  •  夜の8時頃、ヴェランダに出て暗い外を見ていたら人の話し声が聞こえました。見れば、声の主は一人で、直ぐ下の道からでした。手に明るい物を持っていたのでスマフォに話しかけていたようでした。 突然、バサッという音とアッと言う声が同時に聞こえました。どうやら道端から張り出した何かの枝にぶつかったらしいのです。 そのまま1,2歩前に進んで後ろを振り向き、何に当たったのかじっと確かめていました。さもさも、「こん [続きを読む]
  • “やる気” を取り戻すにはビタミンB群を
  •  先日の自助会AAのミーティングでは、“やる気” がテーマとなりました。私にしては珍しいことですが、すかさず思い出したのは次のエピソードでした。「今は何にも “やる気” がしないでしょう? 大丈夫! 点滴できっと、“やる気” が戻るようにしてあげますから、・・・それから、階段や段差など降りるときは気をつけてください。今は、バランスが思い通りには取れない状態ですから、手すりなどにつかまってね。原因は同じ [続きを読む]
  • 軍手にトングの組み合わせは危ない?
  •  ゴミ拾いを続けていたら腱鞘炎になってしまいました。いまさら言うのも何ですが、ネタ切れなので今回はこの話にします。 正確に言えば、トング(=火バサミ)を操るのに軍手をはめて続けていたら腱鞘炎になったということです。もう2年以上になります。 トングを微妙に操ってゴミを摘まむときは、拇指の付け根から手首にかけてそれなりの力が要ります。それが軍手を介してだと余計に変な力が要るようなのです。その結果が腱鞘 [続きを読む]
  • 再び “今日一日” について
  •  様々な含意を込めやすいので、“今日一日” は自助会AAのミーティング・テーマによく取り上げられる言葉です。以前のブログ記事で、私もこんな “こじつけ” を書いています。 “今日一日” ぐらい・・・・・・ズル休みしても         (現役サラリーマン時代;結局その日は飲酒三昧) “今日一日” だけでも・・・・断酒を続けなければ         (断酒10ヵ月まで;再飲酒に怯えて不安) “今日も一日” またい [続きを読む]
  • 時には堪(こら)えることも・・・
  •  私には、マナーに反することを見たら、つい口に出して窘(たしな)めようとするところがあります。多分に自分を棚に上げてのことなので務めて自重するようにはしていますが・・・。 定刻に始まる会合にいつも遅刻してくる人はどこにでもいます。自助会AAにもそんな人が時にいます。 そんな人は決まって、体験談を聞きながら黙想しかけたときにミーティング場にズカズカ入って来るものです。その場の空気が一変し、せっかくの話が [続きを読む]
  • 懐メロに想うこと
  •  “懐メロ” と言えば、私の若い頃ならジイさんバアさんの青春時代の歌、つまり戦争直後に流行った歌謡曲というのが定番でした。今ならさしずめフォークソングでしょうか。 先週のある朝のこと、目が覚めたらラジオから、「君とよくこの店に来たものさ〜♪」(『学生街の喫茶店』ガロ 1972)が流れていました。後ろめたくも、苦くて哀しい想いで胸が一杯になりました。 この歌は、私が大学2年の頃に流行った歌です。歌詞にも [続きを読む]
  • これぐらいなら許容範囲?
  •  朝食の定番は目玉焼きと決まっています。その日、朝食を済まして流しのシンクに食器を片付けに行ったら、流しの横に玉子の空パックが置いてありました。買い置きの玉子が切れたので忘れずに買って来いというサインです。これで玉子がその日の記憶リストに加わりました。 直近のことでも忘れてしまうことを記銘障害と言うそうです。この記銘障害がピークだったのは断酒直後から半年ぐらいの間だったと思います。その頃に比べたら [続きを読む]
  • 断酒3ヵ月を過ぎた方にお勧めの “キョウイクとキョウヨウ”
  •  昨25日、酒を飲まなくなって丸5年となりました。5年前の10月24日に酔いどれ状態で一般病院に入院し、翌25日から全く酒を飲んでいません。ただし、自ら断酒に踏み切ったのは更に5日後の専門クリニック初診日からとなります。 この5年を振り返ってみて感慨深いのは時間の流れの体感速度です。そして、断酒継続には “空白の時間” をどう逸らすかが最大の解決策ということです。私自身の経験とAAでの見聞からそう確信するに至り [続きを読む]
  • フェイク・ニュースとデマ
  •  2年前の米国大統領選挙以来、フェイク・ニュースという言葉がトランプ氏によって広まった感ありですが、元を質せばデマということです。強いて挙げれば情報通信媒体で広がるのがフェイク・ニュースであり、口コミで直接人から人へと広がるデマに比べ、同じデマでも巧妙さにおいて全く異質な悪意を感じるのは私だけでしょうか。 威力から言えば、口コミで広がるデマの方が断然強い影響力を持っていると思います。生きた言葉で個 [続きを読む]
  • “生病老死” について
  •  先々週の週末から先週にかけて、生後9ヵ月の孫が入院するという出来事がありました。赤ん坊は悪くなるのも速いし善くなるのも速いものですが、それでも発熱のせいで5泊6日の入院となりました。 こんなときにチットモ役に立たないのがジイジなので、何かあったときに備えた補欠要員としてノホホンと自宅で留守番するだけの役目を仰せつかりました。せいぜい私がやったことと言えば、直ぐ上のお兄ちゃんを幼稚園に付き添ったぐら [続きを読む]
  • 健康寿命には治安のよさが?
  •  “運動や食事よりも大事な生活習慣は読書!?” “子どもと同居よりも一人暮らし!?” “ピンピンコロリには治安のよさが寄与!?” これ何かおわかりですか? 先週土曜日のNHKスペシャルをご覧になった方ならおわかりでしょう。人工知能AIが導き出した、健康寿命を延ばすためのヒントです。 日本全国の65歳以上延べ41万人に生活習慣や行動に関する600問以上のアンケート調査を実施し、10年以上にわたって追跡調査した膨大なデー [続きを読む]
  • なぜアル中に?
  •  コープで警備員をやっている兄(あん)ちゃんとの話の続きです。メッシ−君・ミツグ君から足を洗い、女子大生の彼女をキッパリ諦めたと言っていた彼ですが、その後どうしているか聞いてみると、・・・。「甘い物と酒ですわ。どうしてもつい手が出てしまって・・・。」「ほぉ、甘辛の両刀遣いか。アル中が酒を止めたら皆が皆、やたらに甘い物を欲しがるんだが・・・。そうそう、アル中になるから朝から酒はダメだよ、絶対に!」「ハイハイ [続きを読む]
  • 役所への陳情では念押しが肝腎
  •  台風24号の中心がわずかに東に逸れて過ぎ去った翌日、台風一過を絵に描いたように快晴の朝でした。 その日も市役所までの道すがら、いつものようにゴミ拾いをして行きました。そしてゴミで一杯になったレジ袋をぶら下げて市役所前広場に着きました。すると、いつもなら広場の隅にあったゴミ箱が見当たりません。ゴミ箱があった辺りに、ただ大小のゴミが積み重なって小山のようになっているばかり。で、私のゴミ袋もそこの仲間入 [続きを読む]
  • 老いは懲りない?
  •  置き忘れの防止には手荷物を一カ所にまとめて置くこと。これは、セカンド・バッグの置き忘れを何度も繰り返し、冷や汗を散々搔いた末に辿り着いた鉄則です。 この鉄則を十分理解しているつもりでも依然としてポカを繰り返しています。幸いなことに実損被害をこれまで免れていることから今だに懲りていないようなのです。どうやらこれも老いなのでしょうか? ついこの間はビニール傘を置き忘れてしまいました。ゴミ拾いコースの [続きを読む]
  • 縁がない?
  •  毎日のようにゴミ拾いをやっていますから顔見知りになった人が多くいます。そんな顔見知りだけの人でも、ひょんなことから世間話をするようになり、そのうちに人生相談を受けることもあります。 その日の兄(あん)ちゃんもそんな一人で、警備会社から派遣されて週一回コープで働いている青年です。顔に青春のシンボル痕が残っていて、歳は25、6と言っていたような・・・。「付き合っている大学生の彼女がいるんですが、もうひとつ [続きを読む]
  • “空白の時間” にも “無力”?
  •  自助会AAのミーティングでは毎回テーマが立てられて、原則、そのテーマに沿って体験談が語られます。たとえテーマが同じでも、その時々の何かによって想うことが違うことがよくあります。これもAAのミーティングのおもしいところでしょうか。 先日のテーマは、『アルコールに対し “無力” であること』でした。これもよくあるテーマです。この言葉は、酒に対する自制心が効かなくなって “どうにもならなくなった” 状態を [続きを読む]
  • “捨てる人あれば 拾う人あり”
  •  街の片隅に設けられているゴミ・ステーション(ゴミ出し場)、このゴミ出し場を見ればそこの住民の民度がわかります。 ゴミ袋が防護ネットからはみ出て置かれていないか、収集車巡回後にちゃんと後片付けができているか、収集日以外に出されている規約違反のゴミ袋がないか、などがその目安になると思っています。 ゴミ出し場の管理がきちんとしている地区は大体が古くからの住民の多いところですが、逆にそれが杜撰なところは [続きを読む]