南都一望 さん プロフィール

  •  
南都一望さん: 南都を一望す、日本を一望す
ハンドル名南都一望 さん
ブログタイトル南都を一望す、日本を一望す
ブログURLhttp://710ichibou.blog.fc2.com/
サイト紹介文奈良の古刹巡り、見仏の記録が中心。奈良の観光地の紹介や、全国を旅した記録なども綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2014/09/26 21:50

南都一望 さんのブログ記事

  • お水取り発祥の地、笠置寺で行場巡り
  • 笠置の桜が見頃だというニュースが流れていた4月上旬、花見も兼ねて笠置寺へと出かけることにしました。笠置町(京都府相楽郡)は奈良と京都の府県境を越えたところに位置し、奈良市街からは車で30ほどの距離。ちょうど木津川沿いの桜は満開となっていました。笠置の町中から寺へと続く急な坂を上っていくと、桜吹雪が舞っていました。木津川沿いの桜は満開でしたが、なぜか標高が上がるほど散っているようでした。駐車場に車を停 [続きを読む]
  • 天空の庭「高見の郷」のシダレザクラ
  • シダレザクラが満開を向かえた東吉野村にある「高見の郷」へと出かけてきました。場所は高見山のすぐ近く。国道166号を三重の松阪方面に走ると、県境の高見トンネルの少し手前にあります。国道沿いなので、車だとアクセスしやすい場所です。駐車場はいくつかあり、受付までは無料のシャトルバスで送迎してくれます。受付に着いたらまず券売機で入場料1000円を支払います。受付から桜が咲いているエリアまでは600mあるという坂道を [続きを読む]
  • 長谷寺の大観音特別拝観と大画軸開帳
  • 桜の記事を先にアップしたので話が前後しますが、まだ梅が咲いていたころ、「本尊大観音尊像特別拝観」と「大観音大画軸大開帳」が行われている長谷寺を尋ねてきました。通常の入山料は500円ですが、別途、大観音特別拝観には1000円、大画軸拝観には500円の特別拝観料が必要となります。ただし、入山料と大観音特別拝観には共通券があり、こちらを購入すれば200円お安くなるので、すべて拝観すると1800円ということになります。入 [続きを読む]
  • 藤原宮跡と耳成山公園の桜
  • 今年は桜の開花が早く、気象庁発表によると奈良の開花は3月24日。これは平年より5日、昨年より10日もはやいのだとか。早いところだと3月中に散り始めてしまいそうな勢いです。その勢いに乗り遅れないようにと、橿原方面へ桜を見に出かけてきました。まず訪れたのが藤原宮跡の醍醐池。池の周囲の桜は8分咲きといったところでしょうか。この醍醐池の北側には菜の花畑があり、ここは菜の花越しに桜が眺められるスポットとなっています [続きを読む]
  • 壺坂寺の大雛曼荼羅
  • 高取町では毎年3月に「町家の雛めぐり」が開催されています。これにあわせて、同じ高取町にある壺坂寺では「大雛曼荼羅」が公開されます。今回はこれを見るべく壺坂寺へと出かけてきました。昨年までは大講堂で行われていた大雛曼荼羅ですが、今年は西国三十三所草創千三百年を記念して本堂礼堂内にて行われています。今年は人形の数も増え、1000体もの雛人形が飾られているということです。礼堂は、本堂(八角円堂)に祀られるご [続きを読む]
  • 越中高岡のシンボル、高岡大仏を拝観
  • 東京からの帰路はちょっと遠回りして北陸経由で関西へ戻ることにしました。北陸新幹線に乗り、富山で途中下車。富山で一泊し、翌朝は高岡へ移動。高岡駅からはレトロな路面電車に揺られ、坂下町という停留所に降り立ちました。電停のある広い通りから 少し細い通りに入ると、坂の上に今回のお目当てである大仏様が見えてきました。そして、なだらかな坂を上りきると「高岡大仏」に到着です。門や塀などはなく、いきなり仁王像が立 [続きを読む]
  • 余呉町国安の十一面菩薩立像(びわ湖長浜観音ハウス)
  • 今回もトーハクとセットで「びわ湖長浜 KANNON HOUSE」を訪問してきました。今回の観音様は余呉町国安の十一面菩薩立像です。余呉湖の北に鎮座する草岡神社の神宮寺である安養寺というお寺に伝わった像だそうです。ややふくよかですが、理知的な表情をされています。この観音様は左手に水瓶ではなく錫杖をお持ちです。右手に錫杖を持つ長谷寺式とは持つ手が逆ではありますが、いただいた解説書によると「いつの時代か、長谷寺信仰 [続きを読む]
  • 「仁和寺と御室派のみほとけ」展(東京国立博物館)
  • 東京国立博物館の特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」を観覧してきました。この展覧会は、真言宗御室派の総本山仁和寺の寺宝をはじめ、御室派の各寺院が所蔵する名宝が一堂に会するというものです。会場は平成館。さすがに運慶展ほどは混まないだろうと思っていましたが、どうやらその考えは甘かったようで、平日の夕方でもかなりの混雑でした。第一会場は書や絵などの展示が中心です。目玉は国宝の「 [続きを読む]
  • 新薬師寺で「おたま地蔵」を拝観
  • 先日、「うまし冬めぐり」キャンペーンの企画で新薬師寺へ行ってきました。今回参加したコースは僧侶の案内付きで本堂を早朝拝観し、さらには通常非公開の香薬師堂も拝観できるというものです。地元の人間がわざわざ新薬師寺の拝観ツアーに参加することもないのですが、香薬師堂で「おたま地蔵」が特別拝観できるというので迷わず飛びつきました。というのも「TV見仏記 10 奈良/京都・宇治編」DVDでおたま地蔵の存在を知って以来 [続きを読む]
  • 寅の月に朝護孫子寺の中秘仏を拝観
  • 2月のとある日、JR王寺駅北口より「信貴山門」行のバスに乗り、中秘仏の毘沙門天王像が特別公開されている朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)に行ってきました。バスは終点まで乗ってもいいのですが、一つ手前の「信貴大橋」バス停で降りて、坂を登ると仁王門のすぐ脇にでることができます。朝護孫子寺は標高437メートルの信貴山の山腹に伽藍を構えるお寺です。中興の祖、命蓮(みょうれん)上人が醍醐天皇の病気平癒を祈願し、無事 [続きを読む]
  • 東大寺三昧堂(四月堂)で十一面観音を拝観
  • 大仏殿前の鏡池も凍るような寒い日に、東大寺へ。今回は三昧堂(四月堂)を拝観してきました。三昧堂は二月堂の斜め前、法華堂(三月堂)の向かい(西側)にあります。大仏殿から猫坂、鐘楼を通って上院へ向かうと法華堂の手前に緩やかな石段がありますが、この石段の左手に見えてくる小さなお堂が三昧堂です。三昧堂は平安時代末期の創建と伝わり、現在のお堂は江戸時代(1681年)の再建。重要文化財にも指定されています。かつて [続きを読む]
  • 函館・称名寺で快慶仏に出会う
  • 昨年末、函館に行く機会があったので、円空仏が展示されているという称名寺というお寺を訪ねてみました。まずは函館駅より市電に乗り、終点の「どっく前」を目指します。そして、「どっく前」で下車したら、右手に「新撰組最後の地」碑を見ながら魚見坂を登ります。函館には有名な坂が多いですが、魚見坂は最も西側に位置する海が見える坂で、回遊してくる魚群を見るのに便利な場所だったことから、この名がついているそうです。そ [続きを読む]
  • かつて奈良にあった映画館
  • 遅ればせながら、イオンシネマ高の原にてスター・ウォーズシリーズの最新作「最後のジェダイ」を観てきました。このシリーズは1作目をのぞいて劇場で観ているのですが、ふと過去の作品はどこで観たのかと記憶をたどってみると、旧3部作のうち「帝国の逆襲」と「ジェダイの復讐」はかつて奈良市内にあった「有楽スカラ座」で観たことを思い出しました。当時は近鉄奈良駅周辺にいくつかの映画館が存在していました。懐かしくなり、 [続きを読む]
  • 興福寺国宝館のリニューアルと南円堂の復刻朱印
  • 興福寺の国宝館が耐震工事を終え、元旦にリニューアルオープンしたので、さっそく訪問してきました。拝観料は100円アップし、700円に。主な展示物の配置は以前とかわらないようです。大きな違いは入口と出口が入れ替わり、観覧順序も逆回りとなっているという点です。以前はまず国宝の十二神将板絵からスタートする感じでしたが、リニューアル後はいきなり天燈鬼・龍燈鬼コーナーを見始める形になっています。ただし、大トリはやは [続きを読む]
  • 初詣2018 (春日大社/東大寺)
  • 今年も元旦には初詣へと出かけてきました。まずは春日大社へ。そして次は東大寺へと向かいました。大仏殿は、元旦の朝8時まで無料開放され、観相窓も開かれます。ここ数年は、観相窓から大仏様を拝ませていただいていたのですが、今年はすでに周囲が明るくなっており、窓からお顔を拝むことはできませんでした。周囲が暗いうちに来ないとだめなようです。大仏殿の中に入ったのは7時半頃でしたが、すでに大仏様の正面は大変な混雑と [続きを読む]
  • 道明寺の国宝十一面観音
  • 12月18日、大阪の藤井寺市にある道明寺を訪ねてきました。奈良からJR大和路線に乗り、柏原で近鉄道明寺線に乗り換えると2駅で道明寺駅に到着します。改札を出て、まずは駅前から続くこじんまりとした商店街の細道を進みます。駅からを3分ほど歩くと右手の石段の上に門が見えてきました。お寺の山門のようにも見えますが、これは道明寺天満宮の神門です。かつて道明寺はこの道明寺天満宮の南側参道付近に位置したそうですが、戦火や [続きを読む]
  • 興福寺東金堂で国宝「仏頭」を拝観
  • 興福寺の国宝「仏頭」は、国宝館の耐震工事に伴い今年一年は東金堂に還座されていました。いつでも行けると思っていたら、気づけば早くも12月。駆け込みで東金堂を拝観してきました。さて、東金堂は建物自体も国宝ですが、堂内には文殊菩薩像、維摩居士像、四天王像、十二神将像といった国宝仏がたくさん祀られています。そこに今年は仏頭が加わっていたわけですが、拝観料は普段どおりの300円です。東金堂の中に入るのは二年ぶり [続きを読む]
  • 関西1デイパスで滋賀のお寺を巡拝(3) 延暦寺釈迦堂で33年ぶりの御開帳
  • 昼食後は西塔地区へと移動しました。巡拝チケットがあるのでシャトルバスに乗ることもできたのですが、バス停に並んでいる人の列を見るとその気にはなれず、歩くことにしました。東塔地区から西塔地区までは歩いて20分程の距離です。その道のりは概ね下り勾配が続く感じなので、苦になるような道のりではありません。逆に西塔→東塔地区への移動は登り勾配が続くことになるので、すれ違う人は皆息切れしてキツそうな様子でした。た [続きを読む]
  • 関西1デイパスで滋賀のお寺を巡拝(2) 延暦寺東塔地区
  • 三井寺参拝後は、京阪電車と坂本ケーブルを乗り継いで延暦寺へと向かいました。紅葉のピークを過ぎていましたが、それでもケーブルカーは結構な混雑でした。ケーブルカーを降り、延暦寺の駅前に立つと、琵琶湖が綺麗にみえておりました。そこから10分近く緩やかな坂道を登って行くと延暦寺に到着です。延暦寺は大きく東塔地区、西塔地区、横川地区の三地区に分かれていますが、ここは東塔地区にとなります。巡拝受付で「比叡山延暦 [続きを読む]
  • 関西1デイパスで滋賀のお寺を巡拝(1) 三井寺の三重塔特別公開
  • 11月中旬、JR西日本の「秋の関西1デイパス」を利用して、滋賀県の三井寺と延暦寺を巡ってきました。1デイパスは、JRの関西エリアが乗り放題になるチケットですが、これに加えて飛鳥、高野山、比叡山のいずれかのエリアが利用できる引換券がついます。今回はこれを京阪の「世界遺産 比叡山延暦寺巡拝チケット」に引き換えました。これでJR、京阪、比叡山内のケーブル・ロープウェイ・バスが乗り放題となり、延暦寺の巡拝券までつ [続きを読む]
  • 松尾寺、秘仏「厄除観音」特別開扉
  • 11月3日に日本最古の厄除霊場といわれる松尾寺に行ってきました。駐車場から境内に向かうと現れる門が北惣門となります。門をくぐるとすぐ右手には手水があります。この水は「松尾寺霊泉」と呼ばれ、「大和の名水100選」にも選ばれています。108段あるという石段を登っていると、「創建1300年」というノボリが立てられていました。松尾寺の創建は718年(養老2年)、舎人親王が日本書紀の無事完成と厄除けの願をかけて建立されたと [続きを読む]
  • 三十年に一度の御開帳、播州清水寺の十一面観音
  • 11月の上旬、清水寺へと出かけてきました。清水寺といっても京都の清水寺ではなく兵庫県にある播州清水寺です。大阪駅より丹波路快速に乗り、降り立ったのは福知山線の相野駅です。ここからは一日二往復しかないバスに乗り込みます。珍しいことにこのバスでは、運賃に加えて清水寺の入山料も徴収されます。ちなみに運賃にはICカードが使えましたが、入山料は現金のみしか使えないとのことでした。バスは播州ののどかな田園地帯を走 [続きを読む]
  • 木津川市の仏像めぐり(3)  神童寺の蔵王権現像
  • 海住山寺の次に向かったのが神童寺です。神童寺へは集落内の狭い道路を通る必要はありますが、さきほどの海住山寺の急坂と比べればはるかに走りやすい道です。寺の手前には駐車場は公民館のものを使うよう看板がでていたので、そこにバイクを停めました。そして集落内を数十メートルも歩けば山門に到着します。山門をくぐり、右手にある庫裏でまずは拝観料を納めます。そして、ご住職の案内で本堂を拝観させていただきました。ご本 [続きを読む]
  • 木津川市の仏像めぐり(2)  海住山寺の十一面観音立像
  • 現光寺の次は海住山寺(かいじゅうせんじ)へと向かいました。海住山寺は恭仁京(跡)を見下ろす山の中腹に位置します。国道163号線からは看板に従って、まずは集落内の細い道路を進むことになります。集落を抜けると、次は急な坂道を登ることになります。ここはまだ序の口で、この先は車やバイクでもキツイ勾配となっていました。とはいえ車だと4、5分も登れば駐車場に到着しますが、バスで来ると停留所はこの坂より下にあるの [続きを読む]
  • 木津川市の仏像めぐり(1)  現光寺の十一面観音坐像
  • (「京都府木津川市 2017秋 社寺秘宝・秘仏特別開扉」パンフレット)奈良市のお隣、木津川市で「2017年秋 社寺秘宝・秘仏特別開扉」がはじまりました。今回は13社寺が参加されているようです。予約なしで様々な仏像を拝めるチャンスなので、何軒かハシゴすることに。まず向かったのは現光寺です。場所はJR加茂駅から北東に1kmほどいったところ。大きな道沿いではなく、集落の中の分かりにくい場所にありますが、集落の入口からはこ [続きを読む]