ふき さん プロフィール

  •  
ふきさん: あらら
ハンドル名ふき さん
ブログタイトルあらら
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/asanotokino
サイト紹介文のほほんな人生でした。のほほんな日々綴ります。つまらん…わね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供707回 / 365日(平均13.6回/週) - 参加 2014/09/28 00:36

ふき さんのブログ記事

  • ワッ! Σ(゚Д゚)
  • 閲覧200万超えをさせて頂きました人気のブロガーさんにとっては 俊足の結果で えッ⁈かもしれませんが 私にはとても重い数字で感謝しかありませんありがとうございます誤字脱字恋文変文オンパレードで恥じ入ります恥じ入っても身体が心がはみ出てしまいの結果と笑ってやって下さい300万 400万・・・数字の節目は 自分の人生の節目でもあります前に進みながら振り返りつつの我が人生日記いつまで続ける事ができるでしょうかこんな [続きを読む]
  • 前に進もう!
  • 何かと話題のアメフトの件ですが先ほど加害者の選手の会見を見ましたその会見を見るにつけなによりも被害者の選手が大事に至らなかった事にほっとしていますその結果がなければ 会見どころではなかったはずですから権力のある者 その存在…時におぞましすぎる加害者の青年 被害者の青年 その両者の彼らも今回多くを学んだはずである冷静に判断し 対処できる まともな大人の存在も自分達の周りには 数多くいることも知ったは [続きを読む]
  • ルンルン そろそろハイボールを飲まなくっちゃ (o^―^o)
  •  ガァ〜ン『白州』がない?!!!!お店の方に入荷の見込み無しと言い切られてしまった4月に山梨県にあるサントリーさんの白州蒸溜所に行ってまだ1ヶ月ほどしか経っていないのに…美味しさに感動し 弾けまくりで ブログにも書かせて頂いたその時は グ~『白州』の製造状況について一言も触れられなかった品薄になる条件は整っていたわけだここでは書かないね重いし 近所で買っても値段は同じであるし量販店ではもっと安く買えると [続きを読む]
  • 襖パンチで気は腫れて
  • 子供達の事を思って何となく眠れないでいたいつもの私だったら寝る事を諦めてパソコンに向かうのに動く事さえも面倒でボーっと横になっていたその内に父ちゃんの襖パンチ(襖を挟んで寝ています)先月襖パンチで足の指を打撲し かなり長い間不都合が続きましたがあの時と同じぐらいの激しさでした敵は起きてくるかなと思いましたが 寝息が聞こえますまた何か嫌な夢でも見たのかな…襖をあけて敵を確認する優しさは 私にはありま [続きを読む]
  • まな板サンダル?!
  • サンダルを買ったはいいがSサイズでも大きくて ふん張りを利かして歩いていたら 疲れてしまった若い時もこのサンダルをはいていましたが若い時は平気だったのになぁ「父ちゃん 宝くじが当たったら オーダーメイドの靴を履くね」「そうすれば」こんな時は 素直な返事が返ってきますにゃんともすんとも・・・ [続きを読む]
  • ガンバルなんとなくそんな気持ち
  • ゴルフに行く時は ヤンキーハッピートッピ〜要は『訳の分からない格好』で出かける事が多い父ちゃんですがごくたまに『異常な出で立ち』で出かける今朝がそうでしたジャケットにチノパン…  あれこれは異常ではなく『普通』の格好かい?!ゴルフ場によっては その『普通』の格好を求められるらしい5時過ぎには出かけてしまいましたゴルフの事はよくわからないが 硬いピンポン玉大のボールを長い棒でいじくりたおし小っちゃい穴 [続きを読む]
  • Be silent
  • 買い物から戻り 午前中に投稿した追記ですちなみに 父ちゃんはゴルフの練習に行ってしまいました今時の運動会に年々歳々驚かされる事ばかりです午前中の投稿文にあえて運動会の『音』を聴いていると書きましたが(人の声が)子供達の『声』が全く聞こえないのです我が家の車の出し入れは 小学校のグラウンド横からしますこれまでの運動会では見られなかったテントが 外からの視界を遮るように張られ 運動会の様子は全く見えま [続きを読む]
  • 風潮(かざしお)
  • 記すは『風潮ふうちょう』我が家のお隣にある小学校は今日運動会です週間予報では土曜日の今日は大雨の予報でしたが晴れてよかったですね自分の子供達も隣の小学校に通いました懐かしく胸がキューンとなります我が子の時代は 参加したい競技に自己申告をします自己主張なき娘と息子はいつもその他大勢の中のひとりでしたつまらなそうに参加していましたっけ暗黙の内に私の感性を受け継いでいる子供達でしたそんな彼らの存在がとて [続きを読む]
  • ヒデキさんありがとう ?
  • 『旅は我が人生』みたいな生き方をしているから忘れられない旅の思い出は数知れずあります 西城秀樹さんの早すぎる訃報に接し言葉もありませんがでも 沢山の思い出の中から西城さんにまつわる旅の思い出を書こうと思います今から39年前の1979年…の事25歳の私は ヨーロッパ各地を自由気ままに1人旅をしていましたイギリスのロンドンを旅している時に出会ったブラジル人の若者達数人とロンドンのディスコに行きました今 飲んで [続きを読む]
  • 夜空の瞬き
  • 人は皆星になるんですね星由里子さんも旅立たれました地上でも光り輝いていた星さんでした高2の九州への修学旅行時車の後部座席に1人ですわっていらっしゃる星さんを見つけみんなで 星さんを取り囲んでしまいました「この世の中にこんな綺麗な人がいるんだ…」と口走ってしまった私に顔を真っ赤にされ笑っていらっしゃいました半世紀近くも前の事です田舎の女子高生にとって 生まれて初めて見る衝撃的な美しい女性でした今の時代 [続きを読む]
  • 民主国家で生きる事
  • 国家も人となりも『ほどほど』がいいと この頃とみに思う今の日本は 若干そのほどほどから 横道にずれているがそれもすぐ修正されると信じている弱者は法律によってより守られているそれは真っ当な国家のあり方で 意義を挟むつもりもないただ時にその弱者は強者にもなりえる大多数の人々は法律を順守し真面目に生きているその強者に 理不尽な事をされても相手が弱者との認識がある場合 我慢するしかないその弱者たる強者は  [続きを読む]
  • ふきさんのその後
  •      二鍋分すべて『含め煮』にしました一晩寝かせて上品に味がしみています昨日の内に一パック完食済(全部で5パック)それはそれで青き(若き)旨さあり『ふき』ってやっぱりいい女やな ヌ板消しを されて喜ぶ 姥の花  [続きを読む]
  • ふきのあくぬき
  • 『蕗のあく抜き』私に『あく』はありません全然中身のない純朴なその他一の 位置子です 今正真正銘『蕗』のあく抜きをしています私のHNは『ふき』ですが 蕗のふきからきていますその思い入れはブログに何回も書いていますので省略します要は『蕗』が いろんなことを鑑み含めて 大好きなのですいつも買い物をしているスーパーでは蕗も ついでに 筍も 加工したものしか売っていません日本産の物は 加工品でも高く 我が家の [続きを読む]
  • 『人の命は地球よりも重い』
  • 『人命は地球よりも重し』          福田赳夫氏他 ある裁判の判決文にも使用されたことで              有名な一節です宗教とは何だろう人の命が虫けらのように疎んじられる宗教に何の意味があるのだろう米大使館のエルサレム移転に抗議するパレスチナの人に平気で砲弾を投げ込むイスラエル人それで何人もの尊い命が失われたお互いの大義名分 積年の恨みがあるにしても 有無を言わさずの所業に もうや [続きを読む]
  • 『文』は永遠なり
  • 年を重ね 御多分に漏れず過去の記憶は鮮明だが今の記憶はからっきしダメになってしまったそんな私ですが読んだり書いたりした文章だけはその時間に関係なく意外に記憶している夜中に目が覚めた時は そんな世界に入り浸っているがブログをするようになって その世界の幅も広がった今は黄泉の国に旅立たれてしまったブロガーのVさん懐かしく 楽しく 旅立たれてからも 時々訪問させて頂いている頂いたコメントの温かき事あの時 [続きを読む]
  • デカメロン?!
  •         父ちゃんは今宵は飲み会なので パンを焼いて これでお終いもう端っこを食べてしまいましたが やっぱりブログに残しておこうかなメロンパンに似せてデコリましたが 味は何だろう甘くないパンです ワインにあいます旨ーい でぶ〜る ケロケーロ♪↑ポン太とポン子ポーンとネ [続きを読む]
  • 父ちゃんも 私も 泣いてしまった
  • 『鉄腕ダッシュ』父ちゃんも私も大好きな番組です私はちゃんと観る勇気がなく ながらで観ていたのですが最後の『明雄さんだったら…』の語りでは父ちゃんも目を潤ませ 私も泣いてしまいました 自分を愛してくれる人を裏切ってはいけない傷付けてもいけない無償の愛を返せる人『大人』とはそんな存在である板消しを されて喜ぶ 姥の花  [続きを読む]
  • 深夜の徘徊
  • 深夜の徘徊も 時空だから許せるねリアルタイム解析を紐解いていたら(gooブログ)ブロ友さんのアータも あなたも起きていて笑える私は酒をかっくらってたっぷり寝た後だからいいけれどみんな大丈夫かいな若い輩もいるけれど それなりの『人』もでも我ら それなりの『人』好き勝手に 自由に 生きるべ?それなりの人になった時母は(今は黄泉の国に住んでいます)外に出て星空を見るのが好きでした10年ほど東京に住んでいました [続きを読む]
  • 『それ』は理にかなっている事の清々しき納得
  • 今どきの教習所(バイク)の事情は全く知らないが(昔もだ)何しろ35年ぶりにバイクに乗ろうとしている父ちゃんバイクの搬入はまだですが教習所で練習をしない事には心もとない今そんな輩が多いのか休日の予約が1ヶ月先でも全く取れないそれも本人が直接窓口まで申し込みに行かなければならないし現金払いであるキャンセル待ちも然りどの教習所もその条件は同じであるネットや電話からでは受け付けてもらえない屁〜と 驚いたが『 [続きを読む]
  • の・ほ・ほ・ん
  • 買出しにも行き 父ちゃんはゴルフの練習にこの頃は『人生の宿題』と真面目に取り組む事が多く一週間があっという間に過ぎてしまいます人生の宿題は なんか楽しく学生時代の宿題は なんか苦しく苦しい道は 避けて通りました我が道を行き 我が道を来たら 宿題が楽しいと思える道にたどり着きましたの・ほ・ほ・んヒラメのできそこないみたいな足をして馬鹿こくでねぇ今度また友人達と集いますがヒラメにもひらめきの美少し意識 [続きを読む]
  • 茄子すべナスだ〜
  • 【ふきのブログ】お店で買い物をすると必ずと言っていいほど『×○?△¿◇をお持ちですか』と訳の分からない事を聞かれる要はポイントが貯まるカードの事らしいが今の時代スマホから登録しそれでOKらしいスマホの操作もスムーズにできないし何しろ スマホの存在自体が 私の理解を超えている代物面倒なのでいつも 持っていません と 言い放つなのに 今回のお姉ちゃんは違ったそのお姉ちゃんがいるお店でサンダルを買ったのだ [続きを読む]
  • 人生の宿題
  • 【ふきのブログ】ブロンズビルが存在していなかった事を父ちゃんに話したら「1970年代に建てられたビルだったら 耐震の問題があったのかもしれないね」となるほどそうなのかもしれない100年経ってもびくともしないビルを建てたと上司は豪語していたがそれと耐震基準は 別の次元なのやろかそれにしてももったいない エントランスの内装は総大理石でした…今は天上人の上司も こんな結果は予想だにしていなかったと思う40年ぶり [続きを読む]
  • 40年目の約束からの 残念な結果
  • 【ふきのブログ】ビルはすでに存在せずでした当然新たなる存在がかなりへこんでいます「100年経ってもびくともしない頑丈なつくりにしたからね…」とその上司素人目でも贅沢を極めたつくりである事がわかりましたビルの存在は永遠のような気がしていました緑青色と対峙することは叶いませんでした我が家からドアツードアで1時間もかからない場所にあります電車1本で行けますなのに40年ぶりに訪れたその場所は当時もお洒落な街でし [続きを読む]
  • 40年目の約束
  • 【ふきのブログ】「??(私の旧姓)俺はもう無理だけど 半世紀後(その時点で10年弱経過)を確認しに来てくれ」「はい 必ず確認に来ます」20代前半 銅で建てられたビルで働いていました当時はまだ赤銅色のビルでした「半世紀も経てば緑青色になっているはずだから…見てみたいな…」その方は当時会社の顧問の立場で ビルの建設に深く関わっており 思い入れが深かったのです年齢は失念していますが当時60代後半70歳を過ぎていら [続きを読む]
  • 我が家の酒蔵の向こう側
  • 【ふきのブログ】財務省のお役人が セクハラ防止に関する研修を受けたとの事にあんぐり税金を使ってやるような事か子供だってやって駄目な事の判断はできるさちゃんと仕事をしてくれ新潟の女児遺棄事件のなんとも痛ましい事私は小5の時に連れ去られた経験をしているからとても身につまされるその時の事全てを鮮明に記憶している勿論男の一挙手一投足 表情(顔)も 着ていた服 車も覚えている自分の心情すら忘れる事ができない [続きを読む]