刀八毘沙門天の1人で仏々 さん プロフィール

  •  
刀八毘沙門天の1人で仏々さん: 刀八毘沙門天の1人で仏々
ハンドル名刀八毘沙門天の1人で仏々 さん
ブログタイトル刀八毘沙門天の1人で仏々
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/gosikisen
サイト紹介文京都を中心とした“クイモノヤ”を‘自己中紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/09/28 02:20

刀八毘沙門天の1人で仏々 さんのブログ記事

  • 元祖タンメン屋 小牧店(湯麺/ラーメン)
  • 愛知県小牧市 国道41号線下小針中島1丁目の信号を南へ500mの場所にある岐阜タンメン屋さん。建物はプレハブの質素な造り、ただし看板は大きくアピール度高い。中に入っても質素な様相は変わらずある意味新しく感じる。当日は購買先の方に連れていただきお薦めを注文していただいた。少し濁った黄金色のスープに野菜と豚肉が見える。脂が浮くスープ、味付け塩味、これに野菜の甘味とにんにくの旨みが加わったシンプルな構成で安心 [続きを読む]
  • アジアンキッチン ヒマラヤ(チベット/インド料理)
  • 河原町御池の南西のビル6Fにあるチベット料理を中心に展開されているお店。1Fにメニューがあり確認後にエレベーターを使い6Fへ。中に入ると一気にチベットの雰囲気が漂う店内となる。靴を脱いでの飲食、リラックス出来る。奥の棚にはアルコール類がずらりと並ぶことを見ると夜の展開は強そうだ。Bセット1000円カレーとサラダとタンドリーチキンそれにナンかご飯が選べる。本場のカレーにはちんぷんかんぷんであるが、かなり本気で [続きを読む]
  • めんや 鶏志(ラーメン)
  • 京都ラーメンストリートの北端、人気麺屋店 極鶏の南にある麺屋さん。表のガラスのメニューで確認し入店!入店後直ぐに券売機が迎えてくれる今時の風景。京の伝統、奥に長いウナギスタイル、白を基調としたキレイな店内で小さいながらもテーブル席も用意されている。鶏白湯そばはスープの粘度によって2種類選択できる注文したのは標準タイプの濃厚鶏白湯780円。ベージュ色した薄目の色のスープ。鶏の旨みと野菜の旨みがバランスよ [続きを読む]
  • よし川(明石焼き/鉄板焼きなど)
  • JR明石駅から南に100mのアーケード商店街にある粉もん屋さん。明石目物、明石焼きが有名なお店である。町のお好み焼きさん”温かみある家庭的な店内である。壁に目を向けると数多くのサインの数が目に入る。このお店の注目度の高さがわかる。600円で10個 安いか高いかは判断しづらいのだが神戸人に聞くと妥当とのこと。赤いまな板?に乗ってやってきた10個ふわっふわっの玉子焼き 出汁を付けすにいただくとほんのり玉子の優しい [続きを読む]
  • 風見鶏 烏丸六角店(焼き鳥/居酒屋)
  • 東洞院六角の北西にある串屋さん鳥の形をした看板がよく目立つ。店内は暗く居酒屋さんらしい雰囲気、そこそこ収容できる掘りごたつ席も用意されているのでセミ団体も可能である。会社の先輩などで5名のフリー予約、掘りごたつ席での宴。居酒屋スタンダーメニュー、鶏カラ・サラダ・だし巻きなど無難な仕上がり。流石に本職?の串については他のメニューとは一味違い美味しい!パンチの効いたタレがよく絡みついつい食(ビール)が [続きを読む]
  • 料亭 花海棠(ラーメン/料亭)
  • 有馬温泉、料亭旅館 欽山内にある料亭レストラン。有馬の地で高級旅館として名を馳す宿泊施設へ慰安旅行のさいに立ち寄った店舗である。館内とは感じさせない趣のある庭から石畳を抜け暖簾をくぐる。店内は料亭と名は付いているがラウンジのような現代風調の雰囲気だ。目的の軽食メニューは予想通りの内容と価格である。1000円から1600円ご飯系なしとなるがさすがにここは欽山仕方がない。あっさり醤油豚骨ラーメン表面に脂が目立 [続きを読む]
  • ドンク 北白川店(ベーカリーカフェ)
  • 北白川別当町の交差点の北西に位置する老舗ベーカリーカフェ。イートインという形ではなく本格的な喫茶空間を持った店舗である。創業100年以上を誇り数多くのブランド店舗を展開する巨大なパン屋さんである。メインのベーカリーショップも広いのだが喫茶空間はその倍以上の空間を持っていて とにかく広い!ちょっと一服、少し甘いものを口に入れたいとメニューに目を落とすとイタリアンドルチェセット800円少々値は張るがとお願い [続きを読む]
  • ZEN(ラーメン)
  • 西大路九条を北へ2筋目を西に入った場所にあるラーメン屋さん。一見、ラウンジバーのような店頭である。中へ入るとごく普通のかつ安心のラーメン屋さんの情景が広がっている。ナチュラルなカウンターと椅子、大変ベーシックで温もりがある店内だが椅子に関しては少々座り心地がよろしくない・・・メニューはシンプルで大人しい白地に黒文字。フォントも大きくないのがかえって新鮮に見える。チャーシューメンはラフレシアタイプで [続きを読む]
  • 銀之塔 祇園店(シチュー専門店)
  • 八坂神社の南西にある老舗ビーフシチュー専門店。60年以上の歴史を持つ「銀座 銀之塔」で修行を積んだオーナーが祇園の地で暖簾分けしたお店。店内はテーブル席とお座敷に分かれており席間はかなり狭く圧迫感はあるものの歴史を感じさせる店内で意外と落ち着ける。今時のオシャレ空間ではなく食堂のような雰囲気を持っている。定食メニューからコース料理まで用意されてはいるが価格はそれなりにする。せっかくだからとAコースをお [続きを読む]
  • 舞子 トムズ カフェ(カフェ&レストラン)
  • 明石海峡大橋、舞子海上プロムナードの8F47mにあるカフェレストラン。入場には300円の入場料金がかかるが世界一の吊り橋内にある店舗となり値打ち”はある。セルフ方式の店舗ではあるが予約可能の店舗で当日8名の予約をお願いした。グッズ販売も同場所に設置してあり飲食前後に購入可能となる。当然ながらロケーションは最高、大人数でない限りカウンター席をおすすめしたい。名物タコ飯、明石ダコの炊き込みご飯は670円きざみ海 [続きを読む]
  • らーめん ぎん琉(ラーメン)
  • 京都府宇治市、宇治安田の交差点の西2筋目を南に入った場所にあるラーメン屋さん。業務スーパーの東対岸となる。白い暖簾をくぐると元気いい挨拶に迎えられた。かなり余裕ある席間構成の店内で来店者の動線がかなり楽なようだ。魚介鶏白湯ラーメンは塩か醤油かを選択可能醤油680円に半チャンセットは+200円どろりとした濃厚醤油白湯スープ、魚介系の後味がほんのり鼻に残る。怒涛の寄り!とまではいかず少し余力を残した濃厚さと表 [続きを読む]
  • マウンテンコーヒー 三宮センター街店 (喫茶店)
  • 神戸三宮駅の南西、三宮センター街内にあるサイフォン珈琲のお店姫路観光の帰りにちょっと一休”で入店。地下へ続く階段の先は明るい店内の純喫茶である。重厚な木の椅子と机に煉瓦の壁(一部)喫茶店の要素はそろろっている客層の間口が広いお店で気軽に入れる喫茶店であるが幅広い客層だけに、静寂さは今一歩ではあるは落ち着いて読書程度ならば可能である。コーヒーについてはサイフォンの割に香りは軽め飲みやすいとの話をされ [続きを読む]
  • 麺屋 龍玄(ラーメン)
  • 白川曼殊院通リを西に入った場所にあるラーメン屋さん。知る人ぞ知る 麺屋連続居抜きの場所である。屋号を変え幾度となく訪れた勝手知ったる新規麺屋奥に伸びたカウンターと手前のテーブル席は今も健在。並で700円は今や標準的な価格、注文するは卵かけごはんセットキムチ付きで950円噂には聞いてはいたが見た目は丸々新福菜館。スープもほぼ同じではあるがコクが弱くよりはポップな印象ただしベースはまったく同じと言っていい。 [続きを読む]
  • 和風カフェ 江久庵 京都店(カフェ)
  • 河原町五条の北西角にある和風カフェ。呉服・ 掛軸・清水焼などを展開する京都フォーシーズンさんが提供するカフェである。石畳が敷かれた異空間的なエントランス、中はいるとオープンカフェ屋根付きとなっているので天候には左右されなく、また喫煙も可能だ。店内は天井が高く開放感は抜群、茶室まで設けられていて入店前の想像をはるかに超えた店内だ。和服メーカーだけあって関連商品も陳列されている。器にもこだわりがあり壁 [続きを読む]
  • GRACE(紅茶専門喫茶店)
  • 烏丸松原の東を下がった場所にある紅茶専門店。ティーインストラクターが選別する誇り高き紅茶を堪能できるお店である。煉瓦風のエントランスから中へ入ると英国の香りがする上質な空気が漂う店内が来店者を迎えてくれる。広くはないのだが圧迫感は感じさせなく 3Sが行き届いた優雅で大らかで気持ちいい店内だ。さすがに専門店だけに種類は豊富、紅茶好きにはたまらないまさに紅茶楽園である。アールグレイは650円フレーバーティー [続きを読む]
  • 麺屋ガテン なんば心斎橋 総本店(ラーメン)
  • 大阪難波、道頓堀北詰の信号を1本北へ上がった西にある麺屋さん。Yahooラーメン次世代選手権にて優勝を飾ったお店とのこと。入ってすぐには座席はなくレジや冷蔵庫など什器が置かれ座席は奥に存在する。壁には有名人の来店記念サインと製麺所の袋が誇らしげに掲示されているところなど今風の麺屋さんを感じる。名物MAZEそば”は760円 麺量、にんにく、あぶら もやし などが増量無料である。トッピングに鰹節が入る汁なしラーメン [続きを読む]
  • 讃式(うどん)
  • 京阪 清水五条駅の西側、五条通リに面した場所にあるうどん屋さん。讃岐うどんを提供されている。狭い間口であるが店内に入ってもその狭さは継続されている。さらに段差があったり店内構造がいびつであったりと、ある意味面白い店内といえよう。店頭の看板メニューでもある ぶかっけうどんセットは980円でぶっかけ肉うどんと小かやくごはん。混んでる事?もあるのだろう15分以上の待ち時間を得てセットがやってきた。肉、天かす、 [続きを読む]
  • ラーメン 霽レ空(ラーメン)
  • JR二条駅の西側、御池通りに面した島地にあるラーメン屋さん。開店され間もないときに足を運んだので店内外大変きれいな状態であった。外は比較的普通”であったが店内は意図的なのかプレハブのようなベニア風の作りになっていて質素軒ストレートな雰囲気である。こちらの麺屋さんの注目店はなんといっても牡蠣煮干ラーメン。ミニ近江牛すじご飯セットで1000円、今時とすれば妥当な価格か。。。綺麗な茶色をしたスープをまずはじめ [続きを読む]
  • 麺将武士(ラーメン)
  • 今回は信州上田市からの紹介。上田駅内と言っても過言ではない場所にある麺屋さん。武士と書いて もののふ”を名乗る店舗はやはり真田生誕の地である故であろう。時刻は12時前、観光客を中心に行列ができていたが待ち時間15分程度と以外に早く入ることができた。カウンターと小上がり席がある標準的なラーメン屋さんの風景。メニューに目を落とすと真田家生誕地らしく(観光客目当て・・・)戦国武将の名がつくラーメンがズラリ。 [続きを読む]
  • モクモク 京都店(自然派レストラン)
  • 河原町六角を西へ入った場所にあるバイキングレストラン。ホテルビスタプレミオの1Fとなる。目印はなんといっても入り口に陣取る等身大の牛くんである。。滋賀県伊賀の農家直営店舗でその生産品はハム・ウインナー・パン・地ビールお米・とうふ・野菜など多彩な品目をそのままレストランで食べられる自然派レストランである。店内は席数も多く席間も十分に取られてあり、ゆとりある空間が提供されている。レギュラーメニューの他に [続きを読む]
  • ル・プチメック 今出川店(ベーカリーショップ)
  • 今出川大宮にある人気ベーカリーショップ。今出川店は事実上の本店となる。京都でも指折りの人気店で品種によっては夕刻までに売り切れも多いらしい。京都大丸店とは異なり本格的なイートイン空間が確保されている。まるで欧州の下町食堂にいるかのような雰囲気の店内だ。メニューにはアルコール商品もみてとれる。アールグレイは450円これにマフィン系とチーズ系をつい2つで3個のおやつ。シンプルながらしっかり基礎を抑えてある [続きを読む]
  • 京都ホテルオークラ(ホテル)
  • 河原町御池の北東にある京都を代表するホテルの1つ。京都らしからぬ高層ビルとなっている。創業130年の老舗ホテルである。一定の年齢層からは旧名である京都ホテルとの呼び方の方が通じる場合が多い。100名程度の会社新年会で使用。ドリンク込みで1人8000円前後で用意をしてもらった。さすが京都ホテル”料理は文句なくトップクラス。ホテル料理の基本幅広い受け入れを”守りつつ特色を出した品出しは京都のホテルの王者といえよう [続きを読む]
  • 麺処 蛇の目屋(ラーメン)
  • 西木屋町通の四条を一筋上た場所、西木屋町の銘木”の近くに有るラーメン屋さん。この店舗の奥は別の飲食店舗が入っている。大きな赤い目の提灯が目印でエントランスは南国風”に見て取れる。中に入ると一面に施されたタイルが印象的である。カンターのみの座席となるがタイルといい打ちっぱなしの天井といいかなり個性的な店内である。鶏系メインの麺屋さんで鶏白湯ラーメン+鶏めし1150円繁華街価格である。まろやかなスープと平 [続きを読む]
  • COFFEE SHOP NOEN(喫茶店)
  • 市場花見小路の南角、お茶屋一力亭の西側にある喫茶店。京都の最も華やかで賑やかな場所にある普通の喫茶店である。角地で道路の接している面がガラス張りの見通しいいお店である。雰囲気は昭和の喫茶店であるが明るく元気な店内で常連から外国人観光客まで多種多様な客層があるところはやはりここが祇園”であることが認識できる。和英表示のカラー写真を織り交ぜた見やすいメニューいっぷく”タイムの15時入店ミルクティーのほう [続きを読む]
  • サロン ド テ リュ・ポエム(カフェ)
  • 京都タカシマヤ6階にあるティーカフェ。カップが選択できる特典で有名でである。明るく清潔感あふれる店内は白いテーブルクロスが更に映えて見える。壁にはティーカップが陳列されている、おそらく有名な器なのであろうが。。。某にはわからない。お紅茶に小腹対策のサンドイッチを模索・ちなみにティーカップのメニューも用意されてて内容はわからないがしばらく見入ってしまった。アッサム+玉子サンドで1500円近くなり昼食代より [続きを読む]