刀八毘沙門天の1人で仏々 さん プロフィール

  •  
刀八毘沙門天の1人で仏々さん: 刀八毘沙門天の1人で仏々
ハンドル名刀八毘沙門天の1人で仏々 さん
ブログタイトル刀八毘沙門天の1人で仏々
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/gosikisen
サイト紹介文京都を中心とした“クイモノヤ”を‘自己中紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供158回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2014/09/28 02:20

刀八毘沙門天の1人で仏々 さんのブログ記事

  • 麺や 紬(ラーメン)
  • 伏見区竹田久保町の交差点を西へ1本入った場所にあるラーメン屋さん。地下鉄 くいな橋 から徒歩3分のロケーションにある。新規開店後間もない来店だけに什器1つ1つが真新しい。飾りっけのないL字カウンター、開店直後1130時頃入店だけにお客は某1人である。醤油と味噌の2本看板、味噌が100円アップとなる800円。味噌チャーシューメン1000円、昼食価格としてはギリの価格であるが器から溢れんばかりのラフレシアタイプのド派手な見 [続きを読む]
  • みのる食堂 京都?島屋(レストラン)
  • 京都?島屋の三階にある自然派レストラン。先に紹介した「みのりカフェ」の姉妹店である。「みのりカフェ」のようにオープンスタイルは取られていなく田畑の写真が掲示されている以外はごく普通のレストランの姿である。主張から帰りの夕食利用、看板メニューである みのる膳”は1728円 少々きついが、はりこむ!写真に偽りなし!このボリューム感は圧巻である!ご飯を含め19品種、どれも体に良さそうな雰囲気を持つ品々である。 [続きを読む]
  • カフェラ 大丸梅田店(カフェ)
  • 大阪市梅田、JR梅田駅南にある大丸梅田店4FにあるUCC系列カフェ。エントランスは高級志向、まるでブランドショップに来たかのようである。入口のイメージからもっとシックでバーラウンジのような店内を想像していたが3フロア吹き抜けの開放的な空間が広がっていた。中心に大きな樹があり、それを取り囲むような配置でカウンター席、テーブル席が設けてある。店内は外光もあり極めて明るいのだが、長居してしまいそうなホッとした雰 [続きを読む]
  • ラーメン彩心(ラーメン)
  • 御園橋西詰を西に入った場所にあるラーメン屋さん。近くには世界遺産である上賀茂神社がある。尚、この地はラーメン赤心"の居抜き店となる。店内は改装され綺麗にはされているものの、ほぼ以前の姿をとどめている。とは言え赤心”のころは店内全体に赤(茶)だったのが今は少し明るなった。メニューはベーシックで唐揚絡みの定番セットもあるが、白身魚フライのセットというラーメン屋としては変わり種(少し)も用意される。少し [続きを読む]
  • Toru Cafe(喫茶店)
  • 烏丸花屋町の北東、お東さん(東本願寺)の対岸にある喫茶店。和風建築の社屋に二種類の木”を使った格子戸風の店頭は印象的である。モダンな店内である。格子戸の効果は店内にも及び独自の光の演出を得られている。棚にはオープリンリールが回り艶やかな音色が部屋の隅々まで浸透する。棚の最上部にはオーディオエンスー垂涎のスピーカーが並び、店内のシンボルにもなっている。3時のおやつ”での入店喫茶店の証であるトースト( [続きを読む]
  • にこみや 岳(居酒屋)
  • 新町押小路を西に入った場所にある町家居酒屋さん。京都らしい古民家をそのまま使用した店舗で人気店の1つである。暖簾をくぐり靴を脱ごうとしふと横を見ると・・・富野由悠季先生の子供たちがズラリ出迎えてくれた。この手の居酒屋の玄関口にまで顔を出すほどにメジャーな存在になった今を何やら こそばく”思いながら店内へ向かった。畳から板間に変えられた店内は奥に長くまさに京都スタイル。掘りごたつ式カウンターも用意され [続きを読む]
  • ル・デッサン (フレンチ)
  • 西大路高辻を西に入った場所にある南仏料理店。大きな通りから少し入ったロケーションとなるが周りに飲食店が多く利用客の多さが伺える地域となり、ちょっとした激戦区となっている。1150時入店の少し早めのお昼、座席は3割程度であったが10分もしない内に満員行列状態である。ランチは1100円から3000円代まで3種の中から選択できる。。。某、当然1100円のランチをお願いする。スープ、サラダ、パン(バケット)が付いてのランセッ [続きを読む]
  • 宮崎県日向市 塚田農場 京都西院店(居酒屋)
  • 西院、北西角にある溢れビル地下1Fにある居酒屋さん。今居酒屋でトレンドの1つとなっている牧場”の屋号を持つ宮崎発信のお店である。女性スタッフはオナゴ神輿スタイル!少し鼻の下が伸びる。。。元気いっぱいのウェルカムからの初回注文作業は頼もしい限りだ。こげ茶色を基調とした小屋のような店内は落ち着きのあるウッドスタイル。色彩は地味だがライティングなどもあり明っるい店である。まずは備え付けの味噌におかわり自由 [続きを読む]
  • 濃厚らーめん 驚麺屋(ラーメン)
  • 京都ラーメンストリートの一乗寺、高野の交差点を100mほど上がった場所にあるラーメン屋さん。今をときめく濃厚系である。キラメキ系のお店で修行されての独立と記憶する(不確定譲歩であるが)テーブル席とカウンター席、両側に展開する、空間の使い方がうまく広くはない店内、狭くは感じさえない。3つのとんこつラーメンからの選択で並”で各750円と今の世の標準価格。本来、看板メニューである濃厚とんこつ”を注文する予定で [続きを読む]
  • みのりカフェ 高島屋京都(カフェ)
  • 京都?島屋3階にある自然派カフェ。JAが提供する生産者の思いが直接商品になり消費者に届けられるカフェである。屋内オープンカフェの形をとっており席状況などひと目でわかるようにはなっているがプライベート性には長けてはいない。入店時刻は15時過ぎのお茶タイム、紅茶とトースト程度を所望したのだが・・・この手のカフェにはトーストはなく 京のたまごサンド918円と少々予算オーバーとなった.某の好みの卵サンドではなくカチ [続きを読む]
  • 喫茶 デージー(喫茶店)
  • 兵庫県新温泉町、湯村温泉の北の入り口である細田の信号の角にある喫茶店。温泉町の愛される喫茶店である。中は昔懐かし喫茶店、温泉街によくある憩いの地である。地元の方が3組、その中外者である某が暑苦しい身なり(単車姿)で入店したものであるからか一斉に視線をいただいた。閑話休題、3時のおやつを求め、550円のケーキセットお願いする。....安い!!チーズケーキには2山の生クリームのサービス。ケーキは小ぶりではありが [続きを読む]
  • 餃子専門店 福吉 京都本店(ラーメン/餃子)
  • 京阪本線の深草駅と藤森駅の中間辺りの師団街道沿いにある中華飯店。屋号にある通り餃子専門店とはなっているが一通りの中華メニューは揃っている。内は戦前の中国飯店のようなレトロな店内である。店内いたるところに中華”な小物が置かれているのは好感が持てる。メニューは雰囲気十分!重厚な木製一応メニューには目を通したが注文品は迷わずラーメンと餃子。背脂浮く醤油味、素直な味で多様の甘味と塩味が混在し懐かしい内容。 [続きを読む]
  • 但馬ビーフレストラン楓(ビーフレストラン)
  • 兵庫県新温泉町、夢千代日記で有名な湯村温泉内にある但馬牛レストラン。場所は温泉地のメイン通りから少し北東へ入ったフレッシュパークゆむらの北側となる。7月下旬のツーリングの12時、茹だる暑さの中での昼食である。テーブル席とカウンター、カウンターの前にはビーフレストランらしく大きな鉄板が見える。テーブルの上に置かれている3種のドレッシングを横目に注文の品を一考する。路面温度40°を超える中でのツーリング後の [続きを読む]
  • 出石皿そば 如月(蕎麦)
  • 兵庫県豊岡出石町の柳の交差点を東200m入った場所にある蕎麦屋さん。出石町といえば蕎麦とかばんの町で全国的にも有名であるがその本場の出石蕎麦をいただきに向かった。囲炉裏テーブル席も用意されているが基本小上がり席がメインとなる座席である。出石蕎麦といえば小皿に盛った蕎麦が多数出てくる!基本メニューが5皿800円 追加1皿120円 となるで普通10皿ほどは行くので1512円(税込)が実費であろう。如月さんではワサビは己 [続きを読む]
  • アースカフェ(ラーメン/インド、ネパール料理)
  • 北大路橋西の辺にあるインド料理店。ラーメン”の文字が書かれている看板にふと足を止め入店へ。中へ入ると倭人ではない方が元気よくご挨拶、本格インド料理であることを再認識!少しく暗めの店内、テーブル席主体の比較的大きめの空間が用意され壁に掛かっているモニターではインドポップ?のPVが繰り返し流されている。セットで1000円オーバーとなるものの、珍しくもラーメンとナンとのセットとのことで多少興味本位で注文となっ [続きを読む]
  • 丸太町十二段家(和食)
  • 烏丸丸太町の南西にある大正時代創業の老舗和食店。お茶漬けと甘党12段が有名となるお店である。建家はビルとなるが中は純和風となる。基本は座敷となるがテーブル席も用意されていて足腰のキツイ方も安心である。たいへん落ち着いた店内でオープン席となるが京都らしい ほっこり"出来る空間が提供されてる。筆書き縦書きの渋いお品書きは、らしさ”を感じさせる。すずしろ1134円 最もリーズナブルなメニュー!1000円超えは決して [続きを読む]
  • 八起庵 京都高島屋店(鳥料理)
  • 京都高島屋7階ダイニングガーデン京回廊内にある老舗鳥料理店。3店舗ある1つで本店は神宮丸太町に店舗を構える。来店の年齢層はやや高めではあるが子連れからリーマンまで幅は広い。狭い店内を友好的に使用する為か、歪なカウンターや通路にテーブル席が設けられ圧迫感は多少なりともある。定食屋や丼屋と比較すると価格はかなり高めである。百貨店価格、更には八起庵価格”となること承知の上である。親子丼とミニ鴨なんばのセッ [続きを読む]
  • 中国広東料理 天意(中華料理)
  • 京都府八幡市、国道一号線八幡戸津の交差点から南西へ200mすすめバイキング”の同敷地内にある本格中華飯店。昼はお得な定食、そして夜は60種類の本格中華が1980円で食べ放題となる。テーブル席とお座敷(小上がり席と呼べない大きな空間)がありお座席の方は周りはしないが丸テーブルとなる。60種、それも全て本格広東料理からの選択ができるハイパフォーマンス。スタッフに聞くと1品注文すると基本的に人数分の料理を出してくれ [続きを読む]
  • 四季の味 ひと粒 綾部店(定食/食堂)
  • 京都府綾部市、国道27号線沿い、綾部市消防本部の南西側にある定食屋さん。地元愛に溢れたような店舗であるが、意外と有名人の来店も多いようだ。テーブル席中心の広い店内、地方の食堂にありがちな夜は居酒屋のようなあつかいとなる。ひと粒の名物メニューであるからあげ定食、当日は夏のからあげ祭りと称してからあげが倍になるとのことで注文となった。味噌汁、小鉢、漬物、そして倍増のからあげがついて1080円倍とのことで少し [続きを読む]
  • ラーメンムギュ (ラーメン)
  • 円町の北東角にある鶏系ラーメン屋さん。白い入口に透明の引き戸、そして 個性的な屋号が大きく記された看板ライトアップもあり円町周辺でもよく目立つ。自然の温もりを狙った店内什器は木、照明は温かみある電球色という今流行りのコンセプトとなる。3種のラーメンが用意される。いずれも名古屋コーチンをベースに作られている鶏系スープ。しろ、くろ、濃厚鶏そば となるが まぜそば"も利用できる。濃厚鶏そば750円にこげ飯200 [続きを読む]
  • KICHIRI 河原町店(居酒屋)
  • 河原町蛸薬師を下った古城ビルの7階にある居酒屋さん。女子ウケしそうなオシャレ系居酒屋さんである。靴を脱いでの利用となり、2Sが行き届いた店内は程良い照明とリラックス出来る座席を備え、ゆったり”出来る空間が用意されている。5000円での飲み放題プラン 会社の課内宴席となり系7名の利用者である。オマール海老の鬼殻焼き”やローストビーフ、などコダワリの内容が並ぶそしてメインは フォアグラ丼  期待が膨らむ1品で [続きを読む]
  • 京都 柳馬場 ほん田亭(割烹/居酒屋)
  • 柳馬場御池を下がった場所にある海鮮割烹屋さん。以前に紹介した「田舎亭」よりさらにアダルトなお店である。奥に長い店舗でカウンターの次にリラックスできるテーブル席が用意されている。10名での宴席だったので。奥のテーブル席を貸しきって楽しませていただいた。5〜6千円、ドリンク付いてのコース設定海鮮中心に構成された大人メニュー、日本酒が美味しい内容(のようだ!)今回の主役は鯛しゃぶ、出汁の旨みがあっさりした鯛 [続きを読む]
  • 天下一品 竹田店(ラーメン)
  • 伏見区、竹田久保町の交差点の北西角にある天一のFC店。他の天一にないオリジナティーなサービスがある天一である。店内は他の天一と変わらずいたって普通の様相。ただ・・・入り口近辺にある天一では見慣れないサービスカウンターを除いては。ラーメン注文者に手作り惣菜を食べ放題、ここ竹田店のみのサービス。ほかの店にいい刺激になっているのでは・・・某は大歓迎である。初めは天一のラーメンそのものが珍しく充分こってり1 [続きを読む]
  • 田舎亭(居酒屋)
  • 仏光寺通東洞院を東に入った場所にある居酒屋さん。屋号から察するとおり、おばんざいと日本酒のお店となる。カウンターとテーブル席の部屋と靴を抜いでの半個室とがあり収容人数は意外と入れるのだが人気店だけに予約がベスト、当日も飛び込み客はお断りとなっていた。カウンターにはズラリおばんざいが並ぶ。。。いい雰囲気である。メニューは大人の領域、安くないが手頃とも言えないアダルトな内容。かしこまった雰囲気でもない [続きを読む]
  • 串焼き 満天 四条烏丸店(串/居酒屋)
  • 四条東洞院を上がった場所にある串屋さん。店舗は特徴的なデザイナーズビルとなり特に夜の姿が美しい。木造風の店内は木の温かみが伝わって来るほっこり空間、照明も工夫されオシャレな空間でもある。メニューの豊富さは目を見張るほど、定番から創作系まで1度の来店では注文しきれないほどである。また串以外の居酒屋メニューも充実していて注文時に迷うほどである。お通しは海苔の炙り焼き#となかなか渋め!各テーブルに串など [続きを読む]