Mr.しもの前途遼遠 さん プロフィール

  •  
Mr.しもの前途遼遠さん: Mr.しもの前途遼遠
ハンドル名Mr.しもの前途遼遠 さん
ブログタイトルMr.しもの前途遼遠
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mister_shimo
サイト紹介文プロレスファンのおじさんのオンラインゲーム日記です。
あなたもMr.しもとザ・ミックの生き様を追
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供886回 / 365日(平均17.0回/週) - 参加 2014/09/28 02:50

Mr.しもの前途遼遠 さんのブログ記事

  • WWE2K18がいつの間にか発売していた件
  • いやぁ、ホントにウッカリしてました。発売してたんですね、WWE2K18!風邪やら仕事やらでまるで気づきませんでした。買うか買わないか?・・・たぶん、買います。PS4版を購入すると思います。さすがにぼちぼち次世代機版に乗り換えようと考えていまして乗り換えるなら旧世代機版の発売がいよいよ控えられたこのタイミングかなと。リアルになったことで逆にMr.しもやミックが再現できない可能性も高いんですけどね。愛用していたMr. [続きを読む]
  • 11・16「東方英雄伝」旗揚げ戦の対戦カード発表
  • ソースは、東スポWeb。中国の運営会社「上海NEW」が立ち上げる新プロレス団体「東方英雄伝」が18日、都内のIGF事務所で会見を行い、旗揚げ戦(11月16日、東京・後楽園ホール)の全対戦カードを発表した。メーンでは上海道場でコーチを務めるアレクサンダー大塚(46)、ハートリー・ジャクソン(37)組が船木誠勝(48)、王飛(22)組と対戦する。デビュー即メーンの大抜てきとなる王飛について、サイモンCE [続きを読む]
  • 杉浦貴が28日の後楽園で復帰
  • ソースは、東スポWeb。ノアは18日、心房細動治療のため欠場していたハレンチ王・杉浦貴(47)が、28日の東京後楽園ホール大会から復帰することを発表した。杉浦は不整脈を患い6月から欠場。7月14日にカテーテル手術を受けていた。同下旬に退院後はトレーニングを再開。14日に定期検診を受けた結果「ホルダーを着用して24時間、心電図をチェックして、造影剤を入れてのMRIなどの検査を受けました。異常なしで不整 [続きを読む]
  • 今週の週刊プロレス NO.1927
  • 表紙は激しい三冠王座戦を見せた宮原と諏訪魔でもなければセミファイナルで時間切れドローという結末ながらも圧倒的な支持を得た中嶋と拳王でもなく大日本の最侠タッグリーグを見事に制した神谷と橋本大地。大地、覚醒か!?全日本10・9後楽園石川を倒して三冠を巻いた宮原をも超えて見せた諏訪魔。三冠王座6度戴冠は最多記録だそうで。小島や藤田との戦いで株を下げた感のある諏訪魔ですがここから巻き返しが期待できそうです。三冠 [続きを読む]
  • NOAHトーーク! 2017年9月号
  • ノア公式パンフレット「ノア・ザ・スタイル」は8月頃から急に刊行ペースが遅くなり1ヶ月に1回ではなくなってしまいました。毎月新しいパンフ、出そうぜ・・・、ノア!?・・・というわけで8月のノアで最も強烈なインパクトを残したこの方のポートレートを!2017年8月のノア1.エディ・エドワーズが 外国人選手として初の GHCヘビー級王者に!8月・・・というかここ数年で最大級のインパクトだったのがこの王座戴冠劇ではなかったか [続きを読む]
  • 鉄は熱いうちに打つべきでした。
  • おかげさまで今月の頭からずっと長引いていた風邪もほとんど治まりましてそろそろブログの各コーナーだったり動画作りだったりに力を入れていこうと思っているのですが・・・やる気スイッチが入らないんです!10月は仕事環境に大きな変化がありましてその変化に向けてずっと準備を進めていました。風邪がずっと治らなかったのも体に過剰な負荷をかけてしまったことが一因かなと思っています。その準備段階が終わり現在は上がってき [続きを読む]
  • 今週のワールドプロレスリング 2017.10.14
  • <10月9日 両国国技館>東京ドームIWGPヘビー級王座挑戦権利証争奪戦内藤哲也 VS 石井智宏石井の試合っていつも見る前は「石井か〜」なんて感じであまり期待せずに見始めるんですけどいざ試合が始まるとやっぱり面白いんですよね。最近はちょっと器用になりすぎてるのが気になりますが・・・(笑)ブレーンバスターとデスティーノをめぐる攻防は見ごたえがありました。それ以外にも序盤から水と油の2人だからこそ逆にスイング [続きを読む]
  • RENA、計量オーバーの相手に怒りの1回KO
  • ソースは、スポーツ報知。◆RIZINバンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1st ROUND ―秋の陣―▽女子MMAトーナメントルール49.0キロ ○RENA(1回3分25秒、TKO)アンディ・ウィン●(15日・マリンメッセ福岡)女子初のトーナメント優勝候補のRENA(26)=シーザージム=が、計量で250オーバーの失態を犯した“狂乱の金網女王”アンディ・ウィン(35)=米国=を圧倒し、「RIZIN」初の女子メインを白星で飾 [続きを読む]
  • たまには格闘技の話でも・・・
  • 明日は格闘技のイベント「RIZIN」が開催されます。Mr.しもの中の人は格闘技の方は興味があるのかというと実はあまり・・・。ミックさんはK-1とかPRIDEとか好きでしたけどね〜。RIZINにしろK-1にしろスゴイなぁと感心するのは次々とスーパースターを生み出していくところ。特にRIZINなんて女性格闘家のRENA選手や若干19歳の那須川選手など目の付け所が鋭いというか。格闘技イベントの目玉が女性格闘家選手というのは斬新でしたし那 [続きを読む]
  • 中嶋vs拳王が大爆発した件
  • 本日のノア後楽園大会は18:30開幕。私も仕事が早く終われば途中からでも観に行きたいなぁなんて思っていたのですがなんだかんだで仕事が終わったのは19:30。そこから後楽園となるとどんなに早くても30分はかかるわけでさすがに私もあきらめたのですが・・・。なんだかすんごくセミの中嶋vs拳王が熱かったようで・・・。私もこのセミが気になっていたのですが予想以上の大爆発を見せてくれたようです。改めて・・・声を大にして言い [続きを読む]
  • 明日開幕!ノア、グローバル・リーグ戦!
  • いよいよ明日の後楽園大会から始まるノアのシングルリーグ戦、グローバル・リーグ戦。毎度毎度、このネーミングセンスだけはなんとかならないものかと思ってしまいますが内容はきっと充実したものになるでしょうからご安心下さい。昨年のGLは外敵、鈴木みのるの優勝という結果でしたが今年はオトナの事情で参戦はありません。そして、現GHCヘビー級王者のエディ・エドワーズの参戦もないので本命不在のリーグ戦になったといっても [続きを読む]
  • 今週の週刊プロレス NO.1926
  • 表紙は、来年の東京ドーム大会でメインイベントを務める2人、オカダと内藤。世間的には「やっぱりこの2人でしょ!」みたいなハッピーな雰囲気になってますけど数年前にこの2人の同一カードをメインからセミに引き摺り下ろしたのは他ならぬ「ファンの皆様」なんですからね。そこのところ、お忘れなく。新日本10・9両国この両国大会はNJPWワールドでほぼ全試合観戦しました。セミとメインの印象はEVILの入場以外あまり残っていなくて [続きを読む]
  • エディvs丸藤の中継を見て思ったこと
  • 10.1横浜文体大会のメインイベントとして行われたGHCヘビー級王座戦、エディvs丸藤のG+放送分を見ました。改めて見ると本当にスゴイ試合でしたね。試合中盤までは動きの読み合いをいう要素でファンを魅了して後半はノアらしい展開、断崖式や雪崩式の技の攻防で魅せるという文句のつけようのない試合だったと思います。1つだけ気になったのはこの試合、開始直後まで実況の方が「三沢さん」「三沢さん」と三沢さんの名前ばかり出して [続きを読む]
  • 小松と田中が凱旋試合でIWGPジュニアタッグ戴冠!
  • ソースは、バトルニュース。9日、両国国技館にて新日本プロレス『KING OF PROWRESTLING IN RYOGOKU KOKUGIKAN』が開催され、2016年より海外遠征中だった小松洋平と田中翔が凱旋帰国した。2016年よりCMLLに海外遠征をしていた小松と田中。小松は風神、田中は雷神というリングネームで活動し、その後THE TEMPURA BOYZというタッグ名でアメリカなどで活躍。小松はYOHEY、田中はSHOとリングネームを変え活動を続けていたが、この日ロ [続きを読む]
  • 新日本10.9両国大会をワールド観戦!
  • まず、これは皮肉でもなんでもなく素直な意見です。今回、集客が9,234人と満員マークはついたものの超満員や札止めは付きませんでした。これについては事前に対戦カードを見て今大会の観戦を見送る大英断を下したファンに拍手を送りたい気持ちです。そして同様に「それでもオレは この大会を観戦したい!」という純粋な気持ちで会場でこの大会を見届けた生粋のファンの方にも大きな拍手を送りたい気持ちです。某週間少年漫画で学 [続きを読む]
  • 諏訪魔が宮原を破り第58代王者に
  • ソースは、スポーツ報知。全日本プロレス2017旗揚げ記念シリーズ三冠ヘビー級選手権 〇諏訪魔(31分3秒、体固め)宮原健斗●(9日、東京・後楽園ホール)諏訪魔(40)が宮原健斗(28)を破り、三冠ヘビー級王座奪回に成功した。昨年2月にアキレス腱断裂のため無念の王座返上。その時の王座決定戦で26歳で史上最年少王者に就いたのが宮原だった。諏訪魔がベルトを手放していた1年8か月で、王座は宮原からフリーの [続きを読む]
  • 本日は新日本両国大会!
  • 主な対戦カードはIWGPヘビー級選手権試合オカダvsEVIL、挑戦権利証争奪戦内藤vs石井、IWGPジュニアヘビー級選手権試合KUSHIDAvsオスプレイ、IWGPタッグ選手権試合3WAYトルネードイリミネーションマッチKESvsウォーマシンvsGOD、IWGPジュニアタッグ選手権試合田口&リコシェvsX&Xなど。はっきり言いますよ?6試合もタイトルマッチが組まれている割には出し惜しみ臭がぷんぷんするんですよね。IWGPジュニア王座戦くらいじゃないですか [続きを読む]
  • 先週の週刊プロレス NO.1925
  • 体調不良の為、1週間近く遅れての更新となりますがご容赦下さい。そんなときに限って表紙は私の推し団体、ノアという皮肉・・・。NOAH10・1横浜初の外国人GHC王者、エディ・エドワーズに最強の挑戦者、丸藤正道が挑んだ今回のノア横浜文体大会。その模様は観戦記にも書いていますので是非ご覧下さい。観戦してきて改めて思ったのはノアが新しいことにチャレンジしようとしている姿勢ですかね。エディがベルトを獲ってすぐに丸藤が [続きを読む]
  • 風邪のその後・・・
  • 風邪、長引いてます。仕事の上でも明日、明後日から大きな業務改善がありましてその推進役が自分ということで休んでいる暇はまったくないんですけどね。今日も仕事に行くつもりでしたが喉の痛みで声が出せず泣く泣く控えました。「風邪かな?」と自覚し始めたのはノア横浜大会の翌日の10月2日ですからかれこれ1週間近くも体調を崩していることに。体もシンドイのですが精神的にもなかなかキツイです。現状としましてはとにかく喉が [続きを読む]
  • 健康と呼ぶには程遠く・・・
  • 体調の方も万全とはいかず仕事が忙しいこともあってなかなかブログが書けない状態です。熱はないのですが鼻づまりと喉の痛みがいっこうに引きません。うぅむ、どうしたものか・・・。・・・というわけでホントにすいません、もうちょっとだけまったりペースでやらせていただきます。↑バナーを でランクアップ! ご協力よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 2017.10.1ノア横浜文体大会観戦記
  • 約2ヶ月ぶりとなるプロレス観戦はノアのビッグマッチ、横浜文体大会。チケット販売時からプロレスフレンドのkoba.さんに「文体は観戦に行きましょう」と誘っていたのですがまさかあんなカードが並ぼうとは・・・。ノアファンでないとなかなか興味を惹かれない対戦カードばかりでしたからねぇ。試合開始は16:00でしたが我々は昼入りして中華街を堪能しました。四川風の麻婆豆腐は見た目どおり辛い!・・・でも、ウマイ!テレビとか [続きを読む]
  • 第220話 赤く燃ゆる楓(かえで)!!
  • 実況にツッコミながら自身の心境を吐露するカナディアンマン。日々特訓をしていたことをこうも自信満々に語られては「みんなそうだろう」とはおいそれと言えなくなってしまうようなしまわないような・・・。それでもやっぱり劣勢に立たされてしまうカナディアンマン。すると額のパーツを自ら切り離すカナディアンマン。更にスペシャルマンの得意技(なのかな?)のフットボールタックルを繰り出すカナディアンマン。まるでスペシャル [続きを読む]
  • ノアの元練習生エドワーズが丸藤超えでGHC初防衛!
  • ソースは、デイリースポーツ。「プロレス・ノア」(1日、横浜文化体育館)GHCヘビー級選手権試合は王者のエディ・エドワーズが丸藤正道の挑戦を退けて初防衛に成功した。ノアの元練習生で現在は米インパクトレスリングで活躍するエドワーズにとって、約1年8カ月ぶりの戴冠と王座の海外流出阻止を目指して挑戦してきた丸藤はあこがれの存在。2人はお互いに“ノア愛”をアピールするように故三沢光晴さんの技を繰り出すなど、 [続きを読む]