野散 NOSAN 散種 野の鍵 贈与のカオスモス  さん プロフィール

  •  
野散 NOSAN 散種 野の鍵 贈与のカオスモス さん: 野散 NOSAN 散種 野の鍵 贈与のカオスモス 
ハンドル名野散 NOSAN 散種 野の鍵 贈与のカオスモス  さん
ブログタイトル野散 NOSAN 散種 野の鍵 贈与のカオスモス 
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/jfk1122zzzya
サイト紹介文野散 のさん野を開く鍵 贈与のカオスモス散種 混沌ー宇宙 想像的・歴史的なもののジャンルなき収蔵庫
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/09/28 16:58

野散 NOSAN 散種 野の鍵 贈与のカオスモス  さんのブログ記事

  • М・バナール『黒いアテナ』 ほか 新刊・旧刊集書録 その1−1
  •           ▲今月の新刊・旧刊書 雑誌などМ・バーナール 『黒いアテナ』 など その1−1 ▲左から『ロシアを動かした秘密結社 フリーメーソンと革命家の系譜』2014年彩流社 現代思想など高価な本のためしばらく入手できなかった、М・バーナールの『黒いアテナ』 読み始まったのだが、実に手ごわい本なのだ。考古学・語学・言語学・人類学・神話学など多岐にわたる専門知識の習得を要請されている。これ [続きを読む]
  • 『世界』2018年10月号 岡真理 「「ユダヤ人国家法」制定」
  •     ▲『世界』2018年10月号 岡真理 「「ユダヤ人国家法」制定 成文法化された植民地主義」ほか『世界』2018年10月号 岡真理 「「ユダヤ人国家法」制定 成文法化された植民地主義」ほか『世界』2018年10月号 岡真理 「「ユダヤ人国家法」制定 成文法化された植民地主義」ほか▲『世界』2018年10月号 岩波書店 定価850円+税▲『世界』2018年10月号 目次1▲『世界』2 [続きを読む]
  • 東京裁判をめぐる本のいくつか 1−2
  •      ▲ 東京裁判をめぐる本のいくつか 1−2東京裁判をめぐる本のいくつか その1−2東京裁判をめぐる本のいくつか その1−2▲東京裁判及びその前後の書籍・雑誌東京裁判をめぐる本の出版は、1952年に連合軍の占領を脱した1952年に本格的に始まると見てよいのだろうか。占領下の占領政策、言論規制もあり、(名目上)占領軍の去った後、それなりの言論が解禁された。独立国家(日本)の首都に横田ほか [続きを読む]
  • 東京裁判をめぐる本のいくつか
  •       ▲ 東京裁判をめぐる本のいくつか 東京裁判をめぐる本のいくつか東京裁判をめぐる本のいくつか 久しぶりに、かなり前から気になっていた小説を読んだ。赤坂真理の『東京プリズン』である。読後感がよかったので、我が家のあちこちにある「東京裁判」をめぐる本を点検しながら、「東京裁判」も私の戦後秘史の探索のひとつに格上げして、少しばかり調べてみることにした。7月のテーマのひとつは「東 [続きを読む]
  • 『現代思想』2018/6月 「臨時増刊号 明治維新の光と影」青土社1-1
  •        ▲『現代思想』2018/6月 「臨時増刊号 明治維新の光と影」 青土社『現代思想』2018/6月 「臨時増刊号 明治維新の光と影」 青土社『現代思想』2018/6月 「臨時増刊号 明治維新の光と影 150年目の問い」 青土社▲『現代思想』2018/6月 「臨時増刊号 明治維新の光と影」 目次1▼『現代思想』2018/6月 「臨時増刊号 明治維新の光と影」 目次2▲ 『現代思想』2018/6月 「臨時増刊号 明治維新の [続きを読む]
  • 雑誌探索日録 研究会・シンポジウム1−1
  •      ▲『前方後円墳築造周辺域における古墳時代社会の多様性』九州前方後円墳研究会2003雑誌探索日録 研究会・シンポジウム1−1雑誌探索日録 研究会・シンポジウム1−1▲『前方後円墳築造周辺域における古墳時代社会の多様性』2003 九州前方後円墳研究会 ▲『前方後円墳築造周辺域における古墳時代社会の多様性』 目次 原則会員制の研究会の資料集などは、発行部数も少なく、見逃すと容易に見つ [続きを読む]
  • 2018年5月 パレスチナ イスラエル問題 1-3
  •     ▲『ユダヤコネクション アメリカ=世界戦略を決定するのは誰か』1991 三交社2018年5月 パレスチナ イスラエル問題 1-32018年5月 パレスチナ イスラエル問題 1-3まもなく、2018年5月14日に、イスラエルが言うところの建国70年となる。イスラエルは、ユダヤ歴の建国日に直すと、すでに4月中に建国70年行事を行っている。国際的な外交姿勢ではアメリカはイスラエル・ロビ [続きを読む]
  • 『現代思想』2018年5月 パレスチナ イスラエル問題 青土社1-2
  •       ▲『現代思想』2018年5月 パレスチナ イスラエル問題 青土社栗田禎子「いい土地ですから、前に進めてください」とバルフォアはロスチャイルドに言った 帝国主義・戦争・人種主義の100年とその顛末『現代思想』2018年 5月 「特集 パレスチナ・イスラエル問題」(150−161頁)栗田禎子さん、なかなか鮮やかに、論文名、内容とも2018年の世界・日本の状況を俯瞰した上で、2017年1 [続きを読む]
  • 『現代思想』2018年5月 パレスチナ イスラエル問題 青土社
  •          ▲『現代思想』2018年5月 青土社『現代思想』2018年5月 特集パレスチナ イスラエル問題 青土社この5月14日で西暦に換算し直すと、イスラエル建国70年となる。アメリカ、ルーマニアなどはイスラエルの首都をエルサレムと認め、大使館をエルサレムに移す予定である。これに対して、キリスト教・イスラム教の聖地でもあるエルサレムが、ユダヤ教国家イスラエルの首都とすることに対してパレスチナ [続きを読む]
  • 戦後占領期日本、『朝鮮戦争はなぜ終わらないのか』
  •    ▲『占領期年表』2017年創元社 『朝鮮戦争はなぜ終わらないのか』2017年 創元社など戦後占領期日本、『朝鮮戦争はなぜ終わらないのか』戦後占領期日本、『朝鮮戦争はなぜ終わらないのか』▲戦後史再発見双書7 五味洋治 『朝鮮戦争はなぜ終わらないのか』 2017年 創元社 定価1500円+税 316頁 ▲五味洋治 『朝鮮戦争はなぜ終わらないのか』目次               ・     [続きを読む]
  • インターネットで読めるオリエント史・考古学文献 その1−1
  •           ▲日本オリエント学会 『オリエント』2016年 59巻1号 1年に2回刊行 インターネットで読めるオリエント史・考古学文献インターネットで無料でダウンロードして読めるオリエント史・考古学文献 中央公論社の世界史シリーズは、1960年代に一度出版されていた。その後30年後の1998年頃全30巻シリーズで出版。さらに、ほぼ10年後その後の研究状況を増補し、2008年頃から改 [続きを読む]
  • フリーメーソン・秘密結社・プロパガンダ その1−3
  • ▲フリーメーソン・秘密結社に関わる本のいくつかフリーメーソン・秘密結社・プロパガンダ +陰謀 その1−3フリーメーソン・秘密結社・プロパガンダ +陰謀 その1−32017年はフリーメーソン300年ということで、日本でも著作が次々と出ていたようだ。気がつくのが遅く2000年以降の本は海野弘の『陰謀の世界史』や『スパイの世界史』などの陰謀本に限られている。まだ、 [続きを読む]
  • フリーメーソン・秘密結社・プロパガンダ その1−2
  •           ▲秘密結社・フリーメーソン・陰謀に関わる本のいくつかフリーメーソン・秘密結社・プロパガンダ その1−2フリーメーソン・秘密結社・プロパガンダ その1−2フリーメーソン・秘密結社・プロパガンダ その1−2  その1−2では、日本の戦前のフリーメーソン・秘密結社の文献案内。国立国会図書館では、戦前の図書・雑誌・パンフレットなど、多数の資料が保存されている。このうち著作権の切れ [続きを読む]
  • フリーメーソン・秘密結社・プロパガンダ その1−1
  •            ▲ フリーメーソン・秘密結社に関するいくつかの本フリーメーソン・秘密結社・プロパガンダ その1−1フリーメーソン・秘密結社・プロパガンダ その1−1 は、新書などフリーメーソンについての入手しやすい1970年代から1990年代までの本を中心に古い順に掲げておきたい。 昨年は近代フリメーソン誕生から300年にあたる年だったようだ。2017年後半になって気がついたのだが、ほか [続きを読む]
  • 本日の到着便 『現代思想2018年1月 現代思想の総展望』 青土社 ほか
  •         ▲ 『現代思想』2018年1月 特集 現代思想の総展望 青土社 1500円+税▲『現代思想』2018年1月 特集 現代思想の総展望 青土社 ▲『現代思想』2018年1月 特集 現代思想の総展望 目次1 ▲ 『現代思想』2018年1月 特集 現代思想の総展望 目次2柄谷行人 「資本の「力」とそれを越える「力」」中沢新一 「レンマ的算術の基礎」大澤真幸 「根源的構成主義から [続きを読む]
  • 初期国家・編年・年輪年代・須恵器編年の課題 1−1
  •       ▲初期国家論のために、文献が稀少な時代の年代確定は、どうするのか、年輪年代・須恵器編年をめぐるいくつかの本左から、1 『中期古墳研究の現状と課題Ⅰ』中国・四国前方後円墳研究会 第20回研究集会 発表要旨・資料集 2017年11月2 『考古学と実年代』第40回 埋蔵文化財 文化財研究集会 第Ⅱ分冊 資料集 1996年8月 埋蔵文化財研究会3 『遺跡の年代を測るものさしと奈文研』 奈良文 [続きを読む]