うさぎくん さん プロフィール

  •  
うさぎくんさん: うさぎくんのお薦め映画ブログ
ハンドル名うさぎくん さん
ブログタイトルうさぎくんのお薦め映画ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/auu2000/
サイト紹介文ネタバレなしでお薦め映画を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/09/30 16:41

うさぎくん さんのブログ記事

  • 『オーバー・ザ・ブルースカイ』映画鑑賞
  • 『オーバー・ザ・ブルースカイ』映画鑑賞。ベルギー映画。冒頭、病室。主人公夫妻には幼い娘がいる。病室のベッドにいるのは娘だ。一見、元気な娘だが病室・病棟の様子、主人公夫妻の表情から、娘が難病であるらしいことがわかる。病名は出てこないが、10分もすればおそらくあの病気だと推測がつく。場面変わって7年前。主人公夫妻が出会い親しくなる場面になる。この映画は現在と過去の場面が行きつ戻りつしながら進行していく。 [続きを読む]
  • 『ミステリー・メン/俺たちヒーロー志願』映画鑑賞
  • 『ミステリー・メン/俺たちヒーロー志願』映画鑑賞。主人公達はスーパーヒーローになりたいと思っている(あるいは、すでになっていると勘違いしている)おバカさん3人組。日夜、活躍しているつもりだが、なんだかうまくいかず、ファミレスで会議を開く毎日である。そんなある日、本物の悪者が街にやってくる(と、言ってもやはりおバカさんなんだけど)。なにやら怪しげな兵器を使って街を全滅させようとしているらしい。それを [続きを読む]
  • 『たそがれ清兵衛』映画鑑賞
  • 『たそがれ清兵衛』映画鑑賞。幕末。妻に先立たれ、3人の娘と年老いた母を養っている主人公。一応、侍だが禄高50石の貧しい平侍である。同僚との酒の付き合いもせず、仕事が終わればすぐに家に帰るため「たそがれ清兵衛」と揶揄されている。身なりにも構わず、周りからは嘲笑の的である。そんなある日、友人の妹と出会い思いを寄せあう仲となる。しかしある出来事をきっかけ清兵衛が剣の達人であることが知られ、藩主より清兵衛は [続きを読む]
  • 『ロンドンゾンビ紀行』映画鑑賞
  • ロンドンゾンビ紀行 [ アラン・フォード ]4,104円楽天ロンドンゾンビ紀行【Blu-ray】 [ アラン・フォード ]3,440円楽天【中古】ロンドンゾンビ紀行 【DVD】/アラン・フォード1,727円楽天『ロンドンゾンビ紀行』映画鑑賞。不況のあおりを受け、主人公兄弟のじいちゃんのいる老人ホームが閉鎖されることになった。閉鎖されればじいちゃんはどこか北の遠くの施設に行くことになってしまう。そこで兄弟は銀行強盗をして大金をせしめ [続きを読む]
  • 『アリスのままで』映画鑑賞
  • 『アリスのままで』映画鑑賞。主人公アリスは50歳。優秀で著名な言語学者。冒頭はアリスの誕生祝いから始まる。夫と3人の子供。3人の子供は立派に成長し、アリスは順風満帆の人生を送っている。そんなある日、適切な言葉が出てこない、今いる場所が突然わからなくなる、以前夫が話したことを覚えていないなど、典型的な認知症の中核症状が出始める。専門医を受診するアリス。涙ぐましい努力にも関わらず、若年性アルツハイマー型 [続きを読む]
  • 『ミラージュ』映画鑑賞
  • 『ミラージュ』映画鑑賞。チリ映画。主人公はクラブの用心棒。身体能力に優れ、打撃系格闘技の達人である。主人公は幼い頃、強盗に目の前で両親を惨殺され主人公も重傷を負った。弟は性的暴行を受け、精神を病み心を閉ざし、精神病院にずっと入院している。仕事が無い時は黙々と格闘技のトレーニングに明け暮れる毎日だが、ある夜、トレーニングの帰りに強盗に襲われている一家を目撃する。目の前の強盗団の一人を一撃で倒し、男 [続きを読む]
  • 『ラッキーナンバー7』映画鑑賞
  • 『ラッキーナンバー7』映画鑑賞。主人公はある日突然、人相の悪い男達に連れ去られる。そして暗黒街のボスに「お前の9万6千ドルの借金を帳消しにしてやる代わりに、ある人物を殺害しろ」持ちかけられる。しかし、主人公は借金などしていない。自分が誰かと人違いされていることを知るがボスは聞く耳を持たず、言う通りにしなければ自分の命もなくもはや断れる状況にないことがわかる。やむなく命じられた通り、その人物を殺害する [続きを読む]
  • 『トゥヤーの結婚』映画鑑賞
  • 『トゥヤーの結婚』映画鑑賞。内モンゴル自治区。トゥヤーの夫は事故で下半身不随のため働くことができない。子供と自分の生活を養うため懸命に働くトゥヤーだが、ある日トゥヤー自身も大怪我を負ってしまう。夫は離婚を薦め、トゥヤーに新たな人と結婚するよう言うが、夫を見捨てたくないトゥヤーは夫の介護と家族全員を養ってくれることを条件に再婚してくれる人を探し始める。我々の住む日本とは違う(あるいは同じ)様々な物 [続きを読む]
  • 『人生の特等席』映画鑑賞
  • 『人生の特等席』映画鑑賞。主人公は野球のスカウトマン。もう引退してもいいくらいの歳であり、身体は確実に衰えてきている。特に眼が悪くなってきており、スカウトマンにとっては致命的である。妻は20年以上前に亡くなっており、弁護士の娘が一人いる。父と娘の関係はあまりよくない。父は頑固で偏屈で無愛想で野球のことしか頭に無く、娘は子供のころから自分と関わろうとしてこなかった父に怒りや憎しみや悲しみや愛情が入り [続きを読む]
  • 『パニッシュメント』映画鑑賞
  • 『パニッシュメント』映画鑑賞。ある一つの出来事を複数の人物からの視点で、なおかつ時間軸をずらして描くことによって、我々が見ている事実は断片の一つに過ぎず、出来事を目撃した人物の話を総合して初めて語られていることの全貌が明らかになる。このような手法を採用して撮った映画はいくつもあり、もっとも有名なのは黒澤明の『羅生門』だろうが、この手法は凝った構成の割にはあまり面白くない物も多数存在する。その中で [続きを読む]
  • 『セールスマン』映画鑑賞
  • 『セールスマン』映画鑑賞。イラン映画。 大きな地震が起こり、主人公のマンションもガラスが割れ、壁に亀裂が入るなどの被害を受けた。とても住める状態にないが、そんな折主人公と妻が所属する劇団の劇団員から新たなマンションを紹介され、そこに住むことになった。戯曲「セールスマンの死」の初日を間近に控えたある日、一人で家にいた妻が闖入者から暴行を受ける。マンションの以前の住民である女性がここでいかがわしい仕事 [続きを読む]
  • 『君が生きた証』映画鑑賞
  • 『君が生きた証』映画鑑賞。主人公は広告代理店に勤める有能な社員。成功し、裕福な暮らしをしている。妻とは離婚している。息子は大学生。学生寮で暮らしており、ミュージシャン志望なのか自作の曲と歌詞をつけた歌を部屋で宅録している。そんな矢先、学内で銃乱射事件が起こり、息子は亡くなってしまう。ショックのあまり主人公は酒に溺れ自暴自棄になり自堕落で荒れた日々を送ることになる。場面は2年後に跳ぶ。主人公はボート [続きを読む]
  • 『グッドナイト・マミー』映画鑑賞
  • 『グッドナイト・マミー』映画鑑賞。双子の少年レオとルーカスはとても仲良し。外で散々遊んで家に帰ってくると、顔を包帯で巻かれた母親がいる。双子はどこか浮かぬ顔だ。双子は母親が別の人物にすり替わっていると思ってるようだ。母親はなぜかルーカスにだけ辛くあたる。食事やおやつを与えない、挑発的なルーカスにだけ暴力を振るう等。母親は何らかの事情で手術をしたらしい。そして術後、家に帰ってきた母親を本当の母親で [続きを読む]
  • 『パーフェクト・プラン』映画鑑賞
  • 『パーフェクト・プラン』映画鑑賞。冒頭、マスクを被った4人組の男達がある男から現金を奪おうとしている。周到に計画を立てていたに違いない。役割分担が明確で、4人の動きに無駄が無い。ものの10数秒程度で現金強奪には成功するが、直後に4人組の1人が仲間の1人を殺害し現金を持って車で逃走する。これは、どういうことなのか。 場面変わって、女(ジュデイ)と幼児とべビーシッターの描写。ジュディは日中は仕事をしている [続きを読む]
  • 『アパートメント:143』映画鑑賞
  • 『アパートメント:143』映画鑑賞。ある一家から「住んでいるアパートから奇妙な現象があり、調べて欲しい」と依頼を受け、心霊研究の専門家チーム3人が調査に向かう。家の中に監視カメラや赤外線モニターを設置し、怪現象を捉えようとする。様々な視点からの映像(と音)を駆使してドキュメンタリー風に撮る手法を採用しているのだが、かなり構成が考えられており、退屈することがない。それどころか、いつ何が出てくるかわから [続きを読む]
  • 『手紙』映画鑑賞
  • 『手紙』映画鑑賞。弟の大学資金を得るため、兄はある家に押し入り金を盗み、そして女性を殺害した。無期懲役。弟は大学進学をあきらめ、ある仕事に就くが兄が殺人犯だということが知られ不遇の日々をかこつことになる。この映画は兄と弟の手紙のやりとりが中心となるが、後半に至ってからは思いもかけない展開となる。思わずため息をつくことになる巧みな伏線とミスリード。胸蓋がれる、素晴らしいラスト。感涙必至の涙腺崩壊映 [続きを読む]
  • 『トレーダーズ』映画鑑賞
  • 『トレーダーズ』映画鑑賞。エリート金融マンの主人公は金融不況を理由に、突然会社から解雇を告げられた。豪華なマンションで何不自由ない生活を送ってきた主人公は、そのすべてを失うことになる。その頃、彼の旧友で事業に失敗してばかりの友人であるシステム・エンジニアが、金の欲しい者同士が同じ金額を賭け、殺し合うといった新たなインターネット事業「トレーダー」を考え出していた。恐ろしいコンセプトを聞いた主人公は [続きを読む]
  • 『なんちゃって家族』映画鑑賞
  • 『なんちゃって家族』映画鑑賞。主人公は独身。ヤクの売人である。ヤクを売った金を持って家に帰ろうとすると、女性がチンピラに絡まれているところに遭遇する。女性を助ける主人公だが、チンピラから逃げる際に今日の売り上げすべてが入ったバッグを失ってしまう。ヤクの元締めに金を持っていかなければ命は無いが、元締めは「メキシコから大麻を密輸してくれば今回のことはチャラにする」という。メキシコから大麻を密輸する際 [続きを読む]
  • 『素晴らしき哉、人生!』映画鑑賞
  • クリスマスといえばこの映画。『素晴らしき哉、人生!』映画鑑賞。この映画の素晴らしさは終盤にある。人生に絶望した主人公は橋の上に立ち、最悪の決断を実行しようとする。そこから話は急激にファンタジックでサスペンスフルな展開となる。冒頭から序盤にかけての何気ないエピソードが伏線となり、主人公の人生を振り返させる脚本は見事としかいいようがない。ラスト10分歓喜の涙が止まらない。自分はこの世界で何をしている [続きを読む]
  • 『人生、ブラボー!』映画鑑賞
  • 『人生、ブラボー!』映画鑑賞。主人公は42歳独身。決して悪い男ではないし、ずる賢くもない。むしろ人が良く、憎めないところのある好人物である。でも、ヤバイところから8万ドルも借金があり、ヤバそうな人から連日借金の返済を迫られている毎日である。父の経営する精肉店に勤める主人公にそんな金はあるわけもなく、家で秘かに大麻を栽培し、金を儲けようとしているが、少しおバカさんなので、それも上手くいかない。仕事に遅 [続きを読む]
  • 『追憶の森』映画鑑賞
  • 『追憶の森』映画鑑賞。空港。男はアメリカから東京行きの飛行機に乗る。荷物も持たず、帰りのチケットも用意せずに。日本に着くと、そのまま青木ヶ原の樹海に向かう。立ち入り禁止のロープを跨ぎ、樹海の奥深くに入っていく。しばらく歩き、睡眠薬を多量服薬しようとする。意図はすでに明白だ。男は死ぬためにここに来たのだ。薬を飲もうとすると、何やら唸るように、独り言を言う日本人の姿が目に入る。道に迷っているのか。男 [続きを読む]