遊民画廊 さん プロフィール

  •  
遊民画廊さん: 遊民画廊
ハンドル名遊民画廊 さん
ブログタイトル遊民画廊
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yuematsu30
サイト紹介文趣味で書いている水彩画等と一言。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/09/29 09:39

遊民画廊 さんのブログ記事

  • ロシアの風景(6)モスクワ・クレムリン−1
  •  モスクワ観光の定番、クレムリンの入口の一つ、トロイツカヤ塔。クレムリンの望楼の中では一番高い塔。クレムリンとは、城塞を意味するロシア語で、クレムリンと呼ばれる場所は方々にあり、この後、黄金の環スーズダリでも訪れた。城塞と言っても、高い塀が城を思わせるが、内部にあるのは教会等の宗教的建物ばかリ。この辺りは、他の国と異なる。(ロシア旅行記はブログ「遊民翁の旅(http://68449813.at.webry.info)」にアッ [続きを読む]
  • ロシアの風景(4)モスクワ市内で見た教会
  •  モスクワ市内観光の途中、車窓から見かけた教会。天井のドーム玉葱がはっきりするものとそうでないものが見られる。ロシア正教徒でないと公言した現地ガイドによると、玉葱型は炎を表現しているとのこと。(ロシア旅行記はブログ「遊民翁の旅(http://68449813.at.webry.info)」にアップしています) (画用紙:KMK KENT200 266x195mm、絵具:固形透明絵具と水筆ペン) [続きを読む]
  • ロシアの風景(3)宇宙飛行士記念博物館
  •  宿泊したコスモホテル前、早朝散歩で訪れた「宇宙飛行士記念博物館」の入口と建物の上に建つオベリスク。”大きいことは良いことだ”的なオベリスクで、先端は何故かドイツのVロケットを思い出させる形のロケット。近くには地下鉄の駅があったが、警察官みたいな人が監視していて少々不気味。何と無く収容所列島的監視社会を思い出す。 (画用紙:KMK KENT200 266x195mm、絵具:固形透明絵具と水筆ペン) [続きを読む]
  • ロシアの風景(2)モスクワ市内で見かけた建物
  • モスクワの空港からホテルに向かう途中で、一戸建て民家と思われるものは殆ど見かけなかった。大体は五階以上のアパート。低層階の建物があると、大体において商業施設のように見えた。その中で、目に付いたこの建物はさて。壁に書かれたロシア語が十分には読み取れないが、辞書を参考に推察すると、何か保険関係の事務所の様に思えた。 (画用紙:KMK KENT200 266x195mm、絵具:固形透明絵具と水筆ペン) [続きを読む]