名宣会社中ブログ さん プロフィール

  •  
名宣会社中ブログさん: 名古屋の茶道教室 名宣会 社中ブログ
ハンドル名名宣会社中ブログ さん
ブログタイトル名古屋の茶道教室 名宣会 社中ブログ
ブログURLhttp://shachu-blog.meisenkai.jp/
サイト紹介文名古屋で活動する武者小路千家 名宣会の社中による茶の湯日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/09/29 12:54

名宣会社中ブログ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 松花堂庭園美術館
  • 「待庵を見に行ってきました」の続きです。待庵を拝観した後、2時間ほど時間がありましたので、松花堂庭園美術館に寄ってきました。待庵から車で20分ほどの所にあります。より近くに聴竹居や水無瀬神宮の燈心亭など見たいところが多くあったのですが、聴竹居は曜日が合わず、燈心亭は5人以上という制限のため、拝観は叶いませんでした。またの機会に期待したいと思います。松花堂庭園美術館は、江戸時代初期の文化人で茶人の松花 [続きを読む]
  • 待庵を見に行ってきました
  • ブログの更新を怠って、早3か月・・・。ブログを止めたわけではありません。今後も不定期で更新してゆきますので、よろしくお願いします。さて、先日、念願であった待庵の拝観が叶いました。待庵は言うまでもなく、国宝三茶室の内の一、千利休作とされて現存する唯一の茶室です。待庵のある妙喜庵は、山崎の合戦で知られる洛南山崎の地にあります。雨の中、名古屋から高速道路をとばして1時間半、意外と早く着きました。名古屋は [続きを読む]
  • 火曜会2015年12月のお稽古
  • 十二月は何かと忙しく・・、レポートの内容を充実させることができませんでした。せっかくご用意いただいたのに、大変申し訳なく思います。つたないレポートですがご容赦くださいませ。  年末になってきました。主菓子は空也餅です。空也踊躍念仏は昨年の説明をご覧くださいませ。主茶碗こそべ 高台が十字にできているものをご用意いただきました。クリスマスのシーズン、先生のご趣向としてご用意いただきました。濃茶 [続きを読む]
  • もう一つの如庵「元庵」
  • 「有楽苑で旧正伝院書院襖絵公開」、「如庵の中に入って」の続きです。有楽苑には「如庵」のほかにも「元庵」という茶室があります。この「元庵」は有楽斎が大阪天満の屋敷に設けていた茶室を古図に基づいて復元したもので、「元庵」は表千家十三代即中斎による命名だそうです。元々は、この大阪天満の茶室も「如庵」と呼ばれていたようで、国宝の「如庵」より前、有楽斎がもう少し若い頃の作だそうです。確かに若さと言いますか、 [続きを読む]
  • 如庵の中に入って
  • 間が空いてしまいましたが、先日の「有楽苑で旧正伝院書院襖絵公開」の続きです。この日は如庵の内部公開もセットになっていまして、解説付きで中に入ることができました。如庵は、外側から拝見したことは何度かあるのですが、中に入ってみると外からは分からないことが多くあり、驚かされます。まず、室内の広さですが、外から見ているより中に入った時の方がはるかに広く感じます。とても二畳半台目とは思えない感覚です。この広 [続きを読む]
  • 11月瑞穂教室も炉開きです。
  • 11月は熱田神宮月釜の準備のお話が活発になる中、炉開きのお稽古となりました。火曜会のお稽古風景をレポートさせていただいているのですが、今回は金曜会午前のお稽古にお邪魔させていただいた時のお稽古風景を撮影させていただきました。熱田神宮月釜の準備も忙しい中、お稽古の準備をしていただいた先生、先輩方にお礼申し上げまして先に進ませていただきたいと思います。 寄付きには炭焼き職人の絵をご用意いただきました [続きを読む]
  • 有楽苑で旧正伝院書院襖絵公開
  • 犬山の有楽苑に於いて、旧正伝院書院の襖絵が公開がされるとのことで、行ってまいりました。年に二回公開されているそうです。旧正伝院書院は、織田有楽斎が京都建仁寺の旧正伝院書内に隠居所として造ったもので、如庵と共に京都から東京の三井家、神奈川県大磯の三井家別邸を経て、現在の犬山の地に辿りついたとのことです。隠居所として造られただけあって、書院といっても小さく簡素にまとめられた品の良さを感じました。先日、 [続きを読む]
  • 名古屋城本丸御殿
  • 先日の金の茶釜の続きで、現在復元工事中の名古屋城本丸御殿を見学してきました。名古屋城本丸御殿の復元工事は3期に分けて行われており、第一期分が公開されてから何年も経つと思うのですが、なかなか機会がなく、今回初めて訪れました。車寄を見学して、裏から入り、再び玄関へ。玄関の二之間。 玄関の一之間、立派な床があります。 表書院の三之間、広大な空間、39畳。もちろん畳は中京間ではありません。 表書院の二之間 [続きを読む]
  • 過去の記事 …