ひとり座禅のすすめ さん プロフィール

  •  
ひとり座禅のすすめさん: ひとり座禅のすすめ
ハンドル名ひとり座禅のすすめ さん
ブログタイトルひとり座禅のすすめ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/goot1912
サイト紹介文自分ひとり、坐禅(靜功)を日常生活の中で取り入れていくと今までと違った感覚を覚えていく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供241回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2014/09/29 17:28

ひとり座禅のすすめ さんのブログ記事

  • どんな悪い状態になっても全てを受け入れ一歩一歩を踏み出して行く
  • 私は数年前までは、体のあちこちに不具合が生じても、何とか普通の生活をさせて頂いておりましたが、ある日突然、普通に歩くことが出来なくなってしまいました。 勿論かけ足も出来たのですが。あれもこれも全ては私自身のこれまでの食生活も含めた所業の結果です。 歩くのにも相当な負荷がかかります。 然し乍ら一歩ずつでも歩いて行かねば、前には進みません。 出来るだけ負荷がかからないような歩き方も、自然と覚えました。今 [続きを読む]
  • モリバコーヒー店にお洒落な老紳士が集まっていると云う話を聞いて
  • 昨夜は土曜日の夕方に顔を合わせたので、久しぶりに日曜日の6時半にお伺いしますと約束し、事務所から戻って2時間ほどひと休みしてから、特に買い物もしていなかったので、バナナを2本持って伺いました。長い間、舞台製作をして帰りは何時も深夜にタクシーで帰る日々を送りながらも、自分が関心のあることでは徹底して、自らから体を動かしその真髄に迫ることを実践されて来た方です。現役のそんな忙しい時でも、ブナの盆栽に興味 [続きを読む]
  • 身近に透析されている方と糖尿病の方がおりますが改めて考えてみると
  • 私に身近に週3回透析をされている方がおられます。 よく聞いてみると親からの遺伝によって、透析をするようになりました。 一般的に透析を行った後は、体がぐったりとしてしまうようですが、その方は具合が悪くなるようなことはないとのこと。若い頃は暴飲暴食はしたものの、そのことが腎臓機能の低下を招き、透析に至ったことは無いように感じられました。 透析の場合は治療には全額公費負担になるようです。かたや糖尿病の方は2 [続きを読む]
  • ジグザクの登山電車 雲の中を風で揺られてロープウェイに乗りながら
  • 一泊泊まりで時々バスの停留所でお会いする友人たちと、箱根に行って来ました。 一人は私よりも4歳上ながら、数年前に奥さんが天に還られて、ひとり住まいの生活をされている方です。 原則的に食材を買って来ては、ご自分で料理をし多すぎる食材を小分けにして冷凍し、きちんとした食生活をされていることを話してくれて、改めてその調理方法も含めて下手な料理番組を見るよりも、細やかな料理方法を聞いて、改めて感心するばかり [続きを読む]
  • LEDの技術の進展が目覚ましく施設でのLED化も進んでおります
  • 施設の照明器具の省エネ化とランプの寿命が長くなると云う事で、LED化を検討したのが5年ほど前です。 ランプの販売を長年手がけて来た友人の畔田俊紀さんの助言も入れて検討したのですが、未だLEDランプそのものが発展途上であるということから、控えておりました。数年前より国の省エネのための補助金政策もあって、検討を始めました。 私が関係する施設の市では、残念ながら補助金の体制が出来ていなくて、自前でLED化を行うこと [続きを読む]
  • ドームで阪神巨人戦を観ながら現在 関心のあることを話し合って
  • 昨日は前事務所の茂呂先輩と、東京ドームで阪神巨人戦を観ながら、久しぶりで会話を楽しみました。 ゲームも阪神の一方的な展開に、話に夢中になりながらの観戦でした。ネット裏の真ん中で前から15番目の席で、野球観戦には打って付けの良い席です。 阪神ファンであることを知って、時々プレゼントをしてくれるのです。現在は売って仕舞われましたが、自宅を改造して女性だけのシェアハウスを経営された体験から、女性の対応は非常 [続きを読む]
  • 認知症の予防には深呼吸の要領で行う長く吐く呼吸が良いのですが
  • 北園高校で2年間、同じクラスだった吉田日出子さんが、セリフが覚えられなくなって、舞台から消えてしまって長くなります。 先日、黒門小学校で6年間一緒のクラスだった新橋耐子さんと60数年ぶりで、電話で話しましたが、吉田さんとは仲間で、認知症になってしまったという話を聴きました。私は自分の体験から、深呼吸の要領で行う長く吐く呼吸、吐く息をイメージで体の中へ吐く呼吸が、目には見えないけれど体の中を、神経の腺に [続きを読む]
  • 60数年ぶりで級友の新橋耐子さんと電話で話をして声は変わらないと
  • 昨日、電話に出ると聞き覚えのある声が聴こえて来て、直ぐ黒門小学校で6年間一緒だった新橋耐子さんだと分かりました。 卒業以来、実に60数年振りに聴く声ながら、ちょっぴり鼻声気味の声でした。子供の頃は少し痩せ気味で、家も我が家からすぐ近くにあったりしたので、教室内でもよくお喋りをした記憶があります。 然し乍ら、確か5年生の時だったでしょうか、新橋さんに対するちょっとした言葉使いが悪くて、言葉の深い意味も分か [続きを読む]
  • 積み木遊びの準備は出来ましたが雨が何時も心配です
  • 昨日、倉庫から木片チップから作った積み木1万数千個を、知り合いの会社から借りた1.5トン車に積み込みが終わり、雨が降っても良いように新しいビニールシートに覆われて、私が住む住宅地に駐車されて、イベント会場に何時でも出発できる状態になっております。1年に1回、クラッチ付きのトラックの運転をするようになって、30年以上経っております。 木片チップも1000個単位で、現在進行形の現場に依頼して、無料で提供して頂いた [続きを読む]
  • 30数年来の友人とは週に数回はお昼ご飯を一緒に食べるので
  • 私は事務所で休日も含めて毎日、何らかの作業を行なっております。 主に7のパソコンを使用しておりますが、慣れない10も稼働させます。 時々XPのパソコンを古いデータを確認したり、データを更新しておく時に稼働します。22インチから24インチの液晶パネルに囲まれながら、作業を行なっているような状況です。 そんな時に、お昼ご飯を一人で食べるのは寂しいものです。 従って午前中の早い時間に、30数年来の友人に電話をして、お [続きを読む]
  • 伊倉を訪ねて の文章の深化を続ける伊倉雅晴さんとお茶を飲んで
  • 新宿の淀橋生まれの淀橋育ちの伊倉雅晴さんは、千葉大学の建築学科を卒業して住宅公団に就職し、住宅行政に長く関わった方です。 後年は立川北側での開発計画にも携わって、元地主さんたちとも様々な形で関係したと話を聞いたことがあります。仕事の関係で日本全国に出張することが多く、いつの日にかJR線の全国制覇をしようと考えたとのこと。 何処でそうなったかは不思議なのですが、最後の駅は熊本県の肥後伊倉駅に降り立ち、歩 [続きを読む]
  • 座禅の姿勢は上半身を直立させながら如何に力を抜くかが大切
  • 座禅を行う時の姿勢は、肩の力を抜き上半身を頭のてっぺんを天から引っ張られているような感じで維持し、胡座を組む膝はあくまでも転倒しないように、床に接するだけで良いのです。これは上半身が直立し、重心が体の垂直状にあると、上半身を支える床からの反力によって、上半身には力がかからないー力が抜けた状態になるからです。禅宗のHPを見ると、お尻と両膝の3点で上半身を維持しなさいとの記述があります。 残念ながら上記の [続きを読む]
  • 黒門小のクラス会に出席出来ない人たちの理由様々な病に罹っていて
  • 90数歳になられた柿沼正悦先生も、高齢者の施設に入られて出席出来ないと娘さんからの連絡でしたが、5月に後楽園の涵養邸で開くことになりました。前幹事として新幹事をサポートする関係から、ネットで出席者の数や出席出来ない方々の理由が分かります。 改めて今年は自分も含めて体のあちらこちらに不具合が出るようになっているなあと感じます。抗がん剤の治療を定期的に行っていても、毎日明るく元気に過ごしている方がいると思 [続きを読む]
  • ブナの盆栽を始めて40年を超えるという友人の話を聞いて
  • 友人は舞台製作の仕事を行なっていて現在は引退したものの、40年ぐらい前には忙しくて、毎日のように都内から深夜にタクシーで帰る日が続いていたようです。そんな忙しい日々を送りながらも、ブナの盆栽に興味を持ち、山梨でブナの盆栽を行なっている人がいると云うのを伝え聞いて、大月の駅を降りて河口湖まで歩きながら、探し歩いたようです。大月から二つ目ぐらいの駅に着いた頃に、ブナの盆栽を行なっていた近藤農園(現在は後 [続きを読む]
  • 日常のちょっとした時間を利用して長く吐く呼吸のリズムを掴む
  • ここでの長く吐く呼吸は、深呼吸の要領で行う呼吸です。 いわゆる一般的に云われている、初めに息を吐き出す腹式呼吸ではありません。よく考えてみれば、長く吐く呼吸を行おうとする時には、はじめに大きく息を吸うのが自然です。 ここでは私たちの体の自然な生理から、出来るだけ長く吐くと云う無理をしながらも、吸う、吐くの自然な流れのリズムを大切にしながらの呼吸を、改めて行ってみます。私たちはこの世に生まれ出て以来、 [続きを読む]
  • 先ず深呼吸の要領で大きく息を吸ってから出来るだけ長く息を吐いて見る
  • ここでの呼吸法は、一般的に云われている初めに息を吐き出す腹式呼吸とは違います。 私は幸いなことに生まれて初めて、胡座を組んで静かに真っ暗闇の中で、1時間座り続けた時には一般的な腹式呼吸法を知りませんでした。一般的な腹式呼吸は、はじめに息を吐き出しますが同時に、下腹の丹田からも吐き出します。 私は我流の呼吸法を実践する中で、肺の動きと下腹の丹田の動きは同期しないと感じております。私たちが子供の頃から行 [続きを読む]
  • 恥の上塗りをする財務省事務次官のセクハラ疑惑の麻生大臣の対応
  • 森友・加計問題で子供でも分かる嘘のつき方を、取り巻きも含めて行う安倍首相の映像を見ていて、不愉快な気分になっているのに、今度は森友問題の公文書改ざんを行った財務省の事務次官が、日常的に女性記者にセクハラ発言を繰り返したということが、週刊新潮にとり上げられました。 しかもネットで音声データまで公開されました。それに対する財務省の対応は、時代錯誤な該当する女性記者は指定する弁護士事務所に名乗り出てほ [続きを読む]