元警備員 さん プロフィール

  •  
元警備員さん: 施設警備員情報ブログ
ハンドル名元警備員 さん
ブログタイトル施設警備員情報ブログ
ブログURLhttp://motokeibiinn.seesaa.net/
サイト紹介文警備員の仕事は本当に楽なのか?底辺なのか?施設警備員についての資格や給料などの情報ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2014/09/29 20:57

元警備員 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 警備員の仕事は精神的に楽なのか?
  • 警備員を外から見ると、ただ座っているだけの仕事とか、ただ立っているだけの仕事とか、そんな風に見えるのが一般的だと思います。それは、簡単に言えば「楽な仕事」に見えるということです。しかし「隣の芝生は良く見える」ではないですが、外から見るのと実際やって見るのとでは、まるで違うと思います。そして、警備員の仕事が楽な仕事なら、多くの人がやりたいと思います。しかし、警備員の実際を見ると、警備をしている人は、 [続きを読む]
  • 警備員の仕事で一番重要な緊急対応について
  • 警備員(施設警備員)の仕事は、仕事の内容だけを考えると、楽な部類に入る仕事だと思います。もちろん、配属される現場に当たり外れがありますので、外れ現場に配属されれば、楽とは無縁の世界で働くことになり、警備員が楽だといっても楽ではない仕事となってしまいます。そして、警備員の仕事は内容的に楽だと書きましたが、それは、基本的にやることが決まっているからです。そのやることとは、立哨、入出管理、鍵の貸出・預か [続きを読む]
  • 警備員の仕事は楽?再度おさらい。
  • 以前、警備員(施設警備員)の仕事は「楽ではない」と書かせて頂きました。URL:警備員の仕事は楽?それは、あくまでも、警備員の仕事が、給料に見合わない仕事内容などで、警備員の仕事は楽ではないと書きました。その楽ではない理由とは?・警備員の給料は時給1000円前後(都市部)・24時間勤務がある現場も多くある。・現場の人間関係が悪いところも多い。・現場によりやることが多い。など。警備員の仕事は、現場によ [続きを読む]
  • なぜ警備員の仕事は社会的地位が低いのか?
  • 警備員の仕事といえば「社会的地位が低い仕事」の1つだと思います。では、なぜ警備員の仕事は社会的地位が低いのか?その理由を以下に書きたいと思います。警備員の仕事は、比較的に誰でもできる仕事だと思います。そこで、簡単にできる仕事だからこそ他の会社で使い物にならない人が集まる。年齢も高齢の人が多く若い人が少ない。そこで、社会的地位が低いといわれます。警備員の仕事は名ばかりで権限がありません。警察なら普通 [続きを読む]
  • 警備員の慢性的な人手不足など業界の闇について
  • 警備員は、比較的高齢でもなれる職業の一つだと思います。それは、常に人手不足の業界だからです。その人手不足の原因は「警備員=下層」とのイメージが定着しているために、業種的なイメージの問題もあり不人気で人が集まらない事情があると思います。また「警備=年寄り」とのイメージもありで、総じてイメージ的なものが悪く人が集まらない事情があります。また、実際の警備の仕事は、当直(24時間勤務)があり、給料が安く、 [続きを読む]
  • 警備員は誰でもなれる仕事なのか?
  • 警備員と聞くと誰でもなれるかのように思われがちですが、警備業法に定めのある人は警備員になることはできません。それは、18歳未満、破産した人(復権した人は可)、暴力団関係、精神障害、アルコール中毒などの人は警備員になることができません。また、警備業法には抵触しませんが、借金のある人、刺青(いれずみ)のある人などは、採用するにあたり拒否される原因の1つになる場合があります。警備員になるには、誰でもなれ [続きを読む]
  • 警備員の雇用形態について②
  • アルバイト、契約社員、正社員、それぞれの雇用形態での「メリット・デメリット」について、下記に少し書きたいと思います。1、アルバイト警備員のアルバイトはとにかく「気楽」にできると言うのが売りだと思います。自分の都合に合わせて仕事に出たり出なかったり、最悪、すぐに仕事を辞める(短期で辞める)などもすることが可能です。その点では良いとは思いますが、逆に自分の都合ばかりを言っていると仕事を貰えなくなると言 [続きを読む]
  • 警備員の雇用形態について①
  • 警備員の場合、アルバイト、契約社員、正社員といろいろな雇用形態があると思うのですが、その雇用形態について、以下に少し説明したいと思います。1、アルバイト交通警備など(2号警備)で多い雇用形態が「アルバイト」となります。指定された現場に行って、車の交通や歩行の誘導などを行い、現場の作業が終わればそのまま警備員の1日の仕事も終了となります。車が人があまり通らない場所での警備は楽ですが、逆に人も車も行か [続きを読む]
  • 過去の記事 …