セントラル商事 さん プロフィール

  •  
セントラル商事さん: セントラルマーケットコラム〜経済金融・コモディティ
ハンドル名セントラル商事 さん
ブログタイトルセントラルマーケットコラム〜経済金融・コモディティ
ブログURLhttp://centralshoji.blog.fc2.com/
サイト紹介文セントラル商事の経済金融・投資・コモディティに関するコラムです。各分野のスペシャリストが執筆中。
自由文商品先物取引の老舗、セントラル商事の経済金融・投資に関するコラムです。
著名エコノミスト植草一秀氏の『経済金融インサイト』、貴金属投資のカリスマ池水雄一氏の基礎知識編「ゴールド・プラチナ投資AtoZ」、弊社人気講師が商品市場の展望や売買戦略を解説する『ストラテジストの目』、商品相場伝説の相場師が語る『100億の男』(2007年6月〜8月収録)を掲載しております。
執筆者の講演会やセミナーもご案内中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/09/30 09:30

セントラル商事 さんのブログ記事

  • 続落し年初来の安値を更新したNY金の今後の見通しと戦略
  • Vol.0030続落し年初来の安値を更新したNY金の今後の見通しと戦略小針秀夫(トーキョートレーダーズタイムズ社代表取締役)<index>・6月の米FOMCの利上げ直後に大きく下げた金相場・FRB当局者の今年の米利上げ支持者が8人に増える・FRBだけでなく欧州ECBも金融政策の量的緩和終了を示唆・債券高とドル高からの金相場の下落が警戒される状況に・インフレ懸念が顕在化していることから弱気スタンスも危険6月の米FOMCの利上げ直後に [続きを読む]
  • ロンドンプラチナディナーとプラチナ最新の需給状況
  • 2018/06/13(第64回)ロンドンプラチナディナーとプラチナ最新の需給状況・ロンドンプラチナウィーク ロンドンプラチナウィークとは マーケット関係者のマインド・Metals Focus Platinum & Palladium Focus 2018 最新のプラチナの需給 生産コスト・今後のプラチナ相場の鍵 ファンダメンタルズ 南ア・ランド建ての動き 生産コスト 総合的に考えると 触媒需要が伸びる可能性 プラチナ代替への動きはあるか  ロンドンプラ [続きを読む]
  • 米朝首脳会談とFOMC
  • 2018/06/12(第100回)米朝首脳会談とFOMC<見出し>・外部環境の激動・日経平均23000円回復後に再調整・株価再反発の背景・目先1週間の変動が焦点外部環境の激動 2018年の金融市場は激動を繰り返している。1月末以降にNYダウが急落した。筆者は1月末にNYダウ調整の予測を提示したが、その理由はNYダウの上昇スピードが過大になったと判断したことにある。また、このタイミングでNY株価が調整した背景に [続きを読む]
  • 【期間限定公開】二番天井作りは頂点に達した
  • 日経平均株価二番天井作りは、頂点に達した。6月に入ってからの上昇は、23050に対しての高値調べであると書き続けてきた。特に6/7のジャンプアップ以降、何時が戻り天井であっても可笑しくなかった。これは全く私の思い込みだが、1000円鉤足が上に曲がり、大引け三段抜きが、陽線一本ではなく二本以上欲しがった。そんな罫線上の拘りが、本日まとめて記入された。私は自分勝手な思い込みが実現し、ほくそ笑んでいる。多分今日が天 [続きを読む]
  • 【期間限定公開】日経平均を「転換コマ足」でみる
  • 日経平均株価5/21の23050を大勢的二番天井とする理解が正しいか?現在はそのテスト中だ。先週6/7にジャンプアップして寄り付いた。以後今日で3日間、同値圏で保合っている。この高値保合が後何日続くかは未定である。残された高値があっても23050を上回る事はないだろう。下げ始める時は、ある朝、突然下放れると言う事になるだろう。今週にはその場面が来るだろう。その予兆を紹介しよう。マーケットアナライザー(※)で平均足 [続きを読む]
  • イタリアの政治の混迷が金市況にとって追い風となる
  • Vol.0029イタリアの政治の混迷が金市況にとって追い風となる小針秀夫(トーキョートレーダーズタイムズ社代表取締役)<index>・イタリアの政局の混乱に伴いECBの金融の出口政策にも影響か・イタリアを震源地とする欧州の金融不安が米国にも波及する恐れ・NY金は基本レンジが維持され上昇トレンドに回帰か・NY金のCFTC建玉は買いポジションが大きく減り新規買いが入りやすいイタリアの政局の混乱に伴いECBの金融の出口政策にも影 [続きを読む]
  • 【期間限定公開】昨日のグランビルの8つの法則を為替ドル円で解説する
  • テクニカル分析 グランビルの法則日経平均は、今日は引け間際まで、大引け2手高と思ったが、引け値は安かった。これでは来週前半に21500辺りまで下げて止まれるか?今から準備して時を待とう。下図は昨日のグランビルの8つの法則を為替ドル円で表示した。大勢の流れを一目で理解し易く、月足を掲載した。岡本博著「ケイ線の見方」P137-138(日本経済新聞社)を基に作成記入された平均線は200 日を月換算し、9本平均とした。○印 [続きを読む]
  • 【期間限定公開】今日のニ手戻りは上値の抵抗を感じる
  • 日経平均株価今日のニ手戻りは上値の抵抗を感じる。明日からの相場が下抜けしたら、その後の反騰での高値目標になるかも知れない。23日に開けた空と今日、又は明日の高値がほぼ同位置になるだろう。その後下げて反騰した時、今日の高値が格好の手掛かりになる。先週末に書いた約1000円の振幅というのは、今日の高値から下位での話しになる。NYの休日明けまで、動きにくいだろう。極論を言えば、現在より今年一杯の売り建ち玉は資 [続きを読む]
  • 【期間限定公開】日経平均の天井はどんな型になるか?
  • 日経平均株価今週になって下げ始めてきたが、私は此処での追撃売りは勧めない。必ず高値調べの戻りがある。別図は推薦教科書、木佐森吉太郎著「株式罫線の見方使い方」P160「天井はどんな型になるか?」を参照されたい。相場とは一定期間で作る保合の積み重ねである。そして保合には、価格が転換する転換点保合いと、価格が継続してる道中に出来る中段保合との二種類である。相場が保合の積み重ねなら、出来た保合が転換点か中段か [続きを読む]
  • 【期間限定公開】急がずに高値調べを待とう
  • 日経平均株価引き続き下げた。今朝モーニングサテライトで、下げても25日移動平均線22500円辺りで止まるだろう、と解説していた。私見では昨日今日とトレンドが定まらない時間帯では移動平均線を基準に考えるのは無理筋と思う。私は、1000円鉤足を点けているが、3/26、20347円から上昇して、3/12の21971円を超えて陽転した。この鉤足が陰転するには、直近の安値の20347円を下回らなければならない。経験上3000円幅が電信柱のように [続きを読む]
  • 【期間限定公開】今日の市況で21日23050で二番天井を打ったと感じる
  • 日経平均株価今日の市況[5/23(木)]で、21日23050円で二番天井を打ったと感じる。大引け三段抜きも陰転し、6日移動平均線も下向きだした。ただし、相場は4000円下げても3000円戻ったように、思惑は一度で済まず、再度やって来る。それは今回のような中期波動にも現れる。二番天井とか高値調べとか呼ばれるものだ。今回の天井についても同じく、1500円下げても1300円戻るような場面がきっとある。今後、長期に渡る下げ相場に便乗 [続きを読む]