ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye さん プロフィール

  •  
ゴルフタイムスの世界   Eagle Eyeさん: ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye
ハンドル名ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye さん
ブログタイトルゴルフタイムスの世界   Eagle Eye
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/thegolftimes
サイト紹介文ゴルフタイムス編集の古賀のイーグルアイは、焦点を外さないのが自慢です。面白くて、実践的で参考になる記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2014/09/30 12:51

ゴルフタイムスの世界   Eagle Eye さんのブログ記事

  • 世界のゴルフを読む タイガーウッヅのマスターズ (2)
  • タイガーウッヅ強しと出現して23年が経過した。時の流れは速い。30歳で驚き喚いた人たちは、すでに53歳、40歳でタイガーを見たものは、すでに63歳の年齢に達している。タイガーの1200位まで落ちたが、3年で1183人を抜いて、カムバックしたのには、驚いた。世界が驚いたのである。来年のメジャーは、準メジャーThe players Championshipが3月、4月マスターズ、5月全米オープン、べスページ、6月全米プロ、ぺ [続きを読む]
  • 日本人の原爆投下論はこのままでよいのか?????
  • 日本人の原爆投下論はこのままでよいのか―原爆投下をめぐる日米の初めての対話ハリー・レイ(原著)/杉原誠四郎(著)セントジョセフ国際大学国際社会工学部 主任教授古賀 剛大 様本日12月8日(日本暦は)、日本海軍の真珠湾攻撃から始まる日米戦争の開戦の日から77年目に当たります。 この日本海軍の真珠湾攻撃は、当時の駐米日本大使館の失態により通告が遅れ、形の上で無通告の攻撃となり、アメリカはこれを「 [続きを読む]
  • 世界のゴルフを読む!!!タイガーのマスターズ (1)
  •     後わずかで30年も終わる。来年、2019年のゴルフ世界は、どう変わるのだろうか。タイガーの信じられない復活で、ゴルフが俄然燃えてきた。最終のツアー優勝で、あれだけ盛りあがった観衆はないだろう。だから、来年のマスターズ83回目は、すでに熱が帯びてきたのを肌に感じる。タイガーと同じフィールドで戦えるとは頭になかったのではないか。マスターズのオッヅは、すでにタイガーのメジャー取りを予想させてい [続きを読む]
  • 危ういAmazon  怪しい信用できない販売!!!
  • Amazonの怪しい販売を知れ!!!      Amazon 危うし!!!Dental Sonic Proを購入した。すでに使用期限が過ぎて、電池は不能で、この商品は現在生産されていないとメーカーは言う。どうして、このような不良品を点検もせず、販売するのだろうか? 9800円ゴルフの自動テイ―アップの商品を4万円で買った。ところが、楽天では、同じ製品を23000円で販売しているのだ。これは、おかしいではないか?(消費者 [続きを読む]
  •     大東亜開戦記念出版講演会
  • <大東亜開戦記念 出版講演会>12月21日(金)憲政記念館セントジョセフ国際大学国際社会工学部 主任教授古賀 剛大 様 大東亜戦争開戦記念 出版講演会が下記のとおり開催されますので、ご案内申し上げます。平成30年12月4日 茂木弘道 拝★最新刊 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道著『大東亜戦争 日本は「勝利の方程式」を持っていた!』http://www.sdh-fact.com/CL/8024-0071.pdf http://www.sdh-fact. [続きを読む]
  • 日本シリーズ、ゴルフツアー 最終戦、遼、奮闘!!!
  • 最終戦は、3名のプレーオフの激戦だった。久々に、選手会長を務めた石川遼が有終の美を飾れば、シナリオが完璧だったかもしれない。優勝は、アメリカでもまれた小平智が18番をパーにして、シリーズ初優勝、先週は、半田ワールドカップの日本代表として、ヨーロッパツアーに専念している谷原秀人とペアで善戦した。結果は、16位と振るわなかったが、海外にも適応するの心技体が充実化している。石川遼は、アメリカツアー撤退の [続きを読む]
  • 人種差別撤廃提案100周年記念講演会
  • 人種差別撤廃提案100周年記念講演会その1、「日本の真珠攻撃が西欧の支配からアジア解放の引き金になった―いまこそアジアが日本に感謝を表明する時だ」セナカ・ウイーララトゥナ(スリランカ弁護士)セントジョセフ国際大学国際社会工学部 主任教授古賀 剛大 様さる11月14日(水)4時より、「史実を世界に発信する会」 主催による掲記講演会が衆議院第2議員会館第1会議室で開催されました。120人定員の会 [続きを読む]
  • 日本女子プロの下克上、若手の躍進激しさを増す!!!
  • 女子プロの世界は、下克上の真っただ中にある。一度、落ちると、上り詰めるには、想像を絶するエネルギーが必要だろう。エリエールで観た新旧交代劇のツアー15歳のアマチュアでツアーを優勝した勝みなみが、プロになって5年ぶりに優勝した。一時ゴルフをやめようかなと思ったりしたが、周りにさせられ、一回り大きくなった勝だ。賞金王は、また外国勢アンソンジュ、賞金王を目指してあくなき戦いを挑んだ元世界女王の申ジエは [続きを読む]
  • 朽ちたか太平洋クラブ、場当たり主義の経営と運営
  • 可笑しくて噴飯ものだ。今までで最悪の今年の太平洋マスターズであった。何のために松山英樹にコースの改造を頼んだのか???三井住友太平洋マスターズに出場させ、ギャラリーを増やすためか。それとも御殿場太平洋クラブを宣伝するためか。誰の指示か、素人マルマンの仕業か?三井住友の絡みか?松山英樹を利用するのは、いいとしても、改造の監修する役目など、メジャーを4つくらいとってからか、30年後の仕事ではないのか [続きを読む]
  • 人種差別撤廃提案100周年記念講演
  • <再送>来週の水曜日です!人種差別撤廃提案100周年記念講演会日本の真珠湾攻撃が西欧の支配からのアジア解放の引き金になったセナカ・ウィーララトゥナ氏(スリランカ弁護士)セントジョセフ国際大学国際社会工学部主任教授古賀 剛大 様, 1919年2月13日、日本政府はヴェルサイユのパリ講和会議における国際連盟規約を草案する委員会で、人種差別の撤廃が規約に盛り込まれるように提案しました。米英などの反対に [続きを読む]
  • 畑岡奈紗 有言実行のツアー2勝目 実力が向上
  • 畑岡、 14アンダー 圧巻の勝利  畑岡奈紗は、アメリカで研鑽してきた実力を遺憾なく発揮、賞金レースも5位に浮上、岡本綾子から宮里藍へつないだ日本女子は、すこぶる優秀な後輩が出て頼もしい。畑岡奈紗のゴルフを見てると、失敗するような不安材料を探すのに、一苦労する。韓国勢が、世界を闊歩する中、タイのジュタンガルンと畑岡が、韓国勢に待ったをかける。畑岡奈紗は、勝ちほこった態度を見せず、これは,通過点に過 [続きを読む]
  • 石川遼と日本ツアー第2章  日本女子ツアーと今後
  • 遼が選手会長を務め、何とか男子ツアーの面目を保っている。遼のUSツアーを200段以上書いてきたが、そろそろ、日本を背負う選手として再び活躍が期待されるから、遼と日本ツアーを書いていきたい。プロで一勝するというのは、かなり、むつかしい難行である。そういう中で、15歳でレグユラーツアーで優勝し、すでに遼は、10勝をマークしているずば抜けた選手であるのは、疑いがない。アメリカツアーでは、勝利がなかったが、 [続きを読む]
  • 韓国の呪術と反日    
  • 韓国の呪術と反日(青林堂)但馬 オサムその2―第1章 反日のエロスセントジョセフ国際大学国際社会工学部 主任教授古賀 剛大 様 日本は竹島の領有権に関してこれまで何度もハーグの国際司法裁判所での決着を打診してきましたが、韓国側はこれを拒否し続けて今日まで来ています。 2004年(平成16年)1月の記者会見で、廬武鉉(のむひょん)大統領は、「独島が韓国領であることを証明しろ?私が私の妻をなぜ他人に [続きを読む]
  • 慰安婦の真実国民運動 参加報告会
  • 慰安婦の真実国民運動国連人種差別撤廃委員会 参加報告会セントジョセフ国際大学国際社会工学部 主任教授古賀 剛大 様10月9日、慰安婦の真実国民運動は参議院議員会館会議室で、8月の国連人種差別撤廃委員会対日審査会に参加した結果の報告会を開きました。国連人種差別撤廃委員会(以下委員会)は30日に最終見解書を発表、日本政府に対し慰安婦問題を含む人種差別諸問題について勧告を発しました。 この勧告は、 [続きを読む]
  • Big Newsが舞い込む、金谷がアジアアマ、逆転優勝
  • マスターズのSteve EthunからびっくりのNewsが飛び込んできた。Singaporeで開催されているアジアアマでKanaya Takumi ,昨年池田勇太と日本オープンの覇権を争った金谷拓実が強豪が集まる世界への登竜門、アジアアマ選手権の栄冠をつかんだ。しかも、2位タイには、中島啓太君が入賞、優勝の金谷選手には、マスターズ招待と全英オープン招待が待っている。この登竜門は、松山英樹が世界へ飛び出したことで、有名である。2位の中 [続きを読む]
  • すでにUS ツアーは、2019年を開幕 ミケルソン5連続バーデイ
  • セーフウエイ 2019USツアーは、2019年の開幕となった。Defending Championは、ブランデンスチール、3連覇に向かって、好調な滑り出しをした。ミケルソンは、インに入り5連続バーデイで7アンダーパーで2位につけている。体力は、スポーツマンの基礎中の中の土台である。世界にライダーカップで興奮を起こした両陣営、ヨーロッパの強さが目立った大会であった。アメリカ代表のミケルソンは、疲れも見ぜずに2019年度、初戦を全力 [続きを読む]
  • 国連 人種差別撤廃委員会 最終見解書に対する声明
  • 国連 人種差別撤廃委員会 最終見解書に対する声明偏向した委員会勧告は日本国民に対する人権侵害日本政府は国連に委員会改革を求めるべきセントジョセフ国際大学国際社会工学部 主任教授古賀 剛大 様国連人種差別撤廃委員会(以下委員会)は8月16、17日に対日審査会を行い、30日に最終見解書を発表。日本政府に対し慰安婦問題を含む人種差別諸問題について勧告を発しました。これらの勧告は、非常に偏向したもので、日本の [続きを読む]
  • 国連 人種差別撤廃委員会CERD 参加 報告会
  • 国連 人種差別撤廃委員会CERD 参加 報告会(10月9日)のご案内セントジョセフ国際大学国際社会工学部 主任教授古賀 剛大 様この8月、ジュネーブで国連・人種差別撤廃委員会(CERD)が行われました。 私たちは7月に委員会に向けて保守系21団体で合同意見書を出し、さらに8月の現地会合では、慰安婦・ヘイトスピーチ・アイヌ・沖縄・朝鮮学校問題等についてNGOとして発言しました。私たちの意見を正しく理解してもらえるよう、 [続きを読む]
  • 4年ぶり、14勝 ヨーロッパ選抜 強豪アメリカを下す
  • ヨーロッパのチームワークの良さが目立った大会である。キャプテンのトーマスビヨーンの人柄か、全員が名誉にかけて戦い、乱れぬ団結を結果で示した。ヨーロッパの屈指の名コース、Le National は、フランスオープンをはじめ、ヨーロッパ選手には、なじみのあるのが、強味になった。特に、ガルシアとイアンポールターのファイト、久々の大物を出したスペイン、ラームはファイナルで憧れのタイガーを葬った。最高に目立った勝者は、 [続きを読む]
  • Ryder Cup Day 2 ヨーロッパ選抜 優勢!!
  • 何という激しい戦か????トマスビヨーンは、徹底的にタイガー封じを念頭に置いたのだろう。タイガーに勢いをつけさせないよう、全英オープンで競り勝ったF.モリナーリをつけた。勝負所かもしれない。世界一の折り紙をバックに、ジャスチンローズの好調さが止まらない。DAY2の前半では、圧倒的にヨーロッパ選抜がアメリカを屈服させた。世界を代表するD.ジョンソンでも、30?のパットが沈まない。お互いのキャプテン [続きを読む]
  • Ryder Cup Day 1 Fourballs 大事な一日目 Le Golf National
  • いよいよ、ゴング!!!大事な初日、タイガーとリードの組み合わせ、全英で破ったモリナーリ
    とトミーフリートウッドが対戦その後の試合に大きな影響をきたす。さあー、諸氏は、どういう
    風に思うか、第三者的存在でも、息が弾む。according to the news of Golf Channel service ;Thanks to the readers un
    der the complete understandings for The Ryder Cup 2018(tjk)Ryder CupLe Golf National - Paris, |Par:71 |Yard [続きを読む]