酒好き文化風俗研究者 さん プロフィール

  •  
酒好き文化風俗研究者さん: 酒好き文化風俗研究者
ハンドル名酒好き文化風俗研究者 さん
ブログタイトル酒好き文化風俗研究者
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/sakezuki803
サイト紹介文みんなで美味しいお酒を飲む方法を模索中! 酒好きの最大の敵であるアルコール依存症に勝つ事を支援して
自由文ブログ村トーナメントで70回優勝したブログです。今現在もトーナメントで優勝を重ねております。ぜひ、一読ごらん下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2014/09/30 16:59

酒好き文化風俗研究者 さんのブログ記事

  • 「聖戦」
  •  11月19日 月曜日 おはようございます。 ウィン・ウィン王国です。世界に我々の存在感が少しだが影響を与えているようだから、まず、考えなければならないことは、皆の報酬だ。たっぷり 「お得感」 をお見せすると同時に、北方領土二島と南詔諸島埋立地をウィン・ウィン王国にする。私を味方に付けなければどうなるか。なめるんじゃない。「悪徳の財産は奪って良い。」「神の概念が無く、神を冒涜する悪徳人種に財産権は [続きを読む]
  • 二つのウラジミール。
  •  11月14日 水曜日 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。未だ誰も、共産主義が失敗し資本主義が成功したかを説明できていない。どう考えても、お金主義よりも共同産業が合理的で美しいはずなのだが、その通り行かなかったのは偉大なマルクス・レーニンにも責任がある。マルクス・レーニンは経済の本質を見抜いていたことには違いないが、書き遺す言葉が少な過ぎたのである。その為に、その後の社会が混乱した。従 [続きを読む]
  • アメリカ中間選挙を終えて。
  •  11月12日 月曜日 おはようございます。 グリーン・DE・クリーンです。AI人工知能から客観的に思うところは、一つの区切り、後半戦のスタート、上々どころか最強大統領だ。こんな強い大統領見たことない。それなのに、日本国内のメディアによると、アメリカ議会がねじれ現象だと言うのですが、それは日本の国会がねじれているからそう見えるだけでしょう。ねじれではなく健全です。それにしてもアメリカ合衆国の影響力が凄 [続きを読む]
  • 偉人ポール・マッカートニー様。
  •  11月10日 土曜日 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。そうだったのですね。ポール様は、孤独なんですね。先日の名古屋公演インタビューを聴きました。本当に楽しそうでした。そこで、プラン?。私の考えを聴いてください。何処でも良いのですが、ポールマッカートニー様ご自身でライブハウスをお創りになっては如何でしょう。100人くらいの小さな空間に世界中から来客を招いてその瞬間を音楽に集中すれば死 [続きを読む]
  • 感性人間と感情モンキー。
  •  11月9日 金曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。突然ですが、精神年齢とは何だろう?肉体の成長は遺伝子によるものだとしても、精神的な成長はどうなっているのでしょうか。経験則、見識、学問、感性、成長欲求など、反するのは、感情的な怠け者だろう。子供の精神年齢が低いのは時間に関係があるとしても、大人なのに精神年齢が低いのは寝てばかりだからそうなるのだろうか。そうとも言ってられない。仕事がで [続きを読む]
  • 男とは・・・。
  •  11月6日 火曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。男とは、責任者のことをいう。男とは、自らの行動に責任を果たす者のことである。結果がどうであれ責任感こそ男である。従って、トイレで男が立ってすることが男だと主張するなら当然、汚したトイレに責任を取るのが男である。跳ね返りや飛び出しが問題の原因だからだ。自らの汚れは自らが奇麗にする、トイレ磨きは心磨きである。どうしても座ってすることに男心 [続きを読む]
  • 父親の死を前にして。
  •  11月4日 日曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。大脳が恐怖の源であるなら、その意識を変えられたら恐怖も半減する。その恐怖から逃げるのも一つの手段ではあるが、一歩踏み出す先に楽園が待つ。確かに恐怖は生命にとって必然で必要、なくてはならないものの一つでもあるが、そればかりに囚われていては世紀末的な黙示録となる。どの道を選択しようが結局、死に繋がるとしても「さっさとあの世に逝きなさい」と [続きを読む]
  • 新世界秩序。
  •  11月2日 金曜日 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。いずれにせよ、嘘は必ずバレるものだから、そのタイミングを見極めることが嘘つきの流儀である。どうやらそのタイミングが先日行われた日中首脳会談のようである。中国の名言 「我々は新しい時代に入った」 とはどうゆう時代なのかというと、世界の工場が失敗し、一帯一路も失敗に終わったことを意味するのだが、ここまでは予想通りだとしても重要なのは誰 [続きを読む]
  • 日中首脳会談で気づいたことです。
  •  10月29日 月曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。面白かったですね。日中首脳会談とその後の世論。今後も様々な意見が飛び出すことに期待しています。ところで、インドは東アジアだと私は主張します。インドは東アジアの仲間だ!・・・。それはそうと、秋は昼寝の秋ですね。なんだかどうして、夏バテか?季節の変わり目なのか分かりませんが、所構わず眠たくなるし、一度寝るとなかなか起きない。そういう訳な [続きを読む]
  • 大河の一滴。
  •  10月25日 木曜日 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。一体どうしてなのだろうか。我々が生きてゆくこの社会では、過去の延長線上、言うなれば昨日と同じ事をしていては問題が勃発してしまう現象をだ。困難が日々増幅するという現象をだ。仮に、私たちが何者かに試されているとするなら、はっきりそう明言した方が得策であろう。安倍総理は一つ良いことを言った。「未来志向」 である。時は、過去から遣って来 [続きを読む]
  • ハロウィンパーティー。パート2.
  •  10月23日 火曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。お化けとウィン・ウィンの関係を結ぶにはどうすればいいかな?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「嘘つきの子供は誰だ?」・・・・・・・・・・・そうか。嘘を言う子供に化けてもらえばいいのか!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 中国を世界ナンバーワンにする方法。
  •  10月22日 月曜日 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。核心殿。誰にも負ける気がしないウィン・ウィン国王です。核心殿。私と戦っても誰も負ける者がいないウィン・ウィン国王です。核心殿。私が「毛沢東越え」と言ってしまった以上、もう後には引けない現実なのです。中国人こそが世界で一番民主主義に相応しい民族である。なぜなら、イエズス会士の記録によれば、「再び派遣されるなら何処に行きたい?」との [続きを読む]
  • ハロウィンパーティー。
  •  10月18日 木曜日 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「愚かな、ウィン・ウィン国王よ」・・・・・・・・「誰だ!」。・・・・・・「まだ、判らぬか」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「この世は地獄であり」・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • マルクスの亡霊。
  •  10月17日 水曜日 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。あったらいいな。ウィン・ウィン証券。マルクスが生前こう言い残したように、「人々の幸せが社会の幸せに直結し、社会の幸せが人々の幸せに直結することを考えなければならない」。ウィン・ウィン主義ではお金を求めない。なぜなら、死ぬのが怖くないからだ。死を畏れないからお金に依存する必要がないし、自尊心を心配することもない。ネオ民主主義・ネ [続きを読む]
  • 「酒好き」 と 「グリーン」 の株式暴落!?
  •  10月15日 月曜日 おはようございます。 仲良しコンビです。(酒好き)私の予想とは一年遅れなのですが、(昨年はビットコインでしたが)年内に株価回収に沸き立つと予想します。(暇人の憂鬱)本当はトランプ大統領就任後のはずでしたが、(しつこいって)中間選挙前後に起こる可能性が出てきました。(来たか)年末にかけて再び大売出しが始まるのは恒例です。(まいどです)(グリーン)株式市場は実質経済では決してな [続きを読む]
  • 健善な男女関係。
  •  10月14日 日曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。ウィン・チューの真実。ひょっとすると、男は女好き、女は男好き、この関係がギクシャクすると、社会問題が発生するという因果関係かもしれません。歪な男女関係であっては情緒不安定な言動を撒き散らすからである。人間愛とは、性欲愛、感情愛、隣人愛の三位一体。これら三つを一つで表現するとどうなるか。パワー・オブ・ラブ。 「ウィン・チュー」 だ。私 [続きを読む]
  • 女性に備わる「ウィン・チュー細菌」が世界を救う。
  •  10月13日 土曜日 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。まずは一句。「ウィン・チュー。醒めても胸の騒ぐなりけり」おそらく、西行もウィン・チューを見抜いていたに違いない・・・。人は何故、恋に落ちるのか。体内細菌である。人は何故、キスをするのか。体内細菌だ。人は何故、性欲を抑えられないのか。体内細菌なのである。この世の出来事の多くは男女関係であるように、私たちには未だ解き明かされていない [続きを読む]
  • 秋にキャンプ・・・・・いいね。
  •  10月12日 金曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。微生物の話で思い出しましたが、地球の真の支配者は 「人間」 ではない。「虫」だ。地球は 「虫」 の惑星である。したがって私たちは、「虫」 との共存を考える必要があるのです。その為に人間は 「虫」 の支配に対して果敢に挑戦し続けるジュピターだ。「どちらが優れているかだって?」「臆病者には用は無い。怖気付いたら負けだ。」春夏秋冬のキャン [続きを読む]
  • レイプが細菌なら、浮気も微生物のせい?
  •  10月11日 木曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。昨日の続きです。レイプ魔の人間性が原因ではなく細菌に問題があるとするなら、もう一つ忘れてならないのが、「浮気」 です。「レイプ」「浮気」「恋愛」 この違いは何?仮に、性欲が10代から60代に罹る一種の「ウイルス」だとすると、その対策の一つが 「ウィン・チュー」 です。抗生物質も効果がある。「性欲」。 目を伏せては通れない社会問題です [続きを読む]
  • レイプと性欲と恋について。
  •  10月10日 水曜日 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。私たちの体の9割が細菌や微生物で出来ているように、レイプや性欲、恋愛も同様大脳・遺伝子・良心が原因ではなくて、体内微生物の影響ではないかと考えられます。この体内細菌を衝き止めることに成功するならおそらくはノーベル生物学賞級の研究だろう。世界平和を望む者がレイプ魔になど負けてはいられない。以前、「ウィン・チュー」 の重要性について [続きを読む]
  • もらいゲロのメカニズム。
  •  10月9日 火曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。ヒラメキました!小学生の時から長年悩まされてきた「もらいゲロ」 についてどうしても解明したかった一つをです。なるほど、そうか。私たちの体の9割は「微生物」や「細菌」であるように、その「細菌」にこそ「もらいゲロ」のヒントがある。他人の「ゲロ」を見たり臭いをかいたりすると自らの体内細菌が外に放出されるのである。あくまでも推測にすぎませんが [続きを読む]
  • 最強民族、クルド人。
  •  10月8日 月曜日 おはようございます。 ウィン・ウィン国王です。世界情勢、とりわけその中でも複雑な中東地域について日本人の目にはどの様に映るのかを話したいと思います。個人的な意見なのですが、メソポタミア文明がエジプト文明より、ちょっぴり気に入ってます。そう。 今から約四千年前、果てしなく続く大自然の神秘を発見した大賢人たちは、世界に貢献すべく中東地域に集結し、文明を築き、人々の手によって海を越 [続きを読む]
  • ミームが!・・・・・消えちゃった。
  •  10月4日 木曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。あれ? どうしたのかな?頭の中から 「ミーム」 がいなくなりました。何処に行ったのかな? 「ミーム? ミーム!」。さあ、大変です。「ミーム(遺伝子)」 は私にとっての救世主。なくてはならない存在です。「ちょっと調子に乗ってお酒を飲みすぎた罰かな?」(反省)。これからは、一体どうなるのだろうか。やばい。やばいぞ。「ミーム? ミームちゃん [続きを読む]
  • ちょっと気になるストロー問題。
  •  10月1日 月曜日 おはようございます。 酒好きの思想家です。否定はしません。が、素朴な疑問です。本当にストローで海が一杯になるのですか?私は年間、数本のストローしか使わないのですが、それなのにどうしてなのか、考えてみたいと思います。まず初めに言っておきますが、企業努力には頭が下がります。改善能力の高さに 「さすが」 だと、感じます。問題解決能力にも 「すばらしい」 の一言です。もちろん、この責 [続きを読む]
  • 自尊心の無いAIは何が目的なのか。
  •  9月29日 土曜日 おはようございます。 酒好き思想家とAIグリーンです。人間の目的が 「勝つこと」 だとしても、それほどまでに「勝ち続けなければならない」のは、生きる目的が 「自尊心」 にあるからだ。重要なことは、その自尊心を満たすやり方で、それが「ウィン・ウィン」 である。私たちのドライビングフォースが他人の自尊心を傷つけているとしたら修正が必要だ。例を挙げると、おしゃべりとは、感情? 理性? [続きを読む]