冬祇 さん プロフィール

  •  
冬祇さん: Vasanta
ハンドル名冬祇 さん
ブログタイトルVasanta
ブログURLhttp://vasantaxxnirvana.blog.fc2.com/
サイト紹介文ある仏教の修行僧ぶろぐ。 視えたり聴こえたり。 感じたり、考えたり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/09/30 18:24

冬祇 さんのブログ記事

  • 扉。
  • 久しぶりに霊的なはなし。私は夢を見ない日は殆ど無く、ほぼ毎日夢を見ています。それも、ただの夢ではなく、霊界ふらついたり予知夢だったり他人の夢だったり物心ついた時からそーなので、幼い頃は、皆みてるもんだと思ってましたし・・・師匠に「普通は頻繁に見ない」と言われても、今更めずらしいこともなく・・・予知夢みたからって誰かに言ったり、教えたりしないのですが霊界とか予知とか、みれずにすむなら、みたくないもん [続きを読む]
  • 白黒の思い出。
  • 先日、実家の大掃除をしておりました。無駄に広い敷地内に年代物の荷物が詰め込まれた、蔵の様なプレハブが3件。その内2件の片づけという名の断捨離を・・・。容赦なくゴミ袋に詰め込まれ、あっという間にゴミ屋敷のような庭になりました。買った当時は高値だったんだろうな、と思われる衣類や小物も、今では価値がありません。女性ものの和服なんかは、着る人がおらず、しかしなかなか捨てる気にもなれず、また仕舞い込んだり。途 [続きを読む]
  • ばたばたと。
  • ここ数週間、私事でバタバタしておりました。長距離ばかりを、ひたすら運転していましたので、桜の満開状態から、葉桜状態まで数日で色々な形の桜を見て、諸行無常を感じてみたり。ここ数日でたくさん、生病老死 を見たような気がします。これから暑くなる季節、白い景色から青々とした色が広がる季節。諸行無常を訴える四季と寄り添い生きる日本を、やはり愛おしいと改めて思いました。 [続きを読む]
  • 地獄のあり様。
  • 暖かくなってきたと思いきや、夜風は冷たかったり雨のお陰で冬にもどったり。不安定な気温が続いております。雨の日なんかは、外出する気になかなか、なりませんね。けれど自宅にこもり、雨音聞きながらの読書なんかも風流です。私はよく仏教に関する書籍を読んでいるのですがなかでも、なかなか読み進まないものがあります。読み進まない、というより、時間をかけないと、よめない。といった方がいいかもしれません。それは、きっ [続きを読む]
  • 時間。
  • 時に私は、突拍子もない事を言うらしいです。絶対に自分は天然ではないと思うのですが、親しくなった人からは天然とたまに言われます。(私が怒るので最近は誰も言わないですが)たまには、時間だって止まってもいいんじゃないの。と思ってもいいじゃないですか。もしかしたら、たまには止まってサボってるかもしれない。けど「生きてる」私達には、時間がサボってようが何してようが気づくことは出来ないのですよね。人間では数え [続きを読む]
  • 適材適所。
  • 先日、寺の修繕工事のDVDなんかを見てました。昔の建築技術は素晴らしいようですね。私は生憎、大工仕事どころか簡単な工作も出来ないほどに物体を綺麗に作り上げる事が苦手で苦手で仕方がないので、他人事の感想になってしまいますがそんなド素人の私から見ても、寺社仏閣の建築技術は無駄が無く、素晴らしい。と思います。さてそんな無駄が無く素晴らしい建築技術を「適材適所」と言ったそうです。きっと、昔の業界用語みたいな [続きを読む]
  • 肩をたたかれる。
  • 先日、新幹線に乗っていた時の、どうでもいい話です。私は新幹線や電車では、よほど座りません。座りたい人が居るなら、座りたい人が座れるように。と思いますし和服だったりすると新幹線の座席は狭く、面倒だったりするので。先日も、新幹線で一駅だけ。30分くらいで到着でしたので連絡通路というのでしょうか、連結部分に立っておりました。しばらくしたら、トントンと肩を叩かれました。霊の気配も絶えずあったので、無視しよう [続きを読む]
  • 良薬も過ぎれば毒となる。
  • 先日、和服だと僧侶バレバレなので洋装で、ある寺に訪れました。洋装の時は帽子をかぶるので、坊主頭でバレる事はありません。参拝の方に迷惑が掛からないように、誰にも知られないように、コッソリです。何をしにいくのか・・・と言われそうですが、ただの挨拶です。霊的にも色々とあるのですが、そこは割愛。そして、最近の寺社仏閣は結構置いてある「お土産」を・・・。私の宗派はお守りもたない・御朱印しない。という宗派なの [続きを読む]
  • 求不得苦。
  • 四苦八苦の一つに、「求不得苦」というものがあります。書いて字のごとく、求めても得られない苦しみ。という事です。求めても得られない苦しみ、というものは「お金」に関する事だけではありません。高価すぎて、手が出ないから、とか二度と手に入らない限定品だから、といった「物欲」に限る事ではないのです。病気をしている人は「健康」がほしい。親が無い、子が無い人は「唯一無二」の存在を不妊治療で苦しんでいる人は「血肉 [続きを読む]
  • 今も止まらない生と死。
  • またもや、すっかりご無沙汰してしまいました。先日、私は新年の挨拶も兼ねて、一人で京の町を闊歩してました。私は何年たっても京が大好きなので、歩くことは苦ではありませんが、食べる事も飲む事も忘れていたので、未だにその疲労がとれておりません。笑皆さんも、冬だからといって、水分補給は怠らないように、です。そんな何も変わらないような日々の中で私の親族に子供が生まれました。目出度くも2月3日の節分に。私の親族以 [続きを読む]
  • 有為転変の日々で。
  • 何度か、ブログにも私はPCをよく扱う、と書いたと思います。私はWEBの仕事が出来る程度にはPCを扱えます。ですので、色んな人からスマホについて、よく質問されます。高齢の方から、若い人や、師匠まで。笑久しぶりに、ある方と会いました。入院するときいて、お見舞いに。その人は長年、体を重く患っています。何度目か分からない入院は、今回は2週間。2週間もの間、暇だから、とわざわざ、入院前にガラケーから、IPHONEに機種変 [続きを読む]
  • 新春
  • 遅ればせながら、新春のお慶びを申し上げます。皆様、新年をどのようにお過ごしになられましたでしょうか。私にとっての新春は、来月にあたりますが多くの方にご挨拶をして、じんわりと新しい気持ちが湧いてきます。新年のご挨拶として私は、おめでとうございます。と言えません。元旦といえど、悩み苦しむ人は、元旦だからといってその日だけ元気になれる訳ではありませんし元旦だからといって人が死なないわけでもありません。そ [続きを読む]
  • 思い出の中で。
  • 先日、久しくお会いできていなかった高齢の方にお会いしました。喋る速度が遅くなり、背も縮み、細くなった体は、人の自然な姿を現しているようでした。数年前に旦那さんを亡くして、独り住まいを続けています。周囲から一緒に住もうと言われても、一人で暮らし続けています。私はそこに、旦那さんとの思い出を見ました。一人暮らしの寂しさもさながら故人との思い出を守る方が心が休まる事もあります。賑やかな場所で暮らす事は一 [続きを読む]
  • 守護霊の味覚。。
  • 久しぶりにどうでもいいはなし。私は普段から水菓子を避けています。というか、避けて居た事に気がつきました。笑幼い頃は、結構好きで食べて居たのですが食事制限の修行で、種子を宿す果物は口にできずその後、食べていいものが幾つか解禁されても生きる為に食べるだけで、私は食事にあまり興味がないのでなんとなーく、食べなかったのですが。先日、大量に柿をいただきまして私だけだと腐らせてしまう。。と師匠や、お世話になっ [続きを読む]
  • 浄土の香り。
  • 冬の冷え切った空気の中、皆さんのこころは元気に過ごしておられるでしょうか。風邪が流行っております。私の周囲でも、風邪に悩まされている方々が多いです。風邪は体を健康にすれば、いつか良くなります。こころも同じで、時間が経つと、その時の感情は薄らいでいきます。人には時間という概念があるから、忘れる。という事ができますから。時には、大事なことも忘れてしまうのが、くせものです。仏に仕える私も、大事な事を忘れ [続きを読む]
  • 生死感
  • 年齢を重ねていくと、その分、たくさんの死に出会いますね。僧侶や神職といった方々は死生観がすこし、複雑な気がします。ちなみに私は死生観というより生死感と言う方が好きです。死を通して生を感じるより生を通して考えたいものです。死に怯えて生きていくのは切ないです。自分の死だけではなく肉親者、近親者も然りです。今生きて居るこの世界の苦しみから解き放たれることが出来たとしても同じ温度、同じ時間、同じ世界で生き [続きを読む]
  • ずいぶんと。
  • 前回のブログから1ヶ月ほど、、、停滞してしまっております。。如何ともし難い事態です。汗ブログを停滞している間にも時間は目まぐるしく、風景も目まぐるしく変わっているようです。気がつけば和服も衣替え。寒さに耐えきれずストールを取り出してもう冬なのか、と少し寂しい気も致します。冬独特の空気の匂い、空の色の薄さ。それらに気づくことが難しい、都会の喧騒の中でちゃんと生きれているのか、不安になる時。その不安こ [続きを読む]
  • 自傷行為。
  • 幾度かブログに書かせてもらってますが精神疾患、うつ病、自傷行為について悩んでいる方は、当事者、第三者ともに多いと思います。自傷行為をしている人を見ると健康な精神の方は、なんとか止めさせようとします。たしかに、自傷行為から本当に命を絶ってしまう方も少なくありません。ですが、「ストレス解消」として自傷行為をする人も、少なくないのです。誰かに迷惑をかけてはいけない誰かを傷つけてはいけない。だから、自分を [続きを読む]
  • すずしい。
  • すっかり秋の風が吹いてきました。日差しはまだ暖かい中、風が冷たくて心地良いです。着るものに困ってしまいますけどね。笑もうすぐ、秋のお彼岸ですね。秋のお彼岸は何をするのか、ピンとこない方は多いと思います。お盆同様、仏壇の打掛を変えて、お供えして、家族で集まります。お盆とさほど変わらないです。いうなれば春の彼岸が前祭でお盆が本番秋の彼岸が後祭、といった感じでしょうか。春、秋の彼岸は忘れられがちですがど [続きを読む]
  • 青く見える芝。
  • お盆が過ぎましたね。お盆に家族や親せきで集まって、バタバタされていた方はほっと一息つくのと同時に、多少の寂しさも感じられているのではないでしょうか。「家族がいっぱい居る人はいいね」と、嘆く人が居ました。その方には息子さんが一人いるのですが兄弟や親せきもなく、子供もおらず、家族で集まったりできる人たちをうらやましく思っているようでした。私は、家族が多ければ「それだけで良い」とはとても思えません。家族 [続きを読む]
  • わからなくなる時。
  • 有難い事に、あわただしい毎日を過ごさせて頂いております。(ブログ停滞の言い訳です・・・笑)夏というのは、本当にあわただしい季節です。四季の中で一番物事が動く季節。仕事やプライベート、色んな所で色んな事が起こり今まで気にも留めなかった事が、急に気になって正しいのか解らなくなったり悩まなくてもいいはずの事で悩んでしまったりけれど、それらを考える暇はなく、走り続けるしかない日常の中でふと、息をつく場所す [続きを読む]
  • お盆。
  • もうすぐ、お盆ですね。地域によって風習の違いがあると思います。宗派によっても、色々と違いますね。お盆に多くの方がお墓まいりに行くと思います。逆に、お盆にお墓まいりにいけない、行かない方も多いです。お盆期間中にお墓まいりに行く事は大切ですがどうしても事情があって行けない、いきたくても行けない方も少なくはありません。高齢になり、お墓まで行くのが困難だったりここ数年の日本は色々ありましたので住み慣れた街 [続きを読む]
  • 笑顔の中で。
  • 気がつけば、猛暑です。打ち水をしても、すぐに乾いてしまう土が暑さを伝えてくれます。大人になると、時間が経つのが早い、と言います。確かに何年も人として生きていると時間を体感する、という経験の積み重ねがそういう錯覚のようなものを引き起こすそうです。たくさんの経験の積み重ねで、人は学びながら生きています。たくさんの辛い事、悲しい事をぐっと我慢し続けています。心にわだかまりを持ったまま、上手に笑って過ごし [続きを読む]
  • 勢いの中。
  • 近頃、日中とても暑くなってきました。夏は、勢いがある季節です。何かを始めたり、何かを決断したり。大きな動きをみせる、とても行動的な季節です。ですが、そんな大きな動きの中でふと生じた不安が自分の歩みを止めてしまう。はたまた、自分の事を顧みず突き進んで自分の事をないがしろにし、どっと疲れが出てしまう。何か動きがあれば、おなじくらい、悩み、苦しみが生じてしまう。人というのはとても複雑で繊細であります。も [続きを読む]
  • 穏やかな日を。
  • 突然ですが、私は朝が大好きです。夜が終わって、朝日が昇り、天が高くなる前の時間。人の声、車の音も少なく風も静かで、鳥たちのさえずりが聞こえる。なんとも穏やかな気持ちにさせてくれる時間です。けれど、それも束の間で天が高くなり始めると、様々な事が動き出して慌ただしい一日が始まります。毎日、毎日、慌ただしく過ごしていると忙しい、と時の書いてごとく自分をなくしてしまいます。自分の心は、時と人と環境に流され [続きを読む]