冬祇 さん プロフィール

  •  
冬祇さん: Vasanta
ハンドル名冬祇 さん
ブログタイトルVasanta
ブログURLhttp://vasantaxxnirvana.blog.fc2.com/
サイト紹介文ある仏教の修行僧ぶろぐ。 視えたり聴こえたり。 感じたり、考えたり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/09/30 18:24

冬祇 さんのブログ記事

  • 生死感
  • 年齢を重ねていくと、その分、たくさんの死に出会いますね。僧侶や神職といった方々は死生観がすこし、複雑な気がします。ちなみに私は死生観というより生死感と言う方が好きです。死を通して生を感じるより生を通して考えたいものです。死に怯えて生きていくのは切ないです。自分の死だけではなく肉親者、近親者も然りです。今生きて居るこの世界の苦しみから解き放たれることが出来たとしても同じ温度、同じ時間、同じ世界で生き [続きを読む]
  • ずいぶんと。
  • 前回のブログから1ヶ月ほど、、、停滞してしまっております。。如何ともし難い事態です。汗ブログを停滞している間にも時間は目まぐるしく、風景も目まぐるしく変わっているようです。気がつけば和服も衣替え。寒さに耐えきれずストールを取り出してもう冬なのか、と少し寂しい気も致します。冬独特の空気の匂い、空の色の薄さ。それらに気づくことが難しい、都会の喧騒の中でちゃんと生きれているのか、不安になる時。その不安こ [続きを読む]
  • 自傷行為。
  • 幾度かブログに書かせてもらってますが精神疾患、うつ病、自傷行為について悩んでいる方は、当事者、第三者ともに多いと思います。自傷行為をしている人を見ると健康な精神の方は、なんとか止めさせようとします。たしかに、自傷行為から本当に命を絶ってしまう方も少なくありません。ですが、「ストレス解消」として自傷行為をする人も、少なくないのです。誰かに迷惑をかけてはいけない誰かを傷つけてはいけない。だから、自分を [続きを読む]
  • すずしい。
  • すっかり秋の風が吹いてきました。日差しはまだ暖かい中、風が冷たくて心地良いです。着るものに困ってしまいますけどね。笑もうすぐ、秋のお彼岸ですね。秋のお彼岸は何をするのか、ピンとこない方は多いと思います。お盆同様、仏壇の打掛を変えて、お供えして、家族で集まります。お盆とさほど変わらないです。いうなれば春の彼岸が前祭でお盆が本番秋の彼岸が後祭、といった感じでしょうか。春、秋の彼岸は忘れられがちですがど [続きを読む]
  • 青く見える芝。
  • お盆が過ぎましたね。お盆に家族や親せきで集まって、バタバタされていた方はほっと一息つくのと同時に、多少の寂しさも感じられているのではないでしょうか。「家族がいっぱい居る人はいいね」と、嘆く人が居ました。その方には息子さんが一人いるのですが兄弟や親せきもなく、子供もおらず、家族で集まったりできる人たちをうらやましく思っているようでした。私は、家族が多ければ「それだけで良い」とはとても思えません。家族 [続きを読む]
  • わからなくなる時。
  • 有難い事に、あわただしい毎日を過ごさせて頂いております。(ブログ停滞の言い訳です・・・笑)夏というのは、本当にあわただしい季節です。四季の中で一番物事が動く季節。仕事やプライベート、色んな所で色んな事が起こり今まで気にも留めなかった事が、急に気になって正しいのか解らなくなったり悩まなくてもいいはずの事で悩んでしまったりけれど、それらを考える暇はなく、走り続けるしかない日常の中でふと、息をつく場所す [続きを読む]
  • お盆。
  • もうすぐ、お盆ですね。地域によって風習の違いがあると思います。宗派によっても、色々と違いますね。お盆に多くの方がお墓まいりに行くと思います。逆に、お盆にお墓まいりにいけない、行かない方も多いです。お盆期間中にお墓まいりに行く事は大切ですがどうしても事情があって行けない、いきたくても行けない方も少なくはありません。高齢になり、お墓まで行くのが困難だったりここ数年の日本は色々ありましたので住み慣れた街 [続きを読む]
  • 笑顔の中で。
  • 気がつけば、猛暑です。打ち水をしても、すぐに乾いてしまう土が暑さを伝えてくれます。大人になると、時間が経つのが早い、と言います。確かに何年も人として生きていると時間を体感する、という経験の積み重ねがそういう錯覚のようなものを引き起こすそうです。たくさんの経験の積み重ねで、人は学びながら生きています。たくさんの辛い事、悲しい事をぐっと我慢し続けています。心にわだかまりを持ったまま、上手に笑って過ごし [続きを読む]
  • 勢いの中。
  • 近頃、日中とても暑くなってきました。夏は、勢いがある季節です。何かを始めたり、何かを決断したり。大きな動きをみせる、とても行動的な季節です。ですが、そんな大きな動きの中でふと生じた不安が自分の歩みを止めてしまう。はたまた、自分の事を顧みず突き進んで自分の事をないがしろにし、どっと疲れが出てしまう。何か動きがあれば、おなじくらい、悩み、苦しみが生じてしまう。人というのはとても複雑で繊細であります。も [続きを読む]
  • 穏やかな日を。
  • 突然ですが、私は朝が大好きです。夜が終わって、朝日が昇り、天が高くなる前の時間。人の声、車の音も少なく風も静かで、鳥たちのさえずりが聞こえる。なんとも穏やかな気持ちにさせてくれる時間です。けれど、それも束の間で天が高くなり始めると、様々な事が動き出して慌ただしい一日が始まります。毎日、毎日、慌ただしく過ごしていると忙しい、と時の書いてごとく自分をなくしてしまいます。自分の心は、時と人と環境に流され [続きを読む]
  • 決めつける言葉。
  • 梅雨を感じさせないくらい、良い天気に見舞われております。青々とした木々に初夏を感じて、どこか楽しい気持ちになります。楽しい気分。その反面で、拭いきれない暗い闇を抱えている人は多い。諦められない何かを抱えて、言葉にならない感情を持て余したまま「楽しい」事を無理やり楽しまなくては、生きられない。楽しんでいられる余裕はなく、本当はそんなに能天気ではない。けれど、馬鹿みたいにそうしなければ、生きていられな [続きを読む]
  • 二度と会えない子達。
  • ちょっと前に、相談、とまではいきませんが霊的な話を、ある人としていました。一通り話が落ち着いた時に側に、〇〇がいてくれたらなぁ、と寂しそうに呟きました。〇〇とは、昔飼っていた、溺愛していた犬です。溺愛していたペットが死ぬとどうか、ずっと側にいて欲しい。そう誰もが思います。かくいう私も、小学生の時に亡くした猫を色々な手をつかって視ようとしました。死んだ場所や、よくいた場所、餌箱などを使い捨てカメラで [続きを読む]
  • 五月病。
  • 気がつけば今年も、あっという間に5月です。もう5月、です。新年(2月)を迎えてから、はや3ヶ月。時間の流れというものは、止まっているようで、早いですね。そんなこんなで、5月病が流行る季節です。新入生を迎えたり、新人を迎えたりして気付けば自分はもう、何の責任も負わなくて良い新人というただ我武者羅に走っていた季節を、とっくに過ぎてしまっている。ゴールデンウィークという長い連休の後で辛く苦しい人間社会の現実が [続きを読む]
  • 知足
  • 突然ですが、私は珈琲が大好きです。若い頃は、小洒落た喫茶店によく行きました。味より雰囲気だと思って、お洒落な風景になりたかったようです。今はお洒落な喫茶店よりも、昔ながら。といった喫茶店が好きです。むしろ、自分で豆を買っていれる方が好きですが。笑若い頃は、そうやって背伸びをする事が楽しかったです。ですがそれは、趣味の範囲でなら楽しめるという事。背伸びする事が、趣味の範囲を超えた時知らず知らずの間に [続きを読む]
  • 視えないなら・・。
  • 暖かい日差しが・・とても心地良い日々が来ました。うれしいです。田舎の方へ行くとウグイスが囀っていたり早い桜はもう葉桜、遅い桜はまだ満開と春という季節はとても忙しそうに動いています。そんな美しい景色の中で、ふと思ったのです。このような美しい景色の中にでも視えないものは相も変わらず存在している視えないものを見ている人はほんの僅かでしかなく。私はあまり視えないモノの話はしません。たとえ憑りつかれている人 [続きを読む]
  • 声を聞く。
  • 今日も、ふと思ったことを。言霊、というものを皆さんご存知かと思います。言葉には力があり、声にして出せばその通りにとなる、とまぁざっくりいうと、そんな感じのものです。経典等にも共通します。経典を読んで頭の中で繰り返すだけではなく自分の声に出して、その音を自分の耳で聞く。存分に自分の体を使って、経典をよむ。言霊などは、普通の人には関係ない。経典や特別な言葉、はたまた修行をした人や、特別な人のものだけ。 [続きを読む]
  • 小さな命。
  • ご無沙汰になってしまいましたが今日は少々嬉しい事があったので、せけんばなし。まだ目が開いたばかりの小さな子猫を知人が拾ってきました。通行人が、もう1匹いたのに、カラスにでも食べられてしまったのかな。と話して居るのを聞いて、慌てて拾ったそうです。動物病院に行って、診てもらってから連れてこられてその方が別室で仕事をする数時間、私と、年配の女性の2人で面倒を見て居ました。私は猫が大好きです。猫は霊力が強く [続きを読む]
  • 過去の話。
  • またもやご無沙汰しております。すっかり昼間の日差しが暖かくなって、心地良い日が来ております。この時期は、新しいことに満ち溢れている様に思えます。ですが大人になってしばらく経つと新しいことを忘れ、過去に囚われてしまいがちの様です。人との会話の中で気がつけば、自分の話ばかり。自分の過去の話ばかり。子供の頃の話、過去の仕事の話。勢いのあった、いちばん良かった時期の話。気がつけば自分の自慢話ばかり。に、な [続きを読む]
  • 幼いころの・・・
  • 以前、ブログに似たような事を書いたかと思いますが幼いころの環境や記憶などは大人になっても、消えることはないようです。とくに、親からの愛情というものはいいものも、わるいものも死ぬまできっと忘れることが出来ないもののようです。愛された記憶も冷たくされた記憶も死ぬまで心の奥底に、ずっと引っかかってしまうようです。私はこれまで、たくさんの心の病、精神疾患を抱える方と出会ってきました。そういった苦しみを抱え [続きを読む]
  • 思い込み。
  • 立春が過ぎましたね。私もようやく新年を迎えました。変わらない日々が続いているようで私も含め、総て、日々、変わり続けているようです。思い込み、というものは、恐ろしいものですね。変わり続けている筈のものは実に緩やかで、静かに変化し続けています。些細な言動、些細な行動気がつかないほど僅かな、心の変化。どれもこれも、静か過ぎて気がつきません。何年も経って、やっと気がつく事は、とても多いようです。また、自分 [続きを読む]
  • 雪を見ると。
  • めっきり、冷え込んでおります。各地で雪が降ったり積もったり。。。大人になっても、雪が降ると、少々楽しく思います。雪国育ちじゃないからこそ、そう思える事に多少の感謝をして、先日は雪を眺めておりました。笑雪、と聞いていつも思い出す、ある方がいます。雪山童子です。きっと、聞いた事がある方も少なくないと思います。雪山偈、諸行無常偈の方です。諸行無常 是生滅法生滅滅已 寂滅為楽と、いうものです。この偈の内 [続きを読む]
  • 他も同じ。
  • ちょっと前に四苦八苦の、怨憎会苦を書いたと思います。今日はちょっと四苦八苦の、五蘊盛苦について思った事を。五蘊盛苦、ごうんじょうく。と読みます。あんまり聞き慣れない事だと思います。簡単に言うと生きている限り、受け続ける影響に惑わされ、悩み、苦しみ続ける、といった所でしょうか。その影響は、嬉しいと思うことも、悲しいと思う事も自分の心から生じる事も、全て含みます。宗派により見解が異なると思いますのであ [続きを読む]
  • 気がつかないうちに
  • 気がつけば2017年になっております。笑さてはて、皆様、西暦の変わり目はいかがお過ごしでしょうか。私はと言いますと色々と、色々と、、、やることをやってからずっとmacを触っております。笑パソコンができるというものは、少々考えものですね。私は個人的に元旦に特に何かをやる、、ということはございません。決して神道を軽んじているわけではありませんよ。私如きが、手を出していいものではないのです。元旦については [続きを読む]
  • あるく。
  • またすっかり、ご無沙汰してしまいました。気がつけば、西暦ももうすこしで年が変わりますね。気がつけば、テレビやラジオ、街中はクリスマス一色です。もちろん、私はクリスマスに何かをしたり、しませんが楽しそうな人を見るのは、楽しいですね。近頃私は長距離を歩いています。歩き始めは、心がめげて。クロスバイク。。。タクシー、電車。。と思ってしまいますが歩いているうちに、だんだんと、そんな事は忘れてしまいます。調 [続きを読む]
  • 死を思う
  • タイトルからして何だか中二病のようですがふと、久しぶりに私が若い頃聞いて居たバンドの曲を久しぶりに聞いておりました。私は音楽のジャンルは無節操に聞きます。どのジャンルが好きだ、というよりは気に入った「歌う人」が、たまたま演歌だったりロックだったり洋楽だったりヘビメタだったりレゲェだったりインドの人だったり、様々です。私の霊感は耳がとても良いので、霊的な好みが多分にある所為だと思いますが、、とまぁ、 [続きを読む]