丹後半島   フォト日記              さん プロフィール

  •  
丹後半島   フォト日記              さん: 丹後半島   フォト日記              
ハンドル名丹後半島   フォト日記              さん
ブログタイトル丹後半島   フォト日記             
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/hatakusa
サイト紹介文丹後半島の写真ブログ, すみれはブックマークの「スミレ想い」でリンクしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供108回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/09/30 19:45

丹後半島   フォト日記              さんのブログ記事

  • ヒサマツミドリシジミ
  • 兵庫県豊岡市 2018.06.17ゼフィルスでよく知られている低山、この日は写真組だけでも20人以上、多くは神戸や大阪ナンバー 遠くは徳島ナンバー午前中はフジミドリシジミ狙い、お昼前からヒサマツミドリシジミのポイントに移動平均年齢60歳前後 童心に帰ってチョウを追う [続きを読む]
  • 岩石・鉱石
  • 私と12歳離れた長男は大学を卒業するとすぐに九州に転勤になりまだ小学生だった私には兄との思い出は少ない。兄が大学生の頃、ベルトにハンマーを挿し兄が漕ぐ自転車の荷台に乗り当時まだ宅地開発前の寝屋川市の山へ連れられたことを微かに覚えている。長男は80歳前に膵臓がんを患ったが5年間生存しその間に自分史、家族、旅行等の思い出や趣味をPCに残し他界した。姪が九州から兄の遺品として趣味で集めた岩石・鉱石を送っ [続きを読む]
  • 岩石・鉱石
  • 長兄が遺した岩石や鉱石の収集品、某博物館が寄贈を受け入れて頂ける話が進んでいる。近日に博物館の担当者が搬出の下見を兼ねて寄贈申請書を持って来宅の予定。 [続きを読む]
  • オオシロオビゾウムシ
  • オオシロオビゾウムシ  兵庫県豊岡市手持ちの図鑑 と言っても安価な図鑑で調べても載ってない、FBFさんから教えて頂いて検索すると< 草原などに生える各種のシダで見かけるゾウムシでシダに集まるゾウムシの種類は少ない。めったに見かけることはなく、個体数は少ないようである。クヌギなどの樹液にも集まる>とある。フジミドリシジミの撮影は2時間待って1頭のみ 遠来のチョウ屋さんを1人残して車高が高いジムニーで [続きを読む]
  • フナバラソウ
  • フナバラソウ 丹後半島 2018.06.10フナバラソウは環境省絶滅危惧種で京都府の指定植物。京都府の条例で採掘、栽培、移動などが禁止されている。丹後半島では海岸沿いの岩場に群落し、そこから浜風で運ばれたのか道沿いの雑種地などで見ることが出来る。2006年から観察を続けている。 [続きを読む]
  • モンキチョウ
  • 丹後半島 2018.06.10ゼフィルスのシーズン、日曜日なのに生憎の空模様。雨は降って無いが自宅からゼフの産地までは1時間と少し、現地に到着してから降りだすと時間の無駄なので今日は自宅から30分の海岸沿いをカメラ散歩。 [続きを読む]
  • オオシロオビゾウムシ
  • オオシロオビゾウムシ 初見 兵庫県豊岡市手持ちの図鑑 と言っても安価な図鑑で調べても載ってないがFBFさんから教えて頂いて検索すると< 草原などに生える各種のシダで見かけるゾウムシ。シダに集まるゾウムシの種類は少ない。めったに見かけることはなく、個体数は少ないようである。クヌギなどの樹液にも集まる>とある。フジミドリシジミの撮影は2時間待って1頭のみ 遠来のチョウ屋さんを1人残して移動したフィール [続きを読む]
  • フジミドリシジミ
  • 雨の予報の土日に仕事をするとして日曜日に続いてフジミドリシジミ詣で7時半に現地に着くと須磨からの先客が一人10時まえに先客が呼んでくれるので行くと腹が膨らんだ♂が葉上に、2時間待って1頭撮影...別れて 何時ものフィールドへ [続きを読む]
  • アサギマダラ
  • 南丹市美山町から帰りに 自宅近くで家内を降ろしてお気に入りの海岸へアサギマダラを撮りに 3時過ぎに海岸に着くと浜辺に車が一台止まり防波堤で釣り人が一人 何時ものように長閑な風景 浜辺を端から端までアサギを探しながら数回往復する、気が付けば釣り人は帰り、地元の子供達が波間で遊ぶ日曜日の午後。浜辺のトイレに自転車が止まっているがそれらしい人は何処にもいない、アサギが姿を見せなくなったので5時過ぎに帰り [続きを読む]
  • ハグロシハイスミレ
  • ハグロシハイスミレ葉の表面が黒紫色したシハイスミレの変種で近畿地方を中心に見っかっていると聞く、丹後や兵庫県北部でもよく見るが土壌の影響と聞いていたが、先日FBFがシハイスミレとハグロシハイスミレが並んで自生している写真をアップされていた。ピンクのツマグロイナゴは生育過程でアントシアニンなどが多く含む植物を飼料にして育った影響と聞くが写真のイナゴは広いスキー場に一区画残っていた狭い茂みで変化ないツ [続きを読む]
  • ミヤマキケマン
  • 昨日は快晴、早朝から少し仕事を済ませて 知人の病気見舞いに宝塚市の病院まで、丹後から片道2時間ほど。自宅近くまで高速道路が伸びたので京阪神までも随分近くなった。15時過ぎに帰丹、仕事をするのには中途半端とそのまま近くの里山まで。車で登れるところまで徐行しながら何時も携帯しているTG−3で。希少種はないが、タチツボ、イカリソウ、ショウジョウバカマ、ヤマブキ、カタクリ、ハグロシハイスミレ、スミレサイ [続きを読む]