荒川三歩 さん プロフィール

  •  
荒川三歩さん: 荒川三歩
ハンドル名荒川三歩 さん
ブログタイトル荒川三歩
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/arakawa3po
サイト紹介文写真付きでママチャリ散策結果を報告する。 めったに遠出しないので、殆ど近隣の出来事がテーマです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供780回 / 365日(平均15.0回/週) - 参加 2014/09/30 20:06

荒川三歩 さんのブログ記事

  • 秋梅雨の晴れ間の根津教会
  • 東京に6日振りの青空です。空が高いです。初秋の陽が門柱に差し込んでいます。まるで教会が空に同化するようです。空気が澄んで気持ち良い初秋の根津です。でも、明日からまた暫く雨が続くようです。今日は思い切り初秋を楽しみます。 [続きを読む]
  • コキアの丘で見てしまいました。
  • 結婚写真でしょうか?カップルが躊躇すること無く「立入禁止」地区に入って行きました。見るとすぐ傍に立て札があります。カメラマンも躊躇すること無く雨上がりの土を踏んだ靴でベンチに上がりました。正に土足です。ポーズを要求して写真を撮っています。あっという間の出来事です。外国人の集団のように見えます。傍若無人と言うのでなく、当たり前のように入って行き、当たり前のようにベンチに上がったもので、注意するタイミン [続きを読む]
  • ひたち海浜公園のコキア/2017年
  • 1週間雨が降った東京です。天気予報を信じて、雨が降っている東京を出発しました。到着する前に雨が上がって、太陽が出てきました。コキアの丘です。今日来た人は運がいいです。人出が少なくて、雨上がりの空気が爽やかです。日が射した処が一層鮮やかに輝きます。もう、こんなの見られないかも知れない。余計な説明は抜きで、おすそ分けです。この景色を堪能してください。雨粒が残っています。日が当たると一粒一粒がキラキラ輝 [続きを読む]
  • 好きな商店街ー21
  • 「赤羽中央街」赤羽1番街の延長に、赤羽中央街があります。歩行者天国になっていますが、殆ど人が歩いていません。色合いが楽しい店がありますが、シャッターを下ろした店も多いです。この八百屋さんが元気なくらいです。隣にゲーム機を置いた店がありました。あれ!?これって、TVの「正直散歩」に登場した店ではないでしょうか?このゲーム機で有吉と庄野アナが遊んでいたのを覚えています。前回私が訪問した直後に放送された時にどこ [続きを読む]
  • 赤羽再訪2017年秋ー3
  • やっぱり1番街シルクロードが気になります。逆から行きます。立ち呑み屋が気になるので、暫く眺めます。好いなあ。奥へ進みます。開店準備中です。この看板好いです。呑みに行ってみたい店です。こんな所に外国語学校がありました。ちょっとビックリです。小父さんが呑みに行きます。そんな雰囲気のアーケード街です。 [続きを読む]
  • 赤羽再訪2017年秋ー2
  • 久し振りの赤羽です。やっぱり「1番街シルクロード」へ行かなければ。好いです。少しだけ店が開いています。ちょっと不気味な通りです。更に行きます。レトロです。立ち呑みの店があります。女性も居ます。イキだね。次回に続きます。 [続きを読む]
  • 赤羽再訪2017年秋ー1
  • さあ!赤羽1番街です。久し振りでワクワクしています。街の中央部にある大きな八百屋さんです。呑み屋ばっかりのこの街には珍しく見えます。陽射しが透けて、店頭が朱いです。街を巡りますが、八百屋の隣のトロ函が目立ちます。色使いが派手です。余り広くはありません。すぐに商店街の端に行き当たります。この雑然とした処が好いです。時々、洋風の店と出会います。ちょっとノスタルジックです。正面の高架はJRで、時々新幹線が [続きを読む]
  • 綾瀬川を下って、
  • 葛飾区四ツ木駅近くの土手の上です。綾瀬川の上に黄色い「東四つ木避難橋」があって、左上には首都高速中央環状線が走っています。ちなみに、駅名は「四ツ木」ですが地名は「四つ木」です。綾瀬川が高いです。右側には荒川に架かる木根川橋があります。土手を下流に向かって行きます。避難橋です。橋の向こうは海抜ゼロm地帯です。「かつしかハープ橋」に向かって進みます。中央環状線は、相変わらずの渋滞です。ここで、綾瀬川は中川に吸 [続きを読む]
  • 港屋で蕎麦を食べる日は。
  • 久し振りに見上げる虎ノ門ヒルズです。この近辺に来ると昼食はここです。今日は1時過ぎなので、15分待ちくらいです。やっと入れました。一度に食べられるのは15人くらいの、立ち食いのみの店です。立ち食いだけど、やっぱり、ここのエスニックな蕎麦は旨い!蕎麦を食べて、なんやかんやで、この時間になりました。例の如く呑み会の席に向かいます。 [続きを読む]
  • 呑んべ横丁の住居
  • もうお馴染みの京成立石の呑んべ横丁です。相変わらずこの飲み屋がびっしり並んだ狭い横丁は迫力あります。ふと、ここのオーナーの住居が気になりました。この横丁には2階があります。路地に入って見上げます。なるほどガラス戸があります。空調設備もあります。ずっと部屋が続いています。改めて外から見ると、やっぱり2階に部屋があります。昭和の小説を連想させる、ドラマ性が漂っています。部屋を覗いて見たい気持ちと、近付い [続きを読む]
  • 愛馬が集合
  • おそらく今年最後の夏日の茨城です。久し振りにトレーニングセンターにやって来ました。愛馬の約半数がここに集合したのです。各地・各条件で走っている競走馬が預託先の厩舎を出て調整する場所です。ここから厩舎に戻って走る馬がいたり、ここを経由して牧場で休養する馬がいたり、ここを経由して直接各地の競馬場に移動する馬がいます。従って、滞在日数が1日・2日の場合もあるので、私の愛馬が複数ここに集まるのは稀有な出来事 [続きを読む]
  • 立石仲見世のあの店が、
  • えっ!?閉まっています。ここの総菜が美味しそうで、一度食べたいと思っていました。数ヶ月前は営業していたのに・・・。この場合の「当分の間」なんて、「永遠」だって事を皆知っています。この店は、この商店街には珍しく、若めの客が集まっていました。他の知っている店を確認しようかと思いましたが、気が滅入りそうなので止めます。駅の北側にある区役所を解体新設する計画があって、それに合わせた再開発の計画があります。そうな [続きを読む]
  • 京島の駄菓子屋さん
  • 墨田区京島は「木密度」が高い街です。つまり、古い町並みが残っている街です。2丁目の京島南公園の傍に、お婆さんが一人で営んでいる駄菓子屋さんがあります。まだ下校時間じゃないので常連のお客さんは居ません。店内には懐かしいごちゃごちゃ感で商品が並んでいます。奥には随分古いサイン色紙がガムテープで貼られています。戦隊ヒーローモノでしょうか?1998年、2007年等の日付とサインが日に焼けて消えかかっています。おや!? [続きを読む]
  • 赤水門と秋の空ー1
  • 青水門を渡って行きます。赤水門と秋の空です。秋の空と赤水門です。赤水門を渡って、水門の基礎になっている小島へ行きます。島に名前はありません。人工の島です。朽ちた灯台があります。青い空に映えます。これだけです。これ以上でもなく、これ以下でもなく、ただこれだけです。 [続きを読む]
  • 隅田川の始まり
  • 正面に岩淵水門が見えます。通称「青水門」です。隅田川と荒川の間の土手の上に居ます。隅田川の向こうには、秋の空と、この開放感です。左は新河岸川です。ここで手前の隅田川に吸収されます。右手の青水門を流れるのが、隅田川です。青水門へ行きます。ここから、お馴染みの旧岩淵水門通称赤水門を見ることができます。あの赤水門の手前、右手の荒川からの合流点、なんとあそこが隅田川の始まりなのです。ここから江戸の四季を彩っ [続きを読む]
  • 浅草地下街訪問/2017年秋
  • 浅草の「新仲通り」から降りて行きます。昼過ぎですが(ですので)、少しの店しか開いていません。この店はいつも客が一杯です。DVDショップの先にも飲み屋があります。雰囲気が昔の浅草のまんまです。立ち食い蕎麦屋の雰囲気も郷愁を誘います。立ち食い蕎麦屋の前の階段の風景も懐かしい雰囲気です。年配の女性客がカウンターに座っていました。ポッカリと、地上への出口があります。異空間に通じるような気がします。その先にも店が [続きを読む]
  • 「桜井の史跡と伝説」−18
  • 生家の本棚にこんな冊子がありました。著者は未だに不明です。この冊子に書かれた現場を訪ねています。18.須賀神社(長沢)(本殿は流造り)旧長沢村の村社で元瀬部落のはずれの急傾斜の小丘の一角を削った所に社殿があり、前面には桜を植えた小公園となっています。主祭神は須佐之男命で、大宝元年(701)に出雲神を勧進し、揚天皇社といいました。配神は、斉明天皇が行幸の途中、桜井郷長坂の岡に御休憩したという伝説から、後に [続きを読む]
  • 「桜井の史跡と伝説」−17
  • 生家の本棚にこんな冊子がありました。著者は未だに不明です。この冊子に書かれた現場を訪ねています。17.婆落し(孫兵ヱ作)昔、桜井にとても気の優しい若者がいました。ある朝、両親がこの若者に、おいぼれた婆さんを車に乗せて、お婆落し(桜井の国民休暇村の下あたりだと言われる。)に捨ててくるように言いました。言われた通り、お婆落としの所まで連れてきたものの、若者はどうしても婆さんを「お婆落し」から落す気になり [続きを読む]
  • 谷中祭り2017−2
  • 谷中祭りは各所の会場で催し事があります。ここ岡倉天心記念公園は野点をやっていますが、余り人が居ません。野点用に静かな環境ではあります。やっぱり、この公園は誰も知らない異空間なのでしょうか。この会場の目玉は、年に一度の岡倉天心像の御開帳です。でも、訪問者が少ないのです。岡倉天心像はありがたく無いのでしょうか?この公園に来ると、いつも空を見上げます。今日はこんな空です。 [続きを読む]
  • 谷中祭り2017ー1
  • 今年も来ました。神田紅葉さんが講談の後、踊っています。小父さん大喜びです。さて、恒例の愉しみである、東京芸大生の弦楽四重奏が始まります。準備をしている時にアナウンサーが、「只今広場の入口にゆるキャラ『谷中に恋にゃん』(見ていないので詳細が不明ですが、谷中の妖精らしい)が登場しました。今日がデビューです。お子様は一緒に写真が撮れます」と案内しました。従って、ステージ前にはちびっ子が居ません。例年のこんな [続きを読む]
  • 谷中のはぎ寺
  • 谷中の宗林寺は別名「はぎ寺」と呼ばれています。秋の陽射しで綺麗に咲いて見えるのですが、上手く撮れません。特に、白い花が難しいです。ガラケーの限界ですね。こんな花も一緒に。境内へ入って行きます。谷中の路地を振り返ります。今が見ごろです。あっ、本堂を撮っていません。どんなお寺か分かりませんね・・・。 [続きを読む]
  • 立石仲見世の頑張っている店
  • 久し振りの京成立石です。駅前にある仲見世です。とても買い物に便利な商店街です。でも、シャッター通り商店街化著しい街です。この、真夏をイメージした飾りをいつまでも残している辺りに、その原因があると思います。頑張っている店舗を巡ります。居酒屋さんは昼間からやっています。隣の餃子屋さん。その隣の総菜屋さんは休みですかね?廃業する店があるので閉まっていると不安です。商店街の中心にある八百屋さん。ここから立 [続きを読む]