AWA@TELL まいにち さん プロフィール

  •  
AWA@TELL まいにちさん: AWA@TELL まいにち
ハンドル名AWA@TELL まいにち さん
ブログタイトルAWA@TELL まいにち
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/koyangyi
サイト紹介文愛知教育大学で、日本語教育に携わる人材の養成を行っています。ホームページも是非ご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供299回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2014/10/01 15:44

AWA@TELL まいにち さんのブログ記事

  • 時間の進むのが早すぎる
  • 8月3日まで授業があったんだけど、20日までにしなきゃいけない仕事が山ほどあって、2週間ある、と思っていたら、もう14日。1週間ない。子どもたちと同じ。時間が進むのが早すぎる。お盆も大学に来て仕事してるのに、全然片付かないよー [続きを読む]
  • ちょっと焦り始め
  • もう12日。仕事を引き受けすぎた。しゃれにならない。時間が足りないのに、なんか、いろいろやってくる。といいつつ、今日ものんびりと。頭痛もするし。あしたは、タイの大学に就職した修了生さんとランチの約束。それが終わったら、大学に行くかなあ。 [続きを読む]
  • 蚤の心臓を引き継ぐ子供たち
  • お父ちゃんは、小学校3年生のとき、初めて一人で広島の叔母の家に一週間滞在するという夏休みのイベントの前日、興奮して、緊張して、ドキドキして、ご飯が一口も食べられませんでした。当然、眠れることもなかったのです。ぷくが、学校のテストで一番を取った時、彼はその日の晩御飯があまり食べられませんでした。先日、はるどんが、絵の塾で、描いた作品をべた褒めされた日のこと、大好物のラーメンがほとんどのどを通らず、お [続きを読む]
  • 優しさをください
  • 前日の晩から、妻は、ぷくのために、麦茶を凍らしています。お父ちゃんは、そんなやさしさに触れたことがありません。あさ、それを言うと、 好きなもの買って飲めばいいじゃない。研究室にもお茶は飲めるようにしてあるんだし。と言われました。むかーし、亡くなった母が元気だったころ。私の中学時代に、やはり麦茶やら、スポーツドリンクやらを凍らせてくれていましたが、なんかね、荷物になるし、外で飲み物を買うのがかっこい [続きを読む]
  • 発酵中
  • ぷくが、お父ちゃんの作ったあんぱんが食べたいというので、強力粉、ドライイーストなどを買ってきて、お昼過ぎから粉を練って、今、冷蔵庫の中で発酵中。あんこは小豆から炊こうかと思いましたが、暑いので、市販のものを買ってきました。明日の朝、焼きたてのあんぱんが食べられるでしょう。これね、オーブンがなくてもできるよー。ということは置いておいて、お父ちゃんが粉を練っていると、ぷくのやろうが、事もあろうに何作っ [続きを読む]
  • 日本語教育機関を見学
  • 毎年恒例となっている、学部1年生との日本語教育期間の見学、今年は今日、伺いました。学部の3年生と2年生も一人ずつ、希望があったので一緒に。私の後輩、つまり、愛教大の日本語教育の卒業生も働いている学校です。午前に授業を見学し、その後、プロジェクトワークのお手伝いで、学習者さんとグループに分かれてワイワイと。日本語教育学入門という授業、一年生は必修で取っているのですが、そこで、語彙と文系のコントロールと [続きを読む]
  • 豊明市との連携公開講座、資料作り終わった
  • 来週末と再来週末に予定している豊明市との連携公開講座の資料作りが終わりました。30人も来てくださるということで、30部。コピーして、穴をあけて、テプラで背表紙張って、綴じ込むこと3時間。ようやくできました。今日の午後は、高大連携スクールで、高校生60名に90分、講義をします。こちらの準備も何とか明け方に終わりました。パワーポイントのチェックを朝終えて、もうすぐ移動です。くたびれたー [続きを読む]
  • タイからの手紙
  • タイの男の子の就学支援をしています。PLANを通じてです。毎月、少しずつの支援ですが、はるどんが生まれてから、18年近く続けています。いつか、日本語をこういった支援をした方たちに教えられる機会があれば、と思っています。昨日、タイ語の手紙に添えて英語の翻訳が届きました。手紙を載せようかと思いましたが、タイ文字が読めないので、個人情報が出てはいけないと思い、やめました。いろんな形で、次の世代に関わって行きた [続きを読む]
  • 2018年8月6日 月曜日
  • 今日は記念日になりました。詳しくは、また後日。そして今日は、広島の原爆忌。、黙祷する間もなく、慌ただしく過ごしておりました。午後からは、今月行われる教員研修の打ち合わせで名古屋市教育センターへ。伝馬町から歩くんだけど、日差しがきつい。わずかな距離ですが、力尽きて喫茶店へ。冒頭のヨーグルトパフェを美味しくいただき、元気を取り戻して出かけました。なんか、豊明市の公開講座、高大連携の授業、通信教育のため [続きを読む]
  • ぷく、許さない
  • 今日は、はるどんは模試。お父ちゃんとお母ちゃんとプクで、ちょっとお出かけ。色々済ませて、お昼ご飯にうどんやそばをいただいたのですが、今日はお父ちゃんが晩御飯当番なので、 晩御飯、何が食べたい?と、尋ねたところ、プクが、 スパイス系がいい。カレーとか。お母ちゃんは、食欲がないから、カレーでもいいけどあんまり食べないよと。まあ、カレーにするかということで、日が陰ってから買い物に行って作っていたら、プク [続きを読む]
  • オープンキャンパス
  • 愛教大のオープンキャンパス初日。日本語教育のブースは、ほかの先生方がご担当くださり、上田は、リソースルームの案内ブースに。当初、設置する予定の所は、エアコンが聞かない場所だということがわかり、急きょエアコンの利く場所へ移動。おかげさまで、なんとか一日過ぎました。でもね。ぼーっとしてたら、怪しまれて誰も話しかけてこないし、本を読んでいたら、それはそれで誰も話しかけてこないし、スマホいじってても誰も話 [続きを読む]
  • マインドマップで授業の振り返り 〜日本語教育学入門
  • 毎年恒例の、「日本語教育学入門」の振り返り。マインドマップの手法で行います。広がりがある学生、ない学生は当然いるのですが、今年は思ったよりも広がりがある学生さんが多かったです。でも、こっちも話したことを忘れている、雑談の「柿ピー」に触れている学生さんが複数いたのがショックというか、笑えるというか。ちゃんとした話のほうも聞いてよ、と思いましたが、先の投稿ではありませんが、歴史的なことを聞き取り、書き [続きを読む]
  • 桃太郎 海の神兵
  • 「日本語教育学入門」の授業で、見せました。間に出てくる、「あいうえおの歌」や日本語教育のシーンもあるのですが、あの戦争に突っ込んでいった時、「アジア解放」を掲げていた時のアニメ、しっかりそれが描かれています。日本語教育にかかわる人間は、東南アジアに日本の軍隊が出て行っていることを知っておくべきです。それが「正義の戦い」だったか、「侵略」だったか、そんなことを言っているのではなく、「へえ、日本の軍隊 [続きを読む]
  • 日本語教育実習Ⅱ は、今日が最後
  • 日本語教育実習Ⅱ、今日が最後の授業。つまり、補講の初級後半レベルの授業も今日が最後。でもって、日本語教育コースの学生にとっては、必修となっている日本語教育の実習科目はこれで終わり。4年生の前後期に、選択科目として、ピンでやる、実習の授業は残っていますが、まあ、これで、日本語教育の留学生を対象とした授業は一通り終わりですね。少し様子を写真で紹介します。今日は、テストの後、アクティビティがありました。 [続きを読む]
  • 盲点 そこかー
  • 漢和辞典の引き方の指導中、生徒さんは嬉々として、プリントに指示された漢字を探します。部首とか、画数とか、読み方とか、漢字の調べ方がわかるというので楽しそうでしたが、部首索引で、部首が見つかると万歳する学生もいる中、その下にあるページ数が漢数字なのでそれが読めない。そこかー、と気づく盲点。 [続きを読む]
  • 49になりました。
  • 49になりました。49になった今日は、市内のあるところで夏の研修の打ち合わせをと思っていたのですが、それが流れたため、夜間中学校の支援に伺うことと、市内の書店で新しく出た本などをチェックしておりました。冒頭の写真は、お祝いに家族がとってくれたお寿司。アナゴが好きなもので、一本アナゴを特別につけてもらいました。ありがとう。FACEBOOKでは、帰国していった元留学生の方はもとより、多くの方からお祝いのメッセー [続きを読む]
  • 安城市大人日本語教室 前期は今日まで
  • 台風一過、とは言えない天気。そんな今日は、安城市大人日本語教室の前期最終日。昨日の台風のせいで、鉄道のダイヤは乱れており、学習者さんも、全員がそろったわけではありませんでした。講師をしている大学院生の皆さんも、ダイヤの乱れで、ぎりぎりの到着。事前に、状況の連絡をいただいていたので、冒頭20分ほどいただいて、病気表現や体の部位についての授業をしました。そこから、交代。昨年度1年間、ほぼ毎回様子を見て、 [続きを読む]
  • 世も末、と思ったこと
  • 大学の授業の履修説明を聞きに親が出てくるという話を聞いたのは、私が大学教員になった頃ですから、もう20年も前のこと。どの授業が単位が取りやすいでしょうか、と尋ねてくる親がいると聞いて、親も親だが子供も子供だ、と思ったんですよね。入学式や卒業式に親が出てくるということに違和感があったのは、僕が学生の頃、あたりまでかなあ。今では、入学式や卒業式に親が出てくるというのは、比較的、認められるようになったよう [続きを読む]
  • オリンピック、迷惑なだけ
  • 文科省のHP見ても、通知の原文が見つからないんだけど、東京オリンピックのボランティア参加を促すために、大学に授業期間やら試験期間に対する配慮を求めた通知が出たとか。もう、なんでもあり、の状況になってるけどさ、迷惑なだけ。さっき、補講の愚痴も書いたけどさ、授業回数の確保を厳しく教員に求めているのにもかかわらず、授業期間をいじれとはどういうことか。個人的には、授業回数の確保なんてくだらない、と思ってはい [続きを読む]
  • もう年寄りの繰り言になるんだけどさ
  • えーと、台風が来るというので、授業の補講を予定していたのをやめにしたのに、かんかん照りで、朝からどうしてくれるのかと思いつつ、せっかくなので、フィリピンフェスタに行ってきました。お昼過ぎに暴風警報が出たので、まあ、大学に行って補講していても、一つ目が終わった時点で学生さんたちを返さなきゃいけなかったのですから、まあ、それはいい判断だった、と思っています。で、フィリピンフェスタ。冒頭に、フィリピン国 [続きを読む]
  • 友達だけじゃない、先生だって同じ
  • 徒然草で吉田兼好が、第117段で「友とするに悪き者、七つあり」と語っているけど、友達だけじゃない、こういう先生は避けたほうがいい。ーーーーーーーーーーー友とするにわろき者、七つあり。一つには、高くやんごとなき人。二つには、若き人。三つには、病なく身強き人。四つには、酒を好む人。五つには、猛く勇める兵(つわもの)。六つには、虚言(そらごと)する人。七つには、欲深き人。よき友三つあり。一つには、物くるる [続きを読む]
  • 企業の経営者には向かない。心底思った。
  • 決断力ないしねえ。優柔不断だしねえ。即断即決が求められる場面からは遠ざかりたいねえ。今の自分の置かれている状況を考えたら、今以上に重大な判断を求められていたのは、結婚の時くらいかな。高校進学も、大学進学も、大学院に行けなくて浪人することを選んだのも、韓国に行こうと思ったのも、学振のPDか就職かの選択も、小さい、小さい。それだけに、受験で失敗して精神を病むとか、自ら命を絶ってしまう人を見ると、渦の中に [続きを読む]
  • 「り」と「ま」
  • 学生さんとおしゃべり。今日は、「り」と「ま」について教えてもらいました。「り」、は、「了解」のこととか。高3のはるどんから、「了解」を「りょ」というところまでは習っていたんですが、さらに短く「り」。何が何だか。「ま」のほうは、「まじ?」のこととのこと。いつまで残るのかわかりませんが、新しい言葉は教えてもらわないとわかんない。留学生のほうが耳ざといからなあ。以前、江崎びす子さんのツイッターから、自分 [続きを読む]