Mano Azul さん プロフィール

  •  
Mano Azulさん: 想いをカタチに〜手作りの日々
ハンドル名Mano Azul さん
ブログタイトル想いをカタチに〜手作りの日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/northwind-y31/
サイト紹介文模型、アクセサリー、インテリア雑貨などなど。 いろいろ製作記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/10/01 23:50

Mano Azul さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 引き続き制作中
  • 前回に引き続き宇宙塗りらしきもの制作していきます。前回同様のヘアピンに加えてストールピンを2点。今回は時計の歯車部品を中心としたものに。 100均のキャンドゥで取り扱いが始まりました時計パーツ。その中からピックアップしていきます。他にネイルシールも使用。右の上2つには星座を、左のストールピンには猫を封入しました。星座2点はそれぞれ北斗星にカシオペアですがいささかわかりにくくなったよう。 斜めに透かして見る [続きを読む]
  • 私なりの宇宙塗り
  • さて、モチベーション保てるうちにこのままレジンアクセサリーの製作続けて行きましょう。というのも納品した以外にも相当数の資材買い込んでいるのでその消化の意味もあります。実際現物を前にあれこれ思案しつつ作成しているので余剰材料がかなり発生するのです。なのでそれらも作品にしてしまいます。今回の新作は月と星をイメージした猫モチーフのヘアピン。 さて、宇宙塗りと言えばラメ入りのマニキュア使う方が多いかと思わ [続きを読む]
  • 久しぶりの制作依頼
  • みなさまご無沙汰しております。約3か月ぶりの更新となってしまいました。もうアメブロに戻って来ないのか?とご心配の方、ご安心あれ。 さて、久々に制作依頼を受けて作成しました。出来上がったのはこちら。これ、何がモチーフかわかりますか?ヒントは色と形。月のほかは惑星。色はそれぞれのイメージカラー。 そう、勘のいい方はお判りかもしれません。セーラームーンです。依頼者は30代女性。ママ友と分け合うそうです。何で [続きを読む]
  • ミニチュア家具続々制作中
  • 久しぶりの更新となってしまいました。 実は現在入院中です。そんなわけで暇つぶしにこんなものを持ち込み。週刊「マイ・ドールズ・ハウス」今更の感ありますがこれ、古本屋でひと山いくらで入手したものです。いわずと知れたパートワーク誌ですが欠本だらけでドールハウスとしては成立しません。しかし、一巻完結のミニチュア家具キットとしては充分使えます。それを暇に任せてチマチマ組み立てています。 たとえばこれ。ベッドサ [続きを読む]
  • 冷風扇を自作する
  • 日々暑くなってきました。いかがお過ごしですか?そうかと言ってエアコンにばかり頼るのは身体にもお財布にも宜しくありません。 そこで冷風扇を安価に自作することにします。用意するのは・発泡スチロールの箱・USBファン・車用のドリンクホルダー 発泡スチロールの蓋にUSBファンとドリンクホルダーの外径を罫書きます。できるだけ寸法キッチリと罫書き、少々きつめくらいがいいでしょう。緩いとあとが大変です。 そしてその罫書 [続きを読む]
  • 1/24木造ガレージの制作④壁面出来上がり&地面制作開始
  • さて、前回までに壁三面を製作した1/24ガレージ。いよいよ正面の入り口まわりの壁を作成します。材料はやはり5mm×15mm角材。両端の柱は細切れにした角材を積み重ねてその上に鴨居状に橋渡しにする構成。このようにすることで他の壁面と高さも揃います。そして下辺には同じ角材を並べて補強とともに入口周りの床の表現。扉開口部の敷居部分にのみ5mm角材を用いて隙間を埋めます。 この面に関しては自立するように。これまで制作し [続きを読む]
  • 1/24木造ガレージの制作③側面壁の制作にマインドブロックを感じる
  • さて、前回デジカメを忘れてしまいまったく別の記事をアップした1/24木造ガレージ。背面に続いて側面の壁を作成します。 5mm×15mmの角材を並べて行き、そこにすき間を作って窓にする構成。ああでもない、こうでもないといろいろ並べ替えしつつ。これで三面がかたちを表しました。内部を見せるため窓は大きめ。換気口は網を現物合わせで切り出して2mm角棒で縁をつける構成。 殊更図面を引いているわけでもなく、時に大きさが掴めな [続きを読む]
  • 1/24木造ガレージの制作②いきなり番外編 GPZ900Rの制作
  • さて、「男のドォルハウス」第2回目の講座は側面壁の制作。しかし、当日デジカメ忘れるという失態。なので画像はありません。作業自体は1回目の背面壁の制作と同様のもので取り立てて挙げるものはない感じです。 そこで番外編。講座の日に持ち込んだF-Toys1/24バイクキット。【中古】 F-Toys ヴィンテージバイクキット Vol.1 KAWASAKI GPZ900R...860円楽天 講座への道すがら立ち寄った中古店にて購入したものです。カワサキGPZ900R [続きを読む]
  • 1/24木造ガレージの制作①背面壁の制作
  • 2017年度も始まりました。4月最初の投稿は『男のドォルハウス』道新文化センターにて行われておりますドールハウス作家杉山武司氏の講座、今年度より受講しております。 ドールハウスというとメルヘンチックなものや可愛らしいものを連想しますがこちらはさにあらず。60〜70'sを思わせるもっと渋みのあるものとなります。 今回制作の題材は1/24ガレージ。概ね間口一間半、奥行三間の木造ガレージを一年かけて手掛けて参ります。こ [続きを読む]
  • 鉄道コレクションキハ54をTOMIX相当にするには
  • 本日俎上に上げたのはこちら。鉄道コレクション、キハ54-500国鉄末期、民営化を控えて投入された型式です。当時はまだキハ40系はもとよりキハ56系、キハ22なども活躍していた時代。実際にそれらと併結して運用されており、模型の世界でも各種気動車と併結させたいものです。しかしサクッと走行用オプションパーツをポン付けして・・・とは行かないのがこちら。取説見るとカプラーを嵌めるにはスカートを撤去するようにとのこと。要 [続きを読む]
  • 原点回帰のお座敷列車「くつろぎ」
  • さて、途中の中断こそあれもう四半世紀以上にもなる模型工作歴。私が最初に制作したのはJR北海道キロ29/キロ59お座敷列車「くつろぎ」まだ学生の頃、元号が変わるかどうかという時分、国鉄がJRになって日が浅い頃のことです。尤も、幼少期にボール紙で車体自作したことはありますが今に続く工作との意味合いではそれが最初。「くつろぎ」の次は「アルファコンチネンタル」をなんて構想抱いていたものでした。しかしその後が続くこ [続きを読む]
  • 今更ながら?キハ21っぽい国鉄気動車をつくる
  • 皆様あけましておめでとうございます。2017年の年越しはエアブラシ握りつつ迎えました。紅白歌合戦にもゆく年くる年にも興味ないし大晦日から元日にかけては意外とすることないのですよね。 一体何を作っていたのか?それはキハ21、キハ20を北海道向けに二重窓にした車両です。ただデッキがないため冬場の保温に難があり、全道的に配置されたキハ22に対して道内でも温暖な道南そして混雑する札幌圏を中心に用いられていました。今 [続きを読む]
  • HOナローゲージ『猫屋線』開業
  • 『猫屋線』って一体どこにあるの?1950年代〜70年代にかけて日本のどこかに存在した架空の軽便鉄道。 トミーテックから発売された鉄道コレクション。1/80スケール、軌間9mmを採用したシリーズ初のナローゲージです。鉄道コレクション 鉄コレ ナローゲージ80 猫屋線 キハ1・ホハフ50形 旧塗装4,536円Amazon 鉄道コレクション 鉄コレ ナローゲージ80 猫屋線 キハ1・ホハフ50形 新塗装4,536円Amazon新旧各一点を購入。早速入線させる [続きを読む]
  • はじめての1/12バイク模型 YAMAHA XV1000の制作①
  • どういう風の吹き回しか、1/12スケールのバイクモデルを手掛けることになってしまいました。それは、杉山武司氏の「男のドォルハウス」講座に通い始めたことから。そのテーマが「1/12スケールの木造オートバイ小屋」 しかし、バイクにはまったくのド素人。知識は皆無に近い自分には何を選んだらいいのかすらわからない。そんな中で選んだキットはタミヤ1/12YAMAHA XV1000ビラーゴ タミヤ 1/12 オートバイシリーズ No.44 ヤマハ XV [続きを読む]
  • デコパージュでスイッチプレートを
  • 以前から気になっていた「ジュタドール」なるものをやってみました。要はデコパージュですが、更に貼りやすくなりどなたでも美しい仕上がりが望めるという触れ込みです。キットはこのようにパッケージされています。早速開封すると3枚のシートと接着剤、筆とスポンジが入っています。シートは背景とモチーフが印刷された薄手の紙、各種デザインが発売されています。デコパージュキット ジュタドール キット スイーツ柄 CJ-KIT-01 [続きを読む]
  • ミニカーのウェザリングを試してみる
  • 旧車ミニカーのウェザリングと言えばまず想像されるのが埃まみれになって錆も浮いた状態。いわばボロボロのポンコツ。ジオラマ作例など見てもそういうものが目立ちます。過去にこんなものをつくりました。 1/43スケールのローバー・ミニMk-Ⅰミニカーというよりむしろインテリア雑貨的な仕上げ。リアリティを求めるよりはナチュラル雑貨に馴染むような感じです。友人のオーガニックカフェでかわいくディスプレイされています [続きを読む]
  • ピラミッド型オルゴナイトをつくる
  • 久々の更新となってしまいました。出店スケジュールを載せるなどブログの体裁をいろいろいじってはいましたが、肝心の中身が変わらないままでは片手落ち。体裁も中身も両方揃ってこそのブログですね。先日、ある販売イベントで私の公開した技法が役に立っているとの言葉をいただきました(^o^)私は制作技法はできる限り公開すべしとの立場を採っています。秘伝、秘儀もいいのですが、公開することで真似ていただき、それを皆さん自 [続きを読む]
  • ピラミッド型オルゴナイトをつくる
  • 久々の更新となってしまいました。出店スケジュールを載せるなどブログの体裁をいろいろいじってはいましたが、肝心の中身が変わらないままでは片手落ち。体裁も中身も両方揃ってこそのブログですね。先日、ある販売イベントで私の公開した技法が役に立っているとの言葉をいただきました(^o^)私は制作技法はできる限り公開すべしとの立場を採っています。秘伝、秘儀もいいのですが、公開することで真似ていただき、それを皆さん自 [続きを読む]
  • 100均シリコン型でシェル型オルゴナイトをつくる
  • 100均のシリコン型を利用してシェル型のオルゴナイト試作してみました。セリアのマドレーヌ型を使用。海底をイメージして砂と琉球ガラスカレットと利尻の海藻押し葉も。あとは定番のメタルチャームやグリッター、パール等を適宜配置。北と南の両方の素材が凝縮された代物に。硬化させること12時間ほど、脱型してまだ粘りが残っているうちに重ね合わせると外れない。ならばとそのまま圧着。更に放置して硬化させると一体の立体形状 [続きを読む]
  • 高原列車2題
  • 地味に製作続けていますエアブラシによる塗り替え。何れもKATO製品ベース。キハ111+キハ112 国鉄急行色小海線の復刻国鉄カラー、GMクリーム4号とシャインレッドによる塗り替えです。国鉄急行色、JR型にも意外に似合うのですね。車体がより長く見えます。背中合わせの片運転台、キハ58系の後継車に相応しい存在であることが伺えます。両運転台のキハ110には朱色5号の首都圏色もありますしそちらも制作して混色編成の再現もよさげで [続きを読む]
  • これまたジャンルを越えての転用
  • ジャンルを越えるパーツ転用。プラパーツも着色によりアンティーク風の封入パーツとして使用できると書いたのが前回。けれど、メタルパーツの金属感はならではのもの。時計の歯車やムーヴメントはエッジのシャープさが際立ちます。ここに、ジャンク品のHOゲージの蒸気機関車があります。おそらくは半世紀以上を経ている代物。程度良ければいいお宝なのでしょうが、各部のダイキャストが経年でボロボロに崩れるなど状態は芳しくない [続きを読む]
  • ジャンルを乗り越えたアイテム転用
  • そろそろ新年度からの販売再始動に向けて制作を開始。アンティークなペンダントトップを作ってみました。歯車にトンボ飛行機。年齢性別問わないアイテムと言えるでしょうか。これはバッグチャームかキーホルダーに仕立てたいところです。さて、歯車は時計部品とすぐ分かりますが、この飛行機は一体???メタルチャーム?実はさにあらず。フジミ 1/700 グレードアップパーツシリーズ No.71 艦載機セット (九六式艦上攻撃機...¥1,1 [続きを読む]
  • 春を先取り?ミニオルゴナイト
  • ひと口ゼリーの空きカップ。捨ててしまうのは勿体ないといつも思います。これを型にして何かできないかな・・・?ならばやってみるまでのことです。これを型にミニサイズのオルゴナイトをつくります。クラックビーズ、さざれ水晶、銅線、真鍮タワシなど各種マテリアルを入れ、樹脂を流し込みます・・・あれっ?!硬化剤どこ行った〜(>_はい、しばらく作っていないうちに行方不明になってしまいました。そこでUVレジンを注入。数段 [続きを読む]
  • 無線アンテナどれ選ぶ?
  • よくオークションやリサイクルショップで中古鉄道模型を入手しては手を加えて自分のものにしているのですが、中古品ゆえに前オーナーの手が加えられたものが多々あります。今回俎上に上げるのがTOMIXのキハ58系気動車。長年活躍したものだけあって後天的な改造も少なからずあります。その中で最も目を引くのが屋上の無線アンテナでしょう。1980年代中盤から取り付けが始まったパーツ、製品にも同梱されていてユーザーの任意で取り [続きを読む]
  • 過去の記事 …