伊達だより さん プロフィール

  •  
伊達だよりさん: 伊達だより
ハンドル名伊達だより さん
ブログタイトル伊達だより
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/kikilala_nyanko
サイト紹介文北海道伊達に移住して第二の人生を 歩んでいる 二人の 日々の暮らしと小説を発信
自由文一通の葉書が縁で40年振りに再会した2人

第二の故郷でもある伊達に移住して自家菜園とガーデニングなどをしている日常を猫との生活をおりまぜながら綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供530回 / 365日(平均10.2回/週) - 参加 2014/10/02 05:18

伊達だより さんのブログ記事

  • カラオケいきなり95点??
  •  土曜日は娘と琴似のカラオケ まねきねこへ・・・ ジョイにした。 まずみだれ髪 いきなり95点だってそれはないヘン  東京ブルース96点(古い歌ばかりで恥ずかしい・・・)まさかァー 唄う歌全てが90点以上 採点があまい・・・? 「いきなり採点」  いつもの精密採点に替えてみた   そうだよねー これが私の実力 それにしても娘は80点代 どの採点もあまり変わらないのは 何故か?  そうかぁー いきなり採 [続きを読む]
  • ゆきちゃん徐々に心を開く
  •  二代目キキことゆきちゃん 台所の隅に隠れている・・・ここが彼の心休まる場所らしい・・・ 一日目は姿を見せなかったが 二日目は 恐る恐る出てきた。 ゆきちゃん・・・と話しかけるとキョトンとしていた。  三日目はさらに大胆になり 距離が縮まった。 じっと私の顔を観察  夜はカリカリも食べた  丁寧に顔も洗い そそくさと台所に隠れた。 その後も現れじっと私を観察している・・・ ジャレルようにもなった。 [続きを読む]
  • ジャコシカ80
  • 「恨まれているからですよ。憎まれているといった方がいいかなあ・・・・」  鉄さんの言葉に淀みはなかった。 「あの娘の両親がこの家の前の海に、呑まれて亡くなったのは前に話したね。 あの娘が10歳の時だった。 その時わしは汽車で街に出ていた。 わしがここに来て4年が経っていて、漁はもっぱらわしと影山さんの2人でやっていた。 わしが来る前は夫婦で船に乗ることが多かったらしいが、わしがころがりこんでからは [続きを読む]
  • ジャコシカ79
  • いつの間にか面白いものを見付けようとして、ネズミ花火を楽しむようなことをやっているのかも知れない。 なんだかちょっと厭な気分になってきた。 そろそろ終わりにしたい。 どうやらその時だと思った。 「奥の部屋のカレンダー、随分古いものですね」 「ああ、古いよ」 まるで聞かれるのを待っていたかのように、鉄さんは直ぐに答えた。 「気に入っているのですね」 「そうだなあ、嫌いじゃない。でも貼ったのはわしじゃ [続きを読む]
  • ジャコシカ78
  •  その時ふとこの家の中で、一つだけ気がかりなものがあったのを思い出した。 それは隣の6畳を隔てた奥の間に貼られた12カ月分の1枚物カレンダーだ。 古い10年前のもので、上部は咲き乱れる菜の花畑と、その向こうには残雪の山並が見える写真だ。 すっかり色褪せて元の色が良く判らないくらいだが傷みはない。 もう役目は終えているが、取り外すことはできない何か特別に大切にされるわけがあるような気がする。 そもそ [続きを読む]
  • ついに鮭が・・・
  • 昨日Yさんから鮭が届いた。 どこで釣れたのかなぁー 聞きそびれた・・・ 早速シェフが捌いてくれた。 Yさん いつもありがとうございます。  いよいよ鮭のシーズン到来 私も今年こそ釣りたい・・・と力んではみるものの の体調と気分次第。 あの釣り上げる時の感触と手ごたえが忘れられない・・・。 10年前伊達浜で初めて釣り上げた鮭 雌だったのよーん  [続きを読む]
  • 久々の軍艦焼き
  •  先日の八角 がゴム手袋をして捌いてくれた。  二匹は塩をして冷凍 久しぶりの軍艦焼き とっても美味しゅうございました。 昔は捨てていたという八角・・・今は珍味で 札幌ではなかなか手に入らないが 伊達では時々目にする。 現役時代 小樽出身の同僚が学年の飲み会で 琴似の居酒屋に行った際 これが最高・・・と注文したのが初めて のんべいにはたまらない・・・ この味にみんなはまってしまった。 今ではもすっ [続きを読む]
  • ジャコシカ77
  • 強い不安を感じた。 「やはり危険な女だった」  10 時が経つにつれ、この家の隅々までに眼が行き届き始める。 最初の内は旅先の、宿の部屋を見る眼で見ていた。ほっと寛(くつろ)いではいるが、明日は出て行く場所である。 駅舎のベンチに腰を下ろした時の気分と、さして変わらなかった。 眼に写るものは何の感慨もなく通り過ぎていく。入江の家も同じだった。 ところが日を重ねるにつれて、自分との距離がなくなり、気が [続きを読む]
  • 残念会
  •  昨日はイオンの火曜デー 久しぶりにと出かける あらららら こんな形の良い八角さんが一匹100円ですと 買わねば・・・四匹ゲット  昨日の夕食 久しぶりのワイン 旅行に行けなかった残念会・・・。  [続きを読む]
  • 可愛いお客に起こされる
  •  今朝ニャオーニャオーの声に起こされる 窓を開けると グレーと白の二毛のニャンコが・・・先日のよく見かける黒と白の二毛のニャンコと 同じ位の大きさ、きょうだいか? この子は先日の夜中にもニャオーニャオーと我が家の自家菜園で鳴いていた。 よく鳴くニャンコである。 鳴き方が発情中のニャンコの声にそっくり まさかネ・・・ 異常天候でニャンコに異変が起きたか・・・.。 逃げると思ったら写真を撮らせてくれた [続きを読む]
  • じやこしか76
  •  それから時を稼ぐかのように、2、3歩二人の間を開け、背を向けたまま言った。 「怒っている」 「私が、何故」 「だって怒っているもの」「あなたが何をしょうとかまわないわ。でもこの店を壊すことだけは止めて欲しい。 優美さんはあなた達のことを赦さないでしょう」 「その点について少こし説明させて欲しいわ。あやさんあの男に声をかけられたでしょう。しかし断った、それで私にお鉢が回ってきた。それだけのことよ。 [続きを読む]
  • 台風25号の被害
  •  今回の台風25号 早くから7日に東北、北海道に上陸することが 分かっていた。 私達の旅行・・・今年が最後になるだろう ドンビシャリ7日が出発だった。 やっぱり中止  伊達の農業・漁業食の祭典も早めに中止 相馬神社の祭典も三日目の昨日は中止  池田町のワイン祭り 壮瞥のリンゴ祭りも軒並みに中止 かなりのイベントの中止が相次いでいる。 昨日は私の散歩も中止。 未だに余震がきている 心ざわめく秋でござい [続きを読む]
  • 君はどこの子
  •  最近毎日我が家の庭に訪れ自分の家のように くつろいで半日過ごしていくニャンコがいる。 毛艶はいいが少し痩せている感じ 年の頃は・・・7か月くらいの子猫 玄関に残っていたララのカリカリを置くと しっかり食べて行く。 雨の日は軒下で雨宿り そんなに我が家がお気に入りなら家に入っておいで・・・ とベランダを開けると不思議そうに顔をかしげて じっと私を見つめている。 こんなに長い間外にいるなんて外飼いの [続きを読む]
  • 東北秘境巡り台風のため中止
  •  7日から11日まで行く予定だった旅行 台風25号上陸のため中止 気にして一日テレビの天気予報にくぎ付け JRは次々と運休 最悪、新千歳までタクシー・・・? 行ったとたん欠航だなんて・・・数万円もかけてそりゃないわー と二人で嘆いていると 11時近くにやっと旅行会社から中止の連絡が入り やれやれ 今回は台風のため 旅行準備も気が乗らなかった。 台風のトルネードにひっかきまわされた一日だった・・・寝る [続きを読む]
  • 評価、言いたい放題
  •  一夜あけて 無法松の一生を改めて聴いた うさぎ追い師さんが検索して貼り付けてくださった ありがとうございました。 の評価 やっぱりひばりが一番 この唄い方は下町のハスッパな感じがあっている・・・・ あや姫はうなり過ぎでやかましい。 おちよさんは声がか細くて 無法松がお嬢様になって座敷歌の雰囲気になってしまった。 千代奴だぁー だって アッハハハ 相変わらず辛口 勝手なことをいっておる・・・。 さ [続きを読む]
  • 相馬神社祭典でドネルサンド
  •  今日は相馬神社の祭典 歩いて数分 寒気がするは行かないというので 夕方わたしだけちょこっと行ってきた。 お目当てはいつものドネルサンド  沢山の人出  夕食はお祭りで購入した ドネルサンド 豚肉 かまぼこなど  簡単にすませた・・・ 何か?? [続きを読む]
  • 無法松の一生
  • 演芸クラブのTさんが村田英雄の「無法松の一生」のCDを あなたに合いそう・・・と フレゼントしてくださった。 がこの唄が好きで 前に購入したが このような荒々しい歌はあまり好きでなかったのでお蔵入り。 でも せっかくなので 挑戦してみることにした。 音域が広く唄いづらいがまだ高音もでる 声の出るうちに唄えるようにしょう。 歌の間の浪花節調がは好きなんだって。 東京で宴席の時 小料理屋の女将さんが  [続きを読む]
  • こんなことってあるんだ・・・
  •  昨日は長生大学の日 午前の講演の途中で義兄が室蘭のS病院から 伊達のH病院へ転院するということなので お見舞いに行く。 姉も姪も既に来ており、義兄も思っていたよりも元気そうで 安心・・・。 ところがギッチョン とんでもないことに・・・ 介護士さんも看護師さんもリハのかたもみんなみんな 親切で病院全体がアットホームで良かったネ と話していたのに ドクターの話で急展開 ドクターもまた優しく丁寧だった [続きを読む]
  • 80歳になっても可愛い・・・・田村セツコさん
  •  先日何気に徹子の部屋をのぞくと 80歳になられたイラストレータの田村セッコさんが登場していた。 歳を感じさせない心身ともに可愛らしい女性だった。 決めた 私も彼女を目標に生きよう。 いつまでもかわいらしい女性でいたい・・・ 田村セツコさんを目標に生きるからニャ とに宣言 どうぞどうぞ・・・でも今でも充分カラフルだょー  いつもはこの時間帯はテレビをつけないのだが 偶然見た 彼女に感動 早速セツコさ [続きを読む]
  • 童謡の会
  •  先月行けなかったので今日は二か月ぶりの童謡の会 10月なのに暑い・・・ カルチャセンターに着いて汗びっしょり。 先月の便り   今月の便り  最後にさくら貝の歌を唄った うしろからテノールの、のびのある声が聞こえたので それに負けないで唄った・・・ なんせ昔から大好きな歌だもんネ 久し振りに楽しかった。  [続きを読む]
  • ジャコシカ75
  •  逃げるように雑踏に紛れ、その後はどこをどう歩いたのか記憶になかった。  頭の中が空っぽになり、ただ絡み合う男と女の裸体がぐるぐると回っている。  ようやく歩き疲れてから、行き当たりばったりの駅前路地の喫茶店に入った。  熱いコーヒーを飲んで、ようやく自分を取り戻した。  二人のことは遮二無二、頭の中から追い出し、明日の引越しのことだけを考えようとした。  とはいっても再び店に戻る気にはなれなかった。 [続きを読む]
  • またまた地震
  •  昨日の夕方またグラーと大きく揺れた 身構えたらすぐ止まった。 テレビを見て 札幌は4度だって・・・ よくよく見ると 同じ札幌でも娘の住んでいる西区は2度だった。 ひとまず安心 伊達は3度だった。 本州は台風 こちらは地震の余震がまだおさまらず不安 こんな中果たして旅行に行けるのか? 庭はシュウメイ菊の独壇場 スズメの姿なし・・・。   [続きを読む]
  • ジャコシカ74
  •  2列に並んだこのラックを廻りこむと、中央に作業台、その左側にミシンが2台、向かい合った右壁側には大型のソファが置かれている。 このソファはしばしば仮眠用のベットに使われる。 それ等の縫製工房用の品々の奥が、アンティク家具のスペースだ。 室内の明かりは点いている。 あやは後ろ手にそっとドアを閉じた。 足音を忍ばせラックを廻り、その陰から首を突き出した時、いきなり女の喘ぎ声が張り手のように顔面を打っ [続きを読む]
  • 何度でも挑戦・・・輝ける人
  •  Mちゃんのお知り合いで のど自慢に8回も挑戦しているかたがおられる いずれも予選落ちなので出場できるまで頑張るんですと・・・ 洞爺の大会ではインタビューされていた。 Mちゃんが数年前カラオケ教室に通っていた時に お知り合いになったそうである。 今回のお祭りのカラオケ・・・壮瞥と伊達にも来られていた。 声良しリズム感良し、声量もある。女性では一番上手かった。 セミプロですわぁー・・・ 前はよくお祭 [続きを読む]