猫と惑星系 さん プロフィール

  •  
猫と惑星系さん: 猫と惑星系
ハンドル名猫と惑星系 さん
ブログタイトル猫と惑星系
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bbsawa
サイト紹介文最新記事 惑星系、探査機の翻訳他、Hello Venus、猫、京都の写真をUP
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供680回 / 365日(平均13.0回/週) - 参加 2014/10/02 19:47

猫と惑星系 さんのブログ記事

  • 金星探査機「あかつき」における電波暗視実験
  • 金星の雲の色は清らかに白い。だが、嵐のように荒れ狂い、その香りは硫酸の匂いがする。地球で受信するあかつきの電波で金星大気の高度別の大気圧、温度、硫酸蒸気混合比、および電子密度が分かる。以下、機械翻訳。金星探査機「あかつき」における電波暗視実験の初期性能https://doi.org/10.1186/s40623-017-0722-3©著者(複数可)2017受信: 2017年7月4日受け入れられる: 2017年9月20日発行: 2017年10月3日抽象2015年12月に金 [続きを読む]
  • エリス ミックスナインに出演する
  • YGエンタの新オーディション番組ミックスナインの公式Twitterにソヒを除くELRISが載ってる。ソヒがソロ活動の間は残りのメンバーは各個に頑張れと言うことか?ユギョンの髪がブラウンに変わってるからエリスは完全休業やな。同じ事務所のロミオも載ってるので、『番組収録にJTBCが来るから出演しとけ』と思った。番組で高評価を受ければ、エリスの方向性も変わりそうで良いのか悪いのか不安です。 [続きを読む]
  • ヒアデス星団の星を通過する3つの小さな惑星
  • 小さな惑星と言っても地球よりは大きな岩石惑星からサブ海王星。重さ、半径ともに太陽の7割の恒星面通過で検出出来る様になったんだからトランジットで太陽クラスの恒星に地球クラスの惑星が見つかる日も近い。以下、機械翻訳。ヒアデス星団の星を通過する3つの小さな惑星(2017年10月19日に提出)私たちは、ヒアデス星団の後期K矮星であるLP 358-348を通過する3つの小さな惑星の発見を提示します。惑星の軌道周期は 7.9757±0.00 [続きを読む]
  • ユンジョThe Unit選抜通過
  • KBS 2TVのアイドルリブートプロジェクト「ザ・ユニット」の1次通過者が決まったようです。ユンジョは記事では取り上げられてませんが無事通過。センターグループには選ばれていないものの登録番号1桁だから入れ替わりの可能性大と思う。元Taraのアルムも通過。SONAMOOのウィジンがセンターグループのセンター。よほどのサプライズが無い限りSONAMOOを休んでザユニットで活動することになる。ザユニット 9人のセンターグル [続きを読む]
  • 重力波の源 中性子星合体
  • 中性子星合体の際は重力波だけでなくガンマ線、X線、から赤外線。多分、電波まで電磁波全部出してる。更には金などの重金属が合成されるキロノバと呼ばれるイベントまで含まれてる。ブラックホール同士の合体より面白そうな現象だ。宝の山が出来る。以下、機械翻訳。NASAのハッブル研究 - 重力波の源2017年8月17日、地球上で洗浄された重力波として知られている時空の布地の弱い波紋。以前に検出された重力波とは異なり、これらは [続きを読む]
  • 巨大な系外衛星候補Kepler-1625 bi
  • 木星の17倍程度の褐色矮星の周りを海王星級の衛星が周回している惑星系があるらしい。以下、機械翻訳。巨大な系外衛星候補Kepler-1625 biの性質(2017年10月17日に提出)最近起こった木星サイズの天体Kepler-1625bの周りの海王星サイズの系外衛星候補の発表は、もし確認されれば、今まで知られていなかったガス巨星の存在を示すことができます。3つのトランジットが観測され、両方のオブジェクトの半径推定が可能になりました。こ [続きを読む]
  • 木星の不規則な衛星の起源
  • 不規則衛星の軌道傾斜角と離心率から木星形成時に捕まえた微惑星のグランドタック生き残りが不規則衛星。以下、機械翻訳。木星の不規則な衛星の構成は、その起源を明らかにする木星の不規則な衛星は非常に偏心した、傾斜した遠方の軌道を持ち、巨大な惑星移動の直前に捕捉が行われたことを示唆しています。私たちは、太陽系が形成されている狭い時間帯への洞察を得るために、木星の不規則な衛星の表面組成の理解を向上させることを [続きを読む]
  • 中性子星合体の光
  • 中性子星同士の合体による重力波を観測すると共にESAのインテグラル衛星とNASAのフェルミ衛星はガンマ線を他の望遠鏡は赤外線等、電磁波による観測に成功。「マルチメッセンジャー天文学」の夜明けです。以下、機械翻訳。インテグラルは重力波を伴う爆風を見ます2017年10月16日ESAのインテグラル衛星は、最近、2つの中性子星の衝突によって放出された重力波に関連するガンマ線のフラッシュを発見する上で重要な役割を果たしました [続きを読む]
  • 永登浦ファンサイン会ELRIS
  • 今日のサイン会も上がってきているので14日の永登浦ファンサイン会をアップします。171014永登浦ファンサイン会ELRIS - 開け君ユギョンfocus cam171014永登浦ファンサイン会(ムンレ)エリス(Elris)Pow Powユギョン fancam171014ムンレ青少年修練館エリスソヒpow pow171014ムンレ青少年修練館エリスソヒ開け君 [続きを読む]
  • 太陽ナノフレア
  • 画像版権:©ISAS/JAXA、UC Berkeley、NASA、NAOJ「見えない」ナノフレア、太陽X線超高感度観測で発見した存在の証拠国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所の石川真之介研究員率いる国際共同研究グループは、硬X線観測装置を搭載した太陽X線観測ロケット FOXSI(Focusing Optics X-ray Solar Imager)と太陽観測衛星「ひので」http://hinode.nao.ac.jp/の観測データから、一見太陽フレアが起きていないように見 [続きを読む]
  • 地形データからのエンケラドスの本当の極地のぶらぶら歩き
  • 球形の氷天体では自転軸が天体内をふらつき歩く事がある。自転がゆっくりだと自転軸そのものが安定しない。以下、機械翻訳。地形データからのエンケラドスの本当の極地のぶらぶら歩き(2017年9月6日に提出)太陽系内の多くの観測点は、自転軸の再配向を経験している疑いがあります。回転速度が遅く、その形状がほぼ球形であるため、外因性プロセスの内因性のいずれかによって質量異常の形成は、物体の慣性モーメントを変化させる可 [続きを読む]
  • 掩蔽観測でハウメアにリングが有るのを確認
  • 掩蔽観測でハウメアにリングが有るのを確認。準惑星では初。氷それも窒素の氷が有る世界では、力学的に安定して周回する空間が有れば小天体が小惑星のリングに成るのは普通?以下、機械翻訳。科学者たちは、海王星を越えて準惑星Haumeaの周りのリングを発見する2つの衛星を持つラグビーボール形の準惑星はまた、その周りにリングを持ち、太陽系外縁部を旋回するHaumeaとそのリングシステムの芸術的なイラスト。リングは、準惑星の [続きを読む]
  • メインベルト連彗星
  • 太陽に暖められて高速回転から分離。コマの中では公転速度にブレーキが掛かるから付かず離れずの連彗星の出来上がり。以下、機械翻訳。バイナリメインベルト彗星(2017年10月10日に提出)小惑星は、急速な回転に起因して衝突的にも破壊的にも進化する原始太陽系体である[1]。これらのプロセスは、バイナリ小惑星[2-4]の形成とほこり[5]の放出を直接的に、場合によっては凍結揮発性物質の暴露によって導き出すことができる。メイン [続きを読む]