猫と惑星系 さん プロフィール

  •  
猫と惑星系さん: 猫と惑星系
ハンドル名猫と惑星系 さん
ブログタイトル猫と惑星系
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/bbsawa
サイト紹介文最新記事 惑星系、探査機の翻訳他、Hello Venus、猫、京都の写真をUP
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供696回 / 365日(平均13.3回/週) - 参加 2014/10/02 19:47

猫と惑星系 さんのブログ記事

  • NASAの探査機OSIRIS-RExが小惑星ベンヌに到着
  • オシリスレックスはベンヌを極軌道で周回して全球マッピングを行う。リュウグウ表面と同様にベンヌ表面もボルダーが一杯で危険そうですがアームの先のサンプラーさえ地面に付けばガスで吹き寄せて粉体は採れる。以下、機械翻訳。NASAの探査機OSIRIS-RExが小惑星ベンヌに到着2018年12月4日ベンヌのこの画像は、約80kmの距離から探査機OSIRIS-RExによって撮影されました。クレジット:NASA /ゴダード/アリゾナ大学NASAの探査機、起源 [続きを読む]
  • 太陽系はガラパゴス惑星系?
  • 太陽系の惑星の並びは少数派。宇宙の片隅で特殊な進化を遂げたガラパゴス惑星系だ。以下、機械翻訳。系外惑星系の状況における太陽系の形成(2018年12月3日に提出)系外惑星の調査では、人類(そして十代の若者たち)の最悪の恐怖の1つが確認されています。私たちの太陽系が現代の地球技術で観測された場合、我々の惑星系と外惑星を同じ基盤上に置くためには、木星だけが検出可能な惑星です。系外-ガス惑星の統計によると、太陽系 [続きを読む]
  • ベンヌ到着ブリーフィング
  • 南極にボルダーの有る無しでリュウグウとベンヌの違いが分かりますが、ぱっと見区別が付きません。以下、機械翻訳。NASA、ソーラーシステムの起源への答えがある小惑星に到着した探査機のライブカバレッジを提供2018年11月29日小惑星ベンヌのこの「超解像度」画像は、NASAの探査機OSIRIS-RExが2018年10月29日に約330kmの距離から得た8枚の画像を使用して作成されました。クレジット:NASA /ゴダード/アリゾナ大学拡大表示NASAの [続きを読む]
  • アンモニアが豊富な氷殻の圧縮と溶融輸送:トリトンの進化への含意
  • アンモニア濃度が35%程度だと水も−110℃程度まで凍らない。衝突合体したときに溶けた氷衛星や潮汐加熱を受けてる氷衛星の地下海洋保有率はかなり高そう。以下、機械翻訳。アンモニアが豊富な氷殻の圧縮と溶融輸送:トリトンの進化への含意(2018年11月27日に提出)アンモニアは、氷上の衛星の氷の殻に存在する場合、溶解の開始温度を176Kに下げ、部分溶融物が熱的に安定している大きな温度範囲を作り出すことができる。アン [続きを読む]
  • ジュノーの木星、大赤斑
  • ジュノーカムの画像がNASAのサイトに出ないのでジュノーカムから探したジュノーの木星、大赤斑2018-11-27 13:51 UTクレジット: NASA / JPL-Caltech / SwRI / MSSS / Sebastian Voltmer© パブリックドメイン提出者: SebastianVoltmerミッションフェーズ: PERIJOVE 12ソースイメージ: JNCE_2018091_12C00099_V01 [続きを読む]
  • ハウメアの熱放出は、掩蔽結果の観点から再考された
  • ハウメアの熱放射の観測結果からは掩蔽観測よりも直径が小さい。リングと衛星2個を持っている。以下、機械翻訳。ハウメアの熱放出は、掩蔽結果の観点から再考された(2018年11月23日に提出)矮星惑星Haumea(Ortiz他、2017)の最近の掩蔽測定は、冥王星の平均直径に匹敵する最長軸を持つ細長い形状を明らかにした。弦はまた、最大の衛星ヒイアカもあるハウメアの赤道面の周りのリングを示しています。ハウメアの掩蔽サイズの推定 [続きを読む]
  • NASAの空のルーシーと...小惑星?
  • 木星トロヤ群探査のルーシー。トロヤ群は微惑星の生き残りなのか?捕獲されたケンタウルス族なのか?木星の公転軌道前後のラグランジュ点L4とL5を探査するため各天体とも近接通過になる。以下、機械翻訳。この図は、ルーシーの軌道を示しています。宇宙船の軌跡(緑色)は、木星が静止したままで、軌道にプレッツェルのような形を与えている基準フレームに示されています。2021年10月に打ち上げられた後、ルーシーには2つの緊急地 [続きを読む]