sszk さん プロフィール

  •  
sszkさん: 狼系
ハンドル名sszk さん
ブログタイトル狼系
ブログURLhttp://wolverion.com/
サイト紹介文映画、ガジェット、旅行の話題が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/10/03 06:48

sszk さんのブログ記事

  • 鳥取二十世紀梨記念館 なしっこ館
  • 梨だけでここまでやれば。日本の梨の名産地といえばどこを思い浮かべるでしょうか。生産量で言えばふなっしーの船橋市がある千葉県が全国一位のようで、現在はそれに大きく水を開けられてしまってはいますが、鳥取県は長らく日本一の座にあったせいか梨の産地というイメージが強いように思います。しかし、鳥取県の主力は二十世紀であるため、幸水や豊水といった赤梨に人気が移ってしまった今は押され気味ということのようです。そ [続きを読む]
  • 太陽公園 白鳥城
  • 本物も多少浮いてますが…姫路といえば白鷺城こと世界遺産姫路城というのは誰に聞いても同じかと思いますが、実は姫路にはもう一つの城があります。それは2009年に完成した「白鳥城」という、ドイツのノイシュヴァンシュタイン城をモチーフにした西洋風のものです。この白鳥城は太陽公園というテーマパークの中にあるのですが、私が太陽公園に行ったのは城の工事中だった2008年のことで、城が完成してからは近くを通る度にその威容 [続きを読む]
  • 姫路市立動物園のカピバラの赤ちゃん
  • どんな動物でも小さいうちの可愛さは特別。先週末に遠出をして目一杯遊んできたので今週末はちょっと自重して、天気が良く涼しかったこともあり近所を自転車で走ってくるという、非常に健康的な過ごし方となりました。といってもちゃんと自転車に乗るのはかなり久しぶりなのでそんなに長い距離を走ることもできず、土曜日の昨日は延べ25kmほどのものでした。なぜか気分が乗っていたので今日もちょっと走ってこようという気になった [続きを読む]
  • 福岡&佐賀日帰り旅行
  • 大変充実した1日。日頃、一人で車を運転して出掛けることの多い私ですが、先日は勤務先のZさんに誘われて、二人で新幹線に乗って九州まで行ってきました。なんでも阪急交通社トラピックスの商品で、ひかりかこだまか、どの列車になるかは分からないが博多まで新幹線の往復で1万円というものがあるので行ってみないか、ということだったのですが、そんな面白そうなものに私が乗らないはずもなく、二つ返事でOKしました。普通に切符 [続きを読む]
  • 急性胃炎
  • 初めての痛み。先日、録画していたブラタモリを寝る前に観ていると、突然腹部に痛みが走りました。私は子供の頃から腸が弱く、よく下していたので「またか」と思うくらいでトイレに走ったのですが、どうも様子が違います。いつも痛くなるところよりもちょっと上の方が痛みますし、特にひどい下痢でもありません(ちょっと汚い話ですみませんが、食事をしながらこんなブログを読んでいる人はいないと信じています)。なんだかよくわか [続きを読む]
  • フィッシングメールにご注意
  • みんな気を付けてよ!先日、いつもどおり始業時刻の1時間前に出社してPCを立ち上げると、勤務先のメールボックスに他部署の業務に関する、しかし明らかに私には無関係な内容のメールに対して、まったく関係なさそうな他の部署の人が「宛先違いなので自分を宛先から除いてください」と全返信で返しているメールが入っていました。元のメールは入っていないのに返信だけ入っているというのも妙だったのですが、それをわざわざ送り主以 [続きを読む]
  • アルジャーノンに花束を
  • これもSF。先日、「ダウン症で神経細胞の増加を抑制している遺伝子を特定し、その遺伝子の働きを抑えて神経細胞を増やす化合物も発見した」というニュースがあり、研究チームはその化合物を「アルジャーノン」と命名したとのことですが、その命名の是非についても巷で話題になっていたようです。元になっているのはDaniel Keyesの著作である「アルジャーノンに花束を」というSF作品ですが、議論の中で「ちゃんとこの本を読んでいる [続きを読む]
  • Dunkirk
  • 撤退の成功も勝利のうち。戦争映画というのは私の得意なジャンルではありませんが、昨日は評判の高かった「ダンケルク」を公開初日の朝一番の回で観てきました。この作品は第二次世界大戦初期の1940年にフランスのダンケルクに追いつめられ、ダイナモ作戦により脱出を図る英仏連合軍とドイツ軍によるダンケルクの戦いを描いたものですが、私はまったく予備知識を持たずに観に行ったにも関わらず特に問題なく理解し、楽しむことがで [続きを読む]
  • 木屋 爪切り
  • まさに逸品。私の記憶が正しければ学生時代に渋谷の東急ハンズで購入したので、かれこれもう25年ほど前ということになりますが、何気なく購入した小さな爪切りが私は今でも手放せません。妻も気に入って使用しているのですが、未だに切れ味が落ちず、しっかりした作りと小ささがとても使いやすいのです。それが日本橋木屋の爪切りです。木屋 爪切り 黒(小サイズ)posted with amazlet at 17.09.06木屋 売り上げランキング: 2,291Ama [続きを読む]
  • Blockhead
  • 改良の余地あり。Appleの製品を何か購入したことがある人はおそらくご存知だと思いますが、Appleの電源アダプターは電源プラグ部分が各国の仕様に合わせて交換できるようになっており、製品購入時にはアダプターに直接プラグを付けるタイプと、Macbook Proなどではさらにアダプターからプラグまでの間を1.8mのケーブルで延長するタイプのものが同梱されています。これらも自由に変えて使うことができるのですが、この延長ケーブル [続きを読む]
  • Pebble 2
  • 最新にして最後のPebbleは最高のスマートウォッチでしょうか。つい最近、fitbitからIonicなるスマートウォッチが発表されましたが、そのfitbitに売却されて消滅してしまったのが私の愛用していたPebbleです。この時点で第2世代のPebble 2とPebble Time 2が発表されていて、Pebble 2はすでに出荷が始まっていましたが、製造は打ち切られ、Time 2の開発は中止されてしまいました。私もPebble Time 2をオーダー済みだったのにキャンセ [続きを読む]
  • Wonder Woman
  • 良い意味で裏切られた感じ。Marvel各作品映画化の成功の後を追うように、SupermanとBatman以外は日本ではマイナーだったDC Comicsの各作品も映画化が本格的なものとなり、この秋にはAvengersに対応するJustice Leagueの映画化も予定されています。実は2011年に日本でも公開されている「グリーン・ランタン」のGreen LanternもDC Comicsのキャラクターだったのですが、日本では知名度が低すぎたのと映画が駄作だったことで知られな [続きを読む]
  • 乗鞍高原までドライブ
  • 楽しみました。養老天命反転地、モネの池、高山と訪れた次男とのドライブ旅行1日目は天候に恵まれて充実した内容となりましたが、その夜乗鞍高原のペンションに宿泊したあとの2日目はあいにくの雨模様となってしまい、行こうと思っていた上高地を諦めて予定を変更しなければなりませんでした。とりあえず白樺のきれいなところはないかと地図を見てみると、すぐ近くに白樺峠というずばりそんな名前のところを見つけたので、そちらを [続きを読む]
  • 飛騨高山
  • もっとゆっくりいるべきでした。養老天命反転地、モネの池のあとはそのまま国道を北上して、夕食を摂るために高山市内へと向かいました。途中、通りがかった大滝鍾乳洞が「東海地方最大級」と謳っていたのでちょっと気になって立ち寄ってみましたが、細い山道を登っていくと谷あいが急に賑やかになっていて、たくさんの観光客が訪れていて驚きました。確かに鍾乳洞は立派なもので見応えがありましたが、一方通行になっていてすれ違 [続きを読む]
  • モネの池
  • それなりに悪くないと思います。養老天命反転地の次の目的地は、岐阜県関市にあるモネの池と呼ばれる、特に名の無い貯水池です。印象派の画家Claude Monetの有名な作品「睡蓮」を髣髴とさせるような美しい写真が撮れるということでInstagramなどSNSを中心に話題となり、観光バスツアーなども立ち寄るようになってしまったというものです。興味のない人は「どうしてそんな何ということもない池が?」というようなものなのですが、確 [続きを読む]
  • 養老天命反転地
  • 廃墟感があります。我が家は二人の受験生を抱えているということで、今年の夏休みは帰省しないことになりました。しかし、次男が「旅行したいな」とこぼしたので渡りに船とばかりに計画を立て、次男と私の二人だけで1泊2日のドライブ旅行に行ってくることにしました。最初の目的地は養老天命反転地です。実はここには7年前に帰省の途中に立ち寄ったものの、残念ながら休業日で中に入れず、仕方なく隣の養老公園でコンビニで買った [続きを読む]
  • Cinzano Rosso
  • 私には薄いの1杯で十分。私は昔からアルコールが全然ダメで、若い時にはなんとか強くなろうと努力してみたりもしましたが一向に変わらず、飲み会というのが嫌で嫌で仕方ありませんでした。ある程度年を取ってからは立場的にも社会情勢的にも無理やり飲ませるような人はいなくなって、ソフトドリンクだけで過ごせるようになったので宴会の席自体は楽しむことができるようになりましたが、完全に割り勘負けしてしまうのはいつものこ [続きを読む]
  • 琵琶湖へドライブ
  • 晴れていて涼しい時にもう一度行きたい。ちょくちょく一人で長距離日帰りドライブをしている私ですが、たいてい東側は京都までで、それより先へ行くことはあまりありません。琵琶湖までの距離はそれほどでもないのですが、京都を超えていくのに時間がかかってしまうのと、京都を素通りすることがなかなかできないといった感じでしょうか。しかし、ちょっと前のことになってしまうのですが、先日は珍しく滋賀県まで足を伸ばしてきま [続きを読む]
  • Steven Rhodes
  • まだ何枚も欲しい。私がいつもチェックしているThe Awesomerというウェブサイトがあるのですが、ここはネット上のいろいろなイカした商品を紹介してくれる、非常に危険なところです。ここで見つけてついつい購入してしまったものが実はいくつかありますが、先日私の目に留まってしまったのはPyrokinesis for Beginners Shirtsという記事で紹介されたシャツです。なんというかレトロなタッチのイラストでパイロキネシス(念力着火)と [続きを読む]
  • セブンイレブン 直巻おむすび すだち香る 真鯛藻塩焼
  • 隠れた逸品…というほどでもないか。今年の我が家は長男も次男も揃って受験の年なのですが、先日長男は神戸の予備校まで夏期講習を受けに行っていました。その時、昼食にセブンイレブンで買ったおにぎりがとても美味しかったと言っていたのですが、その翌日、すごく美味しいから食べてみてほしいと言って私たちが食べるように1個買って帰ってきました。それが今回ご紹介する「直巻おむすび すだち香る 真鯛藻塩焼」というもで、自 [続きを読む]
  • Spider-Man: Homecoming
  • アメリカの高校生らしい。日本では70年台に東映がテレビシリーズを製作していたこともあってMarvel作品の中では圧倒的に知名度の高い「スパイダーマン」シリーズですが、実写映画はこれまでTobey MaguireとKirsten Dunstの「スパイダーマン」からの3部作のあとリブートされてAndrew GarfieldとEmma Stoneの「アメイジング・スパイダーマン」シリーズ2作が製作されていました。Gwen Stacyが亡くなってしまったあとはどうするのかと [続きを読む]
  • Transformers: The Last Knight
  • 主役は人間。映画「トランスフォーマー」シリーズは私の次男が小さい頃から好きなのですが、最初の作品「トランスフォーマー」が公開されたのは2007年ということなので今からちょうど10年前ということになります。その時次男はまだ5歳だったということになりますが、劇場に連れて行って一緒に観たところ「かっこいい〜」と気に入ったようです。確かに1作目はトランスフォーマーたちの変形シーンが当時とても斬新で、私にも非常にか [続きを読む]
  • プリッツ パクチー
  • 自然な美味しさ。プリッツといえば江崎グリコが1963年から発売している、言わずと知れたプレッツェルベースのスティック菓子の一大ブランドです。私は子供の頃から一番プレーンな感じがする「ロースト」が好きでしたが、このたびプリッツの「パクチー」が8月1日からローソンで先行販売されているとのことなので、このためだけにわざわざ行って、このプリッツ パクチーだけを2個買ってきました。といっても、自宅最寄りのコンビニが [続きを読む]
  • IIJサービス利用に関するお願い
  • まさか自分が該当するとは。昨日、私が利用しているインターネットプロバイダのIIJから、「貴殿あてに、本年7月18日付けで、下記のとおりの内容を書面にて通知しておりますのでご確認ください。」という一文で始まる「IIJサービス利用に関するお願い」というメールが届きました。まだ書面は届いていませんが、メールにも本文がそのまま記載されているようなので、一体何が起こっているのかということはわかります。曰く、「貴殿の [続きを読む]
  • 宇治へドライブ
  • ここも観光客が沢山。日本人なら小学生でも、二千円札の表の守礼門は知らなくても十円玉の表の平等院鳳凰堂は知っているのではないかと思います。しかし実は私は、この平等院が京都市外の京都府のどこかにあるということはなんとなく想像していましたが、それが宇治であるということはつい最近まではっきり知りませんでした。そうなのか、それなら一度行ってみよう、ということで思い立って、海の日の三連休中日の日曜日に行ってみ [続きを読む]