sszk さん プロフィール

  •  
sszkさん: 狼系
ハンドル名sszk さん
ブログタイトル狼系
ブログURLhttp://wolverion.com/
サイト紹介文映画、ガジェット、旅行の話題が中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/10/03 06:48

sszk さんのブログ記事

  • うな次郎
  • やっぱり無理している感じは否めない。今年の夏も土用の丑の日が近づいてきて、スーパーやコンビニでもウナギの売出しが盛んになってきました。しかし、ちょっと前にも「『ウナギは食べていいのか』って?」という記事を書きましたが、ウナギというのは絶滅危惧種に指定されており、このまま今までどおりに食べ続けていると絶滅してしまい、食べたいと思っても食べられないということになってしまう可能性があります。最近はTwitter [続きを読む]
  • 真空断熱タンブラー/JDE-420C
  • 小さな悩みでも一つ解決すると嬉しい。先週の西日本は記録的な大雨となって、特に中国地方では大きな被害が出てしまいましたが、幸い私の自宅付近ではこれといった問題にもならず助かりました。しかし、その雨が止んだかと思うと一気に夏がやってきてしまったようで、今度は大変な猛暑となり、外を出歩くのは危険なほどになってしまいました。特に大雨の被災者の方々は大変な思いをされているでしょうが、そうでなくとも十分な熱中 [続きを読む]
  • Batman Ninja
  • 外国人には難しいような。Marvel Cinematic Universeと呼ばれるMarvel Comics原作の実写映画化作品はすっかり映画の一つのジャンルを築き上げてしまったように見えますが、DC Comicsの方はSupermanやBatmanは古くから映画化されてヒットしていたにもかかわらず、その後の展開では遅れを取ってしまっているようです。だから奇策を取って、というわけではないでしょうが、「ニンジャバットマン」というアニメ映画が日本で製作されて [続きを読む]
  • VOX Colorless Clear
  • これでなくても良いのですが、特に不満も無し。世間でも強炭酸水の人気が上がっているようですが、我が家でも大人気となっています。もともと妻がレモンの薄切りをハチミツ漬けにして、それを炭酸水で割って飲むと美味しいし、ジュースを買うよりも安くて健康にも良いだろう、ということで買い始めたのがきっかけなのですが、最近は炭酸水だけでも十分美味しいのではないかとそれだけで飲むようになっています。レモンを出してきて [続きを読む]
  • Solo: A Star Wars Story
  • “I got a good feeling about this.”Lucas FilmのWalt Disneyへの売却後、「フォースの覚醒」以来「スター・ウォーズ」シリーズ作品が毎年12月に1作ずつ公開されるというファンにはたまらない事になっていたのですが、残念ながら今年の年末には公開されるものがありません。しかしその代りに、昨日からスピンオフ的な「アンソロジー・シリーズ」の「ローグ・ワン」に続く2作目、「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」が公 [続きを読む]
  • 直島へ
  • 再びアート。例年私は家族の誕生日と結婚記念日には休暇をとって、大抵は妻と二人でランチを楽しむことにしているのですが、今年は次男も高校生になって構う必要がなくなったということもあり、ちょっと長めに時間をとって足を伸ばしてみようということになりました。そこで、以前妻が行ってみたいと言っていた岡山沖にある、香川県に属する直島へと行ってみることにしました。直島へは宇野港から四国汽船のフェリーで20分、旅客船 [続きを読む]
  • 金沢21世紀美術館
  • おじさんが一人でアートを楽しんだっていいじゃない。今回のひとり旅で、金沢で一番行ってみたかったのが金沢21世紀美術館でした。なぜか私は勝手にもっと郊外の静かなところにあるのだと思いこんでいましたが、実際には兼六園の本当にすぐ隣、金沢駅から歩くにはちょっと遠いでしょうが、市内中心部の便利なところにあります。この美術館は市民に親しまれているように感じられるのがとても良いと思ったのですが、その理由はその立 [続きを読む]
  • 金沢・あわら温泉旅行
  • 写真が全部食べ物になってしまいましたが…6月は休日のない月として子供の頃から認識してきましたが、私の勤務先では今年はなぜか11日月曜日が休日となっていて、3連休となっていました。「なぜか」とは言いましたがもちろんちゃんと理由はあって労働基準法の関係らしく、もともと6月には祝日がないことで稼働日が多くなってしまうというのが原因になっているようですが、まあそんなことはどうでも良いことで、世間が普通の平日の [続きを読む]
  • Deadpool 2
  • 「酷い映画だ。」(褒めてます)今や映画の1ジャンルになったと言っても過言ではないと思われるMarvelの各作品、私はすべて観てきたと思いますが、その中でひときわ異彩を放っていたのが「デッドプール」です。基本的にはシリアスでひょっとしたら本当にいるかも知れないと思ってしまうようなリアリティを持って描かれている他の作品と異なり、かなりコメディに振りつつR指定なので映像描写はグロテスクで露骨な性表現もある、大人向 [続きを読む]
  • Amazon Echo Spot
  • とてもかわいいです。皆さんはスマートスピーカーをお持ちでしょうか。Amazon Echo DotやGoogle Home Miniが5000円ちょっとという手頃な価格で売られているため、そのどちらかを購入して遊んでみたという人も少なくないと思います。これらはどちらも大きさの割にいい音がするとスピーカーとしての性能もそこそこ評価されているようですが、もちろんそれ以上に音声によるUIで操作して様々なことができるということが話題になりまし [続きを読む]
  • 超リアル 食品サンプル展2018 〜世界各地の料理〜
  • また来年以降も見てみたい。今年のゴールデンウィークは妻のアルバイトの都合などもあって帰省も旅行もせずに自宅にいて、せっかくの9連休だったのに日帰りでちょこっと出かけただけになってしまったのですが、最終日の5月6日には大阪に行ってみることにしました。私の住む姫路から大阪までは車で行くと時間がかかりますが、JR神戸線新快速という、営業キロ87.9kmを61分で走るかつて日本一の表定速度を誇った快速列車に乗って行け [続きを読む]
  • 湊川隧道
  • 一見の価値あり。湊川隧道、正式名称は「会下山(えげやま)トンネル」という湊川の流路を変えるために作られた河川トンネルですが、2000年にできた新湊川トンネルに役目を譲り、現在は近代化遺産として湊川隧道保存友の会により保存されているものです。年間スケジュールのページにあるように毎月第3土曜日に無料一般公開されているのですが、そこで撮られた写真が非常に綺麗だったので、私もぜひ行ってみたいと思っていました。し [続きを読む]
  • Twelve South Journal Wallet Case for iPhone 8 Plus/7 Plus
  • 作りはしっかりしています。先日iPhone 8 Plusを購入し、その後1日だけケースがない状態で持ち歩いていたのですが、ツルツルした本体を裸で持つことに慣れていないためうっかり手を滑らせてしまいそうで非常に落ち着きませんでした。iPhone 6 PlusではTwelve Southという会社のBookBookという古い本のようなデザインが売りの手帳型ケースを使用していて、iPhone 6 Plusと8 Plusは大きさが同じなのでそのまま使えるのではないか、デ [続きを読む]
  • iPhone Trade-in program
  • まだ使えるようでも実際には使わないので。先日、私はiPhone 8 Plusを満を持して購入したわけですが、256GBモデルを普通に購入すると税別でも10万円を超えてしまいます。文字通り毎日使うものですし、私の場合はそう頻繁に買い換えるものでもないので、高すぎるとまでは思っていません。特に、これまで使用していたiPhone 6 Plusは3年半ほど使いましたので、今回も同程度使うと思えば1年あたり3万円程度、1日あたりで言うと80円ほ [続きを読む]
  • Thor: Ragnarok
  • 順序が逆になりましたが。先日公開された「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を先に観てしまったのですが、昨年公開された「マイティ・ソー バトルロイヤル」を見逃してしまっていたので序盤の状況がよくわからなかったということを前回の記事で書きました。「マイティ・ソー」シリーズは世界観があまりに現実離れしているためになかなか取っ付きづらいところがあるのですが、「バトルロイヤル」については過去最高の出来と [続きを読む]
  • Avengers: Infinity War
  • そういう神がいても悪くないのかなとも思ってしまいましたが。Marvel Comicsのスーパーヒーローが集結して巨大な敵と戦うAvengersの映画作品もすっかり日本でもおなじみのシリーズとなりましたが、その最新作である「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が今週末公開され、前評判から非常に高いようなので私もGWに入ってすぐ、さっそく観に行ってきました。この作品のストーリーは昨年公開された「マイティ・ソー バトルロイ [続きを読む]
  • Ready Player One
  • おっさんホイホイのような気もしますが。私がアメリカで住んでいたミシガン州は南側にオハイオ州が隣接しているのですが、そのオハイオ州の州都はコロンバスという都市になります。近郊のMarysvilleという町にホンダの生産拠点があることもあってコロンバスには日本人も多く住んでいます。私の自宅からちょうど200マイルほど、車で3時間ほどの距離ですが、直線的に高速道路で行くことができないということもあってホンダに用がある [続きを読む]
  • iPhone 8 Plus (PRODUCT) RED
  • 気分一新昨年末のいわゆるBatterygate、バッテリーの劣化したiPhoneで性能を意図的に制限していたことが問題視された事件の後、私の動き出しがちょっと早すぎたせいでバッテリー交換を申込んだものの交換してもらえなかったのですが、その後リリースされたiOS 11.3で「バッテリーの状態」が表示できるようになっても96%だなんていうありえない数値となっていました。3年半酷使した製品でこの数値というのはまったく信じられないわ [続きを読む]
  • 「マナー」
  • 本来は各個人が判断すべきことではないでしょうか。以前から日本で「マナー」というものが履き違えられているような風潮が私は非常に気に入りませんでした。電車の中で携帯電話で話をしてはいけない、エスカレーターで歩かない人は地方によって右側か左側かに寄る、「飛行機の短い昼間のフライトではリクライニングシートを倒してはいけない」なんていうものもあるそうです。これらはどれも最近生まれたものであることは間違いあり [続きを読む]
  • Black Panther
  • 少々主張が強すぎるような気はしますが。このところアメリカの人種差別を一つのテーマにした作品が続いていますが、今回観たMarvelの「ブラックパンサー」も主役を始めとするキャスト、監督以下のスタッフ、サントラを提供する歌手などその多くを黒人が占めているということで話題となりました。特に黒人社会では「自分たちにもこんなかっこいい映画が作れるんだ」ということで大変な熱気となったようです。Rotten TomatoesのTomat [続きを読む]
  • The Beguiled (2017)
  • 女性視点なのかな。Sofia Coppolaといえば「地獄の黙示録」で有名な映画監督Francis Ford Coppolaの娘の映画監督ですが、私も初期の3作品「ヴァージン・スーサイズ」、「ロスト・イン・トランスレーション」、「マリー・アントワネット」を観て以来、ちょっとご無沙汰になっていました。その10年ちょっとの間に「SOMEWHERE」、「ブリングリング」という2本の映画を監督し、「SOMEWHERE」の方は第67回ヴェネツィア国際映画祭で金獅 [続きを読む]
  • PENTAX 互換バッテリー
  • 何かが違うとは思えません。私は中学生の頃以来、数年前にリコーイメージング傘下になってしまったペンタックスブランドのマイナーなカメラを使い続けているのですが、キヤノン、ニコン、ソニーの御三家に比べてしまうと性能的にはどうしても見劣りしてしまうものの、手持ちのレンズのことを考えるとどうしても乗り換えるには勇気が足りません。ペンタックスにも軽量コンパクトなボディ、手頃な価格のレンズ群などの良いところはあ [続きを読む]
  • Hidden Figures
  • 決して終わったわけではありません。つい先日観た映画「デトロイト」で描かれていたのとちょうど同じ時代ですが、1964年のLyndon Johnson大統領による公民権法制定の頃までのアメリカでは人種差別が堂々と行われており、特に南部の州ではジム・クロウ法による人種分離が法制化されて食堂やトイレ、学校、バスの座席その他あらゆるものが白人用と有色人種用途に別けられていました。しかし、そんな差別はすっかり過去のもの…と言い [続きを読む]
  • DITONG Bluetooth ワイヤレスヘッドセット
  • 必要十分。私の毎日の通勤は片道ちょうど30分ほどの徒歩なのですが、毎日同じところをただひたすら歩いているだけではなかなか変化もなく、ちょっと退屈なものです。以前はヘッドフォンで音楽を聴きながら歩いていたのでそんなこともなかったのですが、しばらくアメリカに行っている間に勤務先もすっかり安全にうるさくなっていて、歩行中の「両耳イヤホン」は禁止ということになってしまいました。従業員の安全を考えて、というこ [続きを読む]
  • 長崎日帰り旅行
  • またしても充実の一日。昨年9月末に職場のZさんに誘われて行ってきた、新幹線で福岡・佐賀日帰り旅行という強行軍がなかなか楽しかったので、またぜひという話をしていたら、年末にまたお誘いがあって今度はZさんとI君という歳の近い3人で長崎まで行こうということになりました。私の高校は修学旅行が毎年あるのに東北、北陸、北海道となぜか北の方ばかりだったので、長崎県に足を踏み入れるのは初めてでした。前回の佐賀県も初め [続きを読む]