気ままな撮影紀行 さん プロフィール

  •  
気ままな撮影紀行さん: 気ままな撮影紀行
ハンドル名気ままな撮影紀行 さん
ブログタイトル気ままな撮影紀行
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ke0821fu
サイト紹介文鉄道写真をメインに航空機や一般の 風景写真等の撮影に出かけました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2014/10/03 09:53

気ままな撮影紀行 さんのブログ記事

  • 観光列車『青の交響曲(シンフォニー)』 ・ 近鉄吉野線(奈良県)
  • 大阪阿部野橋駅(おおさかあべのばしえき)と吉野駅(よしのえき)を結んで走っている観光列車『青の交響曲(シンフォニー)』を、近鉄吉野線の薬水駅(くすりみずえき)で狙いました。この駅は単式ホーム1面1線が斜面上に有って、階段を上って直接ホームへ入る構造になっています。駅舎は設けられておらず、ホームに屋根の有る待合所が設置されていました。新緑の中を『青の交響曲』が接近してきました。ホームを通過していきます [続きを読む]
  • 検査の為の車輌回送・近鉄大阪線(奈良県)
  • 近鉄大阪線の大和高田駅近くの踏切で、特急列車の撮影をしようと思って待機していました。すると踏切警報器が鳴って遮断機が下り始めましたので上下線のどちらの列車が来るのかな、と思って警報器が示している列車の進行方向を示す矢印を確認すると、上り列車が接近する事を示していました。やって来た列車は通常の定期列車ではなく、工事用資材他を運ぶ電動貨車を先頭と最後尾に各1両づつ配置して、中間には通勤列車用の車輌3両を [続きを読む]
  • 夕暮れの近鉄吉野線(奈良県)
  • 近鉄吉野線とJR和歌山線との共同駅、吉野口駅(よしにぐちえき)付近の線路脇に何の木なのか、よく分らないのですが大きな木が目に付きました。ここは小さなお宮さんの境内で、大きな木の写真左側には祠がありましたので、まず参拝を済ませた後に、この場所で撮影をさせて頂くべく準備にとりかかりました。この付近では吉野口駅へ向かうJR線と近鉄線が並走していて、写真の車輌は近鉄線の大阪阿部野橋駅(おおさかあべのばしえき) [続きを読む]
  • 昭和の光景が蘇る ・ 阪堺電車(大阪府)
  • 大阪市内南部から、堺市迄を路面電車で結んでいる阪堺電車です。これまでにも何度かカメラを持って訪れている住吉大社の付近で、何かメボシイものは無いかウロウロして探していました。線路脇のビルの一階に、レトロな雰囲気を醸し出す喫茶店がありましたので早速、この前で通過する路面電車を待ちました。通過する電車は比較的本数が多く走ってますので、好みの角度から何度も構図を変えて狙う事が出来ました。 [続きを読む]
  • 大井川鐵道を走る 元近鉄特急車両(静岡県)
  • 静岡県を走る大井川鐵道では、元大手私鉄の幹線で活躍していた車輌が、現在も第一線で活躍しています。オレンジ色の車体で窓枠を濃紺に塗り分けた、ツートンカラーの車輌で近鉄の観光地を結んで活躍していた特急車両が、そのままのカラーリングで大井川鐵道沿線の茶畑の中を快走しています。近鉄線では現在このカラーリングの汎用特急車両は、白を基調としてオレンジ色と黒を使った新しいデザインのカラーリングに更新中で、徐々に [続きを読む]
  • JR姫新線と大鳥居(兵庫県)
  • 中国地方の山中を走るローカル線、JR姫新線の千本駅(せんぼんえき)と西栗栖駅(にしくりすえき)間での線路際に大きな鳥居がありました。国道179号線とJR姫新線が並行して通っており、国道を車で走りながらポイントを探していた時、線路脇の大鳥居が目に入りました。この付近の線路際には田んぼが広がって、この鳥居を絡めて狙うべく、通過列車を待ちました。 [続きを読む]
  • 旧国鉄の雰囲気が残る駅 多気駅・JR紀勢本線(三重県)
  • JR紀勢本線と参宮線が分岐する多気駅(たきえき)です。この駅は島式ホーム2面4線を有する地上駅で、駅舎とホームは跨線橋で結ばれています。多気駅の所属路線は紀勢本線となっていますが参宮線の起点駅となっている事から、交通の要衝となっていて特急列車を含む全ての列車が停車しています。跨線橋や駅ホームの上屋の姿からは、国鉄時代の懐かしい雰囲気を醸し出していました。 [続きを読む]
  • 近鉄 信貴線 ・ 信貴山口駅(大阪府)
  • 近鉄信貴線は近鉄大阪線の山本駅(やまもとえき)から分岐して信貴山方面へ延びる路線距離が2.8Kmの短い路線で、中間駅として服部川駅(はっとりがわえき)があり、終点が信貴山口駅(しぎさんぐちえき)となっています。服部川駅から信貴山口駅迄の間には40‰(パーミル:1000m進む間に40mの勾配がある。)の勾配が有って、近鉄の鋼索線を除く普通鉄道路線の中では最も急勾配になっています。当初この駅は、写真左側ホームの外 [続きを読む]
  • 構内踏切の有る駅 大三駅 ・ 近鉄大阪線(三重県)
  • 最近はあまり見る機会が少なくなった、駅の構内踏切が残っている大三駅(おおみつえき)です。この駅は相対式ホーム2面2線を持つ地上駅で、2面のホームは構内踏切で連絡しています。2面以上のホームを持つ駅は、跨線橋や地下通路を通っての連絡になっている駅が多くありますので、私は久しぶりに構内踏切を目にしました。駅舎は上り線の2番ホーム側にあり、下り線は1番ホームになっていて構内踏切を通って行きます。踏切遮断機が降 [続きを読む]
  • レトロな木造駅舎 美作千代駅(岡山県)
  • 岡山県を走るJR姫新線で、レトロな木造駅舎が現役で残っている美作千代駅(みまさかせんだいえき)です。この駅は1923年(大正12年)の開業で、どうやら駅舎は開業当時のものらしく、建築後100年近く経過しています。この時の様子をまとめたフォトチャンネルも新規追加致しました。現在の駅の構造は単式ホーム1面1線を持つ地上駅になっていますが、かっては相対式ホーム2面2線で列車交換可能駅でした。現在は片側の線路が撤去さ [続きを読む]
  • 大空へ向けて離陸 ・ 大阪国際空港
  • 大阪国際空港のターミナルビルがリニューアルオープンされました。ターミナルの展望デッキへは、以前は何度か足を運んで離発着する航空機の写真や、地上スタッフの方が作業されている様子を撮ったりしていました。リニューアル工事中でも展望デッキへは一部、入る事ができてましたが、滑走路を見渡すには視界が狭まっていていたので、展望デッキでの撮影は諦めてました。工事期間中はターミナルビルの反対側に滑走路を挟んで広がっ [続きを読む]
  • 夕日の中を走る ・ 伊賀鉄道(三重県)
  • 三重県の伊賀忍者の里を走っている伊賀鉄道です。私の自宅(奈良県)から名阪国道経由で車で行けば、1時間半もかからずにローカル色満載の景色に出会える事から、何度も訪れている好みの路線の一つです。上林駅(うえばやしえき)と比土駅(ひどえき)間で線路の両側に田んぼが広がっていて、かんがい用水路が流れていました。用水路を横切って線路が通っていたので、その築堤で夕暮れの中を通過する列車を待ちました。 [続きを読む]
  • 近鉄 鮮魚列車 ・ 近鉄大阪線(奈良県)
  • 三重県で水揚げされた魚介類を、大阪方面へ運ぶ行商人の為に運転されている専用の貸し切り列車です。行商人が魚介類を一般の列車に持ち込むと魚臭で他の乗客に迷惑を及ぼす事から、1963年のダイヤ改正から「鮮魚列車」として魚介類行商人の為の団体専用列車の運転が始まりました。この列車の運転ダイヤは時刻表にも載ってません。私が以前に大阪市内へ通勤していた時に、駅ホームで時々見かける事が有りましたが、その後は時刻表に [続きを読む]
  • 神社の境内を電車が通過 ・ 近鉄南大阪線(大阪府)
  • 近鉄南大阪線の土師ノ里駅(はじのさとえき)から西南西の方角に、応神天皇(第15代天皇)の皇后を埋葬した大きな前方後円墳で中津姫皇后陵があり、その古墳の近くに江戸時代初期の創建とされる澤田八幡神社がありました。参道を進んで行くと鳥居の向こう側には踏切が有って、近鉄南大阪線の電車が通過していきました。この踏切を渡ってさらに奥へ進むと神社の拝殿があります。鳥居の奥、正面に拝殿が見えます。鳥居をくぐって踏切 [続きを読む]
  • 春の百済寺 三重塔(奈良県)
  • 奈良県の中西部に大和高田市あります。そこを近鉄大阪線が通っていて、大和高田駅(やまとたかだえき)には特急列車も一部が停車する大きな町です。その大和高田市の北側に広陵町が隣接していて、田園風景が広がっている中に百済寺が建っています。この百済寺へは私の自宅からでは車で20分前後で行く事ができますが、日常では殆ど立ち寄る事はなく桜の季節にカメラを手に立ち寄る程度です。今年も桜が満開になりましたので、カメラ [続きを読む]
  • 阪堺電車と住吉大社前の賑わい(大阪府)
  • 大阪市の南部にある住吉大社の前を通っている阪堺電車です。この路線は大阪市内南部の恵美須町と天王寺を起点として、堺市内を結んでおり路面電車が引っ切りなしに走っています。この住吉大社正面大鳥居の前で、通過する路面電車を狙いました。鳥居奥には住吉大社名物の太鼓橋が見えており、そこを多くの参拝客が通行しています。 [続きを読む]
  • JR参宮線と 桜(三重県)
  • この路線は紀勢本線の多気駅(たきえき)から分岐して、鳥羽駅(とばえき)迄を結ぶ非電化路線です。電化されていない事から、架線や鉄柱が無くスッキリした構図が狙える為に何度も足を運んでいる好みの路線の一つです。多気駅から伊勢方面へ向かって一つ隣駅の外城田駅(ときだえき)迄の線路際に、満開の花を付けた大きな桜の木がありました。今度は同じ桜の木で少し右方向に移動して、構図を変えてみました。 [続きを読む]
  • 近鉄特急 春を行く ・ 近鉄大阪線(三重県)
  • 近鉄大阪線で三重県内の伊勢石橋駅(いせいしばしえき)東側を、雲出川という比較的大きな川が流れています。近鉄線はその川を横切って走っていて、その鉄橋の脇には大きな桜の木が満開の花を咲かせていました。その鉄橋を大阪方面へ向かう上りの特急列車が通過して行きます。今度は大きな桜の木の脇で満開の花を付けた枝の下から狙うべく移動しました。上記の鉄橋へ向かう築堤の上を、伊勢方面へ向かう下りの特急列車がやってきま [続きを読む]
  • 満開の桜 ・ 近鉄南大阪線 大和高田市駅付近(奈良県)
  • 私の自宅から車で行けば20分前後で行ける所に、奈良県内でも有数の桜の名所があり、その桜の名所を横切って近鉄南大阪線が走っています。今月 3月4日更新の当ブログでは、そのポイントで撮った未だ桜が咲いていない光景の写真をアップいたしました。桜の花も満開になったので、その時と同じ場所で撮るべく出かけました。この日は雲一つ無い快晴の空が広がっていました。この南大阪線で大坂阿部野橋から吉野迄走っている、観光特急 [続きを読む]
  • 近鉄長野線 汐ノ宮駅(大阪府)
  • 近鉄長野線は近鉄南大阪線の古市駅(ふるいちえき)から河内長野駅(かわちながのえき)迄を結んでいる路線で、この汐ノ宮駅(しおのみやえき)は終点の河内長野駅から古市駅方面へ一駅隣の駅です。現在は1面1線のホームを持つ地上駅ですが、かっては2面2線を持つ、列車交換可能な駅だったようです。1966年(昭和41年)に列車行き違い設備が廃止されました。古市駅方面へ向かう上り列車が到着です。写真右側には、廃止された旧ホー [続きを読む]
  • 近鉄の観光特急『しまかぜ』 (奈良県/三重県)
  • 近鉄線を走る観光特急『しまかぜ』は、大阪難波駅(おおさかなんばえき)〜 賢島駅(かしこじまえき)、京都駅 〜 賢島駅 、近鉄名古屋駅 〜 賢島駅 の3本のルートで、それぞれ1日1往復運転されています。これまでに場所を変えて撮った、特急『しまかぜ』を纏めました。【1】近鉄橿原線(奈良県)田原本駅(たわらもとえき)⇔ 石見駅(いわみえき)間で線路際に田んぼが広がる中を、京都駅行きの列車がやってきました。平 [続きを読む]