気ままな撮影紀行 さん プロフィール

  •  
気ままな撮影紀行さん: 気ままな撮影紀行
ハンドル名気ままな撮影紀行 さん
ブログタイトル気ままな撮影紀行
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ke0821fu
サイト紹介文鉄道写真をメインに航空機や一般の 風景写真等の撮影に出かけました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/10/03 09:53

気ままな撮影紀行 さんのブログ記事

  • 日本一の超急勾配 ・ 大井川鐵道 井川線(静岡県)
  • レールの上を走る鉄道は、勾配の走行が苦手です。静岡県を走る大井川鐵道井川線の、アプトいちしろ駅と長島ダム駅の間は90‰(パーミル:1000m進む間に90mの勾配がある)の急勾配をアプト式で運行されてます。【アプト式鉄道】急勾配の路線を安全に走行出来る様に、軌道上の2本のレールの真ん中に滑り止めの歯の付いたレールを設置して、アプト式電気機関車の床下にも歯車を取り付け、それらをかみあわせながら勾配の区間を走行 [続きを読む]
  • 神戸新交通ポートアイランド線(兵庫県)
  • 神戸市内の三ノ宮からポートアイランドを経て、神戸空港までを結ぶ新交通システムで、世界初の自動無人運転として1981年に開業しました。愛称は、ポートライナーと呼ばれています。神戸港に豪華客船が入港したとき、接岸している岸壁の横を走行しているのをよく目にしています。この列車には乗った事が無いので、詳しくはよく分かりませんが、この路線全駅のホームにはホームドアが設置されているようです。三ノ宮駅(さんのみやえ [続きを読む]
  • 神戸空港(兵庫県)
  • 神戸空港は神戸市の沖合の海上を埋め立てて造成した人工島に建設されましたので、滑走路のすぐ脇を大小様々な船が行き交っています。ターミナルビルの展望デッキから見ていると頻繁に船舶が航行しており、この空港沖合は主要航路になっているのが分かります。離陸のため滑走を開始したスカイマーク機の横を、大型の貨物船が航行しています。神戸空港に到着した便へ給油している光景に出会えました。飛行機の主翼は燃料タンクになっ [続きを読む]
  • SL全盛期の面影が残る「若桜鉄道 若桜駅」(鳥取県)
  • 若桜鉄道は鳥取県のJR因美線 郡家駅(こうげえき)を起点に、若桜駅(わかさえき)迄を結んで走っている、全線非電化で単線の第三セクター方式路線です。路線距離は19.2Kmで駅の数は起点、終点駅を含めて9駅、所要時間は約30分程で結んでいます。この若桜駅の駅舎は1930年(昭和5年)竣工で若桜鉄道の本社が置かれていて、有人駅になっています。この駅構内には転車台やSLの給水塔、本物のSLでC12型167号機他、多くの登録 [続きを読む]
  • 長閑な光景を走る 北条鉄道(兵庫県)
  • 兵庫県を走る北条鉄道は路線距離は13.7Kmで、駅数は8駅の小さなローカル線です。始発駅を出た列車は、乗車所要時間が約22分程で終点駅に到着します。この路線は全線非電化の単線で、線路脇には田んぼが多くあって、長閑な景色が広がっています。非電化の路線なので架線や鉄柱が無い事から、スッキリした構図の写真が狙えるので、ここも私の好きな路線で何度も訪れています。網引駅(あびきえき)です。上りの粟生駅(あおえき)行 [続きを読む]
  • 紅葉の『二ノ瀬駅』 ・ 叡山電鉄鞍馬線(京都府)
  • 紅葉のシーズンには少し早いかもしれませんが、叡山電鉄鞍馬線へ行った時に撮った紅葉の蔵出し写真をまとめて見ました。(撮影:2013年11月18日)この時は叡山電鉄の始発駅、出町柳駅(でまちやなぎえき)の近くの駐車場に車を置いて、1日フリー切符を購入して電車を乗り降りしながら二ノ瀬駅(にのせえき)を目指しました。この駅のホームには、ログハウス風の待合所が設けられています。駅周辺では、美しい紅葉を見る事が出来ま [続きを読む]
  • 鳥居と路面電車 ・ 住吉大社(大阪府)
  • 大阪市内南部から堺市までを結んで走る路面電車、阪堺電気軌道です。この路線の沿線にはレトロな感じで、昭和の雰囲気が漂う停留場が多く点在していている事から、1日フリー切符を購入して電車を乗り降りしながら写真を撮りに何度も訪れています。大阪市内南部にある住吉大社の真正面を、阪堺電気軌道の路面電車が走っており、通過する電車を鳥居と絡めて狙ってみました。電車通りから住吉大社の正面を見ました。この正面鳥居越し [続きを読む]
  • 全日空 スターウォーズ機が飛来 ・ 大阪国際空港
  • 大阪国際空の滑走路に沿って広がっている、伊丹スカイパークで離発着する機体を撮っている時、全く想定していなかったANAの『スターウォーズ』塗装機が現れました。この機体は今年の春から就航していて、3月末に1度カメラに収めた事があります。しかしその後は、時々この伊丹空港に来るも、この機体を目にする事はありませんでした。(撮影:2017年9月10日)この時は、離発着する機体の流し撮りの練習をしている時、着陸寸前の“黄 [続きを読む]
  • 煉瓦造りの跨線橋 ・ 伊賀鉄道(三重県)
  • 三重県を走るローカル線、伊賀鉄道の桑町駅(くわまちえき)と茅町駅(かやまちえき)間に設置されている跨線橋です。この跨線橋は総煉瓦造りで、大正11年の伊賀鉄道開業当時から残っているようです。100年近く前に造られたのが現在でも現役で残っていて、道幅はあまり広くはないですが、車の通行も可能な頑丈な状態です。欄干には十字型の窓を設けるしゃれたデザインになってました。その跨線橋をくぐって、忍者電車の『くノ一』 [続きを読む]
  • 南極観測船 『しらせ』 ・ 神戸港
  • 神戸港へ9月22日(金)に南極観測船『しらせ』が入港して、23日(土)、24日(日)に船内の一般公開がおこなわれました。この船内を見学できるのは、事前に申し込んで抽選によって選ばれた者を対象にしている為、私は申し込んでいなかったので、見学する事は出来ませんでした。『しらせ』は25日(月)の午前10時に出港しました。撮影には、23日(土)と25日(月)の二日間にわたって行って来ました。一般的に報道等では文部科学省 [続きを読む]
  • 近鉄吉野線「さくらライナー」が行く(奈良県)
  • 近鉄南大阪線の大阪阿部野橋駅(おおさかあべのばしえき)から奈良県内を走る吉野線の終点駅、吉野駅(よしのえき)までを結んで走る『近鉄26000系特急』で“さくらライナー”の愛称で呼ばれています。このポイントは以前にも何度か撮った事のある吉野川橋梁を渡ったすぐの所に吉野神宮駅(よしのじんぐうえき)があって、その次が終点の吉野駅になっており、その駅間が33‰(パーミル:1000m進む間に33mの勾配がある)の勾配と [続きを読む]
  • 日本最大の蒸気機関車 C62型 / リニア・鉄道館(愛知県)
  • 名古屋市にある『リニア・鉄道館』で展示されている、蒸気機関車C62型17号機です。このSLは日本最大・最速の性能を誇っており、特急「つばめ」「はと」等を牽引して活躍していました。1954年12月には東海道本線のスピードアップ計画の一環として高速走行テストが行われて、最高速度 129Km/hを記録しました。この記録は狭軌軌道(軌間:1067mm)を走る蒸気機関車速度の世界記録になっています。特急「つばめ」のヘッドマークを [続きを読む]
  • 踏切待ちの二人連れ ・ JR紀勢本線(三重県)
  • JR紀勢本線は単線の非電化路線の為、線路脇に電線や鉄柱が無くスッキリとした構図が狙える事もあって又、奈良の自宅からも手軽に行ける事から何度も足を運んでいます。この時は多気駅と一つ隣の相可駅(おうかえき)の間で、田んぼが広がっているのが目に入ったので、ここで通過列車を待ちました。(撮影:2017年5月17日)紀勢本線の亀山駅(かめやまえき)と多気駅間は、列車本数も比較的多く走ってます。しかし多気駅を出て新宮 [続きを読む]
  • 到着便が頭上を通過!!  大阪国際空港
  • 大阪国際空港の滑走路は南東方向から北西方向に延びていて到着便は全便、南東の方向から滑走路に進入して着陸を試みます。その滑走路の南東方向の端では南北に川が流れていて、その土手では到着便を機体の真下から見る事が出来、いつ行っても多くの人がカメラを手に到着便を待ち構えています。特に大型機の到着時には、着陸後の滑走距離が必要な事から、滑走路手前の端の方での着陸を試みますので、高度を下げて進入してきます。そ [続きを読む]
  • 西日を受けて伊賀忍者が行く ・ 伊賀鉄道(三重県)
  • 三重県を走るローカル線、伊賀鉄道です。私の自宅がある奈良県から手軽に行く事が出来る伊賀路を、忍者電車が駆けて行きました。実りの秋を迎えて線路脇の田んぼでは稲穂が黄金色に実っており、又一部は刈り取りの終わった田んぼもありました。場所は上林駅(うえばやしえき)と比土駅(ひどえき)間で、一般道が線路の上を立体交差になってましたので、その道路脇から俯瞰しました。 [続きを読む]
  • JR関西本線 富田駅(三重県)
  • JR関西本線の富田駅(とみだえき)で、この駅には三岐鉄道三岐線の貨物列車が乗り入れています。三岐鉄道沿線で太平洋セメントの工場がある最寄り駅、東藤原駅(ひがしふじわらえき)と、この富田駅との間で貨物列車が運転されています。三岐鉄道で運ばれてきて来た資材は、この駅からはJR貨物に引き継がれてJR線を通行して搬送されて行きます。富田駅正面で写真右後方には、国鉄時代の雰囲気を漂わせる跨線橋があります。駅ホーム [続きを読む]
  • 実りの秋を迎える ・ 三岐鉄道三岐線(三重県)
  • 三重県を走るローカル線、三岐鉄道の三岐線です。この三岐線では東藤原駅(ひがしふじわらえき)に太平洋セメントの工場があって、物資を輸送する貨物列車が走っている事から、貨物列車を撮るのを目的に、9月3日(日)に行ってきました。場所は保々駅(ほぼえき)と山城駅(やまじょうえき)間で、線路の両脇には稲穂が黄金色に色付き始めた田んぼが広がっていました。狙い目の貨物列車は、保々駅着が「16:38」の予定でした。狙い [続きを読む]
  • 夕日を浴びて ・ JR紀勢本線(三重県)
  • JR紀勢本線の多気駅から少し南下した後、線路はJR参宮線と分岐して大きくカーブを描いて西方向に進路を変えます。ここは参宮線も紀勢本線も、非電化の単線になっている事から、線路わきに架線の鉄柱が無くて、好みの構図でスッキリとした写真が狙える事もあって、何度も撮りに来ています。この日は雲一つ無い快晴の空が広がってましたので築堤の下部から、青い空を大きく入れて狙いました。雲が全く無い空よりも、適度に雲が浮かん [続きを読む]
  • C11型SL 青部駅を通過 ・ 大井川鐵道(静岡県)
  • 大井川鐵道大井川本線で、私にとっては秘境駅の様な雰囲気が好きで、何度も訪れている青部駅(あおべえき)です。上りの新金谷駅(しんかなやえき)行きのSLがやって来ました。以前は線路と写真右側の通路を仕切っている柵の外側に、背丈の低い植え込みがありました。今回訪れた時には植え込みは伐採されていて、駅ホームを通過する列車の足もとまで、スッキリと見渡せる様になっていました。この後、駅を通過したSLの進行方向のす [続きを読む]
  • 佐用町 南光ひまわり祭り(兵庫県)
  • 今年も兵庫県佐用町でひまわり祭りが行われました。毎年、佐用町内の5ヶ所の地区でひまわりが開花して見頃となる時期が異なる様に、種まきの時期を少しずつ変えて調整して手入れされている様です。5ヶ所の地区別で一番早いヶ所は、7月上旬には見頃を迎え順次開花して、8月の上旬過ぎまで楽しめます。今年の『南光ひまわり祭り』は、7/15(土)〜30(日)まで行われました。私がここを訪れたのは7/21(金)です。本来ならば、この佐 [続きを読む]
  • 33‰の勾配を行く ・ 近鉄南大阪線(奈良県)
  • 奈良県と大阪府の府県境に二上山が有って裾野を近鉄南大阪線が走っており、その線路は府県境の穴虫峠に向かって急勾配を上って行きます。線路は奈良県側、大阪府側共に33‰(パーミル:1,000m進む間に33mの勾配がある。)の勾配になって、そこを頻繁に列車が通過して行きます。線路脇では夏草の背丈が伸びていて、狙える場所が狭まっていました。上り列車で、観光特急の『青の交響曲』が接近してきました。この列車は、大阪阿部 [続きを読む]
  • 轟音と共にSLが通過! ・ 大井川鐵道(静岡県)
  • 大井川鐵道沿線での第一級の撮影ポイント、大井川を渡る第一橋梁を上りのSLが通過して行きます。この第一橋梁周辺では様々な角度から好みのアングルで狙う事が出来て、いつも大勢の人がカメラを構えてSLの通過を待ち構えています。私が立っている橋梁の下をくぐって、写真左の方へ行けばすぐの所に川根温泉があります。この温泉に設置されている露天風呂からは、第一橋梁を通過するSLを見ることが出来る人気の場所になっています。 [続きを読む]