Maki さん プロフィール

  •  
Makiさん: シンプル・リビング
ハンドル名Maki さん
ブログタイトルシンプル・リビング
ブログURLhttp://makiliving.blog.fc2.com/
サイト紹介文新築住宅を入手、シンプル・リビングな空間を作っていく過程を記録するブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/10/03 10:10

Maki さんのブログ記事

  • 良いもの買えた!ドイツ製のメージャー・テープ
  • 友人と東京ミッドタウン日比谷で待ち合わせ。食事して、映画 『アントマン&ザ・ワスプ』 を楽しんだ。食事と映画の間に少し時間が空いたので、東京ミッドタウン日比谷内をブラウジング。飲食店の他に、雑貨店、衣類店、書店、などがあり、そして文具店も!文具は大好物なので文具店は素通りできない。文具店 Smith がありうろうろしていたら好みにあうメージャー・テープを発見。6色くらいの色があり、少し迷って黄色に決定。くど [続きを読む]
  • 家の中で空気が動く
  • 我が家におけるわたしの読書スポット。スワンチェアに座り、バルコニーへのドアを半分ほど開けると心地よい風が入ってくる通り道なのだ。酷暑の間は使えなかった、この特等席セッティングが再開。このドアを開けておくと、風が入ってきて、家のなかの空気もよく動くのでうれしい。::家の中で、わたしが重要視していることのひとつが、空気が動くこと。空気が淀むとカビやダニなどが発生するのでいつも空気が動いて空気が入れ替わ [続きを読む]
  • 台風の準備
  • 移住後2回目の9月。今年は台風が多いのだそうだが、わたしの住居のある地域は特に進路にはあたらないようで、これといった台風らしさは未経験。といはいうものの、四半世紀に一回という強大な勢力を持つ台風が本土直撃の可能性、関東地方も進路かも、という天気ニュースなので、念のため、準備をする。それは、台風に限らず強風を伴う雨が予測される時は、バルコニー用のサンダルを室内にしまうこと。サンダルは、Crocsもどきの中 [続きを読む]
  • IKEAのトレイ
  •    IKEAのトレイを購入。いままでの我が家には無かったカラフルな柄。理由はリビングルームで使用するある目的のため。ニュウ・レイアウトのリビング・ルームでは、コーヒーテーブルを撤去して、コーヒーテーブルのあった場所にはオートマンを置いた。普段はなんの不便もなく、快適なのだが、人が来た時にはちょっと不便。オートマンは足を乗せたり、読みかけの本や携帯電話などを置くのにはとても具合が良いけれど、クッション [続きを読む]
  • イチジク
  • この季節になると短い間だけ楽しめるのがイチジク。大好きな果実。いままではそのまま食べていた。丸かじりも美味しいが、半分に割って、中の仕組みを見ながらの賞味も楽しい。今年の夏に開発した食べ方はヨーグルトとともに食すこと。適当な大きさ(バイト・サイズ)にしたイチジクをプレーン・ヨーグルトに混ぜる食べ方がとても美味しい。夏の朝食にぴったり。 [続きを読む]
  • 初めてのお盆
  • 生まれて初めてのお盆体験。思っていた以上に日常生活に大きな影響があったのだった。[ 去年まで ]日本生まれだが、季節の行事を一切行わない家で育ったので「お盆」の存在を知らないまま大人になった。大人の人生の殆どは日本国外で過ごしていたので、日本の夏の風習である「お盆」は名前を聞いたことがあるといった程度以上の知識はなかった。[ 今年の夏 ]去年、東京に移住し、今年の夏が実質的にお盆の初体験。帰省する人で電車 [続きを読む]
  • ある日の朝食
  • 1日の始まり。ダイニング・エリアは前の晩にリセットしてあるので爽やかな朝がスタートできる。歯を磨いてシャワーのあとは朝食。典型的な朝食は、ミューズリー + ミルク(または豆乳)、バナナ+ヨーグルト、コーヒー。ミューズリーは欧州時代に知った朝食アイテムで、その後、北米生活の間に好みのブランド(Bob's Red Mill:これは米国のブランド)に出会い以降朝食の定番アイテムのひとつとなっている。ミューズリーはこの好 [続きを読む]
  • 理想的なハンドソープに漸く出会えた!
  • 我が家のパウダールーム。最近ここにとても喜ばしいことがあった。それは、漸く理想的なハンドソープに出会えたこと。わたしがハンドソープに求めるのは・・・ (1)手に優しい(手が荒れない) (2)無香料 (3)フォーム・スタイル (4)目に優しい容器その全てを満たすのが、「アルボース 弱酸性泡ハンドソープ 500ml 」。出逢いは病院。入院している親戚の見舞いに行った時に、その病院の洗面所においてあり、無香料、 [続きを読む]
  • 縄文アートの展覧会
  • 8月の最初の日曜日、暑い中、上野の東京国立博物館に出向き、開催中の特別展「縄文―1万年の美の鼓動」を鑑賞。14000 BC頃 から 4000 BCまでの約1万年にもわたる間続いた縄文時代の間に作られた土器や土偶が系統だって展示されており、その造形力や芸術的センスに圧倒されると同時に、16,000年前の人類が実際作ったこれらの土器や土偶の現物が目の前にあるという時空を超越したアートに興奮を覚える。特に今回は、縄文時代の発掘品 [続きを読む]
  • LD 模様替えプラン (3) 照明編
  • 今の住まいに引っ越して約1年が経過。気に入った環境にするために少しずつ手を加えてきており、今回は、家具の入れ替えを含むリビングの模様替えを実施。 今までの話。 LD 模様替えプラン (1) LD 模様替えプラン (2)模様替え後の 現在のリビングコーヒーテーブルは廃止してかわりにオットーマンを置いたソファまわり。ソファ向かって左に、今までコーヒーテーブルとして用いていたアクリル・テーブルをおき、上には、グ [続きを読む]
  • LD 模様替えプラン (2)
  • 今の住まいに引っ越して約1年が経過。気に入った環境にするために少しずつ手を加えているが、今回、家具の入れ替えを含む模様替えプランが進行中。今までの話。LD 模様替えプラン (1)気に入って使っていたコーヒーテーブルだが、去年の6月に今の家に引っ越したところ、前の家と異なる床材となったことから、長方形透明テーブルは、周囲の感じとあわなくなってしまった(注1)ので模様替えを計画。(注1)透明材質が木製床材と [続きを読む]
  • LD 模様替えプラン (1)
  • 現住居に引越し後1年が経過。少しづつ最高に気に入った環境にするように手を加えている。たとえば、家具。引越し後、新しい家には合わなくなってしまったものがある。それは、コーヒーテーブル。いま使用している透明アクリルのテーブルは、前居の白い大理石床に合わせて買ったもの。2015年4月、前居シャープでクールな床によくあってとても気に入っていた。しかし、去年に引っ越した今の家は、床材が大理石ではなくてホワイトオー [続きを読む]
  • 猛暑でも快適に過ごせる部屋
  • 異常とも思える暑い日が休みなく続いているが、自宅にいる限りは快適。そんな環境は以下のいくつかのポイントをおさえることで成立させている。1. 断熱一般的に、建物で外気温の影響を最も受けやすい場所は窓。我が家はRCつくりの建造物の12階、南西に窓が多いので窓からの太陽光戦による温度の影響は特に大きい。そこで、熱気が入ってくる一番の場所である窓の手当て。運良くも、猛暑になる直前にウインドウ・トリートメントを従 [続きを読む]
  • 防災グッズ
  • 地震国に住むのだから、いざという時の用意はやはりしておくべきかと思い、準備をスタート。準備の前提条件は、どこかに避難するということは想定していないということ。わたしの住む集合住宅は2010年に建築され、免震構造を採用している。地震の揺れを吸収し、スケールを2段階ほど軽減させることができるのだそうだ。ビル倒壊の可能性は限りなく低いと解釈して問題ないと考える。完成翌年の2011年3月に起きた東北地方太平洋沖地震 [続きを読む]
  • ブラジル先住民の椅子
  • 東京都庭園美術館で開催中の「ブラジル先住民の椅子:野生動物と想像力」展を鑑賞。庭園美術館は日本の昔の朝香家のプリンスがフランスから日本に戻って来たあと白金台に建設したアール・デコを多用した邸宅で1947年まで住居として用いられたもの。いまは東京都の所有となり国の重要文化財にも指定されている美しい建造物で、美術館として利用されている。過去にも何回か来ている場所なので、今回は美しい建物自体を鑑賞するより展 [続きを読む]
  • 引越し後のオーディオ調整
  • 一年前に現在の住居に引っ越して、唯一の(そして予測された)不満点はオーディオ(音楽)のサウンドの変化。理由は明白で、床材の違い。前居の床材はマーブル(大理石)、現居のリビングは木の床で、用いられているのは、ホワイトオーク(白樫(シラカシ))。床材としても一般的だが、硬く重く弾力に富むという特性から竹刀などにも用いられる木材。床材の好みとして、木は大理石に劣るが、一方、食器などを落としても割れないと [続きを読む]
  • 地震対策について
  • 先日、大阪、近畿地方に大きな地震が発生した。わたしが現在住む地域である東京都心部では揺れはなかったが、ニュースで近畿地方の様子をみていて被害の様子にショックをうけた。というのも、わたしは大きな地震を経験したことがなく、地続きの場所で起きた大地震のニュースをリアル・タイムで見るのは今回が初めてなのだ。これを機に、我が家の地震対策をみてみることに。家の中での地震の被害は圧倒的に倒れて来たものの下敷きに [続きを読む]
  • トランクルームの整理
  • 私の住むアパートの地下にはトランクルームがあり、ビルディング内全ての戸数分の収納スペースが用意されている。1戸あたりのスペースは、一般的なロッカーくらいで特に大きくはないものの、かなり便利で、普段つかわないもの、また、オーバーサイズの物などをしまっている。また、家電製品類を購入したとき、初期不良があり返品の際に必要になるので数ヶ月はダンボール箱を保存するにも、この場所は最適。しかし、日々目にする場 [続きを読む]
  • 夏祭りと「ティファニーで朝食を」
  • 東京では、5月下旬から6月上旬は「夏祭り」を開催する神社が多い。わたしは無宗教なの普段は神社に足を踏み入れることはないが、「お祭り」の時は別。写真は四谷の須賀神社の様子。マスクを売る屋台が目をひいた。映画「ティファニーで朝食を」のワン・シーンとリンクしたのだ。ホリー(オードリー・ヘップバーン)とポール(ジョージ・ペパード)が雑貨店に入り、それぞれ1つずつマスクを盗んでそれをかぶったシーンが蘇ったのだ [続きを読む]
  • パウダールームのプチ模様替え
  • パウダールームの洗面台と周辺に若干の変化。< before >< after >変わったのは2箇所。 間違い探しの答えは・・・(1)ハンドソープ 数年愛用していた Wash Vonから ジェームズマーティン 薬用泡ハンドソープ に変更。どちらもボトルのグラフィックスが気になるが、ラベルが剥がせないので、ロゴ面を横向きにしてボトルのグラフィックスができるだけ視界に入らないように洗面台に配置。 WASHVON Sフォーム 310ml [続きを読む]
  • 鎌倉でピッツア・ランチ
  • 鎌倉にあるナポリ風ピッツアリア Latteria Bebèにてランチ。ここは、チーズ工房が併設されており、自家製モッツアレラを用いた料理を提供することで知られ、また、味もよいことから大人気の店。予約枠はほぼ常に満員だが、早めに行けば、当日枠に余裕があることもある。11時に現地着、リストに名前を書き、約90分待ちとのことなので、近所を散策。13時にようやく順番到達。ランチは3コース。7種アピタイザー盛り合わせ。冷 [続きを読む]
  • イタリアン・レザーのルームシューズ
  • 家の中ではルームシューズを履くという生活をしている。(素足が一番だが、床に足の皮脂がつく汚れを考えるとシューズ必須。)このルームシューズだが、いくつかの条件があり、それらを満たすものがなかなかない。 条件1: 踵(かかと)を覆うスタイル。 条件2: ソールはヌーバックかスエード風。 条件3: アッパーは布製が望ましい。夏用は昨年みつけた麻製のルームシューズが気に入り予備も1足あるのだが、夏以外の季節 [続きを読む]
  • 新たな掃除ツール
  • 我が家に加わった新たなツール。マイクロファイバー製の掃除用モップ・スリッパである。サイズはわたしにとりかなり大きめで履き心地は全く良くないが、履き心地を追求するものでは無いので問題ない。全体がマイクロファイバーでできているスリッパ型のモップなので、これを履いて家中をずるずると足を引きずりながら移動する。ザムザになったような気分で家中を蠢くのは結構楽しい。通常のモップのハンドルを手で持つより遥かに快 [続きを読む]