壮年剣士 さん プロフィール

  •  
壮年剣士さん: 強く正しく美しい剣道 剣道上達革命
ハンドル名壮年剣士 さん
ブログタイトル強く正しく美しい剣道 剣道上達革命
ブログURLhttp://kendoshidoh.seesaa.net/
サイト紹介文剣道好き、少年剣士を持つ親、壮年から剣道を始めた人などに剣道上達法のヒントをつらつらと書くブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/10/03 14:52

壮年剣士 さんのブログ記事

  • 個人練習から指導まで使える新感覚稽古法
  • 剣道に求められる精神・心構え・伝統などは時代が変わろうがこれらが変わることはありませんよね。 剣道は伝統武道ですから。 でも伝統武道でも時代と共に技の内容などが変わることもあってそれはきちんと認識され、剣道連盟認定の上で変化していきます。ところが、剣道が生まれてから時代と共に変わっているのにあまり意識されてないものがあります。なんだと思いますか?それは日本人の体形・身長です。剣道の歴史は江戸時代末期 [続きを読む]
  • 切り返しの刃筋とは?
  • 新年度を迎え、剣道部へ入部した人も多いんじゃないでしょうか?初心者で悩む?うまくいかないのが「切り返し」「切り返し」のコツ?は・・・竹刀で受けず、素の面を刃筋正しく、しっかり振りかぶって、打つ。徐々に早くする。次に、竹刀で受けてもらい、同じように打つ。コツがあるとすれば、左右の面の角度を同じにする事。角度は、正中線に対して、30度から45度。左手を正中線から外さないようにして、右手で角度をつける。 [続きを読む]
  • 悲報 先日同窓生が突然亡くなって・・・
  • 地元の小・中・高の友人、同窓生が・・・先日、突然亡くなったと・・友人から連絡がありました。連絡をくれた友人も、亡くなった友人も中学、高校と同じ学校で剣道をしていた友達です。大学、社会人となってからは、そう度々会うことはありませんでしたが、彼が結婚した時は、披露宴にも出てお祝いをしたことを覚えています。全くの突然・・・そういう年齢か?とも思ったり・・・友人からの連絡で、彼には悪いですが・・・懐かしい [続きを読む]
  • 茶道宗家は大学剣道部の先輩?
  • 先日、大学の同窓新年会に参加。新春講話のゲストが、剣道部2年先輩の遠州茶道宗家家元。先輩の先祖は、徳川家康、秀忠、家光三代に仕えた大名であり茶道家の小堀遠州。「日本の五感」というテーマでの講話の中で、昔の日本人は、五感が現代人より優れていたし、五感は、「目に見えないもの」「耳で聞こえないもの」等を感じることが大切というような話。日本の五感 小堀遠州の美意識に学ぶ - 確かに、自分も若い頃と比較すれば、 [続きを読む]
  • メンタル・プラクティスの効果
  • スポーツや音楽をやっている人は、練習の成果を人前で披露する本番に向けて、最良のパーフォーマンスをする自分の姿を想像したり頭の中で練習を再現したりしたことがあると思います。これらは「イメージトレーニング」と呼ばれますが、神経科学の世界では、この肉体の動きを伴わないで、脳内だけで繰り返される練習のことを「メンタル・プラクティス」と言います。直訳すると、「精神の・・・訓練」となるので精神力を鍛えるための [続きを読む]
  • でもやっぱり基本でしょ!
  • ときどき、夢を見ます。剣道を本格的に始めた中学生のころ、近隣中学の剣道部と合同練習をしました。そこの先生の指導(練習方法)が面白いんです。例えば・・・1本1本のタイで、こちらが場外1回とか・・想定して掛かり稽古をします。ちょうど、野球の2アウト満塁で、どの種類のボールをピッチャーが投げ守備陣は、どう守る体制を準備するかのように。大切なのは、メンタルです。練習でできないことは本番ではできません。よくアス [続きを読む]
  • 試合に勝つ目標と昇段する目標
  • 先日11月3日の第65回 全日本剣道選手権大会をご覧になりましたか?もし、見逃していたらこちらで決勝戦(西村 英久 × 内村 良一)を視聴してくださいね。さすが、頂上レベルの試合は違いますよね。ところで、剣道はオリンピックの正式種目になっていないので(私はならなくて良いと思いますが・・・)メディアの露出は少ないのですが競技人口は177万人といわれています。この数は、柔道の10倍で、実は日本ではメジャーな武道なん [続きを読む]
  • 高校時代に親友の弓道大会を・・・
  • 部活やってますか?あるいは、学生の頃、部活やってましたか?剣道部は、やっぱり武道繋がりで弓道部とか柔道部の連中と仲良かったですね。田舎でも高校の時に、立派な武道場が新しく完成し、こけら落としの大会なんぞがありました。剣道や弓道、柔道、そして同じ敷地内にはテニス場などもあって・・・その同じ日に剣道大会と親友の弓道の試合がありました。おっと、剣道は、試合時間がなんと言っても短いので帰りに弓道の試合の応 [続きを読む]
  • 11月3日は第65回全日本剣道選手権大会
  • 今年の全日本剣道選手権大会が近づいてきましたね。11月3日です!試合開始は10時15分からですが、NHK放送は午後4時〜5時半!毎年、ふ〜と忘れていたりしても・・・なぜか、なにげなくテレビをつけるとこの剣道大会をやってる・・・やっぱり、剣道に縁があるのかな〜なんて思ったりしたして笑ちなみに昨年の決勝戦(國友5段対勝見6段)を復習しておきましょう。 ↓では、今年の大会の見どころは、もちろん勝見連覇なるか!?ですが [続きを読む]
  • 剣道を生涯スポーツとして始めるために!
  • 一昔前までは、スポーツと言えば部活動や習い事で行うもの、アスリートや一部の愛好者が行うもの、というイメージでしたが、近年は健康志向の高まりもあって生涯スポーツとして取り組む人も増えていますよね。どのスポーツを取り組むかは個人の自由ですが、生涯スポーツとして続けやすいものの特徴はいくつかあります。・筋力や瞬発力だけに頼らずにできる・どこでもできる、もしくは設備が整っている・幅広い世代が行なっているな [続きを読む]
  • 剣道 47歳で入門を考えているのですが・・・
  • 剣道の経験は全くなかったのですが、友人に誘われて自宅近くの道場に見学に行き、普段の不規則な生活と運動不足の解消、何よりも今まで激務の数年間を過ごして来た自分の内面を変えるために、初心者として始めようと思いますが、身体への負担など、耐えられるものでしょうか。剣道は、やはり子供の頃からやっていた人が多く、素人はあっち行けって感じるかもしれません。ですから、もしかしたら不愉快な経験をされるかも知れません [続きを読む]
  • 竹刀の手入れってどうしていますか?
  • 竹刀の破損が激しい方から「竹刀の手入れ」について質問がありました。↓ ↓稽古は週1〜2回で、竹刀の破損が激しく、平均月1本のペースで割れます。ササクレたりすることはほとんど無く、竹が縦にバックリと裂けるように割れます。割れた竹を組み合わせるとバランスが悪くなるのであまりしません。買ってきた竹刀は角を削り、油を塗り時間をかけ、丁寧に手入れをしています。また、メンテナンスもマメにしています。皆さんはど [続きを読む]
  • 試合時間50分20秒の引き分け再試合の結果 インターハイ男子剣道
  • ビックリしました!剣道の延長戦は「延長戦の試合時間は勝敗が決するまで継続する」というルールがあります。まさにサドンデス。10日、カメイアリーナ仙台で行われた高校総体の剣道男子個人。岩切勇磨選手(熊本・九州学院)と林拓郎選手(宮崎・高千穂)の4回戦が会場内に四つある試合場の一つで、午後6時前に始まりました。延長戦に入っても決着がつかず、他の試合場では競技が終わり、汗だくの2人の叫び声と竹刀の打撃音、応 [続きを読む]
  • 剣道部のキャプテンにふさわしい人って?
  • 学生は夏休みになって、毎日稽古したり、合宿したりと忙しいことでしょう。そして、中学でも高校でも夏の大会が終わり三年の先輩が引退すると次期キャプテンが決まります。では・・・剣道部のキャプテンにふさわしい人とはどんな人でしょうか?たぶんですよ。部活のキャプテンは強さとかは関係なく、周りのことがよく見れて自分が一番頑張っているという雰囲気を出している人がふさわしいと思います。掃除とか、道具の点検などもち [続きを読む]
  • 毎日必死に稽古を続けても強くなれない理由
  • 毎日、必死に稽古をしても強くなれない悩み・・・誰でもありますよね。ただ、稽古の成果が出るまでには、少し時間が掛かるものです。しかもこれは個人差があって、徐々に出てくる人と、ある日突然爆発的に伸びる人がいます。それに、あなたが稽古して伸びていく間、まわりも伸びます。だから、昨日のあなたより、今日のあなたは強くなっているはずです。焦ったってしょうがないです。落ち着いて、一本ずつを大事にしていきましょう [続きを読む]
  • 宣伝ですが・・・少年剣道・上達プログラム
  • 「一生懸命稽古しているのに・・・」「みんなと同じ稽古をこなしているのに・・・」「いつも試合に負け、剣道が嫌いになってしまいそう・・・」お子さんの試合や稽古を見に行った時に、こんな風に思っていません? そんなお父さん、お母さんに朗報です。 本物の少年剣道上達法がここに完成しました。今すぐ知りたい方は、一足先にこちらからどうぞ! 少年剣道・上達プログラム剣道上達に関する書籍や教材DVDも数多くありますが [続きを読む]
  • 「打ちきれていない」って??
  • 剣道を始めて2年なのですが、試合であまり勝つことができません。先生から「良いところには当たっているのに、打ちきれていないから一本にならない」と言われます。あなたにも、こんな悩みはありませんか?打ちきるとはどういうことなのでしょうか?つくづく剣道は難しいな〜と思いますね。剣道で一本とるには「気勢」「打突」「残心」がセットですよね。打った後、しっかり決めるということ。??これは、ただ打って終わりはダメ [続きを読む]
  • 40歳以上で初めて剣道を始めた剣士ならこの指導をうけろ!
  • 世の中で売られている剣道の書籍やDVDはその多くが大学の剣道部部長や監督です。トップレベルの学生剣士の指導がメインの高段位の先生が多いんです。剣道界での知名度が高い先生も大勢います。今回、紹介する『大人剣道・上達プログラム』は、剣道教士八段 林朗 先生が監修をしていますが、地域の民間道場で、老若男女多くの人たちに剣道指導を行い、初心者、上級者それぞれの剣道の悩みを熟知している陰の実力者なんです。 多 [続きを読む]
  • 薙刀と他流試合したことある?
  • 地元で剣友会が盛んだった頃のお話。中学か高校のころ、毎日の部活は当然として、日曜日には剣友会で稽古をしていました。させられていたが正確かも笑ある時、大学生か社会人か、忘れましたが薙刀軍団が練習場に現れたのです〜「エツ?誰?」と思い間もなく、一緒に練習が始まりなんと、剣道と薙刀の他流試合をさせられたのであります。ご存知のように、薙刀には有効打突に「スネ」があるわけで、振り回してくる薙刀の長さとスネへ [続きを読む]
  • 社会人から剣道を始めても上達できる?
  • 警察官や自衛官になりたいと考えて全くの初心者より、高校、大学で剣道を習っておいたほうがいいかな〜って思う人もいるはずです。剣道を始める動機は、就職だったり、体力作りだったり、我が子の稽古を見ていたら自分もやってみたくなったり・・・と何でもいいと思います。なぜなら剣道は一生楽しめる競技だからです。剣道を始めるのに遅いということはありません。センスのある人ならどんどん上手くなります。もし、強くなりたい [続きを読む]
  • なぜか同じ相手に負け続けてしまう?
  • なぜか?同じ相手に負け続けてしまうことありますよね。高校剣道女子の悩み・・・5歳から剣道をはじめ、高校でもレジュラーなのに、試合で、同じ相手とよく当たり、全敗してしまっている。自分も相手も面が得意で、10連敗中・・・つまり20本も面をボコボコに打たれてしまっている。練習は毎日厳しいことをしているので、勝てないはずはないと思うのに。ここまま、一生勝てないのではないか・・・こういうことって、大なり小なりあ [続きを読む]
  • あなたは成功できない人?
  • 直接的な剣道の話ではないのですが・・・あなたは「原田隆史先生」をご存知でしょうか?原田先生は、7年間で13回の日本一を育てた元体育教師です。タイトル「達成する人の法則」原田先生が大切にしているモットーです。荒れていた中学生が目標を達成していくストーリー・・・この書籍(DVD付)は、目標を達成したい人にはきっと役に立つのではないでしょうか。--------------------------勝ちに不思議な勝ちあり負けに不思議な負け [続きを読む]
  • 剣道を始めたい女子高校生
  • 進学、進級の季節ですね。進学して、新たな気持ちで部活を選ぶお子さんも多いことでしょう。高校生になって、初めて剣道をやってみたいと思う女子からの相談です。「高校生からはじめて剣道をする女性は少ないのでしょうか。」「本当に初心者も大歓迎なのでしょうか。」「運動神経のよくない私でも大丈夫でしょうか。」剣道を始めるのに年齢は関係ありません。街の道場でも、お子さんが入門して稽古しているうちに、ご自身も始めら [続きを読む]
  • やっぱり基本は体力じゃないのかな〜
  • 久しぶりに風邪をこじらせました。学生の頃は、風邪を引いても稽古をすれば治ったような気がします。風邪をひくとは、気持ちが緩んでいるとかなんとか・・・今の時代、どこから風邪菌をもらってしまうかわかりません。無責任に気持ちが弛んでいるともいえません。(ボクは弛んでいたかも)体が疲れた時、ストレスが溜まった時、何が原因かわかりませんが、もし、風邪を引いても早くもとに戻せる体力の方が大事なように思います。皆 [続きを読む]