すーさん さん プロフィール

  •  
すーさんさん: すーさんの栃木SC応援日記
ハンドル名すーさん さん
ブログタイトルすーさんの栃木SC応援日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/suzukanashu/
サイト紹介文栃木SCについて、思いつくままに書いています。 グダグダ感満載です。よろしければ、ご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/10/05 03:17

すーさん さんのブログ記事

  • 遠征の手段で悩む
  • 今週末の味の素スタジアム遠征、何度もブログで触れていますが、電車で行く予定です。 ところが、とあるチームのサポさんから、自家用車遠征で行く場合の穴場的駐車場情報が寄せられました。私の職場の栃木サポさんも、味スタは自家用車遠征が時間的にも最善だと言っています。過去、自家用車で遠征したことも多くあり、その話を聞けば、どうやら寄せられた情報と同じ駐車場を利用していたよう。 駐車台数に問題はあるにしても、過 [続きを読む]
  • 今週末は味スタ遠征
  • 今週末の土曜日は、味の素スタジアムでの東京ヴェルディ戦。栃木SCは、2週連続のアウェイ戦ってことになります。 味の素スタジアムは、陸スタではりますが、そこそこ見やすい部類に区分されるスタジアムではないでしょうか。屋根もあることから、雨は気になりませんし、応援の声は反響して一体感が増します。 ホーム側、ビジター側の両方に電光掲示板が設置されているもの良い点です。個人的には、好きなスタジアムの一つです。 好 [続きを読む]
  • 求められる覚悟
  • 嫌な負けが連続し、苦しいチーム状態にある栃木SCは、負のスパイラルから抜け出せない嫌な流れの中にいます。 ツエーゲン金沢に敗戦を喫した翌日の地元紙では、チームを変える勇気、目の前の壁を打破する覚悟が指揮官と選手に求められていると結んでいました。 ここのところの勝てない試合内容は似たい寄ったり。ペチュニク選手と大黒選手の攻撃が機能せず、チャンスを演出することも難しい状態です。ボールが本当に前線で収まりま [続きを読む]
  • 第19節 ツエーゲン金沢×栃木SC(石川西部)
  • 決して多くないゴール裏から、選手を後押しすべく声援を送る栃木サポ。そして、遠征できなかったかサポは、画面を通して遥か金沢で戦う選手に念を送りました。 しかし、その声は、念は、選手に届きません。 遥かに遠いゴール。90分を通して見たとき、得点が期待できそうな場面は何度あったでしょう。 後半、混戦の中からゴール前に迫ったこともありましたが、金沢の選手が完全にブロックを敷いていました。あれをチャンスと見るの [続きを読む]
  • 行けぬ金沢遠征と黄色
  • 今日はツエーゲン金沢戦。悲しいことに、遠征はできていません。 仕事がなければ、喜んで自家用車で遠征していましたが、一大イベントがあります。どうしても、遠征ができませんでした。 行きたいアウェイ戦の一つでしたので、仕事と日程が重なっていると知ったときは、かなりガッカリしました。片道6時間以上の道のりですが、それでも、苦にはならぬ遠征先です。 金沢遠征、来シーズンまで我慢します。 ツエーゲン金沢のスタジ [続きを読む]
  • 宿敵、ツエーゲン金沢
  • 2016シーズンのJ2復帰を懸けたツエーゲン金沢との対戦は、良いところなく2敗。満開にまで膨らんだJ2復帰の夢は、儚く散りました。それは、徒桜のよう。あのときの屈辱、絶対に忘れられません。 調子を上げて臨んだツエーゲン金沢に対し、失速という苦しい状況で臨んだ栃木SC。 正直、対戦する前から、J2復帰が叶わぬかもしれないという思いはありました。ありましたが、実際に戦って、圧倒する金沢と押し込まれる栃木を見たとき、 [続きを読む]
  • サプライズ発表があるそうです。
  • シーズンパスポートホルダー限定イベント開催のお知らせが届きました。  6月24日(日)に開催されるイベントで、味の素スタジアムでの東京ヴェルディ戦の翌日に開催されることになります。 仕事で参加が難しかったのですが、相手側の都合により行けることになりました。今から楽しみにしています。 ただ、前日の東京ヴェルディ戦は、試合後、東京で一泊して帰って来るかもしれません。そのため、そうなったら東京で遊んで来ます [続きを読む]
  • 好調と不調の間で
  • 水戸ホーリーホックに敗戦を喫し、これで3連敗となりました。それどころか、6戦連続勝ちなしという不名誉な記録も更新中。 好調期を脱し、今は不調期。それ、どこまで続くのでしょう。かなり嫌な流れです。 スタジアム観戦を楽しむことが難しくなりつつありますね。表面上は、スタジアムを楽しむと公言してみても、試合結果が悪ければ、楽しみ度合いは半減以下まで低下します。スタジアムへ足を運ぶ以上、やっぱり結果って重要なも [続きを読む]
  • 第18節 栃木SC×水戸ホーリーホック(グリスタ) <その1>
  • あくまで個人的に感じたことです。 選手交代が裏目に出た試合だったと思います。中盤でしつこくボールを追い、攻守に貢献してくれていたヘニキを下げたことで、そこから水戸に自由にボールを持たれるようになり、完全な水戸ペースに。 水戸の攻撃を跳ね返し、ピンチの芽を摘み続けていた田代が下がった矢先、CKから絶望的となる勝ち越し点を献上。 絶対に得点を奪わねば勝点が得られぬ試合で、最後のカードを切ったのは後半45分と [続きを読む]
  • 燃えるダービー! 水戸ホーリーホック戦
  • 水戸ホーリーホックからすれば、ずっと連続の北関東ダービーですが、栃木SCは違います。実に、3年ぶりの北関東ダービーなのです。本当にお久しぶりって感じ。 この北関東ダービーは、水戸の天下が続いています。栃木SCが制したのは2011シーズンの僅かに1度だけ。それ以外は水戸ホーリーホックが制しているのです。 水戸ちゃん、このダービーは本当に強いから困ってしまいます。 「久しぶりのダービーだよ」と知り合いに話したとこ [続きを読む]
  • ご無沙汰ダービー
  • 今週末は、お隣、水戸ホーリーホックとの対戦。親しみを込めて、ときには、水戸ちゃんと呼んだりする相手。 過去の対戦成績は、4勝2分9敗。残念ながら、大きく負け越し。ホーム戦に限って見れば、1勝2分4敗ですから、さらに勝率は下がります。 3年ぶりの対戦でもあり、選手の顔ぶれも変わっていますので、一概に過去の対戦成績は参考にならないかもしれませんが、相性は意外と大事なものです。 苦手な相手ではありますが、負けられ [続きを読む]
  • 天皇杯2回戦 徳島ヴォルティス×栃木SC(ポカスタ)
  • 平日の水曜日。四国での試合。しかも、キックオフは夜7時。普通に考えるのであれば、社会人が遠征するには地獄のような日程です。 ですので、多くのサポさん同様に、私も栃木県から勝利を願っていました。 情報は直ぐに。キックオフ早々に失点。しかも、それはPKとのこと。 MF仙石選手がファウルを取られたようですが、早々のエリア内でのファウルはちょっと残念です。 まだ時間はある。ここから反撃して欲しい。その期待に応える [続きを読む]
  • ありがとう、アルウィン
  • 今日は天皇杯。アウェイの地で、徳島ヴォルティス戦です。試合はLIVEで見られません。結果だけ、PCで確認してお終いです。  リーグ戦集中という意味では負けても良い感じですが、ここまで5戦勝ちなしの3試合無得点という散々なものですから、ぜひ、勝利を。 天皇杯から流れを変えて行きたいですよね。 ここまでは余談。 ここから本題。 残念ながら敗戦を喫した松本山雅FCとのアウェイ戦、試合以外のことで少し。 この遠征、家族3 [続きを読む]
  • 第17節 松本山雅FC×栃木SC(アルウィン) <その2>
  • アルウィン、遠征して来ました。 試合内容や結果については置いておいて、何となく、スタジアムの雰囲気が伝われば良いかなと思っています。 スマホの温度が上昇し、しばらくの間、画面が暗くなってしまい、写真を撮影するのにかなり影響がありました。ですので、その間は撮影を控えていたため、スタグル関係の写真がありません。残念。 松本山雅サポの応援は相変わらず素晴らしく、圧倒されました。知り合いサポさんは、J1は浦和 [続きを読む]
  • 第17節 松本山雅FC×栃木SC(アルウィン) <その1>
  • 素早いスローイン。それに対し、ほんの少しだけ対応が遅れた感じもしました。ボールを受けたパウリーニョが技ありのシュートを放つと、ボールは無情にもサイドネットを揺らして松本山雅FCが先制点。 守備に対して云々は言えぬ失点でした。パウリーニョを褒めるしかない。栃木SCからしてみれば、そんな失点だったと思います。 これで、5試合勝ちなし。しかも、重症なのは攻撃面であって、ここ3試合無得点。 それを打開する方法、何 [続きを読む]
  • 来ました、アルウィン
  • 無事に到着しました。 松本山雅FCのホームスタジアム「アルウィン」。 正式名称は、長野県松本平広域公園総合球技場。栃木SCのホームスタジアム、栃木県グリーンスタジアム同様に、サッカーやラグビーなどに使用されるフットボール専用スタジアムです。 ですので、ピッチが近い。そして、見やすい。 ゴール裏はグリスタ以上に傾斜が強く、見やすさは比較になりません。 2002年のワールドカップの際には、パラグアイ代表が練習拠点 [続きを読む]
  • アルウィンで勝ちましょう。
  • 歯茎の痛みは続いているものの、切開して膿を出したことで激痛ではなくなりました。腫れも徐々に引いて来ましたので、痛み止めさえあれば、日常生活に支障のないくらいにまで回復。 このままでは断念するこになるかもと覚悟していた松本山雅FCとのアウェイ戦、遠征することができそうです。久しぶりのアルウィンを楽しんで来ます。 キックオフの時間は、今シーズン最も早い13時。日曜日の試合ですから、翌日の仕事のことも考えると [続きを読む]
  • アルウィン遠征の準備は整っているのですが……
  • 手元にある松本山雅FC戦のチケットが、1枚から3枚に増えました。 右股関節剥離骨折の息子が、「松葉杖などなくても歩ける」と言い放ち、その通りに歩き回っている始末。不格好ではありますが、確かに何とか歩けています。 学校でも、松葉杖など使っていない。それでも、生活が出来ている。つまり、アルウィンには行けちゃう。そういう論法です。何とも都合の良い論法でしょう。 それを良しとしないのは奥様。最終的には、「骨折 [続きを読む]
  • 歯茎痛と熱中症と股関節骨折
  • 大宮アルディージャとの一戦を翌日に控えていた土曜日の出来事。 自家用車の定期点検のあと、職場へ休日出勤。夕方まで要する事務量だったのですが、歯茎痛が再発してしまい仕事どころではありません。 痛み止めを飲んで自宅で耐えていると、お昼前には痛みが引きました。 また出勤するのも何だか変だと思い、自宅の草むしりに着手。それなりの暑さの中、約90分後に数区画あるうちの1区画の草むしりが終了。 次の区画に着手しよう [続きを読む]
  • 大宮戦の振り返り的なやつ
  • 大宮アルディージャに敗れて4戦勝ちなし。これで、順位は15位に後退しました。 実力差はないようであって、あるようでない。そんな感じの試合でしたが、結果は無得点での敗戦。失点の仕方もハンドによるPKと、守備の甘さが目立った形でしたから、いつも以上に悔しさがあります。 DAZNさんにお世話になり試合を見返しましたが、思った以上に良いプレーも多かったと思います。それと同じくらい、判断が悪いプレーも見られ、そこが自 [続きを読む]
  • 第16節 栃木SC×大宮アルディージャ(グリスタ) <その2>
  • PKの1点だけでした。それでも、負けは負け。 ただ、負けた気はしません。それでも、負けは負け。 最後に、退場者も出てしまい、モヤモヤ感はMAXでした。そんな大宮アルディージャ戦。 5月だとは思えぬ暑さにやられる寸前でしたが、後半からは風も吹いてくれてちょっとだけ涼しさも感じるグリスタでした。 オレンジ色に染まるビジター側を見つめながら、アウェイではこうは行かねーぞと、そう心の中で叫びました。 大宮との試合は、 [続きを読む]
  • 第16節 栃木SC×大宮アルディージャ(グリスタ) <その1>
  • はっきりクリアして欲しかった場面で、ボールの処理に手間取ると、そこからエリア内でハンドを犯してしまいPKを献上。 それを大前に決められて先制点を許す苦しい展開に。 たら、れば。それを言ったら切がありませんが、それでもです。あそこは、ハッキリとクリアして欲しかったです。中途半端なプレーが最終的にハンドとなる悔しさ満点の事態でした。 それが、決勝点。 放ったシュートは大宮アルディージャを上回る14本でしたが、 [続きを読む]