tchichi僕の日常 さん プロフィール

  •  
tchichi僕の日常さん: tchichi僕の日常
ハンドル名tchichi僕の日常 さん
ブログタイトルtchichi僕の日常
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tchichi
サイト紹介文60代の日常。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/10/05 07:05

tchichi僕の日常 さんのブログ記事

  • 「誤解」を見る
  • 新国立劇場での公演ヨーロッパの田舎で小さなホテルを営んでいる母娘母(原田美枝子)娘(小島 聖)が美しい所で生活するのを夢見てその資金を手に入れるため ホテルの客を殺して金を奪っていたある日 男性客が宿泊のため訪れるいつものように母と娘は殺害の計画を図るバックから荷物を取り出した際にパスポートを落とすが 従業員がそれを拾う母と娘は気づかずに 客に睡眠剤を入れた紅茶を勧める殺害をした後に そのパスポー [続きを読む]
  • 「日日是好日」を見る
  • 茶道のエッセイを映像にした映画茶道の先生を 樹木希林が演じて 黒木 華と多部未華子が茶道を習う四季の移り変わりそして人生 日常の機微を描く茶道の所作 茶道に対しての心構え等樹木希林の茶道の先生としての威厳 また雰囲気を上手く演じてる季節の和菓子 床の間の掛け軸の季節感茶道の決めごと等を場面場面に随所に見せてくれる公開初日で午後の回は満席であった樹木希林の演技も凄いが黒木 華も好演しているウォーキン [続きを読む]
  • 「教誨師」を見る
  • 今年急死した大杉 漣が主演する「教誨師」教誨師とは 受刑者に対して道徳心の育成及び改心出来るよう導く牧師この映画は 死刑の判決を受けている死刑6人〜7人に諭す色々と罪に対してだけではなく 世論あるいはグチ自分自身の思いを教誨師に延々と対話する場面兎に角 地味な映画である一般の方は 教誨師とはの疑問から入る事になるなかなか理解することの出来ない内容のように思う大杉 漣の最後の映画ということで観客が来 [続きを読む]
  • 「愛しのアイリーン」を見る
  • 安田 顕が主役東北の田舎の農家のひとり息子で40代の独身年老いた両親と暮らしている所にはなかなか嫁が来ない状況の中フィリピンに嫁探しのツアーに同行して アイリーンと一緒に帰郷するその当日は父親の葬式で 大騒動になる母親(木野 花)が猟銃を持ち出して大混乱母はひとり息子に外国人の嫁とは大反対嫁に対してイジメをする家に嫁を入れずに車の中で過ごさせるそこにヤクザがフィリピン人の女性は金になるということで拉 [続きを読む]
  • 「ヒトラーと戦った22日間」を見る
  • ロシア・ドイツ等の合作実話で実際に起きた事件を描いた映画1943年にユダヤ人収容所から脱出するナチス軍の幹部連中のユダヤ人に対する屈辱的な嫌がらせそして人間的な処遇ではない扱い権力的な暴力それに罵声などそのような状況から脱出する計画を密かに立てる幹部を色々な手段で誘い抹殺する衝撃的なシーンもあって目を覆いたくなる場面もある残酷な仕打ち 全てが信じられない映画としての誇大的な部分もあると思いますが酷 [続きを読む]
  • [世界若手オペラ歌手ガラコンサート」を聴く
  • 新国立劇場オペラパレスで公演オペラ研修所20周年記念公演ロンドン ミラノ ミュンヘン各歌劇場で活躍している歌手6人 新国立劇場オペラ研修所修了してプロとして活躍している4名現役の研修生たちの競演オペラのアリアを18曲を聴かせる休憩を入れて2時間を超えた迫力のある歌唱力そして素晴らしい声量に圧倒された観客は興奮して最後の拍手の嵐で歌手に謝意を表していた久々のオペラパレスに感激雨がやんでからウォーキング・ [続きを読む]
  • 「きみの鳥はうたえる」を見る
  • 新宿の武蔵野館で上映 満席函館で暮らしている若者の日常を描く柄本 佑(書店の店員)と染谷将大(失業中)がルームシェアで一緒に住んでいる同じ書店で働いている石橋静河(柄本の彼女)3人のなんとなく不可解な関係を淡々と映し出す彼女は書店の店長とも関係を持っている現代の若者の群像を函館の風景と上手くマッチさせた青春映画不思議な三角関係 そしてお互い相手の核心部分に入り込まずサラリとした感覚を上手く映像で表 [続きを読む]
  • 「寝ても覚めても」を見る
  • 主演は唐田えりか(役柄 朝子)で好きになる相手が東出昌大(役柄 麦と亮太の2役)大阪に住んでいた朝子が麦を好きになるが 突然行方が分からなくなる数年過ぎて 朝子が東京に出てくる そこに麦に似た亮太と出会う最初は亮太を避ける それを亮太自身も何か不信感を覚える大地震があり 帰宅途中に朝子と亮太が出会ってお互いに意志を確認する紆余曲折があって同居するそこに麦が現れて 朝子を連れ去る単純なる恋愛であるが [続きを読む]
  • 「検察側の罪人」を見る
  • 雫井脩介の同名の小説の映画化原作も読んでいるが内容はおぼろげの状態で見る木村拓哉(最上検察官)と二宮和也(沖野検察官)がダブル主演である土曜日の15時の会で女性客が9割で満席木村拓哉は「ヒーロー」で検察官役を経験されているので全然違和感はないしかし 二宮和也の若手検察官の役がかなりの違和感を感じた童顔過ぎて迫力に欠けるストーリーは 老夫婦刺す殺人事件の1人の容疑者に最上検察官は気づくそれは 時効にな [続きを読む]
  • 全国高校野球大会最終日
  • 全国高校野球最終日大阪桐蔭と金足農業との対戦金足農業は秋田代表校として決勝に進出したのは103年ぶり結果は大阪桐蔭の優勝で幕が降りたが 金足農業の準優勝は最高の感動中継を見ていてハラハラしていたが 大阪桐蔭に3点先取されて吉田投手の気力がガクンと落ちた自分は野球に詳しくないが 吉田投手の顔に覇気が失われた気がした連投連投で疲れがでたのでしょうそれにしても素晴らしい選手で 今後が注目される事は間違い [続きを読む]
  • 「ブッシュウィック 武装都市」を見る
  • ニューヨーク州のブシュウィックの地下鉄を降りて地上に出たらそこは戦場になっている大学生の主人公(女性)が恋人と自分の実家に行こうとして地下鉄を降りたら地下鉄の駅の異常な静けさに不安を感じていたら地上から火だるまになった男が降りてきた2人で地上に出た途端に恋人が銃に撃たれる地上は戦場化して 街で銃撃戦が行われているそこに居合わせた謎の男性と逃げることになる街には武装した人々と銃で撃たれて倒れている人 [続きを読む]
  • 「ヒトラーを欺いた黄色い星」を見る
  • ドイツ映画1943年にドイツはユダヤ人を全て一掃したと宣言したが実際は7000人ほど生存しており 終戦の頃も1500人生き延びていた実在の人物の逃走の実態を描いている色々と姿を隠して ナチスの軍服を着たり 身分証を偽造したり緊張の連続の日々を過ごして 身を守る手段をしている実態今だから制作出来る内容のように思われるどうしてここまで迫害を受けなければいけないのか疑問を感じる同じ人間ではないのかしかし 時代が [続きを読む]
  • 「この子たちの夏」を見る
  • 世田谷パブリックシアターで公演女優の6人 かとうかず子・高橋紀恵・床嶋佳子・西山水木・根岸季衣・原 日出子が広島・長崎で被爆した小学生・中学生・女学生達の母の手記を朗読年1回8月に公演を続けて何年になるだろう30年以上と思うあまりにも残酷で悲惨な状況を朗読されるがやはり出演者も涙を流される方もいる何も罪のない人達が被害を受けて亡くなってしまった訳ですから本当に戦争とは悲しい出来事であるこの平和を長 [続きを読む]
  • 救急搬送されてから1週間
  • 先週の月曜日に救急搬送されてから1週間が経つ本人は元気に回復された様子ですがクーラーも設置されてなく 扇風機もない状況で自宅に戻ってもこれから8月、9月と暑さが続くと 又同様に救急搬送となるのでケアマネージャーがどのように今後の生活をさせるべきか苦慮しているようです自分自身も十分気をつけて この夏をどう過ごすか頭が痛い体力を付けるためウォーキングそれからジョギング約1時間 汗を十分流して風呂でスッ [続きを読む]
  • 連続高温の被害者がマンションから
  • このところ猛暑が続いて心配していた年配の女性が本日救急車で病院搬送された90歳過ぎの女性で1人暮らしクーラーが嫌いで設置されてなく 扇風機の風が嫌いで購入されてない夏になるといつも気になっていたが 今年のこのような状況でどうなるだろうと思っていたら本日デーサービスの迎えのため ブザーを押しても反応がなくケアマネージャーに連絡して救急車手配をして ベランダ側から部屋に入り 本人は意識があって直ちに病院 [続きを読む]
  • 「空飛ぶタイヤ」を見る
  • 池井戸 潤の小説の同名の映画化運送会社の車両が一般道を走行中にタイヤが外れ 歩道を歩いていた母子の母親を直撃し即死する事故が起きる当然警察が事故原因を調査することとなる運送会社は整備員に整備状況を確認するトラックの製造会社に事故原因調査するが整備不良の返事のみ運送会社は事故を起こしてから経営が悪くなり銀行に融資を懇願するが良い返事がない社長(長瀬智也が演じている)が独自に同様の事故のリストを入手し [続きを読む]
  • 「焼肉ドラゴン」を見る
  • この脚本の舞台も見ましたが 映画となると又違った視点で見られる昭和40年代で大阪万博開催される直前の大阪が舞台在日韓国人夫婦に 3人の娘と男の子が1人の焼肉店の日常を描く夫婦を韓国の俳優が演じている娘を 真木よう子(長女)井上麻央(次女)桜庭みなみ(三女)次女の夫 大泉 洋長女は未婚 次女夫婦は離婚寸前 三女はキヤバレーのホステス末っ子の男の子は私立中学でイジメによって登校拒否在日人の生活は厳しい  [続きを読む]
  • 「七夕コンサート」を聴く
  • サントリーホールで恒例の「七夕コンサート」7月3日(火)の公演出演者が約40名、ピアニスト・ヴァイオリン・チェロ・コントラバス・ハープ・オペラ歌手等3時間で21曲を演奏されたオペラ・クラシック・ジャズ本当に色々な楽しい曲で観客を楽しませてくれる印象的な曲はヴィヴァルディの四季を5人のヴァイオリン奏者が交替して演奏する独特の企画がすごいクラシックの肩苦しい雰囲気ではなく 出演者もどんどん変わり満喫出来た [続きを読む]
  • 「オンリー・ザ・ブレイズ」を見る
  • 2013年にアメリカのアリゾナ州で起きた巨大山火事を題材にした映画ダラダラとした堕落な生活をしていた青年が妻が妊娠した事に奮起して団長の温情的な計らいで森林消防団に入団させてもらうそこで過酷でまた厳しい団体生活して 仲間の絆の強さ正義感を徐々に身につけるしかし おまりにもキツイ仕事のため市街地の消防団に変わりたいと団長に訴える団長から考えが甘いと叱責を受ける自分自身としても納得がいかないそのような時期 [続きを読む]
  • 「夢の裂け目」を見る
  • 井上ひさしが新国立劇場へ書き下ろした「東京裁判三部作」中の演目開場20周年記念として上演戦後の21年6月頃 東京・根津の紙芝居屋の親方の所にGHQから東京裁判の検察側の証人として出廷を命じられる戦後の占領下の中での庶民の生活に突然 とんでもない事件である親方の周囲は ドタバタした状況と何でと言う不可思議な出来事井上ひさしのセリフ遊びを遺憾なく発揮されている芝居であるそして この事が東京裁判の重大なカラクル [続きを読む]
  • 「万引き家族」を見る
  • 是枝監督作品  カンヌ国際映画祭で最高作品とされるパルムドール賞を受賞21年振りの快挙である家族であって家族でない 不思議なつながりの集団生活祖母(樹木希林)の年金で生活している息子夫婦(リリーフランキー・安藤サクラ)その子供らしい少年と息子の妻の妹 そして気の毒な少女と6人が生活している収入は祖母の年金 息子夫婦のパート代 それだけで生活できない分を日常的に万引きをするしかし 笑いの絶えない日々で [続きを読む]
  • 「羊と鋼のモリ」を見る
  • 原作も読んで感銘を覚えて是非見たいと思ったピアノの調律師を描く調律師の見習いを山崎賢人が演じる ベテランの調律師を三浦友和がピアノの調律は 個人の所有はその個人の好みに調律するそしてホールでの演奏会場に合わせて 響きそして音の奥深さに調整する主役の青年は 北海道の雄大で自然な環境で育ち 森の雰囲気が身に染みこんでいるそれが自分としてのピアノに向かう姿勢が純粋であるしかし なかなか技術が追いついてい [続きを読む]
  • 「海を駆ける」を見る
  • インドネシアでオールロケをした映画ディーン・フジオカが謎の男を演じる海岸に倒れている謎の男(ディーン・フジオカ)をその地に滞在している母と息子(鶴田真由・太賀)が面倒を見るその男が現れてから不思議な出来事が色々と起きるファンタジィーな世界を描く謎の男は片言の日本語を話すが国籍不明が不明ディーン・フジオカ 本人も東南アジアで活躍した後に急に日本でブレークしたディーン・フジオカ自身を彷彿させる役柄であ [続きを読む]
  • 「妻は薔薇のように」を見る
  • 山田監督の「家族はつらいよ」シリーズ3になるある日 いつものベースになっている家に空き巣が入る主婦が2階でうたた寝をしている間に1階に空き巣が被害は主婦が冷蔵庫にヘソクリを隠していた40万円が盗まれるそのことで亭主が妻をヘソクリしていたことに対して罵る妻は 次の日家出をする家の中は大変なことになる 夫の母親が同居しているが次の日の朝腰を痛めて寝込んでしまう子供達の弁当が作れない 朝食の準備が出来な [続きを読む]