カプチーノのほころび茶話ん さん プロフィール

  •  
カプチーノのほころび茶話んさん: カプチーノのほころび茶話ん
ハンドル名カプチーノのほころび茶話ん さん
ブログタイトルカプチーノのほころび茶話ん
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/capuchi-7
サイト紹介文随想録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供319回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2014/10/05 07:10

カプチーノのほころび茶話ん さんのブログ記事

  • 第1788話 1/2成人式前夜
  • 1/2成人式で発表時に写真を一枚、スライドに写すらしく、スタジオで撮った写真を選出。ひとり 息子の成長をかみしめる。先生に渡してと写真を託したその夜、息子が憤慨している。「あんな写真、やめて! 恥ずかしいわ」赤い布に金と書いた金太郎衣装の息子の隣には、ニセモノのトラ(笑)これは、息子の立場を考えず、おかん、やっちまったパターンか・・・でも、ここは、成長をより感じるギャップ写真がはえる。「え〜 あ [続きを読む]
  • 第1787話 短距離選手
  • 昔は、朝から晩まで 毎日残業。会社と家の往復生活。歳を重ねた今、そんなことをしようものならミスにつながる、作業効率が落ちることがわかっているから私は 長距離(長時間労働型) から 短距離(定時意識型労働) へ転身。気力・体力が共に満ち、集中力の高い 朝一、全力疾走。スタートダッシュから猛スピードでかけぬけ、夕刻は ならし、これまで走ってきた余力でできることを流していく。実は、これ、久しぶりに会った同 [続きを読む]
  • 第1786話 乙女講座
  • 我が町の図書館は、かなりの確率で読みたい本がなく、いつも予定外の本を借りて帰ることになる。この日は、松浦弥太郎を借りに行き、美輪明宏を借りて帰る(笑)偶然の出会いとはいえ、この歳で「乙女の教室」・・・いいのかしら? そう思いながら読み始めたが、「乙女」の意味に始まり、巻末「美輪語辞典」まで辞書と異なる美輪明宏の解釈に触れ、その美意識に信者の背景を知る。実践が難しいなと思ったのが、挨拶「ごきげんよ [続きを読む]
  • 第1785話 あるものをいいものに
  • 前話に続き、敗者復活戦。「あるものを いいものに」不動産会社・中古物件のために考えたキャッチフレーズをリサイクル。普通に、家にある古くなったもののリメイク話は面白くない。せっかくなので、タイムリーにオリンピックネタ。オリンピックで活躍する選手を見ながら、(家庭内会話)どこ(土地)で生まれるかどこ(環境)に生まれるか保護者の投資、サポート含めて (オリンピック選手に)なれるか、なれないか 変わる。フィギュア [続きを読む]
  • 第1784話 卒業後、日本一
  • 平昌(ピョンチャン)オリンピックでフィギュアスケート・羽生結弦選手が金メダル。ここに至るまでの過酷な過程もさることながらこれまでの流れ、勢い 関係なく、何が起こるかわからない当日の結果に 改めてメダルをとれる人(持っている人)、とれない人(持っていない人)運命論に話が及ぶ。(家庭内会話)世界一になった気持ちはどんなものだろう・・・いずれにせよ喜びの大きさは、そこに至るまでのふり幅の大きさ。辛かった分だけ、 [続きを読む]
  • 第1783話 すれ違い夫婦
  • 私が休暇の時、主人が仕事。また、その逆もしかり。で、世間でいう毎週訪れる週休2日制は夢のまた夢、夫婦揃っての休日が年間で限られている。結婚10周年を記念し、沖縄に行った時も本人(主人)のみならず、小学校(息子)を欠席するわけにはいかないとここまで来て 1泊?(泣)新婚旅行すら「仕事で休めない」と行っていない。(怒)同じ職場の方は、繁忙期であろうと新婚旅行だけは死守。社会人になって 誰にも文句を言われず、 [続きを読む]
  • 第1782話 デンジャーゾーン
  • (第1779話・休み明けの戦闘曲から)火曜日、「プリティーウーマン」で行けた私が金曜日、まさかの「デンジャーゾーン」大音量。これくらいハードな曲を聞いてからでないと行けない状況に(笑)今、仕事を終えた解放感 に「今夜は青春」(邦題が・笑)Tonight Is What It Means to be Young (映画「Streets of Fire」)テンションあがってきた。そういえば、昔よく聞いたあの曲は?懐かしさに80年代検索視聴中。マイケル・ジャク [続きを読む]
  • 第1781話 誕生史上、一番可愛いを更新しよう
  • 「パパに、手作りのチョコ、あげよう」実は、手作りチョコをあげたことがない(笑)息子からの依頼じゃなければ、(第1765話 そっち側?!)一生 縁がなかったであろう。まさか この歳になって・・・思い起こせば、小学生の時。友人が「手作りチョコを作ったから味見してみて」と 食べたチョコが思いの外 苦く、(笑)チョコはプロに任せた方がいいと確信した瞬間。この記憶が残るだけに どう手作りするか悩んだ末に ストレ [続きを読む]
  • 第1780話 敗者復活戦
  • 2度目の「宣伝会議賞」に挑戦も 見事敗退。考えたキャッチフレーズに費やした時間・・・捨てるのはもったいない。「あるものを いいものに」 (不動産・中古物件)「誕生史上、一番可愛いを更新しよう」 (カメラ)「卒業後、日本一!」 (大学)・・・etc。企業名が入ったキャッチは使用できないが、今後は、ここでタイトルとしてリサイクル。新しい価値を 生み出していこうと思う。ここでこんなに書き続けると思っておらず [続きを読む]
  • 第1779話 休み明けの戦闘曲
  • 先週の土日も仕事、この連休も仕事、そしてそのままの勢いで今日も出勤・・・自分を奮い立たせるもの(オープニング曲)を探す。映画・「007」、映画・「ミッションインポッシブル」のテーマ曲。なんだかあやしい任務を行いにいくようで・・・映画・「スターウォーズ」のテーマ曲。壮大過ぎて これでは重役出勤・・・アニメ・「宇宙戦艦ヤマト」職場と逆方向に行ってしまいそうだし・・・戦闘モードに入るには、出だしが肝心。 [続きを読む]
  • 第1778話 揺れる親心
  • 2分の1成人式に向け息子の出来事表「10年間の出来事を振り返ってみよう」をなんとか きらきらひかる ものにしようとアドバイスしたら 怒られ。笑うと、怒り泣かれ。息子の自主性に任せたのだから・・・息子の選択を尊重し、出来事は、恥ずかしくない学内記録で幕を閉じる。息子の発表は、おそらくクラスのお友達と方向性が違うだろう。息子には「当日、お友達と話す内容が違っても自分で選んだ内容だからちゃんと発表する [続きを読む]
  • 第1777話 思ってたんと違う
  • 2分の1成人式に向け息子に宿題「10年間の出来事を振り返ってみよう」が課される。息子の自主性を尊重し、先発・息子の記入を促す。息子の心にどんな思い出が残っているのか・・・見ると、6歳の出来事・「ランドセルを選んだ」7歳の出来事「1年生の名札は赤色だった」そこ?6歳・保育園最後の運動会「鼓隊と組立て」「卒園式」で息子の成長に涙が・・・7歳・ランドセルを背負って毎日楽しく通ってくれるのか気が気でなか [続きを読む]
  • 第1776話 PTAを考える
  • PTA役員としての1年がもうすぐ終わる。必要か、必要でないか 問われれば、私は、必要派である。業務内容・システムに改善の余地はあるものの、誰かがやらねばならない作業であり、みんなのためにボランティアで担当くださっている役員のみなさまへ 感謝の念は忘れたくない。私は、ベルマークの集計日や運動会の会場設営、マラソン大会の安全管理などPTA(任務)予定日は、息子に(会いにはいかないが)学校で作業してい [続きを読む]
  • 第1775話 PTAの公平性
  • (前話の流れから PTA集会での話)ベルマークの集計のため 職場に代休申請して挑んだのだが、集計し始め、しばらくした頃「仕事なので これで失礼します」って、えーっ。私 この日のために仕事を休んだのに?その台詞、使えるの?!かと思えば、逆に 小さな子どもがいる時にあえてPTAになり、下の子を理由に・・・というパターンもあり。みんな何かしらある状況を工面しているのに?公平性の(追求の)難しさを思う。 [続きを読む]
  • 第1774話 キョロちゃん(泣)
  • (もうお忘れかもしれないが 第1619話「金のエンゼル」)息子が 金のエンゼル1枚、または、銀のエンゼル5枚をゲットするためチョコボールを買い続けている。おかげさまで、銀のエンゼル4枚、リーチにせまったところでなぜか「50周年限定 金のエンゼル 今だけ2倍」って言われても いまだ金のエンゼルに出会えず・・・早く 銀を〜!金のキョロちゃん缶への道のりは、はてしない(泣)さて、2月のPTAのベルマー [続きを読む]
  • 第1773話 息子への手紙(完成)
  • 息子への手紙が期日までに仕上がり、提出できて ほっとしている。振り返ると、保育園卒園時、小さなスペースにありったけの気持ち(言葉)を贈った。今回は、2分の1成人式を迎える息子へ・・・以前 先輩ママが、6年生の時にも手紙を贈る機会があると話していた。12歳にも贈る言葉があるのなら・・・ここですべてを出しきっては いけない(笑)気持ちにブレーキをかけながら10歳バージョンとして完成。それぞれの年齢にふさわ [続きを読む]
  • 第1772話 鳥羽国際ホテル潮路亭
  • また「パールオーロラ風呂」につかりたい・・・この思いが 鳥羽国際ホテル 潮路亭へ向かわせる。潮路亭には、真珠由来成分を配合(ミキモトコスメティックが開発)したパールオーロラ風呂がある。キラキラ ゴールドパール色に輝くお湯を眺めながらつかり、お湯からあがっても 身体にそのキラキラ粒子が残る。(どういう状況か 想像してしまうたとえで申し訳ないが)翌朝、お手洗いで 太ももにパールの輝きを見た時、この輝き、 [続きを読む]
  • 第1771話 福は内?(中学受験)
  • 2月3日・節分の日。ママ「豆は歳の数だけ食べてね」息子「2018?」ママ「その年じゃなくて、年齢」10歳にもなるとなかなかウィットに飛んだ切り返しをしてくるではないか・・・息子の成長をかみしめる。(平和)2月2日、PTAのベルマーク集計にて集まった折、冒頭 どこを受験したかどうか、クラスで何人いたか、中学受験に話が及ぶ。「(大阪)教育大学附属は、二次もあるからやめた」「あそこって、中学から高校にあ [続きを読む]
  • 第1770話 夢にまで見た・・・
  • 2月5日(月) 提出期限の 息子への手紙。2分の1成人式の日に息子に渡すということで気合いが入るものの、いざ書くとなると難しい。この土日も仕事だし・・・書かねばならないのに・・・そう思いながらウトウトしてしまい、夢を見た。なんと、気づいたら2分の1成人式(参観)が終わっている時間設定(の夢)なんて おそろしい!気づいた時の衝撃といったら・・・時間だけは取り戻せないその恐怖をとことん味わう苦痛の時間。2 [続きを読む]
  • 第1769話 数撃ちゃ当たる?
  • 睡眠を削ってまで 毎日書かなくてもいいのではないか?そろそろブログの更新を休んでもいいのではないか・・・もうネタがない。 書けない。 書くのを辞めよう。そう思いつつ、枯れて干からびた状態から 何が書けるのか何もないところから見つけ、搾り出すことに挑戦している。2月は、ずっと待っていた結果が出る日。1日は、秋に挑戦した 宣伝会議賞。くらしえほん(クラシエ) も2月上旬。結果、何もなかったことに や [続きを読む]
  • 第1768話 幸せのココアあげパン
  • 毎年、1月下旬。「卒業お祝いリクエストこんだて」があり、いつもより 給食が華やぐ。その6年生のリクエストメニュー週に1年に1度 「ココアあげぱん」が出る。毎年、インフルエンザが流行っている時期で今年も ココアあげパンを食べることができるのか?!ハラハラドキドキ。ココアあげパンの日までなんとしてもインフルエンザにかからないが 我が家の目標。2年生の時は、息子は元気なのにクラスがインフルエンザで学級 [続きを読む]
  • 第1767話 音の花温泉・2
  • なんか・・・えらいことになってる・・・奈良は生駒にある「音の花温泉」第一駐車場 満車の、順番待ち。口コミの評価が際立って高いわけでも、口コミ件数が群を抜いているわけでもないのに この混雑。何かクーポン割引があるの?生駒在住であれば、格安で入れるの?そんな気配なく、みんな一律お支払いしている。石鹸もシャンプーもリンスもない、入浴料 大人800円に?老いも若きも 大人も子供も 入れ替わり立 [続きを読む]
  • 第1766話 君の膵臓を食べたい
  • 「君の膵臓を食べたい」書店でこのタイトルを見た時の驚き、気になっていた。小説を読む時間がなく、なぜこのタイトルなのか映画で 時短に疑問解消。やや想像通りの展開ではあるけれど、衝撃もあって、この手の映画特有の、普段忘れている(フリをしている)死を思い出し、「生きる」ということを考えさせられ・・・思い出さねばならないことを 思い出させてくれるストーリー。「君」と呼び合う主人公である女子高生も男子高生も [続きを読む]
  • 第1765話 そっち側?!
  • 息子「ちょっと ちょっと」なにやら内緒話があるらしい。「バレンタインのことやねんけど・・・」発せられた言葉にドキドキ。 波打つ心臓。「実は、クラスの女の子で・・・」相談されたら どうしよう? まだ気持ちの準備が整っていな・・・「あんな、チョコレート、一緒に手作りして パパにあげよ!」えーっ、そっち側?! (のけぞった)今どき男子は、作り手志願かぁ・・・それにしても、パパに手作りチョコ・・・この私が? [続きを読む]
  • 第1764話 翠嵐ラグジュアリーホテル京都
  • 「私の誕生日を忘れた? 覚えていないの?」後から文句を言うより事前に「私の誕生日は?」素直に問う。(笑)何かプレゼントを買うといってもきっと私の趣味にあうものを選んでもらえないだろうからランチ をリクエスト。新しい歳を祝し、今年は「翠嵐ラグジュアリーホテル京都」のレストラン京 翠嵐 のランチ(会席)をプレゼントしていただく。左手に庭園を見ながら、着席。出てきた おしぼりを手にとると、爽やかなレモング [続きを読む]